6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

茅ヶ崎市議会 2013-08-28 平成25年 9月 第3回 定例会-08月28日-02号

東日本大震災の発生など、社会環境の大きな変化を背景に、地方行政に対する期待、重要性はますます高まっており、とりわけICT分野においては、クラウド技術の進展、オープンデータ活用など、新たな自治体ICT戦略が求められると同時に、地域が抱えるそれぞれの課題についてもインターネットなどの情報通信技術活用して、いかに暮らしやすい地域社会実現していくか、いつでも、どこでも、誰でも簡単にネットワークが利用できるユビキタスネット

藤沢市議会 2006-10-03 平成18年 9月 定例会-10月03日-08号

総務省u-Japan政策で2010年にはユビキタスネット社会実現を目指しておりますが、本市にも来たるべきユビキタス社会に向けどのように対応していくのか、独自の構想を示す必要があると思います。情報技術が日進月歩進展している中で、市の構想を示されることを要望いたします。  次に、公共交通網整備について。

藤沢市議会 2006-03-03 平成18年 2月 定例会−03月03日-04号

しかし、IT利活用が不十分との認識が高まり、インフラ整備から医療、食、教育、行政サービス等における利活用に重点を移したe−Japan戦略Uを2003年7月に策定し、IT政策は第2段階へ移行するとともに、さらに2010年までには、いつでも、どこでも、何でも、だれでもという次世代ユビキタスネット社会へと発展させていくことを目標とするu−Japan構想として次世代戦略基本的方向性を提示し、国と地方公共団体

中井町議会 2005-09-07 2005年09月07日 平成17年第3回定例会(第1日) 本文

さらに、国は、平成22年までにU-Japanユビキタスネット社会実現を目指しており、この対応も行わなければなりません。そして、今までは、基本構想のみが議決事項でしたが、住民の生活にかかわる問題が多いとの理由から、条例を制定して基本計画まで議決事項としている自治体がふえてきているのが現状です。  そのような中で、  1、議会の提言は、どのように計画に取り組まれるのか。  

  • 1