寒川町議会 > 2016-06-04 >
平成28年第1回定例会6月会議(第4日) 本文
平成28年第1回定例会6月会議(第4日) 名簿

  • "������������"(/)
ツイート シェア
  1. 寒川町議会 2016-06-04
    平成28年第1回定例会6月会議(第4日) 本文


    取得元: 寒川町議会公式サイト
    最終取得日: 2021-09-04
    トップページ 検索結果一覧 使い方の説明 (新しいウィンドウで開きます) 平成28年第1回定例会6月会議(第4日) 本文 2016-06-15 文書・発言の移動 文書 前へ 次へ 発言 前へ 次へ ヒット発言 前へ 次へ 文字サイズ・別画面表示ツール 文字サイズ 大きく 標準 小さく ツール 印刷用ページ(新しいウィンドウで開きます) 別窓表示(新しいウィンドウで開きます) ダウンロード 表ズレ修正 表示形式切り替え 発言の単文・選択・全文表示を切り替え 単文表示 選択表示 全文表示 発言者の表示切り替え 全 572 発言 / ヒット 0 発言 すべての発言・ヒット発言の表示切り替え すべての発言 ヒット発言 選択表示を実行・チェックの一括変更 選択表示 すべて選択 すべて解除 発言者一覧 選択 1 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 2 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 3 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 4 :  ◯6番【細川京三君】 選択 5 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 6 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 7 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 8 :  ◯6番【細川京三君】 選択 9 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 10 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 11 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 12 :  ◯6番【細川京三君】 選択 13 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 14 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 15 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 16 :  ◯6番【細川京三君】 選択 17 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 18 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 19 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 20 :  ◯6番【細川京三君】 選択 21 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 22 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 23 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 24 :  ◯6番【細川京三君】 選択 25 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 26 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 27 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 28 :  ◯6番【細川京三君】 選択 29 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 30 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 31 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 32 :  ◯6番【細川京三君】 選択 33 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 34 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 35 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 36 :  ◯6番【細川京三君】 選択 37 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 38 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 39 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 40 :  ◯6番【細川京三君】 選択 41 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 42 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 43 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 44 :  ◯6番【細川京三君】 選択 45 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 46 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 47 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 48 :  ◯6番【細川京三君】 選択 49 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 50 :  ◯番外【町民部長 中島和則君】 選択 51 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 52 :  ◯6番【細川京三君】 選択 53 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 54 :  ◯番外【町民部長 中島和則君】 選択 55 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 56 :  ◯6番【細川京三君】 選択 57 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 58 :  ◯番外【町民部長 中島和則君】 選択 59 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 60 :  ◯6番【細川京三君】 選択 61 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 62 :  ◯番外【町民部長 中島和則君】 選択 63 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 64 :  ◯6番【細川京三君】 選択 65 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 66 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 67 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 68 :  ◯6番【細川京三君】 選択 69 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 70 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 71 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 72 :  ◯6番【細川京三君】 選択 73 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 74 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 75 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 76 :  ◯6番【細川京三君】 選択 77 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 78 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 79 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 80 :  ◯6番【細川京三君】 選択 81 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 82 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 83 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 84 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 85 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 86 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 87 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 88 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 89 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 90 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 91 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 92 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 93 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 94 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 95 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 96 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 97 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 98 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 99 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 100 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 101 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 102 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 103 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 104 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 105 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 106 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 107 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 108 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 109 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 110 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 111 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 112 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 113 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 114 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 115 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 116 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 117 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 118 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 119 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 120 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 121 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 122 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 123 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 124 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 125 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 126 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 127 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 128 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 129 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 130 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 131 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 132 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 133 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 134 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 135 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 136 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 137 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 138 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 139 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 140 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 141 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 142 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 143 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 144 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 145 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 146 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 147 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 148 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 149 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 150 :  ◯番外【総務部長 小島輝雄君】 選択 151 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 152 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 153 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 154 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 155 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 156 :  ◯18番【横手 晃君】 選択 157 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 158 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 159 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 160 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 161 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 162 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 163 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 164 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 165 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 166 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 167 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 168 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 169 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 170 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 171 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 172 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 173 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 174 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 175 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 176 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 177 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 178 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 179 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 180 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 181 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 182 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 183 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 184 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 185 :  ◯番外【教育次長 小泉 聖君】 選択 186 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 187 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 188 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 189 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 190 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 191 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 192 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 193 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 194 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 195 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 196 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 197 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 198 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 199 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 200 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 201 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 202 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 203 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 204 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 205 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 206 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 207 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 208 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 209 :  ◯番外【町民部長 中島和則君】 選択 210 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 211 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 212 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 213 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 214 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 215 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 216 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 217 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 218 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 219 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 220 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 221 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 222 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 223 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 224 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 225 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 226 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 227 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 228 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 229 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 230 