運営者 Bitlet 姉妹サービス
3566件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 藤沢市議会 平成31年 2月 定例会−03月20日-06号 ユースワークふじさわによる若年者就労支援ですが、全国的には対象年齢を40歳半ばまで引き上げたり、登校の中学生の高校進学に向けた相談や学習支援、課題のある高校へのアウトリーチ的取り組みなど、引きこもりにならないための支援も行っているようです。さらに、横浜市では委託先が市や国に対して政策提案も行っています。 もっと読む
2019-03-15 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号 また、さまざまな教育的ニーズへの対応を図るために進めてきました支援教育をさらに推し進め、障害や、いじめ、登校、貧困、日本語指導を必要とする児童生徒への対応などが充実するよう、関係局区や関係機関と綿密に連携しながら適切な支援に努めてまいります。  こうした学校教育を支えるのは現場で働く教職員ですが、教職員は熱意を持って日々子どもたちのために時間を惜しまず働いてしまいがちです。 もっと読む
2019-03-14 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会-03月14日-08号 あともう一つ、この指導員の方は有償ボランティアなわけですけれども、お話を伺いますと、私がたまたま出会った方は教職のライセンスもきちんと持っていらっしゃる、また個人研さんもすごくやっていらっしゃるような方だったこともあるんですけれども、言葉の指導だけにとどまらず、保護者とのかかわりから、当然子どもの背景、障害、また登校の心のケアから進路の相談まで、どうしても外国語という観点があるので、本来担任とか学校 もっと読む
2019-03-12 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会−03月12日-06号 登校の中学生などの相談などにはどのように対応されているのか。高校進学に向けた相談ですとか学習支援なども必要な場合があるというか、多々あるのかなと思うのですが、どのように対応されているのかお聞かせください。 もっと読む
2019-03-11 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会-03月11日-05号 学校との連携につきましては、例えば学習支援事業を活用するお子さんが登校ですとか、そういった課題がある場合に、今後の進路ですとか、そういったことを考えていくときには学校さんとしっかり連携をしながら、受験対策も含めて一緒にやっていっている、それぞれが役割分担をしながらやっていっているという状況になっております。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号 ◆石田和子 委員 いじめと登校がここに書いてあるんですけれども、文教委員のところだったのか、全議員だったのか、どちらか記憶にないんですけれども、いじめの実態と登校の実態を推移を含めて資料で配付されていると思うんです。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 次に、今回の調査の中間結果として、ひきこもりは多様であり、ニーズの潜在化から相談に結びつきにくいこと、登校からひきこもりに至るケースの早期介入などを課題として考えております。また、この中間結果から、市民が求めるひきこもり支援とは、精神障害を抱えてひきこもり状態にある方も含めて広く相談を受けることや、ニーズを潜在化させない多機関連携を行うことなどの考察をしているところでございます。 もっと読む
2019-03-04 藤沢市議会 平成31年 2月 定例会−03月04日-04号 一方、登校の子どもの数はふえていて、本市でも2012年に小学生62名、中学生254名であった登校児童生徒数が、2017年にはそれぞれ168名、406名と激増しています。しかし、こうした子どもたちへの対策はおくれていると言わざるを得ません。以前より申し上げていますが、川崎市にある子ども夢パークのような居場所や支援が必要だと考えます。   もっと読む
2018-12-18 藤沢市議会 平成30年12月 定例会−12月18日-04号 藤沢市教育委員会は、小学校でのいじめや登校などに専門的に対応する独自の児童支援担当教諭――読みにくいんですが――を全てに配置しています。児童支援担当教諭は、学校内の問題を校内で共有したり、スクールカウンセラーなど学校外との連携も図ります。ベテラン教師から選ばれるのが通例で、担任は持たず、受け持つ授業も少なくなっています。穴埋めできない授業については非常勤講師の配置を進めています。 もっと読む
2018-12-13 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 全員協議会-12月13日-01号 1ページの「はじめに」では、本市の明るい未来を担うのは元気な子供たちであること、その子供たちがいじめや登校などさまざまな悩みを抱えている現状を踏まえ、子供たちが笑顔で元気いっぱいに遊び、学ぶことができる教育環境を目指すため、本委員会の政策提言のテーマを「子どもが元気なまち・ちがさきを目指して」としたことについて述べている。   もっと読む
