100件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-11-25 令和 1年 第5回定例会−11月25日-01号

支給回数の変更に伴い、今年度に限り15カ月分の予算を措置するものとして3カ月分を増額するもの、5款健康福祉費は5億5,711万5,000円の増で、これは、2項1目福祉事業費の生活困窮者自立支援事業費で、住居確保給付金の申請件数が、7項4目諸予防費の指定難病対策事業費で医療費助成がいずれも当初予算の想定を上回ることが見込まれるため、増額するもの、8款建設緑政費は、2項4目道路整備費の国県道改良事業費で、一般国道

川崎市議会 2019-11-20 令和 1年 11月まちづくり委員会-11月20日-01号

8款建設緑政費は予算規模の変更はございませんが、2項4目道路整備費の国県道改良事業費は一般国道409号の地権者との交渉が進展したことから、事業費を5億円増額する一方、3項1目街路事業費の道路改良事業費は都市計画道路苅宿小田中線道路築造工事の入札不調により、事業費を5億円減額するものでございます。  以上で、議案第188号のうち、建設緑政局関係の補正予算の説明を終わらせていただきます。  

川崎市議会 2019-07-01 令和 1年 第3回定例会-07月01日-06号

建設緑政局長(奥澤豊) 一般国道1号の整備についての御質問でございますが、初めに、経過と目的につきましては、一般国道1号を管理しております国土交通省横浜国道事務所によりますと、同路線の環境整備事業は、川崎公害訴訟和解により、歩行環境の改善、自動車交通の円滑化、自動車走行に伴う大気質や騒音の環境改善等を図ることを目的として、平成11年度から幸区小向仲野町から柳町までの延長約2.8キロメートル区間について

秦野市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2019-03-18

特に物流の輸送では、現東名高速道路事故等が発生すると、長時間にわたって通行どめとなり、また、一般国道を初めとする周辺道路で大渋滞が発生します。このようなことから、ダブルネットワーク化により、市内企業経済活動の便益が高まるものと考えております。  以上です。

中井町議会 2019-03-05 2019年03月05日 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

2級町道でございますが、道路法によりますと、さっき1級町道は戸数が50戸以上と言いましたが、2級町道の場合は、集落として戸数が30戸以上、これを同じようにつなげるような、連絡する道路ということと、その集落と密接な関係にある一般国道とか都道府県道、幹線1級市町村道と連絡する道路というふうなことになっております。

川崎市議会 2019-03-05 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号

その中で、特に早期の事業効果が見込まれる麻生区内の主要地方道横浜上麻生麻生工区の下麻生交差点及び中原区内の一般国道409号小杉工区の小杉御殿町交差点において、右折帯などの付加車線や歩道を設置する交差点改良を進める予定としております。今後も事業効果の早期発現に向け、効率的・効果的な道路整備の推進に取り組んでまいります。以上でございます。 ◆老沼純 委員 御答弁ありがとうございます。

川崎市議会 2019-02-08 平成31年  2月まちづくり委員会-02月08日-01号

上から3段目にございます一般国道409号整備事業費から、下から2段目にございます道路照明灯・公園灯LED化ESCO事業費まで、13ページに参りまして上から10段目、川崎駅中央通路改修事業費、14ページに参りまして上から5段目、公共施設維持補修工事等経費の債務負担がございます。  次に、15ページをお開き願います。

南足柄市議会 2018-09-21 2018年9月21日(金) 平成30年第3回定例会(第5日) 本文

平成21年12月に制定された農地法の運用についての第2の1(1)のイ(イ)のe(d)には、第1種農地道の駅等の休憩所に農地転用する条件に、iとして、一般国道又は県道の沿道の区域であること、ii高速自動車国道等の自動車のみの交通の用に供する道路の出入口、いわゆるインターチェンジの周囲おおむね300メートル以内の区域であることと限定をされております。  

座間市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第5日 9月10日)

1については、道路法上の道路公道とすれば、高速自動車道、一般国道都道府県道及び市町村道以外の道が私道となり、国や地方公共団体が所有する道路法上の道路以外の道も私道に含まれることになります。簡単に言ってしまうと、私道とは、個人または団体が所有している土地道路として使っているものであり、多くの場合は土地所有者の許可を得なければ通行することができない道であります。

川崎市議会 2018-08-30 平成30年  8月総務委員会−08月30日-01号

取得につきましては、都市計画道路宮内新横浜線(宮内工区)事業用地及び一般国道409号(小杉御殿町第2工区)道路改良事業用地を8億354万3,000円で取得したものでございまして、処分につきましては、溝口6丁目地内保育所整備事業用地ほか9件を処分したものでございます。  その結果、下段にございますように、平成29年度末保有額は110億4,860万8,000円となってございます。  

川崎市議会 2017-09-21 平成29年 決算審査特別委員会(まちづくり分科会 第2日)-09月21日-09号

また、一般国道409号の中原生活環境事業所前交差点から東急東横線武蔵小杉駅周辺を結ぶ7路線について、ナビラインの整備が平成28年度までに完了したところでございます。今年度は、イトーヨーカドー前の市道小杉町19号線についてもナビラインによる整備を行ってまいります。また、一般国道409号につきましては、道路整備の進捗に合わせて、自転車専用通行帯の整備を予定しております。

川崎市議会 2017-03-09 平成29年 予算審査特別委員会-03月09日-04号

平成29年度の中原区内における整備につきましては、尻手黒川線と東京丸子横浜線が交差する木月4丁目交差点、丸子中山茅ヶ崎線と小杉菅線が交差する上小田中交差点、及び、一般国道409号と川崎駅丸子線を結ぶ市道小杉町19号線の延長約350メートルの3カ所について、通行位置及び進行方向を示す路面標示、いわゆるナビラインの整備を予定しております。以上でございます。

大磯町議会 2016-09-12 平成28年 9月定例会(第12日目 9月12日)

一般国道1号線の国府新宿地区における下り車線の渋滞につきましては、特に朝の通勤時間帯などは、二宮の県道71号(県道秦野二宮線)と国道1号の交差点(二宮交差点)から、国府新宿方面にかけて渋滞が発生している状況が見受けられます。これは、ある一定の時間に交通が集中することで発生する、いわゆる自然渋滞であろうと考えられております。  

川崎市議会 2016-09-01 平成28年  9月総務委員会-09月01日-01号

取得につきましては、一般国道409号(小杉御殿町第2工区)道路改良事業用地ほか4件を6億9,774万円で取得したものでございまして、処分欄をごらんいただきますと、登戸土地区画整理事業用地ほか2件を処分したものでございます。  その結果、下段にございますように、平成27年度末保有額は、112億880万4,000円となっております。  

川崎市議会 2015-12-21 平成27年 第5回定例会-12月21日-09号

◆39番(沼沢和明) それでは次に、一般国道1号川崎1号の環境整備について建設緑政局長に伺います。平成11年5月に訴訟和解成立平成13年8月に事業計画説明会が行われたとのことですが、平成25年11月には拡幅計画を大きく方向転換し、現状幅員のままで片側3車線から2車線への車線減を行い、歩道の拡幅を行うことといたしました。計画変更の主な理由と現在の進捗状況、今後の整備計画について伺います。

川崎市議会 2015-08-27 平成27年  8月総務委員会-08月27日-01号

処分欄をごらんいただきますと、一般国道409号道路改良事業用地を処分したものでございます。なお、新規取得はございません。  その結果、下段にございますように、平成26年度末保有額は1億6,290万9,000円となっております。  以上で報告を終わらせていただきます。 ○吉沢章子 委員長 説明は以上のとおりです。