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 231 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 232 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 233 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 234 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 235 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 236 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 237 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 238 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 239 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 240 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 241 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 242 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 243 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 244 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 245 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 246 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 247 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 248 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 249 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 250 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 251 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 252 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 253 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 254 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 255 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 256 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 257 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 258 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 259 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 260 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 261 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 262 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 263 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 264 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 265 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 266 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 267 :  ◯番外【教育長 大澤文雄君】 選択 268 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 269 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 270 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 271 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 272 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 273 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 274 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 275 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 276 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 277 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 278 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 279 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 280 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 281 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 282 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 283 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 284 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 285 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 286 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 287 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 288 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 289 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 290 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 291 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 292 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 293 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 294 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 295 :  ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】 選択 296 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 297 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 298 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 299 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 300 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 301 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 302 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 303 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 304 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 305 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 306 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 307 :  ◯番外【教育長 大澤文雄君】 選択 308 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 309 :  ◯15番【斎藤恒雄君】 選択 310 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 311 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 312 :  ◯11番【関口光男君】 選択 313 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 314 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 315 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 316 :  ◯11番【関口光男君】 選択 317 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 318 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 319 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 320 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 321 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 322 :  ◯11番【関口光男君】 選択 323 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 324 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 325 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 326 :  ◯11番【関口光男君】 選択 327 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 328 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 329 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 330 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 331 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 332 :  ◯11番【関口光男君】 選択 333 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 334 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 335 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 336 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 337 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 338 :  ◯11番【関口光男君】 選択 339 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 340 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 341 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 342 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 343 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 344 :  ◯11番【関口光男君】 選択 345 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 346 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 347 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 348 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 349 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 350 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 351 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 352 :  ◯11番【関口光男君】 選択 353 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 354 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 355 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 356 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 357 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 358 :  ◯11番【関口光男君】 選択 359 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 360 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 361 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 362 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 363 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 364 :  ◯11番【関口光男君】 選択 365 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 366 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 367 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 368 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 369 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 370 :  ◯11番【関口光男君】 選択 371 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 372 :  ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】 選択 373 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 374 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 375 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 376 :  ◯11番【関口光男君】 選択 377 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 378 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 379 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 380 :  ◯11番【関口光男君】 選択 381 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 382 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 383 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 384 :  ◯11番【関口光男君】 選択 385 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 386 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 387 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 388 :  ◯11番【関口光男君】 選択 389 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 390 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 391 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 392 :  ◯11番【関口光男君】 選択 393 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 394 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 395 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 396 :  ◯11番【関口光男君】 選択 397 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 398 :  ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】 選択 399 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 400 :  ◯11番【関口光男君】 選択 401 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 402 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 403 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 404 :  ◯11番【関口光男君】 選択 405 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 406 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 407 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 408 :  ◯11番【関口光男君】 選択 409 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 410 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 411 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 412 :  ◯11番【関口光男君】 選択 413 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 414 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 415 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 416 :  ◯11番【関口光男君】 選択 417 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 418 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 419 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 420 :  ◯11番【関口光男君】 選択 421 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 422 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 423 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 424 :  ◯11番【関口光男君】 選択 425 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 426 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 427 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 428 :  ◯11番【関口光男君】 選択 429 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 430 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 431 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 432 :  ◯11番【関口光男君】 選択 433 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 434 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 435 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 436 :  ◯11番【関口光男君】 選択 437 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 438 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 439 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 440 :  ◯11番【関口光男君】 選択 441 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 442 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 443 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 444 :  ◯11番【関口光男君】 選択 445 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 446 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 447 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 448 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 449 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 450 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 451 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 452 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 453 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 454 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 455 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 456 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 457 :  ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】 選択 458 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 459 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 460 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 461 :  ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】 選択 462 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 463 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 464 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 465 :  ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】 選択 466 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 467 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 468 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 