105件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

秦野市議会 2017-09-27 平成29年第3回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2017-09-27

そこで、株式会社秦野土地は、株式会社竹中工務店とこの土地売買契約を締結するとともに、農地転用許可を受けるまでは、所有権移転効力が発生しないことを踏まえて、所有権移転登記により本登記の順位を保全されたものと考えております。また、公益財団法人相模メモリアルパークにつきましては、これらの事情を踏まえまして、株式会社秦野土地とこの土地売買契約を締結されたものと考えております。  

相模原市議会 2017-06-27 06月27日-04号

私が把握しているだけで、この業者により最低でも38筆が売買済み、または売買予約登記がされているというような状況になっています。さらに、土地売買等がされている可能性もあります。2015年当時と同じ業者リニア中央新幹線事業と説明して、藤野地区土地売買等を繰り返している状態が続いていることは重大な問題だと考えますが、この問題についての市の認識を伺いたいと思います。 

秦野市議会 2017-06-22 平成29年第2回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2017-06-22

1筆だけが登記名であり、平成26年12月17日時点での所有者名株式会社竹中工務店であります。登記者は登記記録上、所有者にはなりませんが、どのようか、お伺いします。  また、「副市長の答弁は」とるるあり、「一覧表の記載にはわかりにくい部分があり、注意書きを付して提出するべきだったというのが本市の真意です。」と回答しています。

三浦市議会 2017-03-13 平成29年度予算審査特別委員会( 3月13日)

小林直樹委員長  そうすると、凍結して、土地区画整理事業準備委員会も解散するということになりますと、あそこの土地利用についてどうなっていくのかなというふうに思うんですけれど、京浜急行、三戸・小網代地区で、特に小網代地区登記のところなんかは土地整理をしているんです。

三浦市議会 2016-12-14 平成28年総合計画審査特別委員会(12月14日)

とともに、この間、6月から京急本社から職員が来まして相当精力的に、三戸地区のところを中心に、地権者登記部分、本登記で京浜急行電鉄さんが購入をするというような意向も伺っております。小網代地区については登記から、大変歴史が長うございますので相当、1軒ずつ、地権者、数十世帯ございますので、そこらに対しても説明会を二度三度終わっているという状況でございます。

秦野市議会 2016-12-06 平成28年第4回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2016-12-06

資料請求は、こども健康部長の決裁でお出ししておりますが、私としては、改めて拝見しましたけれども、先ほども少しこども健康部長が答弁いたしましたが、注意書きをして、登記権者株式会社秦野土地であると。しかし、まだ本登記は追完されていないというような趣旨を付記すればよかったとは感じております。」と答弁されています。  

三浦市議会 2016-09-25 平成28年度決算審査特別委員会( 9月25日)

石橋むつみ委員  準備委員会は解散の方向ということですけれども、京急登記になっていた土地はずっとこの間、本登記になっている、所有権が移っているのかなと思うんですけど、それはほとんど終わったんですか。 ○大滝弘友紀都市計画課長  所有地移転のほうまでは、申しわけございません、把握はしておりません。 ○石橋むつみ委員  93ページです。

秦野市議会 2016-06-20 平成28年第2回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2016-06-20

仮にここに登記がされてあります、平成8年です。その後にも登記名義変更しています。名義変更した後、平成27年1月13日に名義変更して、今度は、最終的に所有権移転、売買したのは平成27年2月9日です。ほとんど調べてないのではないですか。ということは、特約条項があるから、市長がこの中で言っていらっしゃいますけれども、農地移転は、農地法改正があるから、開発導入を行うことがされていると。

大磯町議会 2016-06-14 平成28年 6月定例会(第12日目 6月14日)

地目変更登記の抹消といった手続により、この虫食い整理していかねばなりません。  まず、現在の自然緑地を大切にした中で活用策を真剣に考えていかねば、そういうときであろうと、そのように思っております。 ○議長吉川重雄君)  竹内議員。 ○2番(竹内恵美子君)  それでは、再質問に入らせていただきます。  

大磯町議会 2016-02-26 平成28年 3月定例会(第11日目 2月26日)

