41件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-09-19 令和 1年 決算審査特別委員会(総務分科会 第1日)-09月19日-02号

 危機管理室担当課長                   大村 誠  危機管理室担当課長                   森 真二  危機管理室担当課長                   伊藤健一  危機管理室担当課長                   髙木克之  危機管理室担当課長                   小野寺将崇  危機管理室担当課長                   佐藤

大和市議会 2019-02-19 平成31年  2月 環境建設常任委員会−02月19日-01号

◆(佐藤〕委員) 環境保全団体支援事業で、やまとの環境をよくする会はどういう活動をしているのか。 ◎  みどり公園課長 歩行者専用道の草刈り、引地川清掃美化活動、夏休み親子環境教室産業フェアでのみどり基金の募金活動、環境保全講習会で会員を募集している。 ◆(佐藤〕委員) 環境保全講習会の中身を教えてもらいたい。

大和市議会 2018-11-28 平成30年 11月 環境建設常任委員会−11月28日-01号

◆(佐藤〕委員) 当然相互通行であったと理解してよいか。 ◎  土木管理課長 従前は相互通行で、昼間1日当たりの通行車両は北から南へが南から北へに比して2倍の頻度であった。本路線を廃止し、移設、認定を諮る議案第85号の文ヶ岡295号線では、物理的に相互通行が難しい旨の警察指導もあり、交通量の多い北から南への一方通行に変更し、地元の理解も得られている。

川崎市議会 2018-09-20 平成30年 決算審査特別委員会(総務分科会 第1日)-09月20日-02号

 行政改革マネジメント推進室担当課長           北川友明  危機管理室担当課長                   大村 誠  危機管理室担当課長                   伊藤健一  危機管理室担当課長                   髙木克之  危機管理室担当課長                   小野寺将崇  危機管理室担当課長                   佐藤

大和市議会 2018-08-30 平成30年  8月 環境建設常任委員会−08月30日-01号

◆(佐藤〕委員) 事故は、自転車が多いのか、車が多いのか、歩行者が多いのか。 ◎  道路安全対策課長 自転車事故が多い。出会い頭の事故平成29年144件発生しており、車道の左側通行が守られていないことに原因があるため、ルールマナーの徹底は強くしていかなければいけない。

大和市議会 2018-06-05 平成30年  6月 環境建設常任委員会−06月05日-01号

◆(佐藤〕委員) 郵便局以外の宅配業者等、ほかの事業者とはどのように調整してきたのか。 ◎  事業管理課長 NTT、東電、東京ガス、NHKには話しているが、宅配業者までは調整していない。 ◆(佐藤〕委員) トラブルがないように周知することを検討願いたい。  電柱の住居表示に小さい地図をつけるように提案したことがあるが、検討願いたい。 ◎  事業管理課長 地図はつけている。

大和市議会 2018-03-19 平成30年  3月 議会運営委員会-03月19日-01号

◆(佐藤〕委員外議員) 明るいみらい大和も賛成である。 ◆(宮応委員) 日本共産党も賛成である。 ◆(石田委員) 虹の会も賛成である。 ◆(国兼委員) 神奈川ネットワーク運動も賛成である。 ○(平田委員長) 本件について、事務局に説明を求める。 ◎  議事担当係長 文案は原案のとおりとし、全会一致なので提出者は持ち回りになる。

大和市議会 2018-03-02 平成30年  3月 基地対策特別委員会−03月02日-01号

傍聴人1名を許可 ◆(佐藤〕委員) NHK放送受信事業について、局長から市長に話があり、議員に連絡が来たが、市民にはどのように伝えたのか。 ◎  基地対策課長 この説明時に我々から防衛省へ、市民へどのように周知、説明するか確認した。防衛省としては、NHKの放送受信契約者にダイレクトメールで国の考え方、見直し内容について丁寧に説明していきたいとの話があった。

