2217件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茅ヶ崎市議会 2019-06-24 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月24日-04号

現在、対象の児童・生徒及び保護者、学校、日本語指導協力者から、指導時間数の拡充を望む声が上がっておりますが、その中には、例えば生徒が定期テストでの指導協力者のサポートを求めるケースもございますので、そのような際に教員がサポートできるよう、音声翻訳機を導入する予定でございます。

海老名市議会 2019-06-19 令和 元年 6月 第2回定例会−06月19日-03号

「交通安全対策」ですが、高齢者が被害者となったり、それから加害者となるという事故が連日のように起きている点で、本当にこれはどうしたものかというところですが、そういったところでは、まずは高齢者が免許証を返納しよう、自分で今後も運転を続けたらいいのかどうかと考えるのは、道路交通法で70歳を過ぎたときに、最初の免許更新で運転技術の確認実施テストなどがある。そのときから考え始めるのではないかなと思います。

座間市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第4日 6月11日)

今後、各種連携テストを実施し、納税者の利便性向上のため、本年10月のシステム稼働に向け着実に準備を進めてまいります。 ○副議長(荻原健司君)  ――市民部長。             〔市民部長(大木秀樹君) 登壇〕 ○市民部長(大木秀樹君)  自転車保険加入の促進を求める取り組みについてご質問をいただきました。  

座間市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第3日 6月10日)

先日の金曜日の吉田議員の質問の中でも、旭川の学力テスト裁判の最高裁判例、吉田議員は、あのとき指導要領の法的効力ということに関してなのですけれども、条文をよく読むと、いろいろなこれ解釈が、あそこで法的拘束力があると文部科学省は見解を示しているのですけれども、いろいろだと思いますけれども。

座間市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第2日 6月 7日)

小学校の調査項目は、英語教育担当者の状況、ALT、外国語指導助手等の活用状況、ICT機器の活用状況等であり、また、中学校では、生徒の英語力、生徒の英語による言語活動の状況、パフォーマンステストの実施状況、CAN-DOリスト形式による学習到達目標の設定等の状況、英語担当教師の英語使用状況、英語担当教師の英語力、ALT等の活用状況、ICT機器の活用状況、小・中連携等であります。  

藤沢市議会 2019-03-20 平成31年 2月 定例会−03月20日-06号

これからの時代は、一人一人が考えて、考えたことをテストしながら前進していく時代になります。我が会派では、以前から地域をよくしていこう、持続可能なまちづくりを考えようということで、市や国の職員などの志士たちと意見交換をする機会を積極的に設けており、やる気のある個人がつながり、そのつながりを連鎖的に拡大していくことで藤沢づくりにつなげていくという広がりを見せています。  

秦野市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2019-03-18

この調査結果においては、まず、小学校5年生におきましては、8種目中80点満点の体力テストの合計点が、男子は県平均が53.68点に対しまして本市は52.37点、女子は同じく54.61点に対して52.33点となっております。男女とも県平均を下回っているものの、この合計点は平成25年度から増加傾向をたどり、ここ6年間では最高の数値となっております。  

南足柄市議会 2019-03-18 2019年3月18日(月) 平成31年都市教育常任委員会 本文

ページ、数値目標というのがあって、何か本当に指導主事が研究授業等で学校訪問し指導・助言を行った回数かなんかで、本当にまどろっこしいというか、こういうことを書いてあるんだけれども、この回数を66回から75回、そんなの別に何回になったって減ったって、40回になったって、それはそれでいいんだけれども、一般的に市民の人たちが見て、教育委員会での数値目標をといったら、もうここまで言えば分かると思うけれども、学力テスト

海老名市議会 2019-03-14 平成31年 3月 第1回定例会−03月14日-04号

もちろん2020年に学習指導要領が改訂されて、プログラミングが始まって、2024年から、大学の共通のテストにも、その基礎項目にプログラミングが入るということもあるのですが、やはり子どもたちが将来、自分たち生活の中でそれらをうまく活用できたり、また、新たな発想でプログラミングできるような、そういう子どもたちになるよう、プログラミング教育を海老名市としては進めてまいりたいと思っています。  