2018-12-12 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号 それから、私、いろいろな教育施策を考えるのですけれども、例えば登校支援もそうですし、ある程度特徴のある子どもたちの支援もそうなのですけれども、まなびっ子クラブも含めて、やはり教育委員会、行政だけでできるものではないなと最近とてもよく考えて、そういうさまざまな教育支援団体とのネットワークをつくるのも教育委員会の仕事だな。 もっと読む
2018-12-12 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月12日−03号 私は、これまでも本市の教育向上に資すると思われる内容については議会ごとに質問、提言をしておりますが、今回は、学力学習状況調査について、いじめ・登校について、学校図書館司書全校配置について、部活動指導についての4点を質問させていただきます。   もっと読む
2018-12-12 鎌倉市議会 平成30年12月12日教育こどもみらい常任委員会-12月12日-01号 続いて、登校の状況について説明いたします。6ページをごらんください。  1の「登校児童生徒数」の推移は、病気や経済的な理由のものを除き年間30日以上の欠席者の数です。平成29年度は、小学校53名で8名の増、中学校109名で21名の減でした。  2の「登校児童生徒の出現率」の推移は、100人当たりの児童・生徒に占める登校の出現率をあらわしております。  7ページをごらんください。 もっと読む
2018-12-11 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月11日−02号 次に、登校の問題についてお伺いしていきたいと思います。今現在、小中学校における現在の登校数について教えてください。 ○議長(武藤俊宏君) 教育部長。 ◎教育部長(市来吉博君) 先ほど同様、児童・生徒の問題行動等調査における本市の状況ですが、平成29年度の登校者数は小学校30人、中学校102人です。 もっと読む
2018-12-11 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-11 こうした状況は一向に改善せず、いじめ登校対策は大変重要だと考え、私も、秦野は大丈夫なのかということで何回も取り上げています。  今度は、同じ鹿児島県で4年前に起きた鹿児島県立高校1年生の男子生徒(当時15歳)の自殺事件をめぐり、原因を調査していた県の第三者委員会が、11月18日に、背景にいじめがあったと認定しました。11月19日の朝刊に、全国紙に掲載されました。   もっと読む
2018-12-11 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月11日-02号 特に学校の先生方は、登校の問題とか、私も一般質問させていただいたように、いじめの問題とか家庭の社会的な孤立への理解をしたり、それから多国籍の子どもたちの対応など、今の先生方の仕事量というのは、昔と比べて相当な量になっていると思うのです。教員のなり手不足も叫ばれています。  学校は子どもたちが楽しく幸せに生活できる場であるべきですし、教育長もいつもそのようにおっしゃっていただいています。 もっと読む
2018-12-10 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-10 次に、(2)いじめ・登校について、伺います。この問題については、議会の中でも話題になっており、昨年の総合教育会議の中での議論があったと記憶しております。しかし、残念なことに、依然としておさまる気配がありません。特に報道を見ると、さまざまな課題があり、特にいじめ問題の根の深さを感じます。   もっと読む
2018-12-06 座間市議会 平成30年第4回定例会(第2日12月 6日) 次に、登校について伺います。  年間30日以上欠席し、登校と判断された小・中学生は全国で14万4,031人で前年度より約1万人ふえ、やはり過去最多でありました。登校で小学生が3万5,032人、中学生が10万8,999人となっています。神奈川県の状況を見てみますと、神奈川県の公立小・中学校の登校の児童・生徒が昨年度過去最多だったことが県教育委員会の調査でわかったとしています。 もっと読む
2018-12-06 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月06日-04号 10月配付資料によると、2017年度のいじめの件数は、小中学校合計2,176件で、2016年度より780件の増加、登校児童生徒数は小学校430人で前年より52人増加、中学校では1,242人で前年度より126人増加、1,000人当たりの出現数は42.4人です。生徒指導や保護者との意思疎通を図ることが求められます。 もっと読む
2018-12-05 秦野市議会 平成30年文教福祉常任委員会 本文 開催日: 2018-12-05 本市におけるピアサポートにつきましては、平成20年度に本町中学校が県教育委員会からいじめ・登校の改善に向けた研究校の指定を受けました。これを契機に取り組みが広がってございます。現在でも中学校の生徒会を中心に仲間同士の助け合い活動、よりよい学級づくりの手だてとしまして、各中学校でピアサポートに取り組んでいるところでございます。   もっと読む