469 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 470 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 471 :  ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】 選択 472 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 473 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 474 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 475 :  ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】 選択 476 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 477 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 478 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 479 :  ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】 選択 480 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 481 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 482 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 483 :  ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】 選択 484 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 485 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 486 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 487 :  ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】 選択 488 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 489 :  ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】 選択 490 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 491 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 492 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 493 :  ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】 選択 494 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 495 :  ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】 選択 496 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 497 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 498 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 499 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 500 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 501 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 502 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 503 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 504 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 505 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 506 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 507 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 508 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 509 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 510 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 511 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 512 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 513 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 514 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 515 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 516 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 517 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 518 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 519 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 520 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 521 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 522 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 523 :  ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】 選択 524 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 525 :  ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】 選択 526 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 527 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 528 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 529 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 530 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 531 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 532 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 533 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 534 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 535 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 536 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 537 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 538 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 539 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 540 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 541 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 542 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 543 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 544 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 545 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 546 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 547 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 548 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 549 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 550 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 551 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 552 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 553 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 554 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 555 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 556 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 557 :  ◯番外【拠点づくり部長 伊藤 研君】 選択 558 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 559 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 560 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 561 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 562 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 563 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 564 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 565 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 566 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 567 :  ◯番外【町長 木村俊雄君】 選択 568 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 569 :  ◯19番【藤沢喜代治君】 選択 570 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 571 :  ◯議長【黒沢善行君】 選択 572 :  ◯議長【黒沢善行君】 ↑ 発言者の先頭へ 本文 ↓ 最初のヒットへ (全 0 ヒット) 1:                  午前9時00分 開議 ◯議長【黒沢善行君】  おはようございます。これより本日の会議を開きます。  本日の議事日程はお手元にお示しのとおりであります。    ──────────────────────────────────────      日程第1 会議録署名議員の指名 2: ◯議長【黒沢善行君】  日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。会議録署名議員は会議規則第116条の規定により議長において、細川京三君、山田政博君を指名いたします。    ──────────────────────────────────────      日程第2 一般質問 3: ◯議長【黒沢善行君】  日程第2「一般質問」を行います。昨日に引き続き、これより質問を許可いたします。6番細川京三君。細川議員。              〔6番(細川京三君)質問席へ移動〕 4: ◯6番【細川京三君】  おはようございます。通告順位に従いまして一般質問を行います。  きょうはトップになりましたけれども、本来会派で連続的にやりたいと思っていたところですが、こういうことになりまして、頑張ろうと思います。  私の質問は大きく3点であります。いずれも町民の切実な要求に基づいたものであります。1つ目は、オーケー寒川物流センター新築工事についてということです。それから2つ目は、町民活動センターの必要性と町の考え方についてです。3つ目は、長野県にある青少年自然の家の用地についてであります。いずれも過去にも質問しております。  最初に、株式会社オーケー物流センター新築工事に伴い、次の点について伺います。梅雨時期と台風シーズンを迎えることから、主として雨水対策について問うものです。オーケー株式会社から5月27日、それ以前にもありましたが、ご近所の皆様へということで、挨拶を含め説明会がありました。説明会では、構造物の具体的な設計図が示され、全体の様子が少しずつ鮮明になってきたところであります。説明によりますと、9月ごろから工事が着工されるとのことですが、この敷地面積は私の想像する以上に広く、2万9,000坪以上あります。今後予想される大量の降雨に対し十分な排水の手当てがとれるのか、大変住民ともども心配をしているところであります。過去にこの敷地内から流れ出す雨水により一部の地域が大きな被害を被ったことがあるからであります。特に昨年の豪雨による床上浸水は異常な出来事でありました。床上浸水に至らずとも、このような異常事態は今までも繰り返し起きていることで、町側もその点については十分認識をしているものと思います。降雨量に多少のばらつきはあるものの、最近の気象状況を見ますと、100ミリを超えるような豪雨は頻繁に起こる可能性が十分あります。豪雨に対する浸水を防ごうと、周辺住民の皆さんは天気予報を聞きながら、その対策に苦慮しなければならない事態に追い込まれています。それと言うのは、浸水による大きな被害につながるおそれが十分にあると考えるからです。  この地域、小谷3丁目3番地域は、過去にも幾度か大量の雨水がオーケー敷地内からあふれ流出している地域であります。地形的な問題があるにせよ、周辺民家に流入する雨水は並々ならない水量であります。こういった事態が毎年のように繰り返され、豪雨がおさまった1時間から2時間後にはようやく雨水が引くのですが、その後の後始末や掃除が大変であり、その復旧には余念がありません。相当な労力を費やしていることがうかがえます。自然災害とはいえ、被害に遭った周辺住民の皆さんは大変気の毒であります。求める先は当然行政であり、雨水対策の万全な手だてを十分とっていただきたいという要望は痛切そのものでございます。その都度起きている浸水にもかかわらず、新たな改善が見られないことへの不満の声が積もっていることも事実であります。住民からは、今後の改善の方向性と敷地内からの雨水流出を少しでも減らす手だてをとっていただきたいと率直に願っていることから、会社側への今後の検査指導のお願いと改善工事を求めるものであります。  次に2つ目は、町民活動支援センターの必要性と町の考え方についてでございます。過去にも何回か質問しております。名称は特に私は決めつけておりませんが、町内会などのコミュニティ活動やボランティア、NPOなど、さまざまな分野で活動している町民活動団体が行う活動を支援するという内容の施設ということであります。個人はもとより、団体による会合、チラシ・文書の作成、印刷やイベント等で用いるポスターなどにかかわる作業など、センターに行けばいつでも速やかに対応でき、集団で作成できる。その後の会合も同センターでできるという利便性に富み、センターに行けば、準備作業から最終の打ち合わせまで一環して活動できる設備・機能を持った施設ということであります。町民の自主的な諸活動をサポートすることにより、文化活動や行事に参加する人同士の交流の輪ができ、集うことができ、知り合いになることで、町が目指す協働の場づくりになるものと思います。  このようなセンターをイメージし、町民活動センターと言っておりますが、これまでこのような施設を町民は欲しています。町民活動団体の行う公益性のある活動を支援することで、行政機関、公共的団体、事業所などとも相互交流の推進が図られることになり、寒川町が目指す協働によるまちづくりが形成できるものと考える次第です。このような施設の有無と町の考えをお聞かせください。  それから大きな3点目は、長野県にある青少年自然の家の用地についてであります。この問題についても以前にも1度行っております。まず、現状では利用されていないと聞いております。放棄地に近い土地として管理費も若干かかっているのではないかと思っている町民の皆さんもいることから、その点についてお聞きをするものであります。以前、当時は和田村と言っておりました。現在は長野県長和町和田にあります。私もこの和田村の現地視察を1度だけしたことがあります。記憶では黒曜石がたくさんある地域だったと思います。相当山奥に行ったという記憶があります。この地域は、今、NHK大河ドラマで脚光を浴びている真田丸の本拠地、上田城のある上田市を結ぶ道路周辺にあり、近くには緑豊かな、小さな清き白樺湖がある地域であります。この用地の現状と、今後どうするのか、どうしようとしているのかについて、町の考えを伺います。  以上、この場での質問とします。 5: ◯議長【黒沢善行君】  ただいまの質問に対する答弁を求めます。木村町長。
    6: ◯番外【町長 木村俊雄君】  おはようございます。それでは、通告順位10番細川議員のご質問にお答えをいたします。  まず大きな1点目でございますが、(仮称)オーケー寒川物流センター新築工事についてとのお尋ねでございます。企業側からは9月ごろ着工予定と聞いております。現在、事前協議中のため、把握する中での答弁とさせていただきます。  まず最初に、近年発生しているゲリラ豪雨を想定した雨水対策工事を施工すべきではとのお尋ねでございます。現在町が進める雨水対策につきましては、時間50ミリの降雨量を基準としたハード施設の整備を進める過程であり、あわせて敷地内における雨水貯留浸透量につきましてはヘクタール当たり600トン、またはハード施設整備と同じく時間50ミリの降雨量を用いた雨水貯留浸透施設設置及び敷地内への雨水流出工事を基準としているところであります。雨水施設は、物理的あるいは機能的に大きければ大きいほど安全性は高まりますが、発生と雨量の予測が不確定なゲリラ豪雨等に対しては、先ほど申し上げました降雨量や浸透量の数値基準について、費用対効果も考慮し、どのようなレベルが適切であるのか。あわせて既存開発地における浸透施設設置負担の公平性についても整理が必要であると考えるところでございます。  このような背景から、事業者に対しましては、当該地における過去の降雨時における情報提供を行うとともに、現行基準に基づく効果的な雨水処理を図っていただくよう、今後の協議を進めてまいりますので、よろしくお願いをいたします。  続きまして、物流センターとのことですが、周辺道路の状況、あるいは整備等についてのお尋ねをいただきました。現在、事業者とは、搬入・搬出ルートや交通量について協議を行っております。特に小・中学生の登下校時間帯は交通量の減少や走行スピードの抑制をお願いするところでございます。いずれにいたしましても、周辺住民の安全を第一に考え、交通協議を進めてまいります。  さらに周辺の環境についてのお尋ねでございます。今後の物流センター整備には大規模な工事が予想されます。具体的な計画が判明した段階で、工事着手前には工事説明会などの開催をお願いし、近隣住民の方々に、いつ、どのような工事が行われるかなど、適切な情報提供がなされるように指導し、周辺環境に配慮した安全な工事が行われるよう努めてまいりますので、よろしくお願いをいたします。  続きまして大きな2点目でございます。(仮称)町民活動支援センターの必要性と町の考え方についてのお尋ねでございます。1つ目といたしましては、住民要求としてのセンター創設の考えはとのご質問でございます。(仮称)町民活動支援センターにつきましては、町民活動団体などが自主的な活動を活発に行い、互いの組織・団体の交流を深め、情報の発信や共有を図るなどの活動を進める上での場が必要であると考えるところでございます。そこで、町総合計画さむかわ2020プランの後期基本計画第2次実施計画に、地域コミュニティセンター機能設置事業を位置づけ、取り組みを進めているところでございますが、自治基本条例に基づく附属機関であります、寒川町まちづくり推進会議からは、町民活動団体を対象に、平成25年に実施いたしました寒川のまちづくりに向けたアンケートの結果におきまして、約8割の団体からは、「町民活動支援センターのような新たな施設はつくらずに、公民館を活用すべき」との回答をいただいているところでもございます。  また、現在、(仮称)寒川町公共施設等総合管理計画の策定を進めておりますので、これらの結果等も踏まえながら、既存施設の有効活用を図ることなども視野に入れる中で、活動団体や関係機関をはじめ、広く町民の皆様の声をよく聞きながら進めてまいりたいと考えております。  次に2つ目の活動支援センターの役割についてのお尋ねをいただいております。自治会、町内会などの地域コミュニティ組織、あるいはNPO、ボランティア団体などが自主的な活動を行うための施設として必要な機能を備えた施設であるとともに、互いの組織、あるいは団体の交流を深めることができ、町民の自発的な活動の促進や連携を支援する拠点としての役割があると考えております。  次に大きな3点目でございます。長野県にございます(仮称)青少年自然の家の用地についてのお尋ねでございます。この土地は、長野県長和町にございます町有地で、昭和56年5月に取得いたしまして、面積は3,096平方メートル、標高1,430メートル地点にある山林でございます。取得後、草刈りも実施し管理しておりましたが、利用につきましては、その時代時代で町が抱える行政課題の優先度などから、現在手つかずの状態が続いておりまして、現在に至っている状況でございます。今後についてでございますけれども、現在の町の財政状況、あるいは社会経済情勢等を踏まえますと、今はこの土地への施設の建設等について検討する段階ではないと考えるところでございますので、よろしくお願いをいたします。 7: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 8: ◯6番【細川京三君】  それでは、再質問、一問一答に移ります。  まず最初に、町の考え方というか、これから建設を見守っていくということはわかりました。1つは、企業側は、オーケーのことですけれども、過去に起きた雨水流出の状況を把握されているのかどうか、その辺について確認をしたいと思います。 9: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 10: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  過去に起きた雨水流出の状況を把握されているのかというご質問でございます。現在、事業者におかれましては、雨水流出が生じる箇所について、暫定の雨水対策工事を実施しておりまして、過去の降雨時による雨水流出状況は、こちらから情報を伝えておりますので把握しているものと認識してございます。  以上です。 11: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 12: ◯6番【細川京三君】  把握しているということで回答ありましたけれども、この地域は頻繁に起こっております、その辺の状況などもしっかりと把握されているということで理解してよろしいですか。  それと2つ目は、工場内に降った雨水量ですね、この測定データはあるのでしょうか、それについてお聞きします。 13: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 14: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  現在、一般的な降雨量の計測につきましては、消防庁舎で計測を実施しております。なお、事業者独自の敷地内についての情報というのは、私どもの方では得ておりません。  以上です。 15: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 16: ◯6番【細川京三君】  3点目ですけども、会社としては、工場内から主にどこに流出しているのか、その辺の経路、あるいはその辺をしっかり把握しているのでしょうか、お聞きします。 17: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 18: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  具体的にどこから流出しているのかということでございますが、当該この敷地から雨水流出の状況につきましては、敷地の東側と南側の地盤がちょっと高くて、北側、西側に向かって低くなっているという状況でございます。このような地形から、主に西側のちょうど宮山・小谷33号線、小谷13号線の交差部付近からの流出が見られているという状況で、その旨、その辺も伝えているところでございます。  以上です。 19: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 20: ◯6番【細川京三君】  それでは、西側にえてして流れているということでございました。それから、会社側としても、あるいは関係者にしても、流出された際どういう状況になっているかということは認識しているのでしょうか、その辺について伺います。 21: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 22: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  その状況を認識しているのかということでございますが、私どもとしては、過去の、ここの場所ですと、おととしですか、平成26年10月の台風18号のときがかなり被害が大きくて、この敷地からの流出というのもかなり激しかったと。その旨の情報は伝えてございます。ただ、その以後、そういった状況を現場的に企業側が見ていらっしゃるかどうかというのは、そういう事態が、私どもの知り得ている中では知ってございませんので、実際見ているかというところはわからないところでございます。  以上です。 