24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

藤沢市議会 2019-06-26 令和 元年 6月 定例会−06月26日-07号

次は、上のグラフ中学生保護子どもの養育の要因を抱えている一般層は74.0%、下のグラフ中学生保護者で、下のグラフの一番上、経済的に困窮層でもなく、その周辺層でもない一般層(N=924)という対象の中の16.3%プラス11.9%が潜在的養育困難を抱えているということがあらわされているわけです。  

三浦市議会 2018-09-19 平成30年度決算審査特別委員会( 9月19日)

これは、小学生中学生保護、教職員を含めての数です。平成29年度の同相談件数が925件ですので、ほぼ横ばいの状態となっております。 ○鈴木敏史委員  こちらの事業に関しても、教員方々多忙化を解消するために、精神的負担の軽減などにもつながると思いますので、またこちらのサポートのほう、よろしくお願いいたします。  あと、102ページ、白秋記念館管理運営事業についてお聞きします。

茅ヶ崎市議会 2018-02-28 平成30年 3月 第1回 定例会−02月28日-03号

この動きを受けて、本市としても進路を決める中学生保護に対しての周知徹底を行っていただきたいと考えますが、いかがでしょうか。  インクルーシブ教育に関しては、ユニバーサルデザインの視点を取り入れた授業づくり合理的配慮協力員の巡回などによる個別の教育的ニーズに応じた適切な支援が行われてきました。児童生徒が安心して学校生活を過ごせる環境の整備についてどのような取り組みをされるかを伺います。  

伊勢原市議会 2017-12-05 平成29年12月定例会(第5日) 本文

本市平成17年9月に実施しました昼食に関するアンケート調査では、中学校昼食がどうなるとよいかとの問いに対して、中学生及び中学校教職員は、「弁当を続けてほしい」との回答が一番多く、中学生保護は、「小学校と同じような給食があるとよい」との回答が一番でした。また、平成22年2月の小学校保護者に対する説明会での自由意見により、たくさんのご意見を頂戴いたしました。  

伊勢原市議会 2017-12-03 平成29年12月定例会(第3日) 本文

29: ◯学校教育担当部長大高敏夫】  本市では、平成17年9月に実施した昼食に関するアンケート調査では、中学校昼食がどうなるとよいかとの問いに対しまして、中学生及び中学校教職員弁当を続けてほしいとの回答が一番多く、中学生保護は、小学校と同じような給食があるとよいとの回答が1番でした。また、平成22年2月の小学校保護者に対する説明会での自由意見に、よりたくさんのご意見を頂戴いたしました。

逗子市議会 2016-09-29 09月29日-04号

自転車安全教室のほかに、交通安全教室ということで、園児や中学生保護、高齢者対象として、これも実施されており、今後も警察や交通安全協会と連携しながら、各年齢層対象とした自転車安全教室については実施する方向で検討してまいりたいと思います。 ○議長(菊池俊一君) 12番、匂坂君。 ◆12番(匂坂祐二君) 分かりました。 

三浦市議会 2016-03-17 平成28年度予算審査特別委員会( 3月17日)

それから、先ほど申しました765件の件数ですけれども、こちらにつきましては、小学生中学生保護それから教職員と……、教職員もそれぞれの子供の対応というようなところでスクールカウンセラー相談を行っているというようなところで、教職員相談件数というのは387件ということで、半分以上は教職員対応というようなことになっております。

三浦市議会 2015-09-20 平成27年度決算審査特別委員会( 9月20日)

平成27年度につきましては、三浦市として、小中学校中心に主にインターネットにかかわる人権というようなことを共通のテーマといたしまして、各学校小学生中学生保護それから地域の方々、これらの方々を巻き込む形で皆さんで学習していきながら、相手を大切にする、それから自分を大切にするという人権の基本的な部分についての学習を深めていこうということで、児童生徒につきましては、767名の児童生徒参加

海老名市議会 2011-09-15 平成23年 9月 総務常任委員会-09月15日-01号

ちなみに、参加者は34名の小中学生保護でございました。 ◆森下賢人 委員 大人でもすごく興味を持てるような内容の子どもの講座もあるということで、少ない予算の中、大変苦労されていると思いますけれども、この制度というか、事業を必要としている女性のためにも、さらに多くの事業を展開していただきたいと思います。  

海老名市議会 2007-03-01 平成19年 3月 第1回定例会−03月01日-02号

また、今年度、老朽化した給食センターの建てかえ時期でもあり、学校給食についてのアンケート調査を、市民中学生保護等に行われました。2007年度はそれらをまとめ、市としての方策を検討することになっています。その折には、庁内や一部の関係者だけで検討するのではなく、子どもたちや親、教員市民を交えて、子どもにとって最も望ましい学校給食とは何かを議論する場を持つことを検討したらいかがでしょうか。

川崎市議会 2003-07-09 平成15年 第3回定例会-07月09日-09号

また、高等学校では、夏季休業中に中学生保護などを対象学校説明会を実施し、各学校教育課程の特色や入学者選抜などについて説明することになっております。また、2学期には第2回目の川崎地区進路研修会等が開催されたり、入学者募集定員選抜方法などが記された「志願の手引き」が中学3年生一人一人に配布され、また、高等学校での学校説明会中学校での三者面談も再開されると伺っております。  

川崎市議会 2003-06-25 平成15年 第3回定例会-06月25日-03号

また、新しい選抜制度についての周知につきましては、中学生保護及び中学校に対しまして、県教育委員会がリーフレット「公立高等学校をめざすみなさんへ」を配布しております。本市教育委員会といたしましても、市内中学校関係教職員に対しまして、進路指導研究会などの場で説明を行うなどいたしまして、周知しているところでございます。  

秦野市議会 2003-06-06 平成15年第2回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2003-06-06

対象小学校高学年中学生保護、教員というような形で、約 2,000名ぐらいを対象調査をしていきたいというように考えております。そういう形の中でまた、まとめができ上がりましたら、議員の方にも、また皆様にもお伝えしていきたいというように思っております。  3点目の学校学期制の導入でございます。確かに今、さまざまなところで二学期制が推進されております。

平塚市議会 2001-03-02 平成13年3月定例会(第2日) 本文

本市においても、食生活中心とした中学生生活実態中学生保護、教職員学校での昼食の考え方について調査を行ったらどうでしょうか。その調査結果を踏まえ、中学校給食あり方を見直すことも一案かと思いますが、御見解を伺います。  5)地方自治体の民際外交。  1、ラオス人民民主共和国への放置自転車の寄贈と今後の交流について。  

川崎市議会 2000-12-11 平成12年 決算審査特別委員会(一般会計・特別会計)-12月11日-04号

次に,中学生保護,教員へのアンケートの実施についてでございますが,平成9年に川崎市立高等学校教育課題検討協議会において,川崎市内全域中学生保護,教員対象とした調査を行っております。また,平成10年には,川崎市立高等学校に対する意識調査まとめが出され,今後の市立高校あり方についての資料とさせていただいているところでございます。  

川崎市議会 1999-03-01 平成11年 第1回定例会-03月01日-03号

平成9年6月に中学校給食調査委員会が設置され,中学生食生活中心とした生活実態学校給食に対する中学生保護,教職員アンケート調査が行われ,今年度内でその集計分析が終わるとのことであります。調査結果の公表は3月末になるのかお答えください。正式な調査結果はその時期を待つこととして,これまでの集計分析の中から本市中学生食生活実態の一端がうかがえれば明らかにしてください。

  • 1
  • 2