11503件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

逗子市議会 2050-12-07 昭和62年 12月 定例会(第4回)(s 62.12.07〜s 63.01.20)-目次

   2.行財政改革について    3.公営駐車場設置について  一般質問                堀内愛治議員………………………154    1.市税について    2.高齢者対策について    3.教育委員会の定数について    4.米飯給食推進について    5.池子弾薬庫内の文化財について  一般質問                眞下健次議員………………………167    1.沼間中学校建設事業

川崎市議会 2019-07-03 令和 1年 第3回定例会−07月03日-08号

市立小学校の全生徒数が10年で6%増加、中学校では8%増加し、それに対して、今答弁いただいたのですが、特別支援学校児童生徒数は77%増加して、小学校特別支援学級では65%、中学校では66%増加しているということです。ディスプレーをお願いします。こちらは、特別支援学校在籍者数の推移です。今答弁いただいた数がこのような形でふえています。そして、こちらが小学校です。

川崎市議会 2019-07-01 令和 1年 第3回定例会-07月01日-06号

教育次長(石井宏之) 市立中学校における特別支援教育コーディネーターについての御質問でございますが、中学校では生徒の課題が複雑化しているため、生徒指導担当と特別支援教育コーディネーターとが共同して生徒の課題を多面的に見取り、適切で効果的な生徒指導、生徒支援を行っているところでございます。

大和市議会 2019-06-27 令和 元年  6月 定例会−06月27日-05号

質疑、普通教室用プロジェクターを9校の中学校にとのことだが、全体的に設置するのか。答弁、市内9校の中学校1年生の普通教室全てに整備する。  質疑、中学校1年生からとなった経緯を教えてほしい。答弁、市内小学校では、現在、電子黒板コンピューター実物投影機が全ての教室に既に整備され、毎日の授業での使用頻度はとても高く、有用である。中学校では学習内容が抽象的になってくる。

茅ヶ崎市議会 2019-06-26 令和 元年 6月 第2回 定例会-06月26日-06号

平成29年度と平成30年度を比較いたしますと、月80時間以上の超過勤務者の延べ人数は小学校で71人から40人に、中学校で131人から123人に推移しており、議員御指摘のとおり、小学校中学校等で差異はございますが、ともに減少傾向にあります。しかしながら、小学校中学校とも超過勤務者の人数につきましては、本市におきましても決して少なくはなく、看過できない状況にあります。

茅ヶ崎市議会 2019-06-25 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月25日-05号

教育費につきましては、小学校費といたしまして、学校施設整備事業につきまして、国の補正予算への対応となり、年度内の完了が見込めなかったため、中学校費といたしまして、学校施設整備事業につきまして、学校休業日の作業となり、年度内の完了が見込めなかったため、社会教育費といたしましては、(仮称)茅ヶ崎市歴史文化交流館整備事業につきまして、用地取得に不測の日数を要したため、予防保全事業(緊急対策)につきましては

三浦市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4号 6月25日)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――  次に、報告第5号 平成30年度三浦市一般会計繰越明許費繰越計算書でありますが、全9事業のうち、(仮称)市民交流センター整備事業、小学校施設整備事業及び中学校施設整備事業につきましては平成30年第4回三浦市議会定例会において、その他の6事業につきましては平成31年第1回三浦市議会定例会において、それぞれ繰越明許費として議決をいただいたものであり

座間市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5日 6月25日)

これは、小学校中学校9年間の普通教育無償化以来、70年ぶりの大改革とされる幼児教育保育無償化の対象となる3歳から5歳児(就学前3年間)の原則全世帯と、0歳から2歳児の住民税非課税世帯の方々のうち、公立保育園に通われる方の実費徴収が行われることにより、公立、私立ともに平等に食材料費(副食費)を負担することになり、公平な事業運営を進めるものとして評価いたします。  

茅ヶ崎市議会 2019-06-24 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月24日-04号

1、中学校給食の実施について、(1)実施への取り組みについて。  本市において中学校給食は、長年にわたり課題とされながらも、実施に向けて具体的な進展が図られてはいませんでした。昨年11月の市長選挙において、当選された佐藤市長が中学校給食の実施を政策として掲げ、12月の第4回定例会の所信表明で、中学校給食の実施を目指しますと述べられたことは、本施策の実現に向けて大きな一歩となりました。

茅ヶ崎市議会 2019-06-21 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月21日-03号

熊本地震災害への備えに関心が高まる中、校内に自販機を置くことを認めていなかった自治体も関心を寄せているということで、福岡県古賀市では、市立の全3中学校と、小学校8校中6校が設置を終わっているという記事でございます。  また、新聞記事でございます。これは2017年6月14日付の――ごめんなさい、これは新聞ではなくて産経ニュースです。産経新聞社が提供しているニュースです。

平塚市議会 2019-06-21 令和元年 教育民生常任委員会 本文 2019-06-21

まず、市内2つの小学校、2つの中学校学校用地については、一部が国の土地になっておりまして、国から減額貸し付けを受けております。対象となっている学校は、中学校は太洋中学校と大野中学校で、それぞれ面積が、太洋中学校がおよそ1万8000平方メートル、大野中学校が2万6000平方メートルとなっております。