4124件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

座間市議会 2019-04-24 平成31年議会運営委員会( 4月24日)

要するに、代表質問ではないけれどもというところはまた、それを議論しましょうという話ということではなくて、例えばの話、うちのお時間をいただいている中でいうと、どうしても細かいところにも入ってしまう部分もあるけれども、総括質疑というのは1人の登壇者がいろいろなことをその時間を使って聞いていく、個々に聞いていくということであるとあれなので、皆、そもそも、これも全くもとに戻ってしまうのだけれども、総括質疑とはどうやって

秦野市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第7号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2019-03-25

改めて申し上げますが、このたびの定例会における代表質問や予算決算常任委員会におきます緑水クラブの意見、要望事項についてしっかりと受けとめていただき、市政運営に生かしていただけるよう、お願いを申し上げまして、賛成討論といたします。              

秦野市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第6号・一般質問) 本文 開催日: 2019-03-19

代表質問での答弁では、平成32年には、小規模特認校という自由な学校としての位置づけをするということです。  せんだって、議会で教育についてという勉強会をいたしました。そこで、いろいろと義務教育学校について勉強しましたが、将来、西中学校を拠点としてつくる義務教育学校に、上小学校は含まれるのでしょうか、どうなのでしょうか、お伺いをいたします。  次に、学力向上について、お伺いいたします。

藤沢市議会 2019-03-18 平成31年 2月 予算等特別委員会−03月18日-10号

◆平川和美 委員 あと、次に、小児がんや、今、これは代表質問でもちょっとお聞きしたんですが、AYA世代、これは19歳から35歳までの方のことをAYA世代と言うんですけれども――の患者に対する支援も推進していかなくてはいけないのではないかなと思うんですね。特にAYA世代は、学生か、また社会人ということで、個々の環境も違いますし、そういう意味では個々の配慮が必要になります。

秦野市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2019-03-18

市長の公約にもなっております教育水準の改善・向上については、既に代表質問等で教育水準の改善・向上を目指す決意を伺いました。また、総合教育会議での議論についても、教育委員の皆様の意見を議事録で拝見いたしました。  既に代表質問でも、市長から御答弁いただきましたとおり、教育水準を改善し、秦野の子供たちの生きる力を育む責任は、学校にも、行政にも、そして我々議会にもございます。

川崎市議会 2019-03-15 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号

代表質問で、障害者グループホームの整備のおくれを指摘しました。おくれの原因は、選定後に法人が辞退することと答弁されましたが、グループホームの建物は用意できて、市の審査を通った法人がその後で辞退せざるを得ないのは、世話人を配置できないからだと指摘しました。これは大変な事態です。現場では、世話人が見つからない、やっと見つけた人も大変な仕事でやめてしまうという声が上がっています。

藤沢市議会 2019-03-14 平成31年 2月 予算等特別委員会-03月14日-08号

それについては教育委員会としても十分認識をしておりますし、代表質問の中でも御答弁をさせていただいたかと思いますが、子ども青少年部と教育委員会とでプロジェクトチームをつくって今後そのところを進めていく必要があるということで、この3月に会議体をつくりまして、4月以降、細かいことについて検討していくという形にしております。

川崎市議会 2019-03-14 平成31年  3月議会運営委員会-03月14日-01号

まず、40番は、本会議における議事説明員及び各会議日の出席者を規定しているものでございますが、左側の列の改正案のとおり、別表の2行目中の「会計管理者」を削り、同表の3行目の下に新たに行を追加し、「選挙管理委員会事務局長、人事委員会事務局長、市民オンブズマン事務局長、会計管理者」については、提案説明日、代表質問日、採決日はこれまでと同様に出席とし、一般質問日は通告があった場合のみの出席とするよう改正するものでございます

南足柄市議会 2019-03-13 2019年3月13日(水) 平成31年予算特別委員会 本文

今回の代表質問でも地域防災計画の中で組み込まれるんでしょうという話をしたら、組み込まれますという話だったんですが、ちょっとこの予算書の中に、それを作っていくというものが見えてこないんですけれども、それはお金を掛けないでもできてしまうという解釈なのか、やらないという解釈なのか、教えてください。

藤沢市議会 2019-03-12 平成31年 2月 予算等特別委員会−03月12日-06号

代表質問でも水田保全のときに農業法人の今後の考え方について少し触れさせていただきました。これは水田だけじゃなくて、ほかの農地にも関係してきますけれども、市内の農地をいかに保全して、また農産物を生産していくかという中では、農業法人をつくっていくというのも、私も詳しいわけじゃありませんが、藤沢市の農業のあり方、都市型農業のあり方では一つ考えていく必要があると思っています。  

川崎市議会 2019-03-11 平成31年  3月文教委員会-03月11日-01号

◆石田和子 委員 パブコメで寄せられた御意見はしっかりと受け取めていきたいということで、市長もそのように代表質問でも答弁をされているので、その辺は、さまざまな意見が寄せられているというふうに思うんですけれども、ぜひそこをしっかりと受けとめていただきたいということを申し上げておきたいと思います。