1044件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三浦市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4号 6月25日)

について                 │  │        │13 がけ地・急傾斜地崩壊対策について         │  │        │14 新エネルギーに関することについて         │  │        │15 環境美化・保全、緑化推進、公害防止対策について  │  │        │16 一般廃棄物・産業廃棄物・し尿に関することについて │  │        │17 上水道事業

三浦市議会 2019-06-19 令和元年都市厚生常任委員会( 6月19日)

について                          │  │13 がけ地・急傾斜地崩壊対策について                  │  │14 新エネルギーに関することについて                  │  │15 環境美化・保全、緑化推進、公害防止対策について           │  │16 一般廃棄物・産業廃棄物・し尿に関することについて          │  │17 上水道事業

湯河原町議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月18日

第2項 この条例施行前に行われた技術士法第4条第1項の規定による第2次試験のうち、上下水道部門にかかるものに合格した者にあって、選択科目として水道環境を選択したものは、この条例による改正後の第3条第8号の規定の適用については、同法第4条第1項の規定による第2次試験のうち、上下水道部門に係るものに合格した者であって、選択科目として、上水道及び工業用水道を選択したものとみなすものでございます。  

座間市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第3日 6月10日)

しかし、ここにあるように、私どもの市の考え方として、将来にわたり返還の見込みのない場合、そうではなく、返還をしていただきたいということを求めている以上は、これは水道施設としての整理、そしてそれは国において、この権利関係についてしっかりと調査をしていただいた上で水道施設の返還を求め、一方においては老朽化した施設に代替する意味で、市の負担軽減として上水道をぜひご利用いただきたいということをお願いしたいということから

座間市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第6日 3月22日)

水道事業経営プラン及び下水道中期ビジョンについては、近年多発する災害に対応するための早期に進めるべき自然災害の備えとして、上水道下水道で経営戦略を立て、耐震化や雨水整備事業の拡充をしています。今後の事業執行と財政状況の推移について注視をしてまいりますが、課題も大きいことから、住民生活に直結するインフラとして、あらゆる工夫を凝らして事業維持と整備に努めていただきたいと思います。  

大磯町議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第33日目 3月18日)

特に、来年度のマリア道には上水道管の布設があり、神奈川県水道企業庁に負担金を1,800万円支払います。運動公園避難所となったときの対応と説明がありましたが、将来の使い方をよく考える必要があります。  また、雨水排水計画もない市街化調整区域に、30ヘクタールもの雨水を集める都市型側溝も設けます。ますます課題になっています。  

座間市議会 2019-03-18 平成31年予算決算常任委員会( 3月18日)

また、基本上水道下水道で経営戦略を立てていきます」との答弁がなされました。  以上で都市環境分科会の報告を終わります。 ○荻原委員長  ありがとうございました。  各分科会委員長の報告が終わりました。  これより分科会委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。               

藤沢市議会 2019-03-18 平成31年 2月 予算等特別委員会−03月18日-10号

2目工事費は22億3,000万5,000円でございまして、細目01業務委託費は、測量管理、建物調査、埋蔵文化財調査等に要する経費で、細目02工事費は、区画街路築造工事及び造成工事に要する経費で、細目03補償費は、工事に支障となる建物等の移転及び宅地が使用できない期間に対する用地補償に要する経費で、細目04工事負担金は、上水道管布設及び東京電力など他企業の占用物件の移設に伴う負担金で、細目05補修費は

座間市議会 2019-03-14 平成31年予算決算常任委員会都市環境分科会( 3月14日)

○上下水道局長  同じく経営戦略ですので、公営企業に対しての経営戦略ですので、上下水道、同じに、これを一緒にやるか別々にやるかとか、その辺含めて今後の課題ですけれども、基本上水道下水道という形で経営戦略はつくっていきます。  以上でございます。 ○髙波委員長  よろしいですか。  ほかにございますか。

座間市議会 2019-03-14 平成31年都市環境常任委員会( 3月14日)

改正内容は、布設工事監督者の資格要件として、第2次試験の上下水道部門に合格した者のうち、選択科目としての水道環境上水道及び工業用水道に統合されるため、選択科目水道環境削除するものです。  施行期日平成31年4月1日です。  以上です。 ○髙波委員長  議案の説明が終わりました。  これより質疑を行います。  初めに、議案第21号の質疑を行います。質疑のある方はご発言願います。

