運営者 Bitlet 姉妹サービス
5447件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 藤沢市議会 平成31年 2月 定例会−03月20日-06号 地方自治体の産業政策は、地域の中小企業や小規模事業者中心の振興策が必要です。予算審議では、利子補給制度の活用が2件にとどまっていることが明らかになりました。実効性のあるものになっているのか大変疑問であります。その点で、市民と小規模事業者から歓迎をされていた住宅リフォーム助成制度を創設し、中心的な地域経済振興施策として位置づけるべきです。  地震・津波・水害対策の強化についてです。 もっと読む
2019-03-15 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号 こうした中、地方自治体には国の悪政から市民生活を守る防波堤の役割を果たすことが求められていますが、新年度予算案は、市民の福祉や暮らし、市内中小企業への支援、雇用対策など、極めて不十分なものとなっています。 もっと読む
2019-03-12 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会−03月12日-06号 説明欄に移りまして、細目01金融対策事業費は、中小企業の資金調達を円滑にし、経営の安定、設備の導入等を促進するための貸付金や、利子及び信用保証料の補助並びに市の中小企業融資制度に対する業務を公益財団法人湘南産業振興財団に委託する経費等でございます。  続きまして、2項観光費につきまして御説明申し上げます。   もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月総務委員会−03月08日-01号 以後、さまざまな職場を通じて、いろんな業務をしているんですけれども、総じて産業振興の関係の仕事をさせていただきまして、そして、最後の3年間は経済労働局長ということで、まさに市内企業優先発注を旨とする中小企業活性化条例に基づく中小企業支援を業務として担当させていただきました。   もっと読む
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 では次に、初めの上下水道事業管理者からの答弁でありましたが、企業の実績と配置予定技術者の成績評定点の2項目については、ガイドラインで、原則、市内中小企業者であることを入札参加条件としている場合に適用しますとして、市外・準市内向けの案件から項目を除外しましたが、その理由と除外をした際の手続について財政局長に伺います。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 市長、意見要望なんですけれども、今たまたま福祉現場の一例をやりとりしたのですが、恐らく市内の中小企業の皆さんはこういうことでお悩みになられていると思いますので、ぜひこれは全庁的に把握され、対応をしていただきたいと思います。  続きまして、救急医療体制についてお尋ねしたいと思います。 もっと読む
2019-03-05 藤沢市議会 平成31年 2月 定例会−03月05日-05号 要旨10「『中小企業振興条例』を制定し,市内小規模事業者の営業と暮らしを守ることについて」です。  地方自治体の産業政策は地域の中小企業や小規模事業者中心の振興策が必要であります。地域の中小企業や小規模事業者は、営業活動をしているだけではなく、地域のコミュニティや文化、スポーツ活動の担い手として大変大切な働きをしてきております。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 ◎綿貫康治 まちづくり局長 工事発注における市内業者優先についての御質問でございますが、本市では、本市契約条例及び中小企業活性化条例の趣旨を踏まえ、市内中小企業者への受注機会の増大を図っているところであり、ラゾーナ広場バスターミナルの出入り口に関する工事につきましても、市内事業者に限定した一般競争入札による発注方式を予定しております。以上でございます。 ◆かわの忠正 委員 ありがとうございました。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会−03月04日-目次 健康福祉局長−63〕    石油コンビナートの護岸の耐震化について〔港湾局長−64、65、財政局長−65、市    長−66〕   添田 勝委員………………………………………………………………………………67    かわさき健幸福寿プロジェクトについて〔健康福祉局長−67、68〕    介護士の外国人活用について〔健康福祉局長−68〕    生活保護費の返還金収入について〔健康福祉局長−69、70〕    中小企業 もっと読む
