6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

川崎市議会 2018-07-26 平成30年  7月文教委員会-07月26日-01号

あくまでもこれは我々がつくったシミュレーションでございますので、まず事業計画書の中身にも書いてあるとおり、どのような企画を打ちたいのかとかも含めて、さまざま部分について文化財団側で検討して計画づくりをしていただくという中で、委員のお尋ねの、例えばの話、2,300万円の事業費がかかるようであれば、それを上回るような収入を上げるための取り組みを掲げて計画として提出していただきたいと考えております。

川崎市議会 2012-09-28 平成24年  9月市民委員会-09月28日-01号

今回御説明いただいた中でも、太陽光等も使いながら、電気が通らないときでも対応ができるようなものを、せっかくつくるのであれば、しかもたくさんの人数がそこに滞留することができる、あるいは毛布等の備蓄も可能であるということであれば、当然これは帰宅困難者とかさまざま部分での対応ということでやるべきだと思うんですけれども、再度、これについて明確に御答弁をまずいただきたいと思うんです。

茅ヶ崎市議会 2009-07-27 平成21年 7月 第3回 臨時会−07月27日-01号

ただ、当時の状況というものを考えると、公務員にとってさまざま部分でアゲンストの風が非常に吹いていたということは確かなんですよ。その中でその判断をされたということは一定の理解はしています。ただ、2週間という期間と、その後のさまざまなことが出てしまったということは十分に感じていかなくてはいけないと思っています。  

藤沢市議会 2008-09-25 平成20年 9月 決算特別委員会−09月25日-03号

いずれにしましても、この事業活性化事業ですので、このイベントの結果として、例えば売り上げが大幅に伸びただとか、空き店舗が埋まって活性化したよ、そういったものが数字であらわれてくれば非常にいいんですけれども、なかなか数字で出すのは非常に難しいという状況にございますが、さまざま部分でよい効果が出ているということは確信を持って言えると思います。  

茅ヶ崎市議会 2008-02-27 平成20年 3月 予算特別委員会-02月27日-01号

待機待ちのカウントは常にされてしまうので、そのレベルによって本当に必要で欲している人とそうでない人は得点性とかさまざま部分でやっているが、待機待ちの解消には、小さな施設等をふやして紹介していくなどの形をとっていく必要もあると思う。何から何まで役所がやっていくとなると、このイタチごっこは永遠に続くような気もする。この辺について、20年度以降、さらに力を入れていると仄聞しているがいかがか。

  • 1