秦野市議会 2019-03-14 平成31年環境都市常任委員会 本文 開催日: 2019-03-14

条例に関係するところでは、上下水道部門の選択科目であった水道環境上水道及び工業用水道に統合されたものでございます。  これを受けた条例改正ということでございますが、資料は新旧対照表をごらんになっていただきたいと思います。条例第3条に、布設工事監督者の資格要件を定めておりますが、そのうちの第8号の改正でございます。

三浦市議会 2019-03-14 平成31年上水道事業に関する特別委員会( 3月14日)

平成31年上水道事業に関する特別委員会( 3月14日)      平成31年3月14日      上水道事業に関する特別委員会記録(3)   〇場  所  第一会議室 〇案  件  三浦市の上水道事業に関する審査 〇出席委員        委員長          草 間 道 治        副委員長         小 林 直 樹        委員           下 田   剛                     

大和市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会−03月13日-05号

下水道上水道とともに市民生活を支える重要なインフラであります。日本共産党市議団は、従来から下水道使用料は下水処理場の維持管理費に充てるものであり、それが起債の償還にも使用され、市民の負担増になることはおかしいという立場をとってきました。節水意識の高まりや各種機器の機能の高まりから、上下水道ともに利用量が減り、使用収入は減少していく傾向にあり、本予算でもその傾向にあります。

南足柄市議会 2019-03-13 2019年3月13日(水) 平成31年予算特別委員会 名簿

都市計画課担当課長 梶 元興       都市整備課長 天津 稔  上下水道課長 小澤 肇       上下水道課担当課長兼経営総務班長 古尾谷明子       都市整備課長補佐 大津 亨  都市計画都市計画班長 杉山友紀       都市計画建築住宅班長 石川 章  都市整備課整備班長 石渡 洋       都市整備課維持班長 石川孝行  都市整備課調査管理班長 湯川浩一       上下水道上水道班長

秦野市議会 2019-03-08 平成31年予算決算常任委員会環境都市分科会 本文 開催日: 2019-03-08

404 ◯加藤剛分科員【62頁】 特段の定めがなく、事業体にお任せみたいなところがあるというお答えだったと思うんですけれども、かつては別々の組織上水道下水道やっていたかと思うんですけれども、今、一緒にやっている中で、推計値のまとめ方が違うと何か特別の意味があるのかという気もするように見えてしまうので、大きなことではないのですが、何かの機会におまとめをいただければいいのかと

南足柄市議会 2019-03-06 2019年3月6日(水) 平成31年第1回定例会(第4日) 本文

その(1)上下水道の整備について、アとして、上水道事業について伺います。上水道事業については、浄配水施設における電気、機械設備等の更新や耐震診断、配水管の耐震管への更新を計画的に行うとのことでありますが、その現状についてお伺いいたします。  4といたしまして、「人と文化を育むまち」。  (1)として、青少年の健全育成についてお伺いします。  そのアとして、不審者への対応について伺います。

座間市議会 2019-03-06 平成31年予算決算常任委員会企画総務分科会( 3月 6日)

衛生費、上水道費の水道事業会計負担金は、こちらは、説明を省略させていただきます。  続きまして、125ページ、126ページをごらんください。土木費、都市計画費、都市計画総務費の5の(1)公共下水道事業会計負担金、補助金は、下水道使用料の改定による収入の増及び公共下水道事業会計の公債費の減に伴い、対前年度減です。  続きまして、163ページ、164ページをごらんください。

伊勢原市議会 2019-03-05 平成31年3月定例会(第5日) 本文

そして、市の下水道事業においてもコンセッションは行わないという答弁であったかと思いますけれども、再質問におきましては、そうしましたら、上水道のことについて基本的な知識かと思いますけれども、水源についてお聞きしたいと思います。  伊勢原市が使用している水道水はどこから来ているのか、ご説明をお願いいたします。

川崎市議会 2019-03-05 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号

現在は、工業用水部分を残して上水道にかかわる施設の取り壊しも終了し、広大な用地が広がっています。近隣地域からは、この用地を整備してもらって早く利用したいという声が上がっています。ディスプレーをお願いします。これは配水池の上から撮った写真で、ちょっと樹木で覆われて、わからないのですけれども、普通の建築物に対して広い土地が広がっているということはおわかりになるかと思います。