23: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 24: ◯6番【細川京三君】  それから、今、流出方向がどこであるかというのは確認をできました。認識されているということですけれども。この計画では、3カ所に、町長の回答にはありましたけれども、6,000立米の貯留層を設ける、600トンという数量が出ましたけれども、この処理対応はどの程度の雨水量を想定しているのか、その辺わかれば教えていただきたいと思います。 25: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 26: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  現在、協議中という段階でございまして、現在知り得ている情報からでは、敷地面積が9.8ヘクタールに対して6,000立米の施設ということであれば、貯留浸透基準の基本である、目久尻川総合治水対策の時間当たり50ミリの雨水量を想定しているものでございます。  以上です。 27: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 28: ◯6番【細川京三君】  50ミリの雨水量を想定しているということで、いわゆる、こういうことであれば、50ミリ以上は待ったなしにあふれ出るということですね。それは私も十分50ミリ対応ということは承知していますけれども、それ以上降ったらかなり危険性が伴うということでありますか、その点についてお願いします。 29: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 30: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  町では時間50ミリという基準の中で雨水の施設等を整備している中で、それ以上の雨量ですね、ゲリラ豪雨とかそういった状況になりますと、計算上は耐えるのはちょっと難しいということになります。  以上です。 31: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 32: ◯6番【細川京三君】  雨水対策についてはわかりました。今後の工事でありますから、その辺については万全な対策で臨んでいきたいというふうにご指導願いたいと思います。今後いろんな問題点というか、周辺住民からも意見が出ると思いますので、その辺もよく承知してください。  それから、次に、道路の問題です。物流センターでありますから、当然のごとく大型はじめ車両が頻繁に出入りします。今の道路で十分対応できる構造になっているのでしょうか、その点についてお聞きします。 33: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 34: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  道路は十分対応できる構造になっているのかということでございますが、先ほども申し上げましたとおり、まだ事前協議中でございまして、通行ルート等がまだはっきり決まっていない状況でございます。したがいまして、その協議の結果において、道路施設の改築等の指導をしてまいります。  以上です。 35: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 36: ◯6番【細川京三君】  通路がまだ、いわゆるどこから進入するのかと、出入口が確定していないということなんですが。1つ、過去にアジア運輸さんが、当然、小動の方から入ってくるわけですけれども、道路で一部、大型車両に対応できないということで、短い橋があるんですけどそこを直したり、あるいは舗装の整備を、張りかえですか、したということがありますけれども。そのような状況というのは当然考えられるわけでしょうか。その辺について、予測を含めてお願いします。 37: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 38: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  アジア運輸さんの場合の、あの場所はちょうど出入りが、通称やなぎ通りと言っているところだと思いますけれども、今議員おっしゃるとおり、その企業さんまでのところの区間は、大型車等が入るということで、それに耐えられる改築、それからあと橋ですね、それの改修はやっていただいたところでございます。  で、また、今度、今のオーケーさんの方ですか、もしそちらの方、入ってくるということであれば、そのやっていない区間のところは当然、大型車等、耐えられるような改修等は指導していくところでございます。  以上です。 39: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 40: ◯6番【細川京三君】  はい、ありがとうございます。その点については私もこの工事は見ていますのでよくわかります。  それで、次は、周辺を取り巻く道路がございますね。一部、狭隘道路となっております。そういったところの解消を図るためには、会社側に、こんなこと言っていいのかどうかわかりませんけど、土地のセットバックとか、あるいは土地の提供というんですかね、当然、建築に当たってはいろいろな問題が出てくると思うんですけど。実は、どこかと言うと、こういう工事が着工した場合、当然そういったことにも住民が目を向けてくるだろうと思います。オーケー物流センターのどちらかと言ったら南側のフェンスのある、あそこが非常に狭隘な道路になっております。比較的ここは通行量の多いところでもありまして、抜け道なのか、通行量もわりかし、茅ヶ崎・丸子線に出る道路ですけれども。そのところを企業側にお願いをしていったらどうかなと。狭隘道路の解消にも当然なるわけで。ちょっと虫のいい話になりますけど、その辺についてはいかがでしょうか。 41: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 42: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  ただいま議員の言われました南側のちょっと狭い道路、こちらですね、ちょうど岡田・宮山78号線になります。こちらに関しましては、一応今の協議の中では、道路センターから2メートルの後退を指導しているところでございます。  以上です。 43: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 44: ◯6番【細川京三君】  はい、わかりました。ぜひ、その辺も強力に打ち出していってほしいと思います。それから、環境問題、工事にこれから入るわけですけれども、その場合、周辺を取り巻く騒音とか振動、安全等についての対応がなされるとは思います。その対応手段については、企業側にぜひ要望していっていただきたいと思いますが、その辺はどういった方法をとられるのかお願いします。周辺の環境について伺います。 45: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 46: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  騒音、振動、安全等についての対応手段というお尋ねでございます。先ほどの町長答弁の中にもございましたが、現段階では具体的な工事内容が不明でございますので、判明した時点で事業者と調整を行い、工事等にかかわる住民説明会の開催、並びに詳細な工事計画等について、適宜、周辺住民の方々に対して情報提供・周知を図ることを指導してまいりたいと考えております。工事内容の中で騒音・振動等が発生するおそれのある工事では、低騒音・低振動型重機類等の使用や、防音シート等の設置及び振動の少ない工法を採用する。また、日曜日やその他の休日には休工とする。さらに工事資材の運搬車両、並びに工事車両等の出入口には警備員を配置するなど、周辺環境の影響を考慮しながら、安全に工事を行うように指導してまいりたいと考えております。            〔18番(横手 晃君)退席 午前9時29分〕 47: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 48: ◯6番【細川京三君】  非常に関心の高いところでありますから、工事に入ると、これからね、そういう問題が起きると思います。ぜひその辺は建設業者側に申し出てください。いずれにしても、今後具体的な計画がさらに煮詰まってくるんではないかと、9月ごろから着工するということですから、さらに新たないろんな諸問題が出てくると思います。その点についても、これからいろんな情報をぜひ企業側にもお願いして、町からも提供していただくようお願いして、このことについては終わります。  それから2つ目の問題です。町民活動センターのことに、仮称って私言っていますけども、名前はさておき、どういう形でもいいんですけれども、寒川では当然町民という形になるんでしょうけど、町民活動支援センターですね、サポートですけれども、その必要性についてはもう既に過去何回かの質問で必要性は認めているということでありますが、この早期実現を目指すということで、それが可能になるように努力すべきではないかということなんですけど、その辺についてお聞きしたいと思います。            〔18番(横手 晃君)着席 午前9時31分〕 49: ◯議長【黒沢善行君】  中島町民部長。 50: ◯番外【町民部長 中島和則君】  自主的かつ自立的な町民活動を支援するための拠点といたしまして、(仮称)町民活動支援センターの早期設置の必要性は認識をしているところでございますが、現在策定中の(仮称)寒川町公共施設等総合管理計画の兼ね合いもございますので、その結果を踏まえまして取り組みを進めてまいりたいと考えてございます。  以上でございます。 51: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 52: ◯6番【細川京三君】  はい、ありがとうございます。2つ目は、協働の町が再び叫ばれていますけれども、その実効性を求めている町にとって、必要性等は認めているわけですけれども、願ってもない施設ではないかと思うわけです。この辺についても伺ってまいります。町民のニーズについてはどのように捉えているのか、その辺についてお聞きします。 53: ◯議長【黒沢善行君】  中島町民部長。 54: ◯番外【町民部長 中島和則君】  地域活動を積極的に推進していただいている団体の皆様には、活動拠点が設置されることで地域活動がより活発になり、さらには情報交換ですとか団体間の交流が推進されることも期待できますので、協働のまちづくりに対する町民全体としての皆様の機運もより高まるのではないかと考えてございます。  以上です。 55: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 56: ◯6番【細川京三君】  それから、前段で町長の回答がありましたけど、公民館を活用すべきではないかという回答も多くもらっているということなんですけど、私は、要望としましては、公民館以外がよろしいんじゃないかと思っているわけです。それはなぜかと言うと、町民の使い勝手、あるいは来やすい場所とかね、そういったところが適所ではないかというふうにと思う。その理由としまして、茅ヶ崎もあります、あるいは全国各地に津々浦々、市民活動センター、サポートセンターという名前でありますけど、大体庁舎内に置いてあるところは少ないようには見受けるんですけども、これは庁舎外の方がいいんじゃないかと思うんですけども、その辺についていかがなもんでしょうか。 57: ◯議長【黒沢善行君】  中島町民部長。 58: ◯番外【町民部長 中島和則君】  いずれにいたしましても、施設を計画する段階におきましては、実際に活動していただいている団体の皆様の声や、地域住民のボランティア団体の皆様等々の声をよく聞きながら建設することが大事だと思います。その中でやはり活動するには、第1として、こういう時代ですので、駐車場が必要であったり、夜間もある程度の時間まであいている、管理人的な方が常駐している、こういった要素も必要だというふうに考えられます。その点では、役場または町民センターのようなものも候補の1つではないかと考えておりますが、いずれにしましても、今の段階ではどこにというよりも、公民館が使いやすいというアンケート結果もありますので、そういったことも含めながら、幅広く皆さんのご意見を聞きながら検討を進めてまいりたいと考えております。  以上です。 59: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 60: ◯6番【細川京三君】  今、アンケートという問題が出ましたけれども、何回かアンケートしたと思うんですけども、それでセンターがいいという回答を得ているということなんですけども。そのほかいろいろな形で、センターのあり方というか、そういうものでいろいろもう一度アンケート調査をしていったらどうかなと、皆さんに投げかけていったらどうかなということで、そうしたら、よりよい、いずれサポートセンターができるんじゃないか、そういうふうに私は思っているんですけど。いずれはどこかにできる可能性が十分あるということですから、その辺について慎重に、これからも継続してやっていったらどうかということで、その辺について伺います。 61: ◯議長【黒沢善行君】  中島町民部長。 62: ◯番外【町民部長 中島和則君】  いずれにいたしましても、施設の計画の際には、活用していただける施設をつくるのは当たり前のことでございますので、実際に利用される地域のコミュニティ組織ですとかボランティア団体などの皆様の声をまず聞かせていただくことが何よりも重要なことだと考えております。その中でどのような機能や、どの程度の設備を整えるのか、そんなことを広く町民の皆様からもご意見をお聞きしながら進めてまいりたいと考えております。  以上です。 63: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 64: ◯6番【細川京三君】  はい、ありがとうございます。実は私も身近なところでは茅ヶ崎とかそういうところを見ていますけれども、この間、団で視察に行ってきました。広島の廿日市市民活動センター、これは当然、人口も違う、規模も違う、あるいは財政力も違う、いろいろな面で全く違いますけれども、全くというか、規模、すごいものだなというふうにね、これを寒川につくれとかそういう意味じゃなくて、やはりそういう機能的な施設を見てきたわけですけども。こういうのを見ると、町民の市民活動、あるいは文化活動が充実していくんだなということで、そういうふうに認識したわけですけども。ぜひ、こういうものがあれば、さらに協働のまちづくりというか、集う場所ができ、そして、そこでいろいろな文化活動が活発になるということを感じてきたところです。ぜひ、そういうものを、廿日市のは非常に大規模な、例えば、カラー印刷機が2台とか3台、あるいはほかの印刷機も、そんな状況でしたけど、そこまでは望みませんけれども、町民のニーズに合った、だから、やはりどんなものが必要なのかということをよく精査し、聞いてから進めていただきたいと思います。よろしくお願いします。  それでは、最後の3つ目の問題です。長野県の青少年自然の家の用地ということで。これも前回1度やりました。私もどんなところかということで、もうかなり前になりますけども、10年以上前だと思いますけど、行ったことはあります。非常に山深いところだったなと印象に残っているんですけれども、そういうところで。  1つ、この土地は、目的は、先ほど町長の答弁でわかりましたけど、この間、いわゆるずっと計画というか頓挫しているような形で、1度も使用されたことがないんじゃないですかね。その辺についてお聞きします。 65: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 66: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  この土地につきまして、これまで使用されたのかというご質問かと思います。土地を取得してから35年経過しておりますが、使用したことはございません。購入当時は活用方法を検討したことがございましたが、社会経済情勢の大きな変化や、その時代時代での行政課題の優先度から活用に至っていないという状況でございます。  以上です。 67: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 68: ◯6番【細川京三君】  当然、活用されていないということになりますと、管理も手薄になっているんじゃないかなと予測するんですけども、この土地の管理は、以前は若干やっているようでしたけど、今どういう状況になっているんですか、その辺について伺います。 69: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 70: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  管理についてでございますが、平成16年までは町の職員数名で年1回草刈りに行っておりました。平成17年度から23年度までは年間約4万8,000円で地元の森林組合に草刈りをお願いしていたところでございます。平成24年度以降につきましては、特に草刈り等は行っていない状況でございまして、現在は土地を持っている上での費用については特に生じていないという状況でございます。 71: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 72: ◯6番【細川京三君】  何ら1度も使用されたことのない、あるいは今後もなかなか使用されないということになると、もし活用しない土地なら、私なんか、誰もが考えると思うんですけど、持っている必要性もないんじゃないかなと考えてしまいがちなんですけど、これ、どのように今後なされるのか、その辺の考え方をお聞きします。
    73: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 74: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  土地を取得した当初は、青少年のための施設、あるいは青少年に限らず一般の方を対象とした施設、また、大自然の中で情操を養い、心身の健康を保持・増進するような施設としての建設を検討するようにというご提案もございましたが、時代時代の中で町が抱える行政課題がいろいろとあり、その優先度などから検討が先送りされ、現在に至っているものでございます。今後を考えたときに、現在の町の財政状況や社会経済情勢等を勘案しますと、やはり現時点ではこの土地に何か建物を建設して運営していくことは検討段階にないと考えてございますので、ご理解願いたいと思います。  以上です。 75: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 76: ◯6番【細川京三君】  はい、ありがとうございます。私は建設そのものは今問うていないんですけれども、今後どうするか、そういうことは望んではいないわけで。実際に、これ、昭和56年に青少年の家を建設する目的があって購入して、それで既に35年経過していますけれども、今後の見通し含めて、将来にわたって、本当にこの土地そのものが今後の利用価値とか、利用価値はないとは思いませんけど、そういうところが見出せないならば、どういうふうにしたらいいかなっていうね、その辺は、くどいようですけど、検討したらいかがなものでしょうかね。それは別に何の費用もかからないからずっといいよということであるのか。どこかで検討なさるんでしょうけど。その辺についてもう一度伺います。 77: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 78: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  繰り返しになりますのが、社会経済情勢等を勘案しながら、その対応について考えてまいりたいと思います。よろしくお願いします。 79: ◯議長【黒沢善行君】  細川議員。 80: ◯6番【細川京三君】  ちょっとはっきりわからないような状況ですけど、わかりました。そういうところで。自然の家の用地についてはわかりました。  町長にちょっとお尋ねします。先ほど最初に、オーケーの建設の問題ありましたけど、ぜひ、あの辺非常に広大な土地で、非常に浸水をするという大変危険性のある土地です。その辺の工事の、これから進捗をめぐって、ぜひ、町でもいろいろしっかりとその辺を、いわゆる減水をしていくような方向を、ぜひ、企業側に要求をしていただきたいということで、ぜひお願いしたいと思います。一言あったら。 81: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 82: ◯番外【町長 木村俊雄君】  オーケーさんが購入された土地は、寒川の中央部で約10ヘクタールという土地、なかなか寒川町内でもあれだけの、特に地形的にも非常に立地のいいところ、あそこの高台というか、寒川としては非常に高いところにある、電波状況もいいということで、従前の企業が進出された経緯もありますけれども。やはり今回のオーケーさんについては、店舗というお話も伺ってはいるんですけれども、当面は食材倉庫、あるいは冷凍のチルド倉庫、ある意味、今後の災害時における食料基地という視点もあろうかと思うんですけれども、やはり立地に当たって周辺の住宅地への影響が一番懸念するところでございますので、そういう過去の降水量、雨量、あるいは特に水の心配が一番多い、あるいはまた事業が始まれば交通量等の問題もあります。そういった部分で、各課題も現在ございまして、企業側、会社側とも、県とも一緒に入った中で指導しているところでございます。周辺の皆さんにあまり迷惑のかからぬような状況にするのは当然のことだと思っておりますので、そういったご心配な点について十分対応していきたいと思っております。 83: ◯議長【黒沢善行君】  以上で、細川京三議員の一般質問を終了いたします。  次に、18番横手 晃君の質問を許可いたします。横手議員。              〔18番(横手 晃君)質問席へ移動〕 84: ◯18番【横手 晃君】  おはようございます。議長のお許しが出ましたので、通告順位に従いまして一般質問をさせていただきます。  今回は聞きたいことは5つございまして、副町長2人制度の導入、人材交流について、毎度おなじみマーケティングに特化した専門部署の設置、ウエブリサーチモニター制度の導入、そして、再雇用制度について。いわゆる今回聞きたいのは、人事であり、組織について聞きたいと思っております。そういう意味で言うと、人事で言うと、皆さんどういう言葉を思い出すかと言うと、例えば、抜擢人事ですね。それからもう一つ、あまりいい言葉かどうかわかりませんけど、情実人事。それからもう一つ言うと、一番嫌なのが懲罰人事なんていうのもありますが。そういう意味で言うと、抜擢人事で、この間、国民的番組の笑点で、桂歌丸さんが司会を退くということで、その後釜に一体誰が座るのか随分話題になっていました。恐らくほとんどの芸能誌の予想では三遊亭円楽さんがなるんじゃないかという中での春風亭昇太さんの司会、これも1つの抜擢人事じゃないかと思っています。さらにもう一つ言えば、春風亭昇太さんが退いた後の大喜利メンバー、ここに林屋三平さんが入りました。これもそういう意味で言うと抜擢人事だったのかなと思っています。世の中いろいろな人事、組織、この動きによって、物事がしっかりとまとまっていくところもあれば、まとまらないところもあると。寒川町において一体どのような形で組織と人事を動かしていっているのか、それについて質問をさせていただきたいと思います。  まず最初の質問ですけれども、国による地方創生の掛け声のもと、既に非常に激しい自治体間競争が展開されております。この自治体間競争を勝ち抜くためには、ずばり攻める姿勢が必要である。そのための組織と人材登用及び配置が重要ではないかと私は考えております。そこで、攻める自治体となるために、人、人材は財産ですから運用という言い方をしますが、町はどのような考えを持って組織と人材の運用を行っているのか、1つ目の質問とさせていただきます。 85: ◯議長【黒沢善行君】  ただいまの質問に対する答弁を求めます。木村町長。 86: ◯番外【町長 木村俊雄君】  通告順位11番横手議員のご質問にお答えいたします。  議員ご指摘のとおり、地方創生の動きに伴いまして、全国各自治体における取り組みが求められる中、町といたしましては、平成28年3月に寒川町まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定し、人口減少社会への対応を目的として、雇用機会の確保と産業の創出、若い世代の子育て環境の整備、町の魅力と認知度の向上の視点から推進してまいりたいと考えているところでございます。推進するための組織に関しましては、平成28年4月1日より、今までの環境経済部の産業振興課から、農政担当を課として分離・独立させました。産業振興課内には、新たに企業支援担当を設置したところでもございます。  また、28年4月1日付の人事におきましては、積極的な人材登用及び配置を実施したところでございます。今年度につきましては、平成29年度へ向けまして、寒川町第6次行政改革プランに基づく組織の見直しを予定もしているところでございます。議員ご指摘のように、攻める姿勢をもって攻める自治体となることにつきましては、これからのまちづくりにおいて、また自治体間競争を勝ち抜くために大変重要なことであると認識をしているところでございます。今後も寒川町まち・ひと・しごと創生総合戦略、そしてさむかわ2020プランの推進を図るため、積極的な組織及び人材の活用を図ってまいりたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 87: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 88: ◯18番【横手 晃君】  町の基本的な組織と人材に関する考え方というものはよくわかりました。特にこの4月、こうやって見ていると景色が一変したような人材の大胆な登用・配置をされたのかなと思っております。そういった中で1問1答に入らせていただきます。  まず、副町長2人制度の導入について1問1答させていただきます。済みません、何も常盤副町長がノーと言っているわけでは全然ございませんで、より町長を支えていくものを、周りをもっと固めていったらどうでしょうかと。言ってしまえば、内部の部分、内政の部分について、まさに今の常盤副町長は適任だと思います。ですが、外に向かっていろいろと渉外活動と言いますか、営業活動と言いますか、そういった部分を担う人がもう一人いてもいいのではないかという意味で、2人制度の導入についていろいろ聞いてみたいと思っています。  まず、現在の特別職、特に副町長や特別職または特別秘書などの人員配置に関する条例等がどのようになっているのかお答えいただければと思います。 89: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 90: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  それでは、副町長につきましてでございますけれども、地方自治法第161条第1項に、都道府県に副知事を、市町村に副市町村長を置く。ただし、条例で置かないことができるとされてございます。また、同条第2項には、副知事及び副市町村長の定数は条例で定めるとされてございます。これに基づきまして町では、寒川町副町長定数条例により、副町長の定数を1人としているところでございます。近隣の状況といたしましては、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、厚木市、海老名市におきましては副市長を2名としてございます。また、県内の市において、副市長の定数を1名としてございますのは、座間市、三浦市、南足柄市がございます。県内の各町におきましては、副町長の定員は1名となっている状況でございます。各自治体におきましては、自治体運営における総合的な政策判断といたしまして、副市長や副町長の人数を定めているというふうに考えてございます。  特別職に関しましては、地方公務員法第3条第3項各号に定めがございまして、現状町におきましては、常勤の特別職である町長や副町長のほか、町議員の皆様方をはじめとした非常勤特別職がおられますけれども、ご質問にございました特別秘書に関しましての町条例等の定めはございません。よろしくお願いします。 91: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 92: ◯18番【横手 晃君】  わかりました。条例で定めているのが1名ということなので今1名なので、それはよくわかりました。