7409件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南足柄市議会 2019-07-03 2019年7月3日(水) 令和元年第2回定例会(第4日) 本文

現在、放課後児童クラブの卒所児に限るなど、幾つかの条件をクリアした場合のみ5、6年生の長期休業中の受入れが可能となっていますが、このルールによれば対象児童が限定されるので、希望があるのにサービスを受けられない児童保護者存在することとなりますし、今後更に出てくると考えられます。そのことをどのように捉え、どう対応していくべきと考えるか、市長の見解を伺います。  

川崎市議会 2019-07-03 令和 1年 第3回定例会−07月03日-08号

私は、ルールを遵守し、通告に従い一問一答にて順次伺ってまいりますので、よろしくお願いします。現在、後輩たちは新しい体制のもと頑張っておりますので、応援いただけると幸いでございます。それでは、質問に入らせていただきます。  まず、わくわくプラザ事業と地域寺子屋事業の統合について伺います。

南足柄市議会 2019-07-02 2019年7月2日(火) 令和元年第2回定例会(第3日) 本文

施設の活用方法について、そのニーズやルール道の駅活性化協議会指定管理者と議論してまいります。その結果、地域産業市民の皆様が元気になることによって、経済が活性化し、その結果それが歳入の増加につながっていくものと考えております。  以上でございます。           

川崎市議会 2019-07-02 令和 1年 第3回定例会−07月02日-07号

◆13番(市古次郎) 各関係機関それぞれ連携を図っているとのことですが、実際に京都市職員の方に協議会の成果についてお聞きしたところ、今まで個々の行政機関で実施していた大学、高校でのワークルール教育使用団体に対する要請が府、市、労働局使用者、労働者の5者が顔を合わせて協議することによって、府、市、労働局が共同で開催、以前よりも広く周知、注意喚起できる等の成果が上がっているとのことです。

川崎市議会 2019-07-01 令和 1年 第3回定例会-07月01日-06号

交通ルールにかかわる横断歩道や停止線などは神奈川県警が所管しているのはわかりますが、事は市民安全にかかわることです。本市としても速やかに対応が必要と思いますが、これは藤倉副市長に見解を伺います。市民の中で安全対策について関心が高まっているこの時期を捉えて、改めて県警との連携を強め、速やかに改善できるようにすべきと思いますが、見解を伺います。 ○副議長(花輪孝一) 藤倉副市長。

川崎市議会 2019-06-28 令和 1年 第3回定例会-06月28日-05号

このような地域の皆様の多種多様なニーズに対応できず、市は公園でのルールづくりのガイドラインを作成し、公園地域自由に使ってください、そのかわりルール地域でつくってくださいと、公園のあり方を地域に委ねている状況です。その結果、川崎区においてキャッチボールができる公園が2カ所、川崎市全域で5カ所、バスケットゴールに関しては市内全域で実質6カ所、川崎区、幸区、中原区においては一つもありません。

川崎市議会 2019-06-27 令和 1年 第3回定例会−06月27日-04号

フルタイム無期雇用が原則という国際的なルールからも、公務の運営は任期の定めのない常勤職員を中心とする原則からも逸脱した法改正のため、我が党は反対しました。よって、この法律に基づく条例改正には反対します。  議案第74号、川崎行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてです。

茅ヶ崎市議会 2019-06-26 令和 元年 6月 第2回 定例会-06月26日-06号

自転車利用者の交通ルールの遵守とマナーの向上に対する取り組みにつきましては、第2次ちがさき自転車プランでは、まちづくりの方向性の一つとして「おもいやりの人づくり」を掲げ、自転車利用ルールの周知徹底を重点項目として位置づけております。また、第10次茅ヶ崎市交通安全計画におきましても、自転車安全利用の促進と高校生や成人に対する交通安全教育について個別施策として位置づけております。

大和市議会 2019-06-25 令和 元年  6月 議会運営委員会-06月25日-01号

本件はもともと私が着席順のルールがどうなっているかということで問題提起したものだが、その内容について確認したい。問題提起した時点では、本委員会には着席順の申し合わせ等がない状態であったことから、本来であれば委員長や委員からの提案を受けて、本委員会で協議し、決定するべきであったのに、開会前に名札が配置されていたのは、運用に過誤があったと指摘せざるを得ない。

