運営者 Bitlet 姉妹サービス
33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-03-13 大和市議会 平成30年  3月 定例会−03月13日-02号 同意書の記載等の諸手続に当たりましては、御本人のほか、事実や同性パートナーを含む御家族に記載をお願いしております。この場合の課題といたしましては、同意の優先順位の考え方の基準がないことであり、国による法整備が望まれるところでございます。また、面会に関しましては同性パートナーでも御家族と同様の対応とさせていただいております。 ○議長(木村賢一君) 質問を許します。 もっと読む
2018-02-22 藤沢市議会 平成30年 2月 子ども文教常任委員会-02月22日-02号 事実や同性婚だってあるし、ステップファミリーだってある。さまざまな家庭の形をきちんとそれはそれとして認めていくということが今私たちの向かうべき社会の姿だと私は思っているのですね。  ですけれども、陳情者のおっしゃっている支援というのは、まずあるべき家庭の姿があって、その家庭像に全ての家庭を合わせていくこと、これを支援とおっしゃっているように私は読み取れます。 もっと読む
2016-02-03 真鶴町議会 平成28年地方創生等検討特別委員会( 2月 3日) ○(行政支援研究所員)  日本は特に保険的で未婚でお子さんをつくるということにかなり抵抗があるんですが、フランスでは逆に事実ということで、結婚せずにお子さんをつくるというような、そもそも財産制度が違っているんですが、日本でもシングルマザーを集めようという地方創生の戦略を立てている所が幾つかあります。非常に生活が苦しいのでわが町ではシングルマザーを応援します。というような政策を幾つか立てています。 もっと読む
2015-03-16 綾瀬市議会 平成27年3月定例会-03月16日−03号 そういう方たちも、ある意味、未婚ということで、ひとり親のみなし控除の対象になっていくと思うんですけれども、綾瀬市ではこのような未婚や、また事実のひとり親の数というのを把握していらっしゃるのかどうかについてお聞かせください。 ○議長(山田晴義君) 市民こども部長。 もっと読む
2015-02-23 小田原市議会 平成27年  2月 厚生文教常任委員会-02月23日−01号 その次に、「不育症治療費助成」ですけれども、2の対象者に、「以下の条件をいずれも満たす者」として「法律上の婚姻」とありますけれども、例えば事実の場合は含まれないのかということ。また医療機関は指定されているところなのか、それとも対象となる方がかかった医療機関ならばどこでもいいのかということを教えてください。   もっと読む
2015-02-23 小田原市議会 平成27年  2月 厚生文教常任委員会-02月23日−01号 その次に、「不育症治療費助成」ですけれども、2の対象者に、「以下の条件をいずれも満たす者」として「法律上の婚姻」とありますけれども、例えば事実の場合は含まれないのかということ。また医療機関は指定されているところなのか、それとも対象となる方がかかった医療機関ならばどこでもいいのかということを教えてください。   もっと読む
2014-09-04 大和市議会 平成26年  9月 厚生常任委員会−09月04日-01号 ◎  こども総務課長 事実をデータとして把握することは難しい。先ほど答弁したデータは、あくまでも出生数と何人目の子供かだけで捉えている。 ◆(堀口委員) 自分の意思で法律上の婚姻をしていない方もいれば、諸事情から婚姻できない方も中にはいる。一概に法律上の婚姻をしているかどうかを条件とするのではなく、状況を加味してもらえればと思う。 もっと読む
2014-06-11 相模原市議会 平成26年  6月 総務委員会-06月11日−01号 ◆寺田弘子委員 今、男女の関係はさまざまな形態があり、事実という形もあると思うが、この条例の中で定義している配偶者について伺う。 ◎岩本職員課長 配偶者の定義についてだが、国家公務員の配偶者同行休業に関する法律において、届け出をしないが、事実上、婚姻関係と同様の事情にある者を含むと定義されているので、本市においても、同様の取り扱いとさせてもらいたいと考えている。 もっと読む
2014-03-07 相模原市議会 平成26年  3月 民生委員会-03月07日−01号 ◆小林倫明委員 例えば事実の家庭などは除外されるのか。 ◎加藤こども青少年課長 事実の事実があれば、児童扶養手当と同様に対象外である。 ◆小林倫明委員 児童扶養手当の場合と同様かもしれないが、事実であるかどうかとか、養育費を受けているかどうかとか、現況届が出ているわけだが、その内容はどうやって確認しているのか。 もっと読む
2013-12-05 相模原市議会 平成25年 12月 建設委員会-12月05日−01号 ◎奈良田住宅課長 生活の本拠をともにする交際相手からの暴力を受けた者はどのような者かということだが、改正前のDV防止法においては、法律婚のほかに、届け出をしていない事実の相手からの暴力を受けた者も保護の対象とされていた。今回、新たに対象となった生活の本拠をともにする交際相手からの暴力を受けた者とは、婚姻の意思はない中で、一緒に暮らしている交際相手からの暴力を受けた者である。 もっと読む