もちろん、地方自治法という法律に沿って条例、で、その人数の定めはないということで、それぞれの自治体で定めているということなので、それはよくわかりました。  で、冒頭で申し上げましたけれども、外に向かっていわゆる渉外活動であり営業活動のようなことを積極的にやっていく方がいてもいいんじゃないかという話をさせていただきましたが、例えば、現在、神奈川県、それから国ですね、このパイプについて伺わせていただきたいんですけども、県からの情報収集や要望を伝達することもあると思います。それから、同じく国からの情報収集や要望伝達、これは一体どのような形で行っているのか、わかりやすくお答えいただければと思います。 93: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 94: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  情報収集や要望伝達についてのお尋ねでございます。要望の伝達につきましては、国・県に対する要望事項を毎年度当初に取りまとめ、神奈川県町村会を通じて国・県に提出するとともに、当該資料をもとに各政党県議団とのヒアリングや、県政情報交換会、また、湘南地域首長懇談会や、県への単独要望等において要望活動を行っているところでございます。また、情報収集といった点につきましては、具体的に固定化された動きというものはございませんが、近隣市町との連携によりまして情報を共有したり、必要に応じて県の各局や国の各省庁に情報提供を求めるなど、必要な情報に漏れのないよう努めているところでございます。  さらにこれまでにない新たな対応といたしましては、町を取り巻くさまざまな課題に対しまして、地元選出の国・県議員の皆様とも情報交換を行いつつ、町にとって有益となる取り組みについてアドバイスをいただき、町の課題解決に結びつけているところでございます。こうした事例といたしましては、町総合戦略の取り組みの1つでありますエコノミックガーデニング推進事業におきまして、各企業支援の核となります、国や各支援機関との人脈が豊富な地域経済コンシェルジュの人材確保などが上げられます。また、経済産業省関東経済産業局の参画を得るなど、新たなパイプができた事例であると考えております。今後につきましても、職員みずからも動き、各方面との情報交換・調整に努めてまいりたいと考えております。よろしくお願いします。 95: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 96: ◯18番【横手 晃君】  わかりました。それなりにやっていらっしゃるのはよくわかったんですけれども。一番気になるのは、例えば、ここ選出の国会議員であったり県会議員の方たちとももちろん情報交換をしながらということで、その方たちが変わったときには、もう既にちゃんと自分たちはパイプを引いていて、絶対にそのパイプをもっとより太いものにしていくという自負はありますか。 97: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 98: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  パイプについて変わったときということでございますが、やはりその時代時代にいろいろな課題がありますので、そういったものについて、新しい体制の中で引き続き町にとって有益となるよう取り組んでまいりたいと考えております。 99: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 100: ◯18番【横手 晃君】  わかりました。そこの部分はあまり突っ込むといろいろと問題があると思いますので、ここまでにしておきましょう。  それでは次の質問ですけれども、自治体間競争が激化していく様相の中で、国や県からの情報をつかんでいるというふうには捉えましたけれども、より迅速かつ正確にもっとつかむ、また、町の要望を可能な限りくみ取ってもらえるような形、国や県の力添えを得て、それを実現へと導いていく必要性が問われるものと考えています。実際今聞いたところでは、確かにやっていらっしゃいますし、それなりに積極的な動きも出ていると思いますが、そのためにも、国または県からナンバー2、副町長、また、特別顧問という形で、役職者として人材を受け入れるべきではないかと私は考えますが、それについて町はどのようにお考えになっていますでしょうか。 101: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 102: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  国や県からの情報収集力、また、コネクションの強化につきましての必要性は十分に認識してございます。しかし、実際の国や県の退職予定者、あるいはOBなどの人材確保につきましては、どのような分野に力を発揮していただける人物なのか、本町に来ていただけるのか、あるいは受入体制の整備など、さまざまな課題もございます。現在、第6次行革プランの目標でございます事業間の連携を強化する調整機能を持った組織の設置など、組織の見直しを行ってございます。その組織の機能の1つとしまして、各事業にかかわる情報収集や、国や県からの補助金など財源確保のため、これまで以上に積極的に国や県への要望等を発信・アクションする組織にしたいと考えてございます。職員自身が町民の幸せのために今まで以上に積極的に情報収集や財源確保の強化に努めてまいりたいと思いますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 103: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 104: ◯18番【横手 晃君】  済みません、今のお答えですと、条例を改正してまで受け入れる必要はないというふうに捉えた方がよろしいですか。 105: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 106: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  はい、現時点では、冒頭にも述べましたけれども、自治体運営において総合的な政策判断というところの必要性で、各自治体で人数等を条例で定めているというような状況と考えてございます。現在の寒川町の状況で、必要があれば条例改正もあろうかと思いますけれども、現在のところは現状の定数でいきたいと考えてございます。  以上です。 107: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 108: ◯18番【横手 晃君】  もう一度伺いますけれども、間違いなく情報に乗りおくれるようなことは絶対にないと、そういうふうに捉えていいんですね。 109: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 110: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  先ほど来から申し上げておりますとおり、組織の強化をしながら情報収集に努めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。 111: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 112: ◯18番【横手 晃君】  わかりました。そういうことがないということで、今の現状で十分やっていけるということですので、何かあったらそのときはまた吠えさせていただきます。  それでは次、人事交流について質問させていただきたいと思います。現在、寒川町で行われている人材・人事交流があれば、これについて教えていただければと思います。 113: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 114: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  人事交流の件でございます。現在、町の方では、神奈川県、藤沢市、茅ヶ崎市との職員人事交流を行ってございます。平成28年度の職員派遣といたしましては、神奈川県県土整備部、都市部の方へ1名。それから、藤沢市の方へ1名派遣してございます。平成28年度の職員交流としましては、町から茅ヶ崎市の方へ福祉部より1名、環境経済部より2名、消防本部より2名、計5名を派遣いたしまして、逆に茅ヶ崎市より福祉部に1名、環境経済部に2名、消防本部に2名、計5名を受け入れているという状況でございます。 115: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 116: ◯18番【横手 晃君】  わかりました。わりと当然の行政間の人材交流というのがわかったんですけれども。その人事、人材交流、いろいろ行われていますけれども、藤沢と行ったり、あと茅ヶ崎ですね、特に茅ヶ崎が今かなり深い交流を行っていますが、この具体的な人材交流・人事交流による効果がどのように実感されているのか、それについてお答えいただけますでしょうか。 117: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 118: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  効果というお話でございます。これまでも職員派遣、職員交流ということで、神奈川県及び藤沢市、茅ヶ崎市と連携しながら進めてまいりました。派遣につきましては、現在、神奈川県と藤沢市に職員を派遣させていただき、さまざまな広域的な課題に直面しながら、町ではあまり事例のない経験や、広域的視点による行政運営の経験などにより、職員の経験値の向上や職員の意識改革につなげてございます。また、茅ヶ崎市との職員の相互交流につきましては、平成26年度から行ってございまして、平成26年度から平成27年度、茅ヶ崎市への交流職員として行っておりました職員が今年度戻ってきております。交流先で得たさまざまな経験や知識、人脈等を生かしまして、職務において中心的な立場として活躍しているところでございます。  以上です。 119: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 120: ◯18番【横手 晃君】  かなり効果があったんだろうなというところが受け取れます。一番は、行った先、特にこちらから行った方たちが人脈を広げて、それを生かしてさまざまな情報を得ていくというところだと思っております。そういう意味で言うと、先ほどの話ですが、できれば、もし可能であるならば、人材交流というところで、県、国、ここをもっと深くしていく、このルートをもっとつくっていくのがいいのではないかと思います。確かに上の方たちを連れてくるというのもあるかしれませんが、であるならば、それが今ので十分だというよりも、より深い、より細かい情報を得るためには、そういう方たちをパイプを太くしていくような人材交流のあり方をしていくべきではないかと思います。実際私がサラリーマン時代にも、いわゆる親会社と子会社の関係の中で親会社に出向に行った連中がいます。その連中が帰ってきたときにものすごい情報を持って、それから新しい事業が始まったということもありますので、そういうところに留意しながら人材交流をしっかりとやっていっていただければと思います。よろしくお願いいたします。  その人材交流、人事交流なんですけれども、実は法律的になかなか難しいのはわかっているんですけれども、民間企業との人事交流を行って、より専門的な知識・ノウハウを吸収、いわゆる寒川町の知恵としてさまざまなノウハウを蓄積していくべきではないか、私はそのように通常人材交流で得たものをやっていくべきだと思いますけれども、民間企業とはなかなか難しいのはわかるんですが、人事交流みたいな形を、すぐにとは言いません、そう遠くない未来にやっていこうという心づもり、またはこうやればできるということはありますでしょうか。 121: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 122: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  先ほどのご質問でもご答弁いたしましたけれども、町におきましては行政間の人事交流は行ってございますけれども、民間企業との人事交流についての実施例は現在のところございません。国におきましては、民間企業との人事交流を官民人事交流制度として国と民間企業との間の人事交流に関する法律に基づき、透明性・公開性を確保した公正な手続のもと、公務の公平な運営を確保しつつ、民間と国との相互理解を深めることや、双方の組織の活性化と人材の育成を図ることを目的として行ってございますけれども、地方公共団体につきましては、このような法制度は現在ない状況でございまして、人事交流としての実施は難しいと考えております。ただ、人事交流は難しいですけれども、民間研修派遣と言いますか、そういったことの可能性はあるのかなということで、現在模索はしているところでございます。  以上です。 123: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 124: ◯18番【横手 晃君】  わかりました。国はいいんですよね。不思議ですね。地方公務員についてはその法律がないということなので、それは法が変わればあれでしょうし。ただ、現状についてはよくわかりました。研修制度も考えてはいる、やってみようかなというところはあるのはわかりました。ちょっとまた後でこの件については別件で、似たような質問と提案をさせていただきたいと思います。  それでは次、毎度おなじみマーケティングに特化した専門部署の設置についてです。本当にずうっとこればかり言い続けていて大変申しわけないんですが、まず1つ目、以前からマーケティングに特化した部署の設置、本当に提案し続けていますが、昨年度、決算特別委員会の総括質問で、ことしの4月の組織会議で検討するという話だったんですが、そのような状況にあるとちょっと言いがたいなと、杉崎議員に、「おまえ、ちゃんと町長の言質とっとけよ」ってあのとき言われましたよね、全くそのとおりだったなと今思っています。甘かったなという、横手晃の甘さがそこに出たのか、それとも私はだまされたのか、そのような状況にあるとは言いがたい、この理由を改めてお教えいただけますでしょうか。 125: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 126: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  これまでも議員からは、一般質問等の機会において、マーケティング組織の必要性についてご提案をいただいているところでございます。これまでの議員からのご提案の中では、町民の意識や考え、リサーチから、課題解決のプランニング、施策のPRといったところを推進して、町の発信力を高めるといった取り組みを推進していく組織と考えております。平成28年度の組織の見直しにおきましては、組織全体に影響する話として慎重に考える必要がありましたことから、冒頭、町長からもありましたように、産業振興課から農政を独立して産業振興課の中に企業支援担当を創設したところにとどまってございます。全体的に考える必要があったため、ご提案に関する組織の設置には至らなかったということでございまして、第6次寒川町行政改革プランの取り組みといたしまして、平成29年度に向けた全庁的な組織の見直しにおきまして、設置する方向で検討してまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いします。 127: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 128: ◯18番【横手 晃君】  済みません、もう一回改めて、マーケティングに特化した部署のどういうものなのかを、もう一回、多分6回目ぐらいだと思うんですが説明させていただきます。これをもとにしてぜひやっていただきたいなと思うんですが。そもそもこのマーケティングに特化した部署の目的は、自治体間競争に勝ち抜くための政策を立案・実行する強い組織づくりというものが目的です。目標ですけれども、理想とする姿としては、いわゆる役所組織にありがちな縦割り組織を排除して横断的組織を構築する、情報共有と情報及び人材の活用を図り、調査分析、政策立案実行、発信力を強化していく、このあるべき姿、目標とする姿があります。それと、今この2016年における目標とする数値ですが、まず1つ目に考えられるのは、メディアに取り上げられる自治体日本一を目指すことだと思います。そして2つ目は、人口減少社会、自治体間競争行われています。1つの目標として、2040年の人口を2016年比で減少率ゼロとすること、要するに、しっかりとしたリサーチを行って、政策を立案して、その上でそれをPRしていく、それによってこの町に人がしっかりと定住してくれる形をつくっていく、これが数値的な目標じゃないか、あるべき姿だと思っております。  ただ、現状と課題を取り上げるならば5つあります、縦割り組織に対する問題意識の希薄さです。これはもうしようがないと思っています。2つ目、調査分析にたけた人材の少なさ。3つ目は、大変申しわけありません、トップをはじめとする発信力の欠如です。4点目、先送り主義。まさに28年にやると言っておいて29年になってしまった、この先送り主義の常套化。そして5つ目は、政策立案の参考となるデータが圧倒的に不足しているということです。だから、これらの課題を解決するための戦略として、マーケティングに特化した部署を設置すべきですと私はずっと言い続けています。わかりますか。これをずっと言い続けている。1つの戦略なんです。ここを強くするための、寒川町という組織を強くするための戦略だと思ってください。  そして具体的にはどうしていくか。このマーケティングに特化したマーケティング部を設置して、3つのグループに分ける。先ほど小島部長もおっしゃっていただきましたが、まずリサーチグループです。これまで部署ごとで行っていた調査、これを全て集約して、仮説立て、調査項目設定、回答分析、課題抽出まで行います。これは、このリサーチグループで、要するに先ほど言った政策立案の参考となるデータ不足、要はビッグデータ化をどんどん推進していく、どんどんデータを積み上げていくことによってクロス集計して、今までなかった答えを導き出すこともできる。すなわち、このリサーチグループをまず立てて、リサーチグループで回答分析から課題抽出までを行う。そして、次にプランニンググループを置きます。このリサーチグループで導き出した分析課題をもとに、解決すべき政策の立案を行い、それぞれの担当部署とともに実行に移していくものです。そしてPRグループ、先ほど大変申しわけないですがトップをはじめとする発信力の欠如を申し上げました。もししっかりとした政策、これを実行していきますよということを外に発信していくのならば、この発信力を強くするためにも、プランニンググループにより立案された政策を、この寒川町の当然内側にも、それから外側にも、両方に対して発信し、寒川町に対するいわゆる好意醸成を構築していく、このためにこの3つの部署が欲しい。  もう一度申し上げますが、とにかく今寒川町が抱えている課題を解決するためにマーケティングに特化した部署をつくるという戦略を持って、3つの部署を連携させて、この寒川町を大きく発展させていくものなんです。このことをしっかりとわかっていただいた上で、この案を参考に、近い将来、ぜひマーケティングに特化した部署の設置をしていただきたいと考えますが、改めて町の見解を答えてください。 129: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 130: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  ただいまご提案いただいた内容も参考にさせていただきながら、マーケティングに特化した組織について、今年度検討の方を進めてまいりたいと考えてございますので、ご理解いただきたいと思います。 131: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 132: ◯18番【横手 晃君】  了解いたしました。後でまた町長に言質をとりますので、それはそれでいいとして。もし設置していただけるのならば、やはりプロフェッショナルな人材が必要であると考えます。民間のコンサルタント会社、広告会社に協力をお願いして、例えば出向という形で人材を出していただき、さらには人材育成の観点から、寒川町役場からコンサルタント会社なり広告会社に人材を出向させる、いわゆる民間企業との人事交流を実施してみてはどうかと考えますが、先ほどの答えと重なる部分もあると思いますけれども、お答えいただけますでしょうか。 133: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 134: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  民間企業との人事交流につきましては、先ほどのご質問でも答弁いたしましたように、地方公共団体につきましては官民人事交流制度のような法制度がございません。そのために、地方公務員法の範囲内の任用とせざるを得ないために、企業との雇用関係を維持したままで自治体に任用することはできず、民間企業の従業員を身分の安定や秘守義務を担保した上で権限を行使する業務に従事させることができない状況でございます。また、地方公務員の身分を有したまま町職員が民間企業に雇用されることもございませんので、人事交流については難しいと現在のところ考えてございますけれども、1つの手法としまして、個別企業との協定という形で、先ほど言いました職員研修、派遣と言いますか、そういったことで民間企業へ職員を派遣することにつきましては、派遣期間とか対象企業の考え方など、他の自治体の事例などを情報収集して研究してまいりたいと考えてございます。 135: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 136: ◯18番【横手 晃君】  職員の派遣については、研修という形で民間企業と提携を結んでということがわかりましたが、ちょっとお伺いしたいんですけど、要するにプロフェッショナルな人材を出向とかで受け入れるのはなかなか難しいという話なんですけども、例えば、2つ考え方があると思います。1つ目に聞きたいんですが、マーケティング業務のバックアップの人材というのを、例えば入札でやってくれる企業を募集しますと。それの条件としては、1年間常駐して、この金額でやっていただける企業ありますかという、いわゆるプロポーザルを募集する、それで決まった人を置くというのは可能なんですか。 137: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 138: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  はい、ある業務に対して、人も業務もあわせて委託と言いますか、そういったことについては、予算化すれば可能なのかなというふうには考えております。 139: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 140: ◯18番【横手 晃君】  ということで、プロフェッショナルな人材をそういう形で補うことはできるということですね。それからもう一つ、人口2万5,000人の町、茨城県猿島郡境町、平成28年4月1日、マーケティング推進本部を立ち上げ、また難しいこと言いますね、CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)、マーケティングの最高責任者、これに現役の慶応大学の、そこの湘南藤沢キャンパスに通っている学生をCMOに据え、さらにまた難しいこと言うんですけど、CPO(チーフ・プロモーション・オフィサー)、プロモーションなり町を売り込む人の最高責任者らしいんですが、それに電通マンを参与として受け入れたそうです。これは実は人口5万人以下の町に人を送り込む地方創生人材支援制度、これを活用したものらしいんですけども、例えば、この茨城県猿島郡境町のように、この地方創生人材支援制度を活用して、マーケティングに精通したプロフェッショナルな人材を送り込んでいただくことは可能か、もしくはそういう考え方はあるか、お聞かせください。 141: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 142: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  今ご紹介いただきました件につきましては、人材派遣といった部分については、私の勉強不足で恐縮なんですけれども、その辺はよく研究しまして、可能であればやっていきたいと思っております。 143: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 144: ◯18番【横手 晃君】  ということで、プロフェッショナルな人材は出向とか人材交流という形じゃなくて入札でもできるし、それから、その地方創生人材支援制度を活用すればプロフェッショナルな人材を迎え入れて、プロフェッショナルなマーケティングの部署をつくり上げていけることがわかりましたので、これはぜひ実現に向けてやっていただきたいと思います。  あわせて、これに付随する形なんですけれども、ウエブモニター制度の導入について提案させていただきたいと思います。毎度なんですけれども、パブリックコメントをいただいている町民の方たちには、まずはありがたいと思うんですが、言ってしまうと、結果だけを見ると、この言葉が多分合う、悲惨極まりない、1人の方に10件も出していただく、それで職員の方は何と今回10件もありましたよ。よく見たら1人だけなんですよね。こういうのはどうなのかなと思います。実際、人ってテーマによって食いついてくるものもあるし、そうじゃないものもあると思うんですが、常に町民ニーズというものを的確に把握しているとは思えません。町民ニーズを的確に把握するためにも、このウエブリサーチモニター制度を提案させていただきたいと思います。簡単に言えば、目的は、先ほども申し上げております、町民ニーズの的確な把握です。町民が今どういうものを欲しがっているか、どんなサービスが欲しい、これをしっかりと明確にするため。目標としては今申し上げたとおり、町民ニーズにマッチした行政サービスの提供を行っていくということです。現状の課題を上げれば、現状行われている行政サービスは、そのほとんどが当然ですが国の法律によるところが非常に多いです。自治体間競争を勝ち抜くためには、サービス提供者のニーズの的確な把握と独自のアレンジメントが必要になってくる。要は、もっとアレンジして、もっと考えて、新しいニーズに合ったサービスを提供していくことによって、町民が喜びを感じ、ここにずっと定住する、さらにはそれを聞きつけた人たちが外からここに入ってくるのではないか、という仮説を立てた上での課題と現状です。  その上で、政策の立案及び実行に対して、いわば町長が自信を持って行える、本当にこの政策を行っていいのか、この政策を実行していいのか、こういう政策でいいのか、これを自信を持って行う仕組みが必要だという戦略、それに沿って具体的にはウエブモニター制度を導入してみてはどうかなというものです。比較的簡単かつ安価で調査ができるのは、このウエブによるリサーチモニター制度を実施して、年代的には、まず、当然男女になりますけれども、16歳~19歳が50ずつの100、それから、マーケティング用語でF1とかM1とかありますね、フィメール1、メール1、要するに20歳~34歳の男女、それから35歳~49歳の男女、50歳以上となっているんですけど、最近の人口動態を考えると、50歳~65歳まで、この層がそろって男女100ずつで600。さらに65歳以上の男女50ずつで、計800のモニターパネル数で、より多い、条例の制定ですとか行政サービスについて、こういうことを考えているんですけど、どうでしょうかと聞くのもいいでしょう、そして、今あなたたちが最も望んでいるサービスは何ですかというのを聞き取ることもいいでしょう。800人のモニターをもってして、今後の政策の立案・実行に対して、それこそ町長が自信を持ってこれを行っていけるように、このモニター制度、どうしてもあのパブリックコメントが1件、1人の方に10件出していただいて、さあ10件ですと言うんではなくて、本当に集まったそれなりの数の総意というもの、ニーズというものをしっかりと受け取った、くみ取った上での政策の立案・実行していくべきだと思っています。  そういう意味で、このウエブモニター制度を、今後もしマーケティング部を設置するのであるならば、あわせて実施していくべきだと思います。寒川町のコンパクトさにまさにマッチした制度だと思っています。もしこれがだだっ広い、どうしようもない、広ければ、多ければ、なかなか難しい。でも、これだけ、人口5万人弱、ましてやそれに対して約1,800のサンプルがあるならば、調査にはいわゆる誤差というものがあるんですが、プラスマイナスいいところ3%、もしかしたら2%ぐらいだと思います。あのテレビ視聴率だって、関東1,800万世帯に対して660世帯しかとっていないんです。それでも視聴率が出てきて、その誤差はわずかプラスマイナス3%と言われています。ですから、5万人の規模の町の800人であれば、ほぼ精度の高い調査ができると思います。ぜひ、このウエブマーケティングリサーチ制度を導入すべき、マーケティング部を導入する際にあわせて導入するべきだと思いますが、町の見解はいかがでしょうか。 145: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 146: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  ご提案ありがとうございます。議員ご提案のウエブリサーチモニター制度といった考え方につきましては、町民のご意見や考え、ニーズなどの情報を収集いたしまして、政策反映につなぐためのツールの1つとしまして、また、町民の参画機会の1つとしまして、今後、町の取り組みの参考とさせていただきたいと考えてございますので、よろしくお願いしたいと思います。