しかしながら、寄附を受けた土地は一団ではなく、五洋建設株式会社登記土地などの民有の農地が点在しており、一体としての、いまのところ、使用はできませんが、これまで保存緑地として管理してまいりました。  このたび、NPO法人湘南ベルマーレスポーツクラブにより倒木の処理や下草の刈り込み程度の手入れを行い、隣接地権者の了解を得た中で、いまお話しされましたシクロクロスというイベントが開催されました。

逗子市議会 2015-06-19 06月19日-04号

◆15番(丸山治章君) 拘束力がないので、ちょっと危ないなと思うのですけれども、事業はもう行われておりますので、不動産所有権移転登記を行うべきだと考えますけれども、所管の御意見を伺います。 ○議長眞下政次君) 環境都市部長。 ◎環境都市部長田戸秀樹君) こちらにつきましては、同意書の中で事業終了後、速やかに寄付をいただくということですので、その段階での登記移転のほうを考えております。

秦野市議会 2015-06-09 平成27年第2回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2015-06-09

47 ◯5番露木順三議員【 213頁】 その後に、結局は督促があって、それによって、簡単に言えば、登記簿担保とか、いろんな設定期間があるのですよ。それはあくまでも民法上の設定移転部分です。それによって、このことをやれば、効力をもっと発揮しますよということだと思うのですよ。なぜそこの部分を解釈しないのか、登記だってできるではないですか。

秦野市議会 2015-03-05 平成27年第1回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2015-03-05

相模メモリアルパークといたしましても、所有権移転登記事務を進めておりましたが、おくれた理由といたしまして、登記を本登記に変える登記事務等に時間を要したためでございます。最終的に、5筆の土地所有権移転登記につきましては、本年2月9日を受付年月日として登記事務が全て完了しております。  

座間市議会 2014-12-04 平成26年第4回定例会(第2日12月 4日)

また、所有権以外の権利設定されている場合は所有権移転登記までに登記抵当権を抹消しなければなりませんが、これらの手続は本来ならば土地所有者が行いますが、所有者が不明な場合は誰が手続を行うのかも問題になり、裁判で法的措置をとるとなると、一般市民が行動を起こすには限界があります。  

伊勢原市議会 2014-03-12 平成26年産業建設常任委員会 本文 2014-03-12

また、当時の状況につきましては、所有権移転、その間に登記等、権利関係が輻輳していたのは、状況として登記簿を見れば明らかなわけですので、協定の前段の第1条のところで確認事項ということで、「真正なる所有権者であることを確認すること」というような条件をつけて協定は結んでおりますので、それが前提だという認識はしております。  

平塚市議会 2013-12-02 平成25年12月定例会(第2日) 本文

ですから、実はそこで先行取得みたいな、そこの地権者方たちの何人かが、契約して登記みたいなところまで進むのではないかという懸念が大変強く、当時大神の地域方たちと話をしまして、せっかくツインシティというしっかりとした、この環境共生都市まちづくりを進めていくわけですから、その部分だけ虫食い状態になるようなまちづくりは望ましくないだろうと。

大磯町議会 2013-09-19 平成25年決算特別委員会( 9月19日)

いま、ある企業が、大磯町、結構登記を持っているところがございまして、そういうところの企業に働きかけて、その登記の相談にも乗ってございまして、そういう企業等を参入させて、自分たち一緒に、企業と町とそれから県と一緒になって、その辺の解消に向けてどういうふうにしていったらいいのかということを考えてございます。それと同時に、来週も早々に湘南ゴールドの視察がございます。

中井町議会 2013-09-04 2013年09月04日 平成25年第3回定例会(第1日) 本文

それから住宅公社につきましては、1つは、全体の中に、まだ農地等登記こういったものの精算を全てした上でですね、さらに造成費の一部として、公社法の中で公共用事業等という解釈の中で、それぞれ事業者に一億数千万の出資をすると、こういうことでございます。もちろん県に保有地は無償で提供すると。  それから町は、まず1つは、いわゆる地権者等と、あるいは地域住民等合意形成を求められております。

三浦市議会 2013-07-10 平成25年総務経済常任委員会( 7月10日)

6カ月あるんですけれど、その6カ月の間には、例えば所有権移転登記をするとか、ほかの権利関係登記をするなんていうことはしないんですか。 ○小堺 穣不動産活用担当部長  そういったことは考えておりません。 ○小林直樹委員  あくまでも所有権移転は、完納したときに本登記をするということでいいわけですね。 ○小堺 穣不動産活用担当部長  そのとおりでございます。