大和市議会 2019-06-24 令和 元年  6月 定例会−06月24日-04号

本市では、大和駅南口バス停付近に横断防止柵や交通ルールを守ることを促す啓発看板の設置を行い、歩行者等の危険な横断防止に努めております。しかし、いまだバス停付近を横断する人が見受けられることから、歩行者の動線を踏まえた対応策について、現在大和警察署とともに全体的なレイアウトの変更を含め、さまざまな安全対策について検討しているところです。  2点目、歩車分離式信号への変更についてお答えします。  

茅ヶ崎市議会 2019-06-21 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月21日-03号

との服務義務に鑑み、受講の依頼をルールにのっとり行うべきと考えます。市の所見を伺います。  (2)ドローンについてであります。  先ほど市長の答弁で、民間事業者との協定締結を目指しているとのことでありましたが、今後のスケジュール等をお伺いいたします。  (3)液体ミルクについてであります。  子育て環境の整備は平時だけではなく、災害時にも適用すべきと考えます。

川崎市議会 2019-06-21 令和 1年  6月環境委員会-06月21日-01号

市民は、搬入計画書を事前に所管の生活環境事業所に提出いただき、市の家庭ごみの分別ルールに従って分別した上で、許可業者に引き渡していただきます。費用といたしましては、ごみ処理手数料と収集運搬費用がございますけれども、市民がまとめて許可業者に支払っていただき、そのうち、ごみ処理手数料につきまして許可業者を介して市に支払われます。  

三浦市議会 2019-06-21 令和元年三浦国際市民マラソン事業に関する調査特別委員会( 6月21日)

そういうことにおいて、やはりチェック体制はもちろんなんですが、先ほど、物品購入の際のチェック体制とか答弁がありましたが、具体的なその辺のルールづくりといいますか、全体として、やはりしっかり確認していくことも必要なのかなと思うんですが、それについてはどうでしょうか。 ○大西 太経済部長  事務処理のチェック体制ですとかパワハラの件につきましては、総務部が中心に研修等で行われております。

平塚市議会 2019-06-20 令和元年 総務経済常任委員協議会 本文 2019-06-20

本市と湘南ひらつか七夕まつり実行委員会では、歴史ある七夕まつりを安心・安全に続けていくためには、近隣住民への配慮や節度のない行動への対応などの課題に対するルールづくりが必要と考え、安心・安全な開催を目指す湘南ひらつか七夕まつり運営指針2019を策定いたしました。ごらんの資料は、表面が来場者用、事業者、飾り掲出者用に分けた周知チラシで、裏面は共通で運営指針を記載してございます。

茅ヶ崎市議会 2019-06-20 令和 元年 6月 第2回 定例会-06月20日-02号

また、先行している市町村を参考にしますと、学校給食費を市の会計ルールに基づいた管理運用とする際の財務会計上の整理の必要性、さらに、教育委員会職員体制の見直しや、関係条例や規定の整備、改正なども必要と考えておるところでございます。以上でございます。 ○水島誠司 議長 藤村優佳理議員。 ◆6番(藤村優佳理 議員) 近隣市の状況及び必要な予算についての2問目です。  

大和市議会 2019-06-20 令和 元年  6月 定例会-06月20日-02号

体験談を交えながら、働く上で必要な社会ルールマナーコミュニケーション能力を身につけていく貴重な機会でもあります。作業所に通所することで、親のレスパイトにもなります。  事業所としては、どんな仕事でも引き受けたいと考えているようです。厚木市では、障がい者就労施設等からの物品等の調達方針に調達目標額を掲げています。平成29年度の目標額は600万円に対し、調達実績は583万6615円でした。

川崎市議会 2019-06-20 令和 1年 第3回定例会−06月20日-03号

災害時に求められる避難所等の案内看板の多言語化や、社会問題化しつつあるごみ捨てに関するルール等の案内掲示について、多言語表示への切りかえを早期に進めるべきです。今後の取り組みを伺います。  ひきこもり対策についてです。本年4月、国では初めてとなる中高年を対象としたひきこもりについて調査結果を公表しました。