    147: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 148: ◯18番【横手 晃君】  わかりました。とにかくご参考にしていただいて、本気で検討していただきたいなと思っています。よろしくお願いいたします。  それでは最後の質問です。これも何度かやったことがあるんですが、そこにいる局長が総務の課長だったときにウーンとうなったものですが、再雇用制度についての、基本的には役職名の話なんですけど、ちょっと前段を話すと、この間、日経新聞の記事にもなっていましたが、いわゆるメガバンクのみずほ銀行が2018年を目途に定年の年齢を60歳から65歳に引き上げるとの記事が掲載されていました。恐らくほかの銀行のみならず、民間企業各社、そして全国の自治体においても同じような現象が起きるものと想定されます。その場合、当然のことながら、再雇用制度も、今はほとんどの企業が60歳で定年、65歳まで再雇用期間とするとなっていますが、いろいろ社会保障関連の問題なんかも含めると、65歳が定年になって、その後70歳まで再雇用という流れに世の中なっていくんだろうなと思っています。このような世の中の流れの中で、どうしてももう一回だけ提案させていただきたいのは、再雇用者の役職名ですが、いろいろな名前がついていると思うんですけれども、今だと副主幹だったり、この間まで上だった方がいきなりそういう役職が下になる、もちろん、「さん」づけで呼んでいるので、それは関係ないよと言えば関係ないんですけども、モチベーションの問題です、いわゆるやる気の問題だと思っています。ぜひ、シニアアドバイザーという名前に変えるべきだと思いますが、町の見解をお願いいたします。 149: ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 150: ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  まず初めに、現在の再任用制度につきましては、公的年金の支給開始年齢が段階的に引き上げられることから、無収入期間が発生しないように、雇用と年金の円滑な接続を図るよう、現在措置を講じているものでございます。このことから、公的年金の支給の引き上げがなされない限り、再任用期間の延長はないものと現在考えております。  それから、再任用職員については、現在、退職時の職に応じまして、その職名は副主幹または主任主事としてございます。配属される職場もさまざまでございまして、退職するまでに経験したことのある職場の場合もございますれば、未経験の職場の場合もございます。長い職員経験の中で培われた経験や知識などを生かしていただいたり、町民サービス窓口の最前線に立っていただくなど、多様な業務を担っていただいてございます。シニアアドバイザーという役職名のご提案ではございますけれども、新たな職の設置につきましては、地方自治法の規定や住民サービスの観点からも、わかりやすいものでなければならないと考えてございます。今後も特命事項を掌握させる場合などにご提案のような職名を使用することも1つの案であると認識しておりますので、そのような職を設置する必要が生じた場合には、再任用職員の事務分掌や現役職員の処遇なども考慮しながら検討してまいりたいと考えてございます。よろしくお願いします。 151: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 152: ◯18番【横手 晃君】  シニアアドバイザーについてはお任せします。どうしても私はそれがいいと思っているんですが、いろいろな事情もおありになるでしょうから、1つの案として、こんな名前もあるよねというふうに心にとめておいていただければと思います。  今回は人事というか、組織と、それから人材の活用、運用についていろいろ質問させていただきましたが、町長になかなか聞けなかったので、町長に1つ聞いておきたいというか言質をとっておきたいんですけれども。マーケティングに特化した部署というのは本当に必要だと思います。外向けももちろんありますけれども、データをしっかりと精査して、本当にやるべき政策は何なのか、実行に移すべき政策が何なのか。そして、それをしっかりと発信していく仕組みをつくっていく、そういう組織が必要だと思います。なかなか難しい、まだまだソフトランディングのような形、ゆっくりと導入していく、まずはリサーチから始める、そういう形になるかもしれませんけれども、ぜひ、マーケティングに特化した部署をつくって、強い組織づくりを行っていっていただきたいと思いますが、それについて町長のお考えをお聞かせください。 153: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 154: ◯番外【町長 木村俊雄君】  まさに組織と人材について、横手議員の熱い思いを伺っているところでございます。ご提案の内容も私自身なるほど、今これからの時代、まさに自治体間競争を勝ち抜くという、やはりその競争に勝つという、これがすごく大事だと思います。それはほかにない部分じゃなくて、いかにほかより一歩先んじるか、そこは大事な視点だなと思っています。今、国はかなり縦割りのセクショナリズムというか、多いんですけれども、地方自治体、基礎自治体の中でも、ある意味そういう縦割りの部分がないとは言えない、ある。ある意味それによって職員の意識が自分で幅を決めてしまう、枠を決めてしまう。だから、そういった部分はぜひ私は取り払いたい。だから、縦割りじゃなくてむしろこれからは横割り、企画の方から横串というような言葉も出ましたけれども、ある意味横割り的な部分で、能力ある職員については人事の発令はありますけれども並任という形、こういうとり方もこれからは1つの考え方かなと思います。当然ながら、職員総数は限られております。いかにその持ち得る職員の能力を発揮させるか、これを、組織、形を決めて、枠を決めてしまう、それから少し幅を持たせる、こういったこともぜひ取り組んでいきたいと思っています。  さまざまなマーケティングに関するお話もございました。私自身もマーケティングについてはいろいろ書物を読んではいるんですけれども、なかなか自分としてはまだかみ砕いて理解がしきれない部分がございまして、いろいろまたお話を伺いながら、次年度の組織の見直し等についても、またご意見をいただければと思います。ありがとうございます。 155: ◯議長【黒沢善行君】  横手議員。 156: ◯18番【横手 晃君】  了解いたしました。そういうことで、とにかく来年の春ですね、そこから始まる本当に強い寒川町の組織づくり、人材づくりができればと思っておりますので、よろしくお願いいたします。  以上で私の一般質問を終わらせていただきます。 157: ◯議長【黒沢善行君】  以上で横手晃議員の一般質問を終了いたします。  暫時休憩いたします。再開は11時といたします。                 午前10時38分 休憩    ──────────────────────────────────────                 午前11時00分 再開 158: ◯議長【黒沢善行君】  休憩を解いて会議を再開いたします。  次に、15番斎藤恒雄君の質問を許可いたします。斎藤議員。              〔15番(斎藤恒雄君)質問席へ移動〕 159: ◯15番【斎藤恒雄君】  それでは、議長のお許しをいただきましたので質問させていただきます。私の質問は、要旨として、近年多発しているさまざまな災害に対し、町は災害対策の計画やマニュアルを作成しているが、町の現状に応じた対策ができるのかということでございます。  町内の桜も花吹雪とともに花びらのじゅうたんを織りなした後、まばゆい新緑に包まれ、初夏を知らせるツツジやアジサイ、ショウブなどの花々が咲き誇っています。花の命を短くても、ひとときの美しさに心癒されます。6月5日、雨の早朝、ライオンズクラブが中心となって、中学生などをはじめとする多くの花ボランティアが役場西側の県道の花壇に植栽しました。花のまち寒川は、日本の四季のすばらしさを醸し出しています。  5月27日、オバマ米国大統領が広島を訪問、そう遠くない過去に解き放たれた恐るべきこのことを深く考えるため、亡くなった10万人を超える日本の男女や子どもたちたちなどを追悼するためと説明し、「歴史・文化も戦争に満ちている、罪のない人々が苦しみ、多くの人が犠牲になった戦争の悲惨さを指摘、核兵器のない、戦争のない世界はつくっていくことができる、このような苦しみが再び起きることを阻止する」と力強く語っていました。時間はかかりますが、世界のリーダーたちの強い意志で、世界の平和、地球家族が実現する日は訪れるでしょう。  しかし、自然災害は防ぎようがありません。平成7年1月17日、5時46分、阪神・淡路、平成16年10月23日、17時56分、新潟中越、平成23年3月11日、14時46分、東日本、そして、本年4月14日21時26分に、熊本と、四季も時間もなく大震災に見舞われました。また、発生地域によって被害状況も異なりますが、津波、原子力発電所、土砂、水害、道路決壊、建物倒壊等により、多くの死者や負傷者が出ました。熊本地震直後、フェイスブックの友人からは、何しろ水と食料が足りない、至急必要だと言ってきました。6月10日には政府地震調査委員会が、今後30年以内に震度6弱以上に見舞われる確率が千葉市85%に続き、横浜は81%と、全国2番目に高い確率が発表されました。人間の力では自然災害を防ぐことはできないが、事前に準備することで減災はできます。過去の大変な震災の特徴や被害を知ることで、減災につなげることができるわけです。  そこでお伺いいたします。近年多発しているさまざまな災害に対し、町では地域防災計画に基づきさまざまな災害対応のマニュアルを策定していますが、町の現状に応じた対策ができるのかお伺いいたします。 160: ◯議長【黒沢善行君】  ただいまの質問に対する答弁を求めます。木村町長。 161: ◯番外【町長 木村俊雄君】  それでは、通告順位12番斎藤議員のご質問、防災行政についてお答えいたします。  昨年、関東東部から東北地方にかけて線状降水帯が発生いたしまして、累積雨量600ミリを超える大雨が降り、鬼怒川堤防が決壊し、地域に甚大な被害をもたらしました。また、本年4月に発生いたしました熊本地震では、想定外の前震と本震が起こり、その後も熊本から大分まで広い範囲で地震が頻発し、現在も多くの被災者は不安な日々を過ごしております。  このように日本各地、いつどこで災害が起こるか予測できない状況にあるわけでございます。自然災害を身近に感じつつも、防災対策の重要性を再認識するとともに、建物の耐震化や避難所運営などにおける新たな課題も生じております。  こうした中、町では、町民の生命・身体及び財産を災害から保護することを目的とした寒川町地域防災計画によりまして、さまざまな防災対策を進めているところでございます。この計画に基づく主な取り組みといたしましては、昨年3月に策定いたしました水害対応マニュアルをはじめ、避難所運営マニュアル、災害時職員行動マニュアルなど各種マニュアルを策定し、これに基づく具体的な対策を進めております。町では、大規模地震を想定した寒川町総合防災訓練を毎年度実施しておりまして、本年度は2会場での実施を予定し、メイン会場では防災協定を締結している企業、自衛隊、消防など、関係機関と連携した訓練を実施いたします。また、本年4月に発生いたしました熊本地震の状況を見ますと、円滑な避難所運営の重要性を改めて感じるところでございます。このことを大きな課題と捉え、もう一方の会場では、地域住民の方にご参加をいただきながら、避難訓練や避難所運営訓練を実施し、避難所運営における課題の洗い出しを行うなど、地域の特性に応じた地震対策の推進に努めてまいりたいと考えております。  また、町内には相模川をはじめとする河川が流れておりまして、水害対策も重要なことから、より迅速に災害に対応するための職員水防訓練を実施するとともに、本年度より新たに水防体制支援サービスシステムを導入することによりまして、町民の皆様に対し、より迅速で正確な気象情報を発信してまいります。このほか、各地域において、自主防災訓練の実施や防災講演会、また、茅ヶ崎市と連携した防災フェアの開催などを通じまして、町民の防災知識の普及と防災意識の向上を図りつつ、町としても災害に対する備えとして、防災資機材等について計画的に配備・備蓄を進めているところでございます。  このような取り組みを通じまして、自助・共助・公助が連携し、災害に対しそれぞれが迅速かつ的確に対応できる災害に強いまちづくりを進めてまいりたいと考えております。よろしくお願いいたします。 162: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 163: ◯15番【斎藤恒雄君】  ただいま町長から答弁いただきましたので、順次一問一答の質問をさせていただきたいと思います。まず最初に、災害対策基本法で指定された緊急時の避難所となる建物や広場等の配置についてお示しいただけますか。 164: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 165: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  町が広域避難所として指定する施設は、耐震性を備えた公共施設で、小学校、中学校、高等学校や、総合体育館などとなっております。また、一時的に身の安全を確保する場所として、地域の集会所等も指定しておりまして、町内で広域避難所が10カ所、一時避難所が26カ所あり、徒歩での避難が可能と考えております。よろしくお願いします。 166: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 167: ◯15番【斎藤恒雄君】  避難先までの経路等は確保されておりますでしょうか。 168: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 169: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  水害などの大規模な災害が発生するおそれがある場合、あるいは発生したときは、避難所へは基本的に徒歩で避難することとなります。避難所までの避難経路につきましては、自分の身を守るために町が指定した避難所へ避難する仕組みとなっており、その避難経路の状況は災害により変化することが考えられます。その経路の安全性につきましては、二次災害の発生が起きないよう、自主防災組織等と調整を図っているところでございます。  以上です。 170: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 171: ◯15番【斎藤恒雄君】  その避難所は、避難者全員を収容できるようになっておりますでしょうか。 172: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 173: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  現在町が想定しております大正型関東地震の避難者想定人数につきましては約3万人でございます。一方、広域避難所の体育館や校舎、グラウンドを含めた全ての収容人数は約6万5,000人でございます。また、被災者の避難を目的として町内企業との協定も締結しておりますので、収容は可能と考えております。  以上です。 174: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 175: ◯15番【斎藤恒雄君】  多く収容できるということですけれども、避難所が大変狭いような状況の中では通路も確保できないのではないかと思いますが、その辺の対策についてはどのように考えていらっしゃいますか。 176: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 177: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  広域避難所の体育館のみの収容人数は約4,000人でございますので、避難者全員が体育館の中だけでは収容できるものではございません。各避難所では、避難所運営委員会を設置しまして、一時的避難につきましては、避難所のグラウンド等を利用するなど誘導していきます。また、各避難所において、平時から避難所運営マニュアルの策定を行い、各避難所内の居住スペース等の割り振りを決め、訓練を実施し、災害時には混乱を招かないように備えているところでございます。  以上でございます。 178: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 179: ◯15番【斎藤恒雄君】  そうしますと、避難所での子どもや赤ちゃん連れ、あるいは高齢者、支援を必要とする人もいらっしゃるわけですが、その人たちに対する対策はどのように考えていらっしゃいますか。 180: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 181: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  避難所におきましては、配慮を必要とされる方につきまして、別の部屋を用意するなど配慮を行います。また、協定を結んでおります茅ヶ崎養護学校や特別養護老人ホームなどへの移動も状況に応じて行うなど、要配慮者の状況にあわせてきめ細やかな対応を心がけてまいりたいと考えております。  以上です。 182: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 183: ◯15番【斎藤恒雄君】  よく問題になっているわけですけど、避難先の体育館などが、天井から落下物があるような話も聞きますけど、その安全性についてはいかがですか。 184: ◯議長【黒沢善行君】  小泉教育次長。 185: ◯番外【教育次長 小泉 聖君】  学校体育館につきましては耐震化が図られておりますし、天井の照明器具やバスケットゴールなど、非構造部材の耐震工事につきましても、平成26年度に小学校全校、平成27年度に中学校全校で耐震工事を完了して、防災機能強化を図ってございます。 186: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 187: ◯15番【斎藤恒雄君】  自宅倒壊の心配があるということで、プライバシーの関係もありまして、車中泊やテント生活、ビニールハウスなどで避難生活を余儀なくされた場合の対策について伺います。 188: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 189: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  発災時において広域避難場所にて車中泊等をされている方につきましては、その広域避難所の避難所運営委員会により対応が可能と考えております。しかしながら、自宅の敷地内などで車中泊等をされている方につきましては把握が難しいと考えますので、地域の自主防災組織や民生委員、児童委員等と協力しながら、支援物資等が配付できるよう、熊本地震における課題等を検証しつつ、必要な見直しを進めてまいりたいと考えております。  以上です。 190: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 191: ◯15番【斎藤恒雄君】  車やテントを置けるような場所は寒川では確保されていますか。 192: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 193: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  避難所には基本的には徒歩による避難となりますが、やむなく車で避難された方につきましては、避難場所に指定している施設のグラウンド等への配置を考えてございます。また、テント等での避難につきましては、広域避難場所などでは、各避難所運営委員会の状況を判断しながら場所を決定していくことと想定しております。  以上です。 194: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 195: ◯15番【斎藤恒雄君】  5月30日に京浜河川事務所では、相模川氾濫時の場合の水位と範囲が示されました。役場付近は1.1メートルで、町内の場所によっては7メートルとなっていますが、寒川での水害への考え方と安全な場所を示してください。 196: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 197: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  近年、町内でも台風や集中豪雨等によりまして被害が増加している状況でございます。被害の軽減に関しましては、公助はもちろんのこと、町民の皆さんの防災に関する心構えが一番重要と考えており、昨年、町民の皆様がわかりやすいよう、水害から身を守る心得の1つとして、保存版のパンフレットを作成して全戸配布したところでございます。議員ご質問の京浜河川事務所の発表いたしました浸水想定につきましては、相模川の神川橋下流域の想定でございまして、相模川上流部と目久尻川と小出川につきましては県管轄河川となっており、今後それらの浸水想定が発表されますが、現時点では未定となっているのが現状でございます。町といたしましては、現在策定しております洪水ハザードマップを活用しながら、今後発表される新たな浸水想定のもとに、外水・内水氾濫を加味した形でハザードマップを見直す予定でございます。また、避難時に安全な場所につきましても、町は平坦な場所が多く、土砂災害の被害は想定されていないものの、水害には非常に弱い面もありますので、先ほど回答させていただいたパンフレットにも記載がございますが、避難場所への避難だけではなく、自宅の2階等の垂直避難も避難行動の1つと考えております。その旨の記載をしておりますので、よろしくお願いします。  なお、ある程度の階数のある建物を所有している民間企業のご協力によりまして、周辺住民の避難施設として利用できるよう、協定を締結しているところではございますが、まだまだ不十分なところもございますので、今後さらなる充実を図ってまいりたいと考えております。  以上です。 198: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 199: ◯15番【斎藤恒雄君】  ただいま相模川氾濫の場合の状況を説明していただきましたけれども、寒川町は目久尻川や小出川に挟まれた地形で、標高も5メートルから23メートルぐらいしかありません。せめて15メートル以上の避難場所でなければ安心しているわけにはいかないわけでございますけれども、町の考えはいかがですか。 200: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 201: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  京浜河川事務所の発表いたしました浸水想定では、最大で約7メートルの地域もあり、町民の皆様の安全な避難にはある程度の標高があり、浸水が想定されていない避難所が必要と考えております。平成26年度に策定いたしました寒川水害対応マニュアルでは、早期避難を原則といたしまして、優先的に開設をする広域避難場所を指定しております。しかしながら、その指定いたしました避難所につきましては、旭が丘中学校で12.7メートル、小谷小学校では13.7メートル、寒川小学校では18.6メートル、寒川総合体育館では9.4メートルとなっており、水害時に避難するには十分な標高とは言えませんので、垂直避難はもとより、今後発表される神奈川県の浸水想定を加味しながら、避難所開設の優先度等を再度検討し、町民の皆様が安全に避難できる場所を確保するとともに、ある程度の階数がある建物を所有する民間企業の協力も視野に入れて検討してまいりたいと考えております。  以上でございます。 202: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 203: ◯15番【斎藤恒雄君】  ただいま避難所の海抜についても説明がありましたけれども、比較的高い場所では、東洋通信機の跡地や菅谷台、もくせいハイツなどがありますけれども、そのような取り組みについては何かお考えでございますか。 204: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 205: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  議員ご質問の旧東洋通信機跡地や、菅谷台、もくせいハイツ付近の土地につきましては、標高で13メートル~23メートルとなっており、町内でも標高の高い地域となっております。また、土地の状況につきましても、古来町内の多くは田や河川敷だったこともありまして、非常に地下水位が高く軟弱な地盤の多い中、当該箇所につきましては非常に堅固な土地であると認識しているところでございます。今後、旧東洋通信機跡地に建設される民間企業につきましては、避難場所としての協定の締結を進めつつ、もくせいハイツにつきましては、神奈川県と協議し、町民の皆様が安心して避難できる避難場所を確保できるよう検討してまいりたいと思います。よろしくお願いします。 206: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 207: ◯15番【斎藤恒雄君】  災害においては道路決壊とかいろいろあるわけでございまして、通行が不能な場合、自転車がかなり有効な手段で行き来したそうでございますけれども、違法駐車の自転車をかなり回収している当町ですけれども、法定保存後、町で利用できるような対策は練られないのでしょうか。 208: ◯議長【黒沢善行君】  中島町民部長。 209: ◯番外【町民部長 中島和則君】  放置禁止区域内等に放置された自転車につきましては、寒川町自転車等放置防止に関する条例等の規定に基づきまして保管場所に移動し、同条例施行規則に定めております保管期間2カ月間を超えた自転車につきましては、町で売却などの処分をしております。なお、処分する自転車の大半は、残念ながら破損して使用できない状態ではございますが、中には再利用が可能なものもございますので、災害時におきましてはこのような自転車を有効利用することは可能であると考えてございます。  以上です。 210: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 211: ◯15番【斎藤恒雄君】  川の多い町ですので橋梁がたくさんありますけれども、何カ所あって、耐震化の現状はどのようになっていますか。 212: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 213: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  町内には町が管理している橋が89橋ございます。そのうち町指定の緊急輸送路上にあります旭橋、旭橋側道橋、寒川橋、寒川大橋につきましては、既に耐震補強済みとなってございます。また、その他の橋につきましても、それぞれの橋の重要度などを考慮し、耐震補強につきまして今後調査をしてまいります。 214: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 215: ◯15番【斎藤恒雄君】  また、上下水道の耐震化や耐震性貯水槽、防火水槽等の整備状況についてもお伺いいたします。 216: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長