海老名市議会 2019-03-13 平成31年 3月 第1回定例会−03月13日-03号

もう一方では、認知症予防協会というところが、認知症自己診断テストという、ウエブで進んでいくものがあります。これ、私、実は今回の質問に当たってやってみたのですけれども、意外と難しくて、でも、やると非常に実態がわかるというところでは、意味があるかなというふうに思うのです。

大和市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会−03月13日-05号

次に、国民保護計画管理事業について、今年度はどのぐらい訓練を実施する予定になっているのかとの質疑に対して、訓練ではなく、J−ALERTのシステムと防災行政無線がしっかり連動しているかというテストを今年度は4回実施している。国民保護だけではなく、自然災害でも利用するので、市民の生命、身体、財産を守るシステムとして、しっかり稼働するようテストを行っていきたいとの答弁でした。  

川崎市議会 2019-03-08 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号

◎猪俣 教職員企画課長 平成29年度の少人数学級の研究報告書、各指定校数分だけ集まっていますが、主にまとめたものですと、例えばメリットとして、一人一人の学習進度の把握がしやすく、テストの丸つけ、添削がスムーズにできたといったことや、一人一人に目が行き届きやすく、児童に広く深くかかわることができたといったこと。

座間市議会 2019-03-08 平成31年予算決算常任委員会都市環境分科会( 3月 8日)

そのうちの2番目が、血液などがついて感染症の危険があるもの、それから3点目として、個人情報などが記載されていて、プライバシーを侵害されるような、子供のテストなんかもそうですね。そういったものについては、これは燃やすごみで仕方がないのですけれども、それ以外はもう資源ですというような意識づけを行っていく予定にしております。  以上でございます。

大和市議会 2019-03-08 平成31年  3月 定例会−03月08日-04号

運転ボランティアはかないばら苑の安全運転管理者が実施する安全運転テストに合格することが条件とされ、安全運転にも配慮されています。自宅からサロン会場へ乗り合いで送迎し、帰りの途中下車も可能です。かないばら苑ではサロン送迎を男性ボランティアが担うことで、サロンの男性御利用者がふえたという報告もあります。ひきこもりに陥りやすい男性高齢者の生きがいづくりにも有効と考えます。  ここで質問いたします。

大和市議会 2019-03-07 平成31年  3月 定例会-03月07日-03号

教育方法も非常にユニークで、まず16歳までテストはなく、フィンランドの教育省は、競争による序列を問題視し、小学校は通知表もありません。学力到達度が遅い子供は留年してもらいます。でも、留年は決してフィンランドでは特別なことではなく、よくよくあることと捉えられています。学習方法もただ書くことよりも、体験型の学習が多く含まれ、グループ学習の機会が多いようです。

秦野市議会 2019-03-07 平成31年予算決算常任委員会文教福祉分科会 本文 開催日: 2019-03-07

私たちがテストという感覚でいいますと、我々のころは、ア・テストというようなテストとか、今、テレビでも全国学力テストとか、いろんな塾がやっているようなテストという意味合いで、順列をつけるとか、どの辺のレベルにいるというようなことで、テストというイメージをするのですけれども、学力・学習状況調査ということから、調査という言葉そのものの全体の目的というものを教えていただければと思います。

大和市議会 2019-03-06 平成31年  3月 定例会−03月06日-02号

1、情報システム改修に向けて想定される段取り・工程、(1)新元号公表前に行う作業としては、@和暦の使用状況の調査とシステム改修計画の策定、A他のシステムとの連携における連携先の対応方針の確認、Bプログラムの修正と動作テスト、C修正したプログラムの適用等のリリース作業のリハーサル、(2)新元号公表後に行う作業としては、@新元号の適用(仮元号から新元号へ置きかえる作業のみならず、OS等のアップデート含む

寒川町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会3月会議(第4日) 本文

全国平均に比べると、学力テストにおいて点数が低くなってしまっている、この寒川町の現状を考えますと、学校における授業の改善も重要ですし、さまざまに進められているとも思いますが、学校が終わった放課後に自学自習していく家庭学習の取り組みも極めて重要です。学校での授業だけではなく、そこで教わったことを復習していく、また授業の前に予習をして授業に臨む。