運営者 Bitlet 姉妹サービス
2540件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号 ◎猪俣 教職員企画課長 平成29年度の少人数学級の研究報告書、各指定校数分だけ集まっていますが、主にまとめたものですと、例えばメリットとして、一人一人の学習進度の把握がしやすく、テストの丸つけ、添削がスムーズにできたといったことや、一人一人に目が行き届きやすく、児童に広く深くかかわることができたといったこと。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 現在、市内4カ所で展開している中学校の寺子屋では、テスト前の部活動停止期間に集中して学習支援を行う方法や、学校外の施設において夜7時ごろから学習支援を行う方法など、さまざまな試みがなされておりますことから、今後の本格的な展開に向けましては、引き続きさまざまな方法を試行しながら、中学生のニーズや生活状況に合った寺子屋の形を検討してまいりたいと存じます。以上でございます。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 大阪市では、学力テストの成果に連動した人事評価が一部の批判を招いていますが、落ちこぼれを生まない教育は美談として語られがちな反面、伸び代のある生徒の可能性の芽を摘む負の側面も直視されなければなりません。そこで、習熟度別クラスや学力テストの結果公表など、市費移管の完了に伴う公立の教育再建に向けた市長の決意を伺います。   もっと読む
2018-12-19 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月19日-06号 校務支援システムによる成績処理では、テスト等の資料の素点を入力することで、観点別評価や評定が自動算出されます。また、出席簿のデータや所見等も通知表に反映させることができるため、通知表の作成にかかる時間や確認作業に要する時間を大幅に減少させることができます。 もっと読む
2018-12-14 平塚市議会 平成30年 総務経済常任委員会 本文 2018-12-14 通信費と機器の利用に伴う運用費は、今年度については12月からのテストを含めて3月まで4カ月分ということですが、予算額87万円に対して43万円です。年額ですと、今回、約3倍になりますので、年額で130万円の運用経費がかかるということになります。  それから、費用削減が予算比に対して60%程度になるんですけれども、削減したときの効果です。 もっと読む
2018-12-11 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月11日−02号 移駐後、いまだ9カ月しかたっておりませんが、早朝からのエンジンテストや硫黄島での着陸訓練後に行われる深夜の離着陸などはなくなりましたので、静かな住環境の中、まさに住んでよかったと言えるまちに近づいてきました。これは大変喜ばしいことであります。 もっと読む
2018-12-11 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-11 リーディング・スキル・テスト、RSTというそうですが、それを小学校6年から中学校3年まで全員受検し、一部、学校の先生も一緒に受検して、教科書を読むことの大切さの自覚につながっているということが紹介されております。その結果、埼玉県で独自で行われている学力・学習状況調査では大きな成果を得たという、これは情報ですけれども、参考にされたらいいかなと思いました。   もっと読む
2018-12-11 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月11日-02号 それから、スポーツテストとかなんかも全員が保護者が来てやる。だから、学校は学校応援団の方々の力でかなり負担軽減になっているかと私は思っています。  そういう中でも、教員の負担軽減と考えると、教員は子どもたちのために学習指導することなんかは、それは本職ですから、それはもう全然負担だとは思わないのです。 もっと読む
2018-12-06 座間市議会 平成30年第4回定例会(第2日12月 6日) 私ども日本共産党は、この事態に対して1日に12時間近くに上る長時間労働の背景には、国が教員をふやさず授業数をふやしたこと、格差と貧困の広がりで学校の抱える課題がふえた上、全国学力テストや教員免許更新制、臨時評価などの学校改革が拍車をかけたこと、そして公立学校の教員が法律で例外的に残業代ゼロとされてきていることが、この問題の根本問題だと考えています。   もっと読む
2018-12-06 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 総務常任委員会-12月06日-01号 実際には10月からの稼働となるが、4月以降の導入試験を含め、さまざまなテストを行う予定である。 ◆岸正明 委員 款2総務費の説明30地域集会施設管理運営経費について、市議会定例会資料6ページのスケジュールによると、工事施工は6月から8月である。この間の集会施設の運営方法を伺う。 ◎市民自治推進課長 工事の内容等によるが、全館とめるやり方もあるし、施設ごとに進めていく方法もある。 もっと読む
2018-12-03 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 環境厚生常任委員会-12月03日-01号 トラッキングテストでは、特に明け方の成績が低下し、酒気帯び勤務と同様に注意力が低下していることが明らかになっている。  3点目は、勤務と勤務の間隔、インターバルの問題である。夜勤のない8時間労働の場合は、勤務と勤務の間隔は16時間で一定である。 もっと読む
2018-12-01 二宮町議会 平成30年第4回(12月)定例会(第4日目) 本文 先ほどJOYカードということをおっしゃっていましたけど、通いの場では今まず、一番最初と最後に簡単な試験みたいな、運動量がどのぐらい変わったかというようなテストみたいなことをやっています。 もっと読む
2018-12-01 寒川町議会 平成30年第1回定例会12月会議(第3日) 本文 なお、新しい元号がしっかりと表示されるかどうかのテストは必要となりますので、新しい元号が発表されましたら、速やかに新しい元号に対応できるよう準備してまいりますので、よろしくお願いいたします。 ◯議長【太田真奈美君】  中川議員。 もっと読む
2018-10-03 秦野市議会 平成30年予算決算常任委員会 本文 開催日: 2018-10-03 これに対し、「児童・生徒の個性を引き出せる環境を整えることが学習意欲の向上につながると考えるため、テストの点数を上げることだけ意識するのではなく、学級の中における雰囲気づくりを大切にしてほしい。」との要望がありました。   もっと読む
2018-09-28 秦野市議会 平成30年第3回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-09-28 テストで鳴らしてみます。              〔緊急速報メールの着信音〕 34 ◯3番加藤剛議員【 213頁】 というメールが三大キャリア全ての携帯から、機種にもよるらしいのですけれども、鳴るということです。   もっと読む
2018-09-26 海老名市議会 平成30年 9月 文教社会常任委員会−09月26日-01号 ◎学び支援課課長補佐 学校支援の内容でございますが、昔遊びのお手伝いやしめ縄づくり、ミシン教室のお手伝いなど、学習支援を初めとし、あと新体力テストであったり、田植えの授業であったり、新入学生の給食の配膳のお手伝いなど、そういった面で学校の支援に努めてございます。 ◆宇田川希 委員 もう1つ聞きますけれども、一般質問等でもお伺いしましたが、ことしの夏は異常気象で物すごい暑さでありました。 もっと読む
2018-09-26 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月26日−06号 ◆32番(中村昌治議員) ぜひテストをしていただきたいと思います。枠は5分くらいで十分だと思います、やれると思います。それで1カ月も同じものが流れていると飽きてしまいますので、月に2回更新くらいならいいかなというように思います。ぜひチャレンジしていただけたらというように思っております。  また、藤沢市では市内にスタジオがあるんですね、J:COMさんの。 もっと読む
2018-09-26 秦野市議会 平成30年第3回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-09-26 さらに、2024年には、大学入試センター試験にかわる大学入試共通テストに「情報1」が、国語や数学のように基礎的科目に導入される見通しです。大学入試で現在の6年生以下の子供が対象となるわけで、大学進学でもウエートが大変高くなるわけでございます。   もっと読む
2018-09-19 海老名市議会 平成30年 9月 第3回定例会−09月19日-03号 例年、学力テストの結果などを公表して、教育指導の改善を図られていたりとしておりますが、この場からは学力・学習状況調査の例年の結果を受けた取り組みと課題について、また、今年度行われた学力・学習状況調査の結果について伺います。  以上、3項目についての質問をさせていただきました。明快なる答弁をお願いいたしまして、この場からの質問を終えます。                   もっと読む
2018-09-13 清川村議会 平成30年 9月定例会(第2号 9月13日) また、基礎基本確認テストは、次のページにわたりますが、意識調査とともに継続して実施し、児童・生徒の学力や家庭での学習状況等を把握することで、今後の指導計画、指導法の改善につなげる資料といたしました。  また、英語活動推進事業では、ALTを活用し、幼稚園から英語になれ親しむ環境を整え、発達段階に応じた指導を行うとともに、幼・小・中の円滑な接続を行い、英語科の学力向上に努めました。   もっと読む