    217: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  下水道施設の耐震化につきましては、平成26年度を初年度として寒川町下水道総合地震対策計画を国へ提出しており、この計画に基づき下水道施設の耐震化に取り組んでおります。この計画につきましては、5年間で1.9キロメートルの耐震化を目標として、現在進捗率は35%でございます。今後につきましては、現計画の完了と同時にエリアを拡大する次期計画を作成し、順次耐震化を進める予定でございます。  なお、上水道施設の耐震化に関しましては、神奈川県企業庁茅ヶ崎水道営業所に確認したところ、茅ヶ崎水道営業所管内では耐震化率23.1%で、神奈川県全体では17.8%とのことでございます。 218: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 219: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  耐震性貯水槽の整備状況につきましては、旭、寒川、一之宮の3小学校に設置をし、医療救護所にもなっております。また、町管理の防火水槽の整備状況につきましては、町内に116基設置をしているところでございます。よろしくお願いします。 220: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 221: ◯15番【斎藤恒雄君】  下水道の液状化による枝幹線被害防止の耐震対策は行っていますか。 222: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 223: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  現在取り組んでいる下水道施設の耐震化の基本である寒川町下水道総合地震対策計画につきましては、町内における鉄道や河川横断、あるいは緊急輸送路という災害対策上重要な箇所を絞り込み、なお、かつ液状化が見込まれる地域を優先し策定したものでございます。  また、平成9年に発刊された耐震化指針及び地震対策マニュアルに基づき、それ以降の施設整備については耐震性を有する構造で事業を進めております。 224: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 225: ◯15番【斎藤恒雄君】  町内に都市ガス普及のためなのか何か大分ガス工事が多く進められておりますけれども、都市ガスのメリット・デメリットというのはどういうことがありますか。 226: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 227: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  都市ガスの埋設化によるメリットにつきましては、大規模地震では供給がすぐに遮断され火災が起こりにくいといった点がございます。また、デメリットにつきましては、災害時にはプロパンでは外して使うことも可能でございますが、都市ガスにつきましてはその復旧まで使用できないといった点がございます。  以上です。 228: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 229: ◯15番【斎藤恒雄君】  電気、電話、ガス等のインフラがだめになると思いますけれども、復旧対策についてはどのようにされておりますか。 230: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 231: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  ライフラインの復旧につきましては、日ごろから防災訓練等を通じまして、東京電力株式会社、東京ガス、LPガス協会、東日本電信電話株式会社と、各事業者間や町との相互情報連絡体制を整えまして、連携を図りながら復旧できるよう努めているところでございます。ライフラインは、被災者の被災後の生活に欠かせないものでありますので、いち早い復旧ができるよう、各団体と連携・調整を強化してまいりたいと考えております。 232: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 233: ◯15番【斎藤恒雄君】  建築基準法が昭和56年に改正され、設計もかなり厳しくなってきているわけですけれども、それでも被害が起きていることについては、町はどのように考えますか。 234: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 235: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  熊本の地震では、一般に耐震性が高いとされる昭和56年の建築基準法改正以降に建てられた木造住宅も多数倒壊し、生命にかかわる多くの被害を発生してしまいました。平成7年に発生した阪神・淡路大震災を機に、地震被害の原因解明とその対応が急がれ、平成12年6月に建築基準法が大幅に改正され、木造住宅の接合部の金物補強、耐力壁の配置等が規定されました。現在建設されている木造住宅はこの建築基準で建てられているため、震度7の大地震が発生しても、軽微な被害はあっても倒壊しない耐震構造となってございます。 236: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 237: ◯15番【斎藤恒雄君】  避難誘導と、安心して生活できる町の支援方法について何か考えがありますか。 238: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 239: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  大規模な災害が発生した場合、町民の皆様の生命・身体の安全を確保することが最優先事項と考えております。また、安心して生活できる避難所の設置はもちろんのこと、食料、飲料水等の支援対策が重要と考えております。今後とも備蓄資機材等の充実はもちろんのこと、民間企業との協定による協力を得ながら、安心な避難所生活を確保するとともに、しっかりとした支援体制ができるよう、避難所運営のあり方について自主防災組織等と連携を図りながら進めてまいります。 240: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 241: ◯15番【斎藤恒雄君】  避難所での医療体制について伺います。 242: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 243: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  被災状況により健康管理センター及び寒川小学校、一之宮小学校、旭小学校の3校に医療救護所を開設してまいります。小学校の医療救護所には、町の要請により、近くで病院を開業している医師が参集することとなっており、小学校に保管されております災害用医療品などにより治療に当たります。また、状況に応じ医療ボランティアの派遣を県などに要請し、医療救護所の機能を確保・維持してまいります。  以上でございます。 244: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 245: ◯15番【斎藤恒雄君】  避難所でのウイルスの発生とか衛生面の管理、エコノミークラス症候群などが起きているわけでございますけれども、その防御についてはどのように考えていらっしゃいますか。 246: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 247: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  感染症や食中毒の発生を未然に防ぐため、被災地や避難所に対し、食品の保存方法や調理方法、調理者の衛生管理、飲み水の煮沸、井戸水の消毒、手洗いの励行、手指のアルコール消毒、うがいによる口腔衛生、入浴施設案内など生活衛生にかかわる情報を提供してまいります。また、インフルエンザ等の感染症が蔓延するおそれがある場合には、神奈川県と協議の上、医師会の協力を得てワクチンを確保し、予防接種を実施いたします。なお、伝染病患者につきましては、保健所及び医療機関と連絡調整を行い、収容施設でもある藤沢市民病院に搬送し、感染の拡大を防いでまいります。  エコノミークラス症候群の発症対策としては、発症原因やその予防対策の周知を図ってまいります。具体的には適切な水分摂取や下肢の循環を良好にするマッサージに努めるよう周知を図るとともに、wakuwaku体操などの運動の機会を設けるなど予防に努めてまいります。  以上です。 248: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 249: ◯15番【斎藤恒雄君】  避難所でのカウンセラーの設置等については考えていらっしゃいますか。 250: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 251: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  被災しました町民の健康面及び精神面の不安を和らげるため、広域避難場所等に健康相談窓口を設置し、町の保健師、精神科医及び福祉関係者などが巡回によりカウンセリングを行ってまいります。  以上です。 252: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 253: ◯15番【斎藤恒雄君】  震災が起きて二、三日たつと、食料は何とかなってきていたようですけれども、ブルーシートや赤ちゃん用品、あるいはウェットティッシュや生理用品が不足して困ったということもありますけれども、当町はどのように考えていらっしゃいますか。 254: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 255: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  災害時におきます備蓄につきましては、避難所に指定している小学校、中学校、高等学校、さむかわ中央公園において、防災倉庫や教室を利用して備蓄をしているところでございます。備蓄の種類につきましては、食料やトイレのほか、避難生活に必要な物品や衣料品等を備蓄しておりまして、数量につきましては、品目ごとに異なるところではございますが、食料を例に挙げさせていただきますと7万1,000食を備蓄しているところでございます。  以上です。 256: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 257: ◯15番【斎藤恒雄君】  もう一つちょっと聞いておきたいのは、ペットに対する対策はどのようでしたでしょうか。 258: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 259: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  災害時におきまして、被災者の避難等に伴いましてペットの避難も問題になってくると考えております。これらの問題に対応するために、寒川町と茅ヶ崎・寒川獣医師会とで、災害時における動物救護活動に関する協定書を締結しております。災害発生時に町から獣医師会に応援要請を行い、動物救護被災地域支部を設置して、管轄保健所の連絡調整等のほか、飼い主不明や負傷動物の保護、飼養困難動物の一時保管、被災動物にかかわる巡回相談を行ってまいります。 260: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 261: ◯15番【斎藤恒雄君】  ちょっと前後しましたけれども、飲料水や食料の確保のための公共備蓄と家庭備蓄のあり方についてご説明ください。 262: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 263: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  現在町では、国の想定被害で最大級の大正型関東地震を想定した避難者数の約3万人をもとに、1人3食分の食料確保を目標として備蓄をしているところでございます。また、事業者によります食料、飲料水の提供の防災協定を締結しているとともに、町内の広域避難場所に100トンの耐震性貯水槽を設置しております。なお、家庭の備蓄に関しましては、7日分以上の備蓄をするように訓練等で啓発をしているところでございます。よろしくお願いします。 264: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 265: ◯15番【斎藤恒雄君】  避難所が長期化した場合に学校の再開はどのように対応されていくでしょうか。 266: ◯議長【黒沢善行君】  大澤教育長。 267: ◯番外【教育長 大澤文雄君】  避難所の長期化による学校再開というお尋ねでございますが、寒川町の公立小・中学校では、町や各自治会等と連携して避難所開設について協議しています。その中で、月日の経過、状況の改善等にかんがみながら、学校の基幹業務が停滞しないよう、避難所として使用しない教室を設定していくなど、学校の再開が速やかに行われるような対応を考えています。東日本大震災や熊本地震の例では、学校を再開するに当たり、安全と衛生状態の確保が大前提であり、学校の施設設備の安全点検だけでなく、教育活動をするスペースの確保と居住スペースの分離、通学路の変更などを視野に入れつつ、所属校教職員も含めて対応に当たってまいります。  以上でございます。 268: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 269: ◯15番【斎藤恒雄君】  東日本も熊本もですけれども、仮設住宅が本当に足りていないということでございますけれども、寒川町の場合の仮設住宅についての考えを伺います。 270: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 271: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  仮設住宅については神奈川県が設置主体となっており、神奈川県と協定を締結しているプレハブ建築協会及び神奈川県建設業協会が寒川町の要請により神奈川県を通じて建設をします。寒川町では事前の準備として、応急仮設住宅建設候補地を17カ所用意しておりまして、その全ての候補地の電気、ガス、水道、下水道などのライフラインの情報、大型車両の進入経路などをデータベース化しており、神奈川県と情報共有してございます。万が一寒川町のデータベースが使用不能となった場合でも、神奈川県が補完しているデータベースにより速やかに応急仮設住宅を着手できる体制を整えております。 272: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 273: ◯15番【斎藤恒雄君】  災害ごみについての町の考え方を伺っておきます。 274: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 275: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  災害が発生した場合には、その災害の種類にもよりますけれども、多くの廃棄物が発生いたします。できるだけ早急に収集体制を構築して、廃棄物ごとに茅ヶ崎市環境事業センター及び寒川広域リサイクルセンターにおいて適正な処理をするとともに、収集能力を超えた場合には臨時的な集積所を指定して順次処理を進めてまいります。なお、現在県において(仮称)災害時廃棄物処理計画を県内の自治体等と連携して策定を進めておりまして、大量に発生する廃棄物の仮置き場における分別や留置、処理の注意点について定め、広域的な処理を検討するなど、災害廃棄物の円滑な処理に向けてのルールづくりを行っておりますので、町といたしましても、県等と歩調をあわせて検討をしてまいります。 276: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 277: ◯15番【斎藤恒雄君】  交通インフラ遮断による物資輸送、救急搬送については、町はどのように考えておりますでしょうか。 278: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 279: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  交通インフラの遮断による救急搬送、物資支援につきましては、熊本などの山間部で発生した事態と異なり、建物の倒壊等による輸送路の遮断が考えられますので、神奈川県解体業協会や建設業協会との連携を図りながら、輸送路の確保ができるよう、日ごろから連携を図っているところでございます。  また、食料や飲料水につきましては、町内企業と協定を締結し、支援していただける旨の協定をしているところでございます。町といたしましても、これまでの震災を教訓に、避難者の方々にいち早く物資搬送ができるよう連携に努めてまいりたいと考えております。  以上です。 280: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 281: ◯15番【斎藤恒雄君】  町内には多くの企業にお世話になっているわけですけれども、企業に対する支援の方法等は考えていらっしゃいますか。 282: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 283: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  災害が発生し、町内事業所が被災された場合には、町から被災事業所への支援は重要なことと考えております。現在町が考えている被災した企業への支援の内容につきましては、なるべく早く事業を再開できるよう、国等の支援策をご紹介できる支援窓口を災害発生後速やかに設置・開設することを考えております。 284: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 285: ◯15番【斎藤恒雄君】  災害が起きますとさまざまなボランティアが多く駆けつけてくれていますし、住民とボラ、行政が一体となって、共助のネットワークを確立しなければなりませんが、その対策については町はどのように考えていらっしゃいますか。 286: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 287: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  阪神・淡路大震災や東日本大震災のように大規模な災害が発生したときには、復興に向けての動きの中心は町や地域が主体となる必要があると考えているところでございますが、被災直後はその災害の規模等により十分な活動が展開できない場合や緊急を要する活動もあり、町外からのボランティアとの協働での支援が必要不可欠ということで考えております。災害時には、町社会福祉協議会が災害ボランティアセンターを開設し、ボランティアを受け入れることとなっておりますので、初動体制を確認するために、総合防災訓練時にボランティアセンター設置訓練を実施するなど、今後も社会福祉協議会と連携して受入体制の整備に努めてまいります。よろしくお願いします。 288: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 289: ◯15番【斎藤恒雄君】  地域防災計画は災害対策基本法42条に基づいて、他の法令もかんがみ、災害時の責任、事務統合、対策が記されております。この計画に基づいて訓練などで習熟しなければならないことになっていますけれども、ほとんどの住民には知られていません。どのように周知するのか伺います。 290: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 291: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  寒川町地域防災計画につきましては、町のホームページで閲覧できるようになっております。また、地域の自主防災組織の訓練や出前講座等をはじめとするさまざまな機会を通じて周知を図っているところでございます。さらに今後につきましては、住民の方に知っていただきたい取り組み等を要約しながら、自助・共助・公助についてのわかりやすい内容で概要版等の作成を検討するなど、住民への周知をより図っていきたいと考えております。  以上です。 292: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 293: ◯15番【斎藤恒雄君】  全国統一された計画とともに、寒川ならではの地形等から、きめ細かい計画・対策をして住民に知らせ、訓練し、住民の生命・財産を守るべきですが、町の考えを伺います。 294: ◯議長【黒沢善行君】  深澤企画政策部長。 295: ◯番外【企画政策部長 深澤文武君】  地域防災計画につきましては、地震・風水害及び大規模な火災等災害全般に関しまして、総合的な指針及び対策を定めたものでございます。これを有効・適切に活用することが重要であると考えておりますが、専門的な表現等も多く、住民の皆様からわかりづらい等のご意見をいただいていることも事実でございます。地域防災計画につきましては、町の防災対策の根幹ともなるものでございますので、住民の皆様にわかりやすい概要版の作成を検討するとともに、ハザードマップや防災マップや各種パンフレット等を作成し、災害ごとの詳細な対策がわかるよう対応しているところでございます。今後につきましても、地域の自主防災組織の訓練や出前講座等をはじめとするさまざまな機会の中で周知を行いつつ、町民の皆様に自助・共助の考えが根づくことができるようなわかりやすい説明と、具体的な訓練を通じて住民の生命・財産を守れる防災対策を推進してまいります。  以上です。 296: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 297: ◯15番【斎藤恒雄君】  熊本震災は4月14日の発生以来いまだに震度5弱の余震が続いておるわけでございますけれども、こんな話もあるようです。2人のお子さんを保育所に預けて就職活動していたシングルマザーが、市内の歯科医院に採用が決まっていたわけでございますけれども、就職が決まった直後に地震が起きまして、歯科医院は一時休業となり、採用も立ち消えとなったため、彼女は市側に事情を説明し、保育所の退所を少し待ってほしいと頼みましたけれども、休職中の保育は2カ月以内という決まりを理由に認められなかったそうです。被災して困っている人は彼女だけではなく大勢いることはよくわかりますが、制度上の決まりだからという杓子定規な対応で退所しなければならなかったということでございますが、いかがなものでございましょうか。寒川町ではどのような対応をこの場合されるでしょうか、伺います。 298: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 299: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  寒川町の場合、休職中の保育は3カ月としておりますが、災害発生時の対応としましては、実際の被害の状況や、その方々を取り巻く事情によっても変わってくるものと考えております。町としましては、特別な状況をかんがみながら、適時適切な対応に努めてまいる考えでございます。  以上です。 300: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 301: ◯15番【斎藤恒雄君】  大きな災害が起きると、避難することも救助に行くことも大変で、災害が起きる前に備えをすることが大切だと思っております。必ず自分の身にも起きるという危機意識を持たなければなりません。災害が起きてからどうするかではなく、災害を防ぐためにどうするか、多くの災害から学びつつ、寒川の歴史から、川の位置の変遷、例えば、先ほど話しましたが、中瀬は相模川の中にあって大曲を通って流れていた。越の山までは海だったので貝塚がある。地名からの調査や、相模川と目久尻川が近い一之宮、宮山などは、橋を渡って、寒川中学校や一之宮小、旭小学校、旭が丘中学校に避難できるだろうか、道路は亀裂や水害で通行できるのか。避難したら体育館が避難者でいっぱいだったり、天井が落下して使用不能などがあるかもしれません。何が起きても、想定外などと言わず、万全の対策をしていけるはずです。将来、一番震災に直面するかもしれない子どもたちが無防備な環境で育てることのない防災教育をすべきと思っております。  東日本大震災では、釜石市の14の小・中学校で3,000人の子どもがほとんど生き延びた、「てんで逃げろ」と昔からの教えで、多くの子どもたちが高台へ逃げ命が助かった。しかも、子どもたちは生き延びるためだけではなく、逃げる途中で施設のお年寄りの車を押したり、保育園の子どもを抱き抱えたりして逃げているわけでございますけれども、なぜ子どもたちはこのようなことができたのか。今の防災は他人任せ、行政任せです。自分の命は自分で守るという主体性を学校や親から伝えられていた、日ごろの訓練もされていたからです。子どもは10年もすれば大人になり、さらに10年すれば親になります。町はしっかりと震災時の経験や国や県の一般論を参考にしながらも、寒川の土地柄や歴史を踏まえた地域防災計画を作成し、学校が、大人が、子どもが、伝えながら、寒川は安全・安心な住みやすい町だ、住み続けることが誇りとなることを考えていくべきです。町長は、町の安全・安心をどのように考え、未来の子どもたちに対する気持ちについて何を考えているか伺います。