大和市議会 2018-03-01 平成30年  3月 総務常任委員会-03月01日-01号

◆(佐藤〕委員) 全体の職員が若い方にかわったのか。 ◎  人財課長 平均給与月額の減額理由は、指摘のとおりである。 ◆(佐藤〕委員) 退職手当も減額になっているが、退職数のピークは既に過ぎたのか。 ◎  人財課長 今後も、平成30年度は病院を除いて32人の定年退職が見込まれる。平成31年度に15人と一度減るが、それ以降は30人前後で推移する。

大和市議会 2017-12-04 平成29年 12月 総務常任委員会−12月04日-01号

◆(佐藤〕委員) 第21条について、本市は保育事業に力を入れるということで、最大の減額として3分の1としている。県内の他市ではどういう状況なのか。 ◎  ほいく課長 県内19市のうち、本市と同様に減額割合を3分の1としている市は、大和市を含めて10市である。 ◆(佐藤〕委員) 3分の1ではないところはどうなっているのか。 ◎  ほいく課長 参酌基準の2分の1としている。

大和市議会 2017-09-07 平成29年  9月 基地対策特別委員会−09月07日-01号

◆(佐藤〕委員) 小倉委員、佐藤(大)委員の質問にあったとおり、自衛隊ジェット機の乗り入れ状況がここに書かれているにもかかわらず、たった4回しかないが、P−1は実際何回も飛んでいるところを市民が見ている。その根拠として46文書を今後国も堅持していくとのことだが、実際問題P−3よりもP−1のほうがはるかに静かだと私は実感している。

大和市議会 2017-09-06 平成29年  9月 総務常任委員会-09月06日-01号

◆(佐藤〕委員) 議会費は補正予算で150万円減額になっているが、理由は何か。 ◎  議会事務局次長 職員給与費の補正減であり、昨年の3月定例会で全庁的に引き下げの補正があった。 ◆(佐藤〕委員) 議会活動そのものには影響がなかったと理解してよいか。 ◎  議会事務局次長 そのとおりである。

大和市議会 2017-06-09 平成29年  6月 基地対策特別委員会−06月09日-01号

◆(佐藤〕委員) こういった事故はなくしてもらわなければならないが、実際には毎年起きている。今回のようにきちんと情報提供されていること自体はとてもよいことだと思っている。間違っても隠蔽することがないように今後も積極的な情報提供を要請願いたい。 ◆(山崎委員) 市民情報を知りたい場合、市は客観的に情報提供しているのか。

大和市議会 2017-06-08 平成29年  6月 総務常任委員会−06月08日-01号

◆(佐藤〕委員) 現状の発電設備能力はどのくらいか。 ◎  管財課長 100キロワットである。 ◆(佐藤〕委員) 改修後の発電設備能力はどのくらいか。 ◎  管財課長 500キロワット程度を想定している。 ◆(佐藤〕委員) どのくらい便利になるか具体的に説明してほしい。

大和市議会 2017-03-23 平成29年  3月 議会運営委員会−03月23日-01号

◆(佐藤〕委員) 予算決算(常任)委員会を行いたい。明るいみらい大和からの提案について、内容の補足説明をしたい。「初日、本会議予算提案後、休会して、直ちに予算決算委員会本会議場で開会し予算決算)質疑を実施。」とあるが、これは質疑を必ず行わなければならないということではない。現状においても本会議で質疑ができるが、行われていない実態があり、ニーズは少ないと思っている。

大和市議会 2017-03-13 平成29年  3月 議会運営委員会−03月13日-01号

◆(佐藤〕委員) 宮応委員から神奈川新聞の引用があったが、こうしたものはいかがか。 ◎  議事担当係長 新聞については、一般社団法人日本新聞協会新聞著作権議会で声明を発している。それは、最近、新聞通信社が新聞や電子メディアで発信する記事・写真などの情報インターネット上などで無断利用する事例がかなり目につく。新聞通信社が発信するほとんどの情報には著作権がある。