2013-12-02 綾瀬市議会 経済建設常任委員会(平成25年)-12月02日−05号 その後、綾瀬の場合は単身の住宅が現在ありませんので、申し込みはできませんけれど、今後、単身の公営住宅ができた場合は、その単身の入居申し込みの条件が今までは高齢者とか障害者とか、その辺の条件が決まっておりましたけれど、今回の条例改正に伴って、事実ではない、生活の本拠にしている、簡単な話が同棲の相手の方にも申し込むことができるようになります。   もっと読む
2013-11-27 湯河原町議会 平成25年第6回定例会(第2号) 本文 開催日:2013-11-27 今回の改正は、従来法で対象とされていた配偶者、事実の相手を含みますが、この配偶者からの暴力及びその被害者に、生活の本拠を共にする交際相手が法の対象となったもので、法の題名が改称されたこと、また法を引用している規定について、改正するものでございます。  恐れ入りますが、2枚おめくりいただき、2ページの参考資料 新旧対照条文をお願いいたします。   もっと読む
2013-11-27 湯河原町議会 平成25年第6回定例会(第2号) 本文 開催日:2013-11-27 今回の改正は、従来法で対象とされていた配偶者、事実の相手を含みますが、この配偶者からの暴力及びその被害者に、生活の本拠を共にする交際相手が法の対象となったもので、法の題名が改称されたこと、また法を引用している規定について、改正するものでございます。  恐れ入りますが、2枚おめくりいただき、2ページの参考資料 新旧対照条文をお願いいたします。   もっと読む
2013-09-25 小田原市議会 平成25年  9月 決算特別委員会厚生文教分科会-09月25日−02号 ちなみに、事実があるということで昨年度資格がなくなった方が全部で23件あるのですけれども、このうち、ほとんどの方が自主的に同居する方ができましたということで御申告いただいておりまして、申告がおくれて結果として過払いになってしまった件数は2件のみということで、受給の際には、同居等始めたら必ず申告してくださいという指導をしておりますので、おおむねきちっと実施いただいているのではないかなというふうに考えております もっと読む
2013-09-25 小田原市議会 平成25年  9月 決算特別委員会厚生文教分科会-09月25日−02号 ちなみに、事実があるということで昨年度資格がなくなった方が全部で23件あるのですけれども、このうち、ほとんどの方が自主的に同居する方ができましたということで御申告いただいておりまして、申告がおくれて結果として過払いになってしまった件数は2件のみということで、受給の際には、同居等始めたら必ず申告してくださいという指導をしておりますので、おおむねきちっと実施いただいているのではないかなというふうに考えております もっと読む
2013-09-13 秦野市議会 平成24年度決算特別委員会 本文 開催日: 2013-09-13 実際に男性と同居している事実ではないかというような通報等がたびたびございます。そういった場合には、必ず受給者と連絡をとりまして、必ず呼び出しをしまして、事情聴取等をするとともに、民生委員の方にも協力を求めておりますので、民生委員の方に実態の把握もあわせて依頼をするような形で実態把握に努めております。   もっと読む
2013-03-01 大和市議会 平成25年  3月 厚生常任委員会−03月01日-01号 ◎  こども総務課長 事実関係であればひとり親とはみなさない。基本的には経済支援の側面があるので、戸籍に限らず、実態に合わせて認定している。 ◆(青木委員) 実態調査は行われているのか。 ◎  こども総務課長 年に1回、家賃状況、世帯状況の現況届を出してもらっている。制度に調査権はないため、訪問してまで確認はしていない。 ◆(青木委員) 書類のみの審査か。 もっと読む
2012-09-26 小田原市議会 平成24年  9月 決算特別委員会厚生文教分科会-09月26日−02号 この話題をすると必ず一緒に話題になってしまうのが、偽装離婚ですとか事実隠し、そういったものに対する指摘があるわけですけれども、それでは、本市においてひとり親家庭の中にどのくらいの割合で生活保護を受けている家庭があるのか。その中で平成23年度において不正受給は何件ぐらいあったのかお伺いします。   もっと読む
2012-09-26 小田原市議会 平成24年  9月 決算特別委員会厚生文教分科会-09月26日−02号 この話題をすると必ず一緒に話題になってしまうのが、偽装離婚ですとか事実隠し、そういったものに対する指摘があるわけですけれども、それでは、本市においてひとり親家庭の中にどのくらいの割合で生活保護を受けている家庭があるのか。その中で平成23年度において不正受給は何件ぐらいあったのかお伺いします。   もっと読む
2012-09-06 大和市議会 平成24年  9月 厚生常任委員会−09月06日-01号 ◎  こども総務課長 内縁関係であっても、事実状態であれば住民登録されているので、そこでまず世帯構成を把握し、事実関係の確認は本人の申し立て、場合により民生委員に状況を確認している。 ◆(青木委員) 従前、事実世帯への受給事例はあったのか。 ◎  こども総務課長 統計的な数字はとっていないが、事例としてはある。 もっと読む
  • 1
  • 2