    302: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 303: ◯番外【町長 木村俊雄君】  まず、災害から町民の生命、命を守る、これは何よりも優先されなければならないものと考えております。中でも子どもたちは町の将来を担っていただく大切な宝でございます。防災教育の必要性もお示しいただきました。日常の中でやはり防災に対する位置づけが非常に大事だなという思いがいたします。町では毎月第1日曜日を家族防災会議の日として定め、子どもを含めた家族で防災に対する話し合いをしていただいているところでございます。今後も家庭のみならず、学校の中でも防災についての話し合いの場を設けたり、地域の防災訓練あるいは講演会にも参加するようなことで、自分の身は自分で守るという自助の大切さを感じてほしいと思っております。  以上でございます。 304: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 305: ◯15番【斎藤恒雄君】  ただいま質問させていただいた一つ一つは大変重要なことであり、時間の制約もあるので議論はできませんけれども、東海トラフ地震が6弱以上の震度で30年以内に横浜で81%の確率で起こると発表されています。危機意識を持たなければといけないと思います。本日15日は熊本震災の2カ月目を迎えました。50人の命を奪い残された家族がいます。いまだに避難生活する多くの人、がれきの山、崩れたままの土砂。今までの暮らしや心と体が癒されるのはいつになるのでしょうか。町が開催する防災訓練や防災講演会においても、各種団体に割り当てられた人数が集まり、救助方法や炊き出し及び専門家の復興訓練など、型どおりの経験をし見るだけでございます。全ての住民がそれぞれの立場で避難訓練などをしなければいけないと思っております。過去にごみ分別で可燃ごみなどの回収について行政が各地で徹底的に説明したおかげで、今、全住民がスムーズに行われているようになりました。減災のための訓練も時間を惜しまずにそのようなことを実行していただきたいと思っております。釜石市の言い伝えの「てんで逃げろ」の言葉のもと訓練されてきたように、寒川でもキャッチフレーズを募集、日常的な訓練が行われたらと思います。例えば、「訓練はまず自分から、守りたい人たちのために」というふうなことで今後進めていただけたらと思いますけれども、教育長、釜石市の子どもたちのこのような体験、すばらしいことだと思いますけれども、学校教育者としてのお考えをお伺いさせていただきたいと思います。 306: ◯議長【黒沢善行君】  大澤教育長。 307: ◯番外【教育長 大澤文雄君】  私の実家は岩手県にあります。洋野町と言って海に面している町です。5年前の3.11は、私の実家は地震の大きな被害は受けたんですけれども、たまたま少し高台ということで、津波の被害からは逃れることができました。当時、私は、5年前、一之宮小学校に勤務しておりましたけれども、私は3.11以降、実家に電話をずうっとしたんですけれども、一切連絡がとれませんでした。1週間ほどとれませんでした。そのうち、周りの教職員は私に気を遣ってもう地震の話は一切しなくなりました。また、教育委員会も、田舎の方はどうだと、そういう話もしなくなりました。今、そういう記憶がよみがえってきたところでございます。  釜石の奇跡と言われているように、先ほど議員がお話しされましたように、小・中学校全児童・生徒約3,000名が即座に避難し、全員命を拾うことができたと。その避難する最中にも、先ほどのお話のように、周りの人たちの命を守った、そういうようなお話もございます。これは、津波てんでんこの教えが、ふだんより全ての子どもたちの身についていたということです。私も岩手ですから、てんでんこという言葉はよくわかります。それぞれとか、自分勝手とか、てんでんばらばらということでございます。この津波てんでんことは、緊急時に難しいことはしない、できないことはしない、よりシンプルな教えで、自己防衛の力をつける。大きな地震があったら、家族や周りの人など、誰の指示を待つこともなく、各自の判断で素早く行動。すなわち、今より高く、今より遠く、今すぐ行動・移動ということでございます。このことにより、自分の命は自分で守るという教えが徹底され、自然に、即座に行動ができたのではないかと思っております。  寒川町においても、最近、20分休みなどに予告なしで避難訓練を行っている学校もございます。まさに自分の判断で行動できるように取り組んでいるわけでございます。今後、釜石の奇跡と言われるこういう取り組みを、学校においても十分に生かしながら、参考にしながら、防災教育に取り組んでまいりたいと思っているところでございます。  以上でございます。 308: ◯議長【黒沢善行君】  斎藤議員。 309: ◯15番【斎藤恒雄君】  寒川町民の生命・財産を守るために、危機意識を持って、これからいろいろ行動していきたいと思っております。終わります。 310: ◯議長【黒沢善行君】  以上で、斎藤恒雄議員の一般質問を終了いたします。  暫時休憩いたします。再開は13時15分といたします。                 午前11時55分 休憩    ──────────────────────────────────────                 午後 1時15分 再開 311: ◯議長【黒沢善行君】  休憩を解いて会議を再開いたします。  次に、11番、関口光男君の質問を許可いたします。関口議員。              〔11番(関口光男君)質問席へ移動〕 312: ◯11番【関口光男君】  それでは、議長のお許しをいただきましたので、一般質問をさせていただきます。  今回は、私の一般質問は、一般行政について、今後の公共トイレのあり方について町の見解を伺うものであります。  相模川地区堤外地にあるふれあい公園、倉見スポーツ公園、青少年広場と宮山駅のトイレについてお伺いしてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  今回、私がなぜトイレの質問をするかということについてご理解をいただきたいと思うんですが、今挙げた4カ所のトイレについて、執行部の皆さん、頭に浮かぶんではなかろうかと思います。神社を中心とする東参道構想以前の問題だと思っております。その前にこういう問題を解決していかなければならないだろう、こういう観点から一般質問させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  1回目については、以上であります。 313: ◯議長【黒沢善行君】  ただいまの質問に対する答弁を求めます。木村町長。 314: ◯番外【町長 木村俊雄君】  それでは、通告順位13番関口議員のご質問にお答えいたします。  今後の公共トイレのあり方について町の見解を問うとのお尋ねでございます。町では、年間、ただいまお話がございました185万人を超える参拝者があります寒川神社を初めとして、サッカー、あるいは、野球などのスポーツのイベント等でもたくさんの方々が来町していただいております。その会場となるのが川とのふれあい公園や青少年広場、また、倉見スポーツ公園であり、寒川神社に向かう方々は宮山駅を使っているところでございます。  その中で、町の顔でもある各公共施設のトイレが不衛生な状態であることは、町のイメージダウンにもつながりかねません。まず、公共トイレで一番重要なことは、利用者が不快な思いをせずに清潔に利用できる状態を保っておくことが大切だと思っております。しかしながら、現在、町に設置されている公共トイレのうち、特にスポーツ施設に設置されている屋外トイレの中には、老朽化等によりまして状態が悪く、不衛生と思われるトイレも存在していることは認識をしておりますが、これらの施設にあるトイレにつきましては、おのおのの施設の立地上の制約から、整備を進める上で非常に難しい部分もございます。今後、トイレの更新時期や修繕の必要性を見極めながら、清潔に努め、清潔で誰もが気持ちよく使えるトイレを目指し取り組んでまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いをいたします。 315: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 316: ◯11番【関口光男君】  ただいま町長の答弁をいただきました。町長の答弁の中で、町の顔でもある各公共施設のトイレが不衛生な状態であることは、町のイメージダウンにつながりかねない、町長の認識はこういう認識だということをお伺いしました。これを前提にして、これから一つ一つお伺いをしてまいりたい。また、公共トイレで一番重要なことは、利用者が不快な思いをせずに、清潔に利用できる状態を保っていることだと、このように町長は答弁をされております。この2つの部分を念頭にしっかり置いた上で、これからお伺いしてまいりたいと思います。これに相反するような答弁はなかろうかと、このように思いますので、これが町長のお考えでしたので、ひとつ皆さんもそのつもりで一つ一つのご答弁をいただければありがたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。  そういう中で、まず最初にお伺いしていきたいのは、相模川の堤外地にありますふれあい公園、倉見のスポーツ公園についてお伺いをしてまいりたいと思っております。  私たちがいつも毎日のように使っておりますトイレというのは、衣食住の根本だと思っております。食と排というのは人間の基本であります。ある意味でいうと、食することによって生を受け、そして、排することによって、ある意味でいうと、一つの、食べたものは死であります。そういう意味での生と死の関係もあるのかなと、このようにも考えられると思います。そういった中で、トイレというものが各家庭におきましてもよく言われることは、玄関とトイレを見ると、その家庭の状況がよくわかるという話もお伺いしたこともあります。そのくらいトイレというものの重要性を私は認識の中でおきかねる、こういうケースが多々あると思うんですが、そういった意味でも、トイレというものがいかに大事であるかという、こういう認識に立たなければいけないと思っております。  そういった意味で、堤外地にありますふれあい公園並びに倉見スポーツ公園について、仮設のトイレが設置されておりますけれども、まずは、両公園のトイレの経緯からお伺いしてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 317: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 318: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  川とのふれあい公園の仮設のトイレに関しまして、私のほうでお答えさせていただきます。  川とのふれあい公園は、平成5年4月に供用開始されまして、その当時から仮設のトイレを設置しているところでございます。今、議員おっしゃるとおり、相模川の河川敷ということもございまして、利用者のほとんどが野球やサッカー選手でありまして、汚れる頻度が大変高く、大雨の際には撤去しなければならないというところで、移動可能なくみ取りの仮設トイレを設置しているという経緯でございます。よろしくお願いします。 319: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 320: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  私のほうから、倉見スポーツ公園のトイレの現状について答弁申し上げたいと思います。  健康・スポーツ課が所管する倉見スポーツ公園には、現在、4基の男女兼用の仮設トイレを設置してございます。設置場所が堤外地であること、また、水道設備が整備されていないということから、4基ともにくみ取り式のものとなっております。4基のうち2基については、平成6年度に設置されたものが老朽化したため、平成28年1月に購入し、交換してございます。また、残りの2基については、平成20年12月に購入、設置したもので、8年ほど経過している状況でございます。  以上でございます。 321: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 322: ◯11番【関口光男君】  ふれあい公園について、もう少し詳細にお答えいただけませんか。あまりにも雑駁過ぎる説明だと思うんですが、もう少し細かく説明をいただければと思います。 323: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 324: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  大変失礼いたしました。ふれあい公園に今、設置しております仮設のトイレの詳細をお話しさせていただきますと、野球場に男女兼用の和式トイレが4基、男子小便用が4基設置してございまして、平成27年度において、男女兼用トイレ2基の入れかえを実施いたしました。28年度は残りの男女兼用2基を交換する予定でございます。男子小便用は老朽化しておりますが、破損等はないことから、当面は使用してまいります。  サッカー場につきましては、男女兼用和式トイレが2基、男子小便用が2基でございます。老朽化により使用できないトイレもございましたので、27年度において、男女兼用を2基と男子小便用2基を全て交換いたしました。  以上でございます。 325: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 326: ◯11番【関口光男君】  それでは、その2カ所について、仮設トイレにした理由、先ほど若干汚れるという話がありましたけれども、グラウンドで、また、公園で遊んで土足で入って汚れるのは当たり前であると思っていますが、なぜ仮設トイレにしたのか、これについての見解はいかがですか。 327: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 328: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  仮設トイレにした理由ということでございますが、設置場所が河川の河川敷ということでございまして、設置するには河川管理者の許可が必要となっております。許可の条件といたしまして、水位が上昇したときには、すぐそのトイレを堤内地へ動かさなければいけないという状況の中、仮設のトイレにしてございます。  以上でございます。 329: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 330: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  倉見スポーツ公園におきましても、堤外地ということで川とのふれあい公園と同様でございます。  以上でございます。 331: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 332: ◯11番【関口光男君】  仮設トイレにした理由はわかりますが、要は、この仮設トイレにした理由として、どうしても傷む、それから、臭気が絶えない、こういうことを両方とも河川のいろんな理由がありますけれども、そういうことも全て承知した上でこの仮設トイレにしたという判断でよろしいですか。 333: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 334: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  今、議員がおっしゃられましたとおり、どうしても河川の条件の中で、そういった河川の氾濫に近いような状況になれば、必ず堤内地のほうへ動かさなければいけないというところでございますので、仮設トイレにしているというところでございます。 335: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 336: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  仮設トイレということでございますので、購入して設置をしてございます。例えば、リースやレンタルというやり方もあろうかと思いますが、使用可能期間ですとか金額面など検討した結果、安価であるということから購入して仮設トイレにしているといったものでございます。 337: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 338: ◯11番【関口光男君】  あまり先に行った答弁を、私も順序立てしていますので、あまり先へ先へと答弁をしていただくと私の質問の順序が狂いますので、済みませんが、ひとつよろしくお願いしたいと思います。  わかりました。いろんな制限の中で仮設にしたという経緯はわかりましたけれども、いずれにしても、トイレというのは使う場所、その場所を考えたときに、汚されるということは、汚されるという意味は、使用された際に汚されるというのは、要は、土足で入るのは当たり前のことであって、野外にあったりいろいろな要素があって汚されるということは、ごくごく自然の形かなと思うんですが、1つには、両公園ともにその清潔さを維持するためにどのような対策を講じているかお答えいただけますか。 339: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 340: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  維持管理ということでお答えさせていただきますと、現在、ふれあい公園の仮設トイレは、くみ取りは2週間に1回、清掃が毎週1回、ともに土日の利用者が多いため、金曜日に実施しております。  以上でございます。 341: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 342: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  倉見スポーツ公園の維持管理でございますが、週1回のくみ取り及び清掃を実施し、適切な衛生管理に努めてございます。なお、川とのふれあい公園と同様、基本的には金曜日に実施をしているものでございます。 343: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 344: ◯11番【関口光男君】  くみ取りは結構ですけれども、その清掃については、どちらに委託しておられるかお答えいただけますか。 345: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 346: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  シルバー人材センターに委託をしております。 347: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 348: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  ふれあい公園のほうは、健康スポーツ課のほうにお願いしているところがございまして、そこからどこへ委託かということは承知していないところでございます。申しわけございません。 349: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 350: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  大変申しわけありません。公衆衛生社で過去つき合っていたということもあるんですが、きちんとした回答を持ってございません。申しわけありません。 351: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 352: ◯11番【関口光男君】  皆さんがお願いするということなので、私もしっかりと担当とは話し合いをさせていただいております。通告制ですので、本当はしたくない気持ちもありますけれども、うそがあってはならないということで、私は担当から聞いてございますので、どうかしっかりと担当と調整をしていただければと思います。シルバーさんにお願いしているということですので、よろしくお願いしたいと思います。  それで、先ほど野崎部長のほうから話がありましたけれども、もちろん、清潔を維持していくということは非常に大事でありますし、今、話を聞いていますと、行政側の理由なんですね。要するに、河川の規制にしても、それから、仮設の購入設置にしても、行政側の都合でありまして、利用者の考えであるとか、また、スポーツ団体との協議とかはなされておらないんでしょうか。 353: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 354: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  議員おっしゃるとおり、利用者の立場に立った形でのトイレの設置、また、清潔に保っていくというところ非常に重要なところでございますが、トイレの設置に関しましては、どうしても河川の条件があるというところは、ここはどうしても曲げられないというのがまず1点。  あと、清掃等に関しては、これは町のほうでしっかり取り組んでいかなければいけないというところで、その辺は強く認識しているところでございます。 355: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 356: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  倉見スポーツ公園については、川とのふれあい公園と同様でございます。  それから、先ほどの答弁でございますが、くみ取りの委託につきましては、寒川公衆衛生社のほうにお願いしております。よろしくお願いいたします。 357: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 358: ◯11番【関口光男君】  清掃委託ということですので、清掃のほうをお願いしていますので、くみ取りは承知しております。  それで、今言われることで、確かにいろんな意味での河川の理由というのがあるのは承知しておりますけれども、いろんな意味で、行政側だけの指導でなくて、利用者の皆さん、また、スポーツ団体等の皆さんといろんな話し合いをされることって私は大事だと思うんです、状況というものをはっきりつかんでいく上でも。そういった意味で、一つの案として、要は、先ほども答弁で出てしまったレンタルということになると思うんですが、やはりきれいに清潔さ、それから、美化ということ、臭気ということ、こういったもろもろのことを考えたときに、ならば、絶えずいつもきれいに使っていただけるトイレにするために、レンタルというのを考えなかったかという、それで私は利用者の立場、スポーツ団体の立場という話をさせていただいています。レンタルでも、河川管理者のほうからのいろんな規制に対して十分対応できる形はあろうかと思っておりますので、その辺についての検討、研究というものはなされたんですか。 359: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 360: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  ふれあい公園の仮設トイレに関しましては、レンタルではなく購入という形でこれまでもしておりますし、また、今年度もそういう予定ではいるところではございますが、先ほど申した河川敷に置いてあるというところの中で、すぐに堤内地に動かさなければいけないとか、トイレにスポーツ選手の方々、かなりトイレに対しての、トイレが壊れていくというか、そういった頻度も大きくなります。最終的には、さらに金銭的な面という中での購入費、購入のほうが安価というところの中で購入ということで考えております。  以上であります。 361: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 362: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  購入した場合は、基本的に10年以上使えるという想定をしてございます。そういったことの中で、レンタルと使用可能期間ですとか金額面等を検討して、その結果、安価であるということが大きな理由として購入してございます。 363: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 364: ◯11番【関口光男君】  ある意味で言うと、購入で設置した安価という、いまひとつ理由としては乏しいような気がしてならないんです。安価ということが利用者にとって一番いいのか、大変な血税を使うんですから、安価ということも私は念頭に置くということについてはやぶさかではございませんけれども、しかしながら、それで不快感を与えていくという形で本当にいいのかどうか。今、野崎部長のほうからも、10年の耐用年数という話が出ました。結局、購入して設置していくということは、これの繰り返しになるんですね。10年たったときのトイレがどういうふうな状況になっているかということが、この繰り返しになるわけです。果たしてそれがいいのかどうかという発想にならないのか。また、リースという発想も、何年かに一度、リース会社ときちんと契約を結びながら清潔にしてもらう、一定の期間が過ぎたらトイレを変えてもらう、こういったこともやはり、寒川町のイメージアップのために私は必要なことではないか。実際にレンタルということでの検討はされたのかどうか、されたんだったら、それの話をいただけませんか。 365: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 366: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  ただ安いという理由だけで購入でいいのかというご意見でございますけれども、リースの場合ですと、期間の設定とか契約方法とか、いろいろな形が考えられるんですけれども、それにより価格が大きく左右されてしまう。結果的に、お金の話というところにどうしてもなってしまうんですけれども、その分、購入ということにしても、清潔さというところはもっと頻度を上げていくとか、そういった管理で補っていきたいと考えてございますので、よろしくお願いいたします。 367: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 368: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  リースと購入の関係でございますが、金額面での比較検討は、申し上げたとおり、しましたということでございますが、リースであれば、トイレの清潔な状態がどれだけ保てるか、その清潔な形が住民の方にどれだけいいことになるかという面での検討はしていなかったと感じております。
     以上でございます。 369: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 370: ◯11番【関口光男君】  もう少し親身になって、レンタルと買い取りと研究していただけませんか。今はいろんなレンタル会社があります。何年前に検討されたかどうかわかりませんけれども、ただ、私も今の仮設トイレについては購入を認めた側ですから、これについていろいろ言うつもりはありませんので、今、購入してしまったものについては、きちんと使っていただかなければならないだろうと思っています。ことしの1月に倉見スポーツ公園のほうはセットしたという話もありますので、これを放ってということは毛頭ございませんけれども、これの何年か後にはレンタルに切りかえるというこの議論をしっかりとしていただけませんか。というのは、今、サッカー、それから、野球にしても、子どもさんを連れて若いお母さん方が来ますけれども、また、ふれあい公園については、湘南台高校の生徒さんもあそこを使っていただいていますけれども、そういった意味で、寒川のイメージが、施設はとにかく私は、このふれあい公園も田端スポーツ公園もすばらしいと思っています。しかしながら、トイレが汚いという、これが最悪のイメージなんです、今の寒川の。ここをどう払拭するか。  そのいい例が、現に、サッカーの人たちは寒川離れを始めているという、こういう話も聞いております。多分、皆さんの耳にも入っているだろうと思うんですが、そういう意味では、早急にこのトイレというものを寒川のイメージが、トイレが汚いというイメージにすることは、申しわけありませんけれども、我々も責任がありますが、行政の責任というのは僕は大きいと思うんです。それで、寒川からどんどん利用者が離れていく、こういう状況にもしなっていったとしたら、私は最悪の事態と思っています。そういった意味では、たかがトイレ、しかしトイレなんです。ここでしっかり気持ちを押さえていただいて、なるべく早めにレンタルという形に切りかえて、レンタル会社も清掃もしてもらいながら維持管理をしてもらうという方策、寒川の悪いイメージがついてしまった、これを払拭するというのは並大抵のことじゃないと思います。施設はいいんだけども、トイレがくさいという、このイメージをどうしても払拭しなければならないと思っております。  町長はこのように言われているんです。寒川というのは清流という意味があると。きれいな水、きれいな川、こういう水が流れているところを、こういう意味を含めて寒川という意味があるんだということを町長もよく言われます。そういった意味からも、寒川のイメージというのを早急に変えていかなければいけないと思っていますが、いま一度、お二人の答弁をいただけますか。 371: ◯議長【黒沢善行君】  黒木都市建設部長。 372: ◯番外【都市建設部長 黒木 久君】  購入かリースかというところで、議員のほうからリースというご提案をいただいたところでございます。28年度については、購入ということで予定しているところではございますが、もう一度、リースの状況、情報収集、この辺に努めた中で、適正な方針を見つけていきたいと思ってございます。また、これまで購入して設置したものについては、日々の維持管理の頻度等を上げてきれいに保っていきたい、そういう工夫を対応してまいりたいと思いますので。  済みません、私、先ほど「レンタル」と言いましたけれども、「リース」です。失礼いたしました。済みません、先ほどから「リース」というふうに申し上げたようです。「レンタル」というような形で、レンタルか購入かということで、その辺のレンタルの情報収集をしっかりと努めて適正な方針を定めてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。 373: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 374: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  議員のほうから、サッカーの利用者が綾瀬のほうに流れているというようなお話もございました。スポーツ公園につきましては、特に少年少女の大会等であれば、保護者の方も来られます。そうしますと、安全面、衛生面等から、特に女性の方にも使いやすいトイレがあればなと、いつもそういう声を聞くということは知ってございますし、トイレがきれいですと、保護者の女性の方、特に喜ばれるというわけでございます。私も子どもが野球をやっておりまして、実体験からