92件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2021-03-19 令和 3年 第1回定例会−03月19日-04号

第3に、高齢者増税負担が集中している状況下介護保険料を第7期の額に戻す、安心して介護を受けられるよう介護援助手当復活特別養護老人ホームを増設し、人材確保が困難な介護老人福祉施設等職員定着確保を図るための支援を行う、敬老祝い金長寿夫妻記念品復活する、削減した障害者支援施設等運営費市単独定率加算復活する、非課税世帯などの低所得障害者医療費無料にし、重度障害者等入院食事代補助制度

川崎市議会 2020-12-15 令和 2年 第6回定例会−12月15日-07号

また、かつて本市では、自宅介護に当たる家族に対して年額12万円を支給する在宅高齢者介護援助手当がありました。重労働な自宅介護の労をねぎらうために創設されたとのことです。介護保険制度が改悪され続け、国の制度だけでは限界なのですから、市単独支援を強く要望しておきます。  最後に、非正規シングル女性への支援についてです。

川崎市議会 2020-03-19 令和 2年 第1回定例会-03月19日-04号

第2に、高齢者増税負担が集中している状況下介護保険料を第6期の額に戻す、安心して介護を受けられるよう介護援助手当復活特別養護老人ホームを増設し、人材確保が困難な介護老人福祉施設等職員定着確保を図るための支援を行う、敬老祝い金長寿夫妻記念品復活する、削減した障害者支援施設等運営費市単独定率加算復活する、非課税世帯などの低所得障害者医療費無料にし、重度障害者等入院食事代補助制度

川崎市議会 2019-03-15 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号

安心して介護を受けられるよう特別養護老人ホームを増設し、人材確保が困難な介護老人福祉施設等職員定着確保を図るための支援を行うとともに、介護援助手当復活する。敬老祝い金長寿夫妻記念品復活する。削減した障害者支援施設等運営費市単独定率加算復活する。非課税世帯などの低所得障害者医療費無料にし、重度障害者等入院食事代補助制度復活することです。  

川崎市議会 2018-09-13 平成30年 第3回定例会-09月13日-04号

さらに、家族介護を少しでも励ます意味でも、要介護3以上の方に月1万円の介護援助手当復活すべきではないでしょうか、伺います。  高齢者居住環境の問題です。特別養護老人ホームへの入所を3年以上待機している人が要介護3以上でも約4割いるという高齢者実態調査結果です。それでも待機者が若干減ってきている。

川崎市議会 2018-03-16 平成30年 第1回定例会−03月16日-04号

安心して介護を受けられるよう介護援助手当復活特別養護老人ホームを増設し、人材確保が困難な介護老人福祉施設等職員定着確保を図るための支援を行う。敬老祝い金長寿夫婦記念品復活する。削減した障害者支援施設等運営費市単独定率加算復活する。非課税世帯など低所得障害者医療費無料にし、重度障害者等入院費食事代補助制度復活することです。  

川崎市議会 2017-03-17 平成29年 第1回定例会−03月17日-05号

第2に、高齢者増税負担が集中している状況下で、安心して介護を受けられるよう、介護援助手当復活し、特別養護老人ホームを増設し、人材確保が困難な介護老人福祉施設等職員定着確保を図るための支援を行う。削減した障害者支援施設等運営費市単独定率加算復活する。非課税世帯などの低所得障害者医療費無料にし、重度障害者等入院食事代補助制度復活する。

川崎市議会 2016-03-18 平成28年 第1回定例会−03月18日-05号

第2に、高齢者増税負担が集中している現状のもとで、安心して介護を受けられるよう介護援助手当復活し、特別養護老人ホームを増設し、人材確保が困難な介護老人福祉施設等職員定着確保を図るための支援を行う。削減した障害者支援施設等運営費市単独定率加算復活する。非課税世帯など低所得障害者医療費無料にし、重度障害者等入院食事代補助制度復活する。

二宮町議会 2015-03-23 平成27年第1回(3月)定例会(第23日目) 本文

しかしながら、介護人材育成に40万円を予算化したとはいえ、在宅介護援助廃止、77歳のお年寄りに対する敬老祝金段階的廃止など、これまで続けてきた独自の制度については、レベルが下ってしまいました。これらの制度については存続を改めて要求するものです。  予算(案)の中に、財務システム改修費用として、既にマイナンバー制度対応予算が計上されていますが、これにつきましては3つの点から反対です。  

川崎市議会 2015-01-23 平成27年  1月健康福祉委員会-01月23日-01号

また、透析の介護援助者のことも今回出されていて、そういう意味でいえば、この間福祉タクシー券の増枚もされてきているということから、介護者に対してやはり負担も大きいということで、こういう形で陳情を出されてきていると思うんですけれども、やはり、本当に高齢になってきて、先ほどの報告もありましたけれども、高齢者の数がふえてきている。

川崎市議会 2014-03-24 平成26年 第1回定例会−03月24日-05号

第3に、高齢者増税負担が集中しているもとで、安心して介護を受けられるよう介護援助手当復活し、特別養護老人ホームを緊急増設し、人材確保が困難な介護施設等職員定着確保を図るための支援を行う。非課税世帯など低所得障害者の方の医療費無料にし、重度障害者等入院食事代補助制度復活することなどです。  

川崎市議会 2013-03-19 平成25年 第1回定例会-03月19日-05号

第4に、高齢者増税負担が集中しているもとで、安心して介護を受けられるよう介護援助手当復活し、特別養護老人ホームを緊急増設し、人材確保が困難な介護施設等職員定着確保を図るための支援を行う。非課税世帯障害者医療費無料にし、重度障害者等入院食事代補助制度復活することなどです。  

川崎市議会 2012-09-13 平成24年 第3回定例会-09月13日-03号

この間、行革で敬老パス無料化をやめ、敬老祝い金介護援助手当を削減して高齢者への支援策を次々と奪っておいて、どうして高齢者市民が生きがいを持って暮らせるでしょうか。また、中間コストがかからない効率的・効果的な行政システムの構築というのは、住民福祉の増進が役割である自治体の使命を投げ捨てるものであり、断じて容認できるものでないことを厳しく指摘をしておきたいと思います。  

川崎市議会 2012-03-15 平成24年 第1回定例会-03月15日-04号

第4に、高齢者が安心して介護が受けられる介護援助手当復活し、介護保険給付費準備基金を全額取り崩して第1号被保険者保険料を下げる。特養ホームを緊急増設し、人材確保が困難な介護老人施設等職員定着確保を図るための支援を行う。非課税世帯障害者医療費無料にし、結核精神医療付加金制度及び重度障害者等入院食事代補助制度復活することなどです。  

川崎市議会 2009-10-07 平成21年 第3回定例会-10月07日-05号

2003年度の在宅寝たきり老人介護援助手当廃止以来、財政再建団体に転落してもいないのに、あたかも再建団体に転落したかのように市単独事業上乗せ事業のほとんどを切り捨ててきました。2008年度は市民にとって最後のとりでとも言うべき川老制度廃止結核精神医療付加金制度廃止並びに生活保護世帯への特別乗車証も冷たく切り捨てたのです。福祉切り捨てやり方も本当にひどいやり方です。

川崎市議会 2009-03-19 平成21年 第1回定例会-03月19日-05号

老人医療費助成事業介護援助手当復活し、介護保険料の引き下げを行うこと。特別養護老人ホームを緊急増設し、人材確保が困難な介護施設等職員定着確保を図るために支援を行います。障害者自立支援法のもとで、過酷な負担にあえいでいる障害者サービスを利用できなくならないよう、低所得1・2の方の利用料無料にし、負担を軽減します。