17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

海老名市議会 2018-09-14 平成30年 9月 経済建設常任委員会-09月14日-01号

安心安全熊本地震九州電力がダウンしたときには、地元の電力会社で対応。高齢者の見守り、HEMSを活用した生活総合支援サービス。  続いて3、特徴、(1)家庭からの余剰電力の買い取りは九州電力の価格より1キロワットアワー当たり1円高く、家庭への売電は九州電力より平均3パーセント安くなるように設定している。  (2)タブレットを活用して、①みやま横丁、家にいながらみやま市内の店舗から買い物ができる。

座間市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第4日 9月 7日)

4月14日の前震後に避難した人も多く、電気や火を使っている家屋が少なかったことや、九州電力が通電再開を知らせる広報車を被災地に巡回させ、倒壊した家屋については火災危険性が増すと判断し、電柱から家屋につながる引き込み線を切るなどの対策をとったことが要因だと分析されています。  都市防災にかかわる東京大学院の廣井悠准教授は、避難時、ブレーカーを落とさず避難する方も多い。

大和市議会 2017-03-14 平成29年  3月 定例会-03月14日-02号

例えば九州電力では、川内原発1号機が再稼働直後に復水器の細管5本の損傷が発覚しました。関西電力は再稼働直後に変圧器異常で緊急停止をしました。さらに、高浜原発では工事中の長さ112メートルクレーン燃料プールの建屋上に落下をする、倒壊をする。それから、四国電力では伊方原発3号機が再稼働中に冷却水循環ポンプから水漏れしている。北陸電力では志賀原発2号機が電子炉建屋内に雨水が流入した。

大和市議会 2016-09-29 平成28年  9月 定例会−09月29日-05号

平成27年度は東日本大震災から4年が経過した年でしたが、東京電力福島第一原発事故後、新規制基準に基づき九州電力川内原発1号機が8月11日に再稼働するなど、国民の意に反し、国のエネルギー政策は原発容認へと向かっていきました。また、安倍政権が最重要課題に位置づけた集団的自衛権行使を限定的に可能にする安全保障関連法が9月19日の参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決成立した年でもありました。

大磯町議会 2016-09-13 平成28年 9月定例会(第13日目 9月13日)

んでくる、食べるものを運んでくるのではなくて、身近なところでつくられたものを食べましょうというような意味合いと同じようなもので、エネルギーも、例えば、この間、私、九州のみやま市というところに視察に行ってきましたけれど、ここではエネルギー政策が非常に進んでおりまして、例えばいまの電力量の半分の9掛け、49%が例えば石炭とか石油とか、それから、ウランだと中国から輸入しているとか、そういう原材料のお金として九州電力

藤沢市議会 2016-03-10 平成28年 2月 定例会−03月10日-04号

しかし、安倍内閣は、周辺自治体の反対を押し切って、九州電力、川内原発の再稼働に続き、関西電力の高浜原発も再稼働を認めました。高浜原発4号機は、再稼働3日目の29日、トラブルを起こして緊急停止をしております。昨日、大津地裁は、高浜原発運転差しとめ請求を認める画期的な判決を下しました。世界最高水準の規制基準に適合したからと再稼働を認めてきた政府責任が問われるところであります。  

大和市議会 2015-06-18 平成27年  6月 定例会-06月18日-02号

4月の鹿児島地裁の判断を背景に、九州電力は、5月25日に川内原発1号機を、7月下旬に2号機についても9月に再稼働すると発表しました。しかし、災害リスクを専門とする学者と民間調査機関がことし3月に原発・エネルギーに関する世論調査を実施したところ、再稼働に対して、反対が70.8%、賛成が27.96%という結果が出たと報じられています。

川崎市議会 2015-01-28 平成27年  1月総務委員会−01月28日-01号

初めに、九州電力川内原子力発電所についてでございますが、1、施設の概要といたしまして、所在地は鹿児島県薩摩川内市でございます。原子炉の型式は加圧水型、敷地は約145万平方メートル、電気出力は2基合計で178万キロワットでございます。2、各原子炉概要でございますが、全部で2基ございまして、このうち1号機は、昭和59年7月に運転を開始し、平成23年5月から運転を停止しております。

藤沢市議会 2012-12-18 平成24年12月 定例会-12月18日-05号

関西電力九州電力は明年4月から値上げをそれぞれ申請しておりまして、四国電力も値上げの検討に入ったと。このように各社、電力会社電気料金の値上げが相次いでおりまして、現在デフレ経済と言われておりますけれども、追い打ちをかけるように家庭企業にさらなる負担がのしかかっております。この電力料金値上げのあおりは本市も免れられず、今定例会の補正予算を組まざるを得ない状況となりました。

藤沢市議会 2011-09-09 平成23年 9月 総務常任委員会-09月09日-01号

全国54基のうち定期検査で停止している原発が約30基、福島第一原発の事故後、政府が再開第1号に位置づけてきた玄海原発では、再開の是非について判断を注目された古川佐賀県知事への九州電力関係者からの献金が常態化していたことや、原発シンポジウムでのやらせを知事が誘導していたことも明らかになり、再稼働が暗礁に乗り上げたことは記憶に新しいところです。

中井町議会 2011-06-09 2011年06月09日 平成23年第2回定例会(第2日) 本文

それでですね、これは元九州電力川内原子力発電所次長さんの話なんですが、これはですね、今の問題として、コストの問題、アメリカでは独立した原子力規制委員会が強い権限を持っています。この問題は早くから、これは共産党などからですね、指摘されてきましたが、国も電力会社も無視してきました。原発はコストが安いと言われます。しかし、放射性廃棄物の処理方法は全く確立されていません。

大和市議会 2008-12-16 平成20年 12月 定例会-12月16日-04号

さらに発電が行われる日中は比較的消費電力が少ないため、発電システムを設置した市民の皆さんは九州電力への売電が可能となり、その結果、1カ月当たり1万円強の収入が得られるとのことで、節電意識が高まり、電力使用量が抑制され、二酸化炭素の排出削減につながるという相乗効果が出ているとのことでありました。  

座間市議会 2002-12-10 平成14年第4回定例会(第5日12月10日)

あるいは、熊本県の天草に見られますように、九州電力発電所固定資産税が年間20億円来る、これをよそに取られるのは気に入らないということで合併が成り立たないとか、あるいは和歌山県の紀州では、何と日本一の梅干し、このブランドを守るためには広域合併は必要ないということで、二つの町が脱退をしてしまう。逆に北海道のように合併すると広すぎてしまう。

  • 1