運営者 Bitlet 姉妹サービス
2428件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2018-12-18 次に、「本市が管轄する新東名高速道路の区間にはトンネルが多いことから、さまざまな状況を想定した訓練を行って体制を強化していくとのことだが、災害対応中においても、本市域の消防力が低下しないように努めてほしい。」との要望がありました。  そのほか、「高速道路上での災害に対応した体制構築に伴う必要経費などについて」、「新東名高速道路開通に合わせた職員の配置計画について」などの質疑がありました。   もっと読む
2018-12-12 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-12 県道708号(秦野大井線)の篠窪バイパスにつきましては、大井町篠窪地内のトンネルから秦野市境までの区間におきまして、一部で幅員が狭く、車両同士のすれ違いができない箇所があったため、神奈川県県西土木事務所により、平成11年度から進めていた橋りょうを含め、約860メートルのバイパスがことしの3月10日に開通したところであります。   もっと読む
2018-12-04 秦野市議会 平成30年総務常任委員会 本文 開催日: 2018-12-04 また、新東名高速道路の供用開始により、高速道路上での災害に対応するため、消防署西分署の水槽つきポンプ自動車を泡消火薬剤が放水できる化学消防ポンプ自動車に更新するとともに、トンネル内の火災等において有効である耐熱服や熱画像直視装置など、それぞれの資機材の積載をさせていただきまして、約8,500万円の費用が必要になると算出させていただいております。   もっと読む
2018-12-03 中井町議会 2018年12月03日 平成30年第4回定例会(第1日) 本文 それから、一時、考えだったのか、ずっと昔の話ですけれども、要するに比奈窪バイパスの延長線を抜けて、トンネルをつくって大井町に近づけろという話もあります。これを、でも地図上で見たら、トンネルを抜けたら大井町じゃなくて小田原市に近づくという形なんですけれども、そういった大きな部分から、本当に一つ一つ細かい部分もあります。これも本当にさまざまなので、今言った部分はそう簡単にはできる問題じゃないので。   もっと読む
2018-12-01 二宮町議会 平成30年第4回(12月)定例会(第1日目) 本文 このことを受けて、平成26年度よりトンネル3カ所、橋りょう60カ所の点検を順次開始し、平成28年度には町が管理する道路の延長約119キロメートルのうち、隣接市町と接続する路線や町内の各地域を広域的に横断している通行量の多い路線、いわゆる1級・2級町道を対象として、約38キロメートルの路面のひび割れや凹凸などについて、路面の点検調査を実施しました。   もっと読む
2018-09-28 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月28日−08号 もう1つ、キャンプ座間の下を通るトンネル、市道新戸相武台の拡幅工事です。この工事が始まって、特に道路の車両通行どめがスタートしてから、既に7年も経過して、市民の不便が継続しています。この道路拡幅の緊急課題でもあった新磯高校の通学路としての安全確保、7年もたつ中で、新磯高校が廃校になってしまいました。それほど時間がかかっています。 もっと読む
2018-09-27 秦野市議会 平成30年第3回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-09-27 電話がかかってきて、こんな道があって、すごい桜のトンネルなんだねということで、そこを見たいということで、来てくれる知人もいたりして、有名になったという感があります。  そんな中で、特にソメイヨシノですけれども、ソメイヨシノは寿命が普通の木よりも短い、やわらかい木なので、すぐに老木になるというか、うろができたり、病気に冒されたりが早い木です。 もっと読む
2018-09-26 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月26日−06号 ◎佐久間和彦道路部長 平成26年の道路法施行規則の改正につきましては、平成24年に発生いたしました笹子トンネルの天井板落下事故を契機に、今後、橋梁等の道路構造物が急速に老朽化していくことを踏まえまして、各道路管理者の責任による点検や診断、措置、記録というメンテナンスサイクルを確立するために具体的な点検頻度や方法等を法令で定めたものでございます。 ○沼倉孝太議長 中村議員。 もっと読む
2018-09-19 座間市議会 平成30年都市環境常任委員会( 9月19日) その中で、最終的に一般会計から補助金をもらうということになれば、当然にそれは上下水道局としては公営企業で収支を考えておりますので、一般会計から補助金がもらえるということであれば、それは拒む必要はないのですが、基本は公営企業ですので、独立採算でやっていきたいと思いますし、この間の公営企業管理者からの答弁もありましたように、公共下水道事業に関しても、ある程度、トンネルが過ぎて明かりが見えてきたみたいなところと もっと読む
2018-09-05 清川村議会 平成30年 9月定例会(第1号 9月 5日) 中央高速におけるトンネル事故などが発端に、公共施設等及びインフラ資産の老朽化対策が大きな課題となり、平成26年総務省から全国の地方公共団体に対し、公共施設等総合管理計画の策定が指示されております。本村でも公共施設等の長期的な視点を持って清川村公共施設等総合管理計画が昨年3月に策定をされております。 もっと読む
2018-09-05 中井町議会 2018年09月05日 平成30年第3回定例会(第2日) 本文 尾尻孝和  そうしますと、道路ですとか橋りょう、トンネル、あるいは上下水道、いわゆるインフラ関係ですね、これは、今回、この中には含まれていないということでしょうか。 総務課長  先ほど回答させていただいたとおり、建物の関係で、長寿命化計画、個別計画を策定させていただく費用ということで計上させていただいている状況になります。以上です。 もっと読む
2018-09-03 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月03日−03号 次に、用地取得等の状況についてでございますが、駅部につきましては、引き続き用地取得に係ります契約手続を進めておりまして、トンネル区間につきましても、現在、用地取得等に向けて取り組んでいるところでございます。なお、契約件数等の詳細につきましては、今後の用地取得等への影響が懸念されますことから、現段階で本市から公表することは考えておりません。 もっと読む
2018-09-01 二宮町議会 平成30年第3回(9月)定例会(第13日目) 本文 道路における災害時のリスクとなる構造物として考えられるものは、橋りょうやトンネルなどが上げられます。この橋りょうやトンネルの維持管理については、5年に1回の定期点検を実施し、その結果により、各種構造物の健全度を把握しており、計画的に適正な維持管理に努めているところです。 もっと読む
2018-08-31 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-08月31日−02号 また、リニア中央新幹線の工事の状況についてでありますが、リニア中央新幹線については、2027年の開業を目指し、JR東海において事業が進められているところでありますけれども、相模原市内においても、昨年度から、橋本2丁目の国道16号付近において工事が行われており、さらには、新たに国道16号交差点部分のトンネル新設工事が公表され、工事が始まろうとしております。 もっと読む
2018-08-23 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-08月23日−01号 下段の目15道路新設改良費につきましては、備考欄1の道路改良事業、213ページ備考欄3の国道413号(仮称)横山トンネル道路改良事業が主なものでございます。  214ページをごらんいただきたいと存じます。下段の目10河川改修費につきましては、備考欄3の葉山島水路機能回復事業が主なものでございます。  216ページをごらんいただきたいと存じます。 もっと読む
2018-06-28 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月28日−06号 初めに、市内での工事の状況についてですが、JR東海は昨年10月24日に、中央新幹線国道16号交差部トンネル新設という工事名で契約手続を開始しました。この工事は、緑区橋本2丁目の、リニアと国道16号が交差する部分のトンネルを掘削するというものです。 もっと読む
2018-06-21 藤沢市議会 平成30年 6月 定例会−06月21日-06号 中を拝見すると、一日も早くスタートを切ろうということで、診断は人生の新たなスタートラインになりますですとか、暗いトンネルから一日も早く脱出しましょうとか、トンネルを抜けると、可能性が広がりますというような内容が書かれています。私も母が認知症とわかったときに多くの本を読みましたが、そこには絶望しかありませんでした。今振り返ってみると、間違った見識も少なくない。 もっと読む
2018-06-19 秦野市議会 平成30年第2回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-06-19 まず、建て替え整備中の消防署西分署が完成した際には、どのように消防力の充実が図れるのかについてですが、同分署の建て替え整備については、超高齢社会の進展による救急需要の増加、及び平成32年度に開通予定の新東名高速道路において、本市が新たに管轄予定の秦野インターチェンジ(仮称)を起点とした上下線の区間には、特に下り線が長距離であることに加え、全長約4キロメートルの長距離のトンネルを含み11本のトンネルもっと読む
2018-06-18 綾瀬市議会 平成30年6月定例会-06月18日−03号 道路施設につきましては、平成26年7月に道路法の施行規則が一部改正されまして、定期的な点検が義務づけられたことから、重要構造物であるトンネル、橋りょう、横断歩道等の道路施設について、専門業者に委託し計画的な点検を行い修繕を実施しております。また日常点検では、週1回、職員によるパトロールを行っておりますが、全ての道路を見るということはなかなかできないため、目の行き届いていない箇所もございます。 もっと読む
2018-06-13 藤沢市議会 平成30年 6月 補正予算常任委員会-06月13日-01号 それらにつきましては全て藤沢市のほうでやるという中で、国のほうと施工協議をして、占用みたいな形で今回のトンネル工事を施工しているという状況でございます。  今回の変更につきましては、事前に私どものほうで調査をしたときには判明をしなかったと。 もっと読む