9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

平塚市議会 2021-12-02 令和3年12月定例会(第2日) 本文

ウ、平塚市下水道事業業務継続計画以下、下水道BCP)は簡易な下水道BCPとされています。その策定理由改定内容対象リスク地震災害としていますが、近年多発する豪雨災害等から水害に対するリスクについての考え方。  エ、下水道BCP策定マニュアルでは、簡易な下水道BCPでも、内容を見直し、完成度を高め、必要な項目が網羅された下水道BCPへの増補が望ましいとされています。

相模原市議会 2017-06-27 06月27日-04号

このため、道路啓開におきましては災害応援活動の協定を締結しております建設業関係団体と連携を図ることとし、下水道施設につきましては下水道事業業務継続計画に基づきまして効率的かつ迅速な対応に努めてまいります。 以上でございます。 ○沼倉孝太議長 大槻議員。 ◆9番(大槻和弘議員) はい、わかりました。ぜひよろしくお願いいたします。 

藤沢市議会 2017-03-17 平成29年 2月 予算等特別委員会-03月17日-10号

藤沢市下水道事業業務継続計画におきましても、市民生活経済活動に必要となる下水道の重要な機能を優先的に維持、または停止した場合にも早期に利用が開始できることを目指しております。地震発災後は、まず施設緊急点検緊急調査を実施し、施設機能の確認を行います。その結果に応じて、御質問のマンホールトイレを含めて、水洗化による使用が可能であるかの判断を行うこととなります。

座間市議会 2017-03-16 平成29年予算決算常任委員会都市環境分科会( 3月16日)

その他の主な執行内容としては、本年度において下水道事業業務継続計画策定業務委託を執行することから、委託料は前年度に比べ927万2,000円の増額となっております。負担金は、庁舎維持管理負担金光熱水費負担金電子計算機使用負担金等一般会計負担金及び使用料等賦課徴収負担金など、水道事業会計との会計間調整負担金でございます。  

  • 1