35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

海老名市議会 2019-12-18 令和 元年12月 第4回定例会−12月18日-03号

現在では、私ども、災害発生時に災害救援ボランティアセンターの運営を行っていただく海老名災害ボランティアネットワークとの連携は重要と考えております。そういった面では、定期的に危機管理の担当と災ボラの皆さんとの協議とか、いろいろ必要なものとか、さまざま支援できるところは支援していきたいと思っているところでございます。小中学校における防災教育も重要であります。

大和市議会 2019-12-17 令和 元年 12月 定例会-12月17日-04号

受講者数平成29年度が27人、平成30年度が30人となっており、修了者には子育て支援センターボランティアセンターへの登録を促すとともに、市内活動する団体等の紹介を行うことで、担い手の確保につなげております。  続きまして、市民の自発的な子育て支援活動に対する支援についてお答えいたします。  

大和市議会 2019-12-13 令和 元年 12月 定例会-12月13日-02号

6、大規模災害時に災害ボランティアセンターが開設されます。そこでお聞きします。支援ボランティア募集はどのように行うのか、受け入れ体制はどのようになっているのか。  7、あわせて、ボランティアの方が使用する物資や食料などの調達はどのようになっているのか、お聞きします。  中項目5、こども体験事業についてお聞きします。  1、こども体験事業は継続することに意義があると考えます。

茅ヶ崎市議会 2019-12-13 令和 元年12月 第4回 定例会−12月13日-03号

千葉市等では、民間通販会社を利用して市内必要物資調達を行っていましたが、茅ヶ崎市でも、被災した場合、避難所ボランティアセンターで必要となる物資調達通販会社必要物資必要数をアップすることにより、それを支援者が購入して茅ヶ崎市に送っていただくような仕組みを導入する考え方があるかどうか伺います。  (4)被災後の対応について。  

藤沢市議会 2019-03-15 平成31年 2月 予算等特別委員会−03月15日-09号

◎濱野 地域包括ケアシステム推進室室長補佐 地域における買い物支援の御案内につきましては、地域包括支援センター民間サービス中心地区ボランティアセンターも御案内しております。取り組みの広がりにつきましては、地域包括支援センターが収集した高齢者生活支援に関する情報を住民等に周知し、地域の方が活用できればと考えております。

藤沢市議会 2018-02-21 平成30年 2月 厚生環境常任委員会-02月21日-02号

次に、③「地域活動団体交流会」の開催でございますが、市内を4ブロックに分けまして、地域縁側地区ボランティアセンター、地域活動されている方々のほか、いきいきサポートセンターやCSW、さらに市の職員も加わりまして、団体間の交流や行政との協働等を考える機会として開催いたしました。

茅ヶ崎市議会 2017-09-11 平成29年 9月 決算特別委員会-09月11日-01号

山﨑広子 委員 現状維持にした理由を部長から伺ったが、この事業はそもそもボランティアセンター仕組み事業なので、ボランティア内容ではないので現状維持した状況かと思った。ボランティア人数は現在1547名とのことだが、稼働率を伺う。実際にボランティアに参画した人数を教えてほしい。 ◎福祉政策課長 各地区ボランティアセンターでの活動状況は729名である。

藤沢市議会 2016-09-29 平成28年 9月 決算特別委員会−09月29日-03号

既にボランティアセンター地域資源も、かなり皆さん積極的に活躍をいただいている地域でございますので、そういった先行されている団体さんとのいろいろな調整事項も今後出てくるかと思いますが、趣旨は同じ方向を向いての事業展開をシルバーさんのほうでも予定をして、こういった事業立ち上げを進めていただいたところでございますので、藤沢市といたしましても、側面支援となってしまうところも多少出てくるかとは思いますが

藤沢市議会 2016-03-09 平成28年 2月 定例会−03月09日-03号

3点目、本市が目指す新総合事業についてでございますが、本市には地域縁側地域ささえあいセンターボランティアセンターの貴重な資源が多く存在しておりますので、その特性を十分に生かしながら、継続性のあるサービス提供体制を構築することで、まずは地域全体で地域高齢者を支える仕組みとして事業を定着させてまいりたいと考えております。

藤沢市議会 2015-03-04 平成27年 2月 定例会−03月04日-05号

ボランティア確保につきましては、市社会福祉協議会ボランティアセンターでの講座等の実施によってボランティア育成するとともに、地区ボランティアセンターとの連携によって活動機会を提供し、育成から実践までの道筋をしっかりつくることで、やりがいを持ってボランティア活動に参加できる体制づくりを進めてまいります。  

藤沢市議会 2015-03-02 平成27年 2月 定例会−03月02日-03号

本市においては、市内13地区市民センター・公民館を中心地区社会福祉協議会地域包括支援センター地区ボランティアセンターと協力して、地域住民の方と一緒にそれぞれの地域づくりを進めていくとともに、地域ささえあいセンターを初め、地域資源である事業者やNPO、ボランティア団体等も巻き込んで地域社会をつくり上げていく必要があると考えております。 ○副議長(佐賀和樹 議員) 佐川福祉部長

大和市議会 2014-09-18 平成26年  9月 定例会-09月18日-02号

地域福祉を所管する保健福祉総務課を初め、市民活動課市民活動センターボランティアセンターの総力を結集することが求められます。連携はとれているのでしょうか。  2、今回の改正は介護保険制度創設以来の大きな改革であり、現在の保健福祉部職員体制では対応は難しい。職員体制を補強する必要があると考えますが、いかがでしょうか。  

川崎市議会 2013-06-24 平成25年 第2回定例会−06月24日-06号

次に、これまでの基金の使途につきましては、被災された地域の各自治体等からの要請に基づく支援の主なものとして、現地のボランティアセンターへ、平成23年秋に石油ストーブ833台、平成24年3月に車椅子・福祉車両13台、12月に除雪機48台、本年3月に草刈り機122台などの支援物資をお送りしたほか、本市内への避難者に対しまして支援金の支給や就学援助等支援を実施してきたところでございます。

茅ヶ崎市議会 2013-02-20 平成25年 3月 第1回 定例会-02月20日-01号

また、身近な地域でお互いが支え合い、生活課題を解決するためにコーディネーター配置事業モデル事業を継続実施し、地区ボランティアセンターとのネットワークづくりを推進してまいります。  市民健康管理につきましては、各種検診を実施し、特に歯科、口腔の衛生事業を推進してまいります。  

寒川町議会 2012-09-04 平成24年第2回定例会9月会議(第4日) 本文

入居者が徐々に減り、空き部屋につきましては平成6年4月より相談児童教室児童クラブボランティアセンターに使用してまいりましたが、施設の老朽化が著しいため、平成21年9月より教育委員会資料等を保管する倉庫のみとして使用しております。いずれにしましても老朽化が著しいため、できるだけ早い時期に取り壊しができるよう努力をしてまいりたいと思っております。

藤沢市議会 2012-03-21 平成24年 2月 予算等特別委員会−03月21日-03号

これまで福祉拠点整備事業につきましては、昨年の6月、そして12月の厚生環境常任委員会で報告をしたとおり、障がい者団体からの要望のあった活動の場の確保、高次脳機能障がい者及び発達障がい者の活動スペース成年後見相談センター明治地域包括支援センター明治地区ボランティアセンターの機能を位置づけしていきたいと思っておるところでございます。  

  • 1
  • 2