2019-03-04 藤沢市議会 平成31年 2月 定例会−03月04日-04号 市では、昨年7月に、かながわ信用金庫と事業承継対策や後継者支援の推進など、市内中小企業の支援をテーマの一つとして包括連携協定を締結いたしました。今後は、市内金融機関や経済団体とも連携し、円滑な世代交代を通じた事業の持続的な発展が確保されるよう支援体制を構築してまいりたいと考えております。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 今年度におきましては、常時雇用従業員が300人以下で、女性の活躍推進やワーク・ライフ・バランスに取り組んでいる市内の中小企業等を認証する「かわさき☆えるぼし」認証制度を創設し、本年1月には24社を認証企業として決定したところでございます。 もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 しかし、本市の経済労働費は、融資関連の預託金を除くと57億円余で、そのうち中小企業支援費は約12億6,000万円にすぎず、予算のわずか0.1%です。中小企業予算の抜本的拡充を求めるとともに、以下、具体的な支援策について伺います。  まず、建設業の事業継続についてです。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 初めに、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要等への対応についての御質問でございますが、本年10月に予定されている消費税率引き上げ後の市内経済や市内中小企業の経営環境につきましては、その影響が最小限となるよう適切な対応を図ることが重要であると考えております。 もっと読む
2019-02-22 鎌倉市議会 平成31年 2月定例会-02月22日-05号 委員会では、市内の事業所数の大半を占める小規模企業を含む中小企業の現状も踏まえた上で、支援の方向性についても議論してまいります。  次に、プレミアム商品券についてです。消費税率の改定に伴い、購買意欲の低下が想定されるため、市内消費の拡大と商業の活性化が課題であると考えています。 もっと読む
2019-02-21 鎌倉市議会 平成31年 2月定例会−02月21日-04号 人手不足が深刻な地域の中小企業、小規模事業者に対して設備投資や事業承継等の支援を強化し、各種支援制度の周知徹底を進めるべきであると思いますが、いかがでしょうか。  契約のあり方について、最低制限価格を設定しないと低価格での落札により品質が低下してしまうおそれがあるのではないかという声が上がっていますが、この声にどう応えていくのか、伺います。   もっと読む
2019-02-15 藤沢市議会 平成31年 2月 定例会−02月15日-01号 市外で開催される展示会に共同出展する際のブース料等について、新たに助成制度を設け、市内中小企業の販路拡大による地域経済の活性化と、本市の「ものづくりのまち」としてのブランド価値を高める取り組みを進めます。  以上が平成31年度の重点事業と関連する主な取り組みであります。   もっと読む
2019-02-14 鎌倉市議会 平成31年 2月定例会−02月14日-02号 市内産業の活性化に向けては、本市の商工業の持続的な発展及び活力ある町の創出を図るため、「商工業振興計画」の策定、創業支援、新たに立地する企業に対する支援、市内企業の設備投資や中小企業者の経営基盤強化に対する支援、テレワークの普及・啓発を行います。 もっと読む
2019-02-12 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月12日-01号 また、力強い産業都市づくりとして、魅力ある都市拠点や、これらを結ぶ交通環境の総合的な整備、国際化に対応したイノベーションの推進、臨海部ビジョンに基づく戦略的なマネジメント、中小企業の支援、商業の振興などに取り組むため必要な予算を配分いたしました。 もっと読む
2019-02-12 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月12日-目次 市民文化局長-187〕     ヘイトスピーチ対策について〔川崎区長-192〕     子育て支援策について〔市長-185、196、こども未来局長-190〕     教育環境の改善について〔教育次長-193〕     障害者施策について〔健康福祉局長-188、197〕     高齢者施策について〔健康福祉局長-189、197〕     国民健康保険料について〔健康福祉局長-189、197〕     市内中小企業 もっと読む
2019-02-04 川崎市議会 平成31年  2月総務委員会−02月04日-01号 24款市債は、546億8,400万円で、25億円余の減となっておりますが、これは主に、産学交流・研究開発施設の整備完了に伴う、中小企業支援債の減によるものでございます。  以上が、一般会計の歳入でございます。  次に、一般会計の歳出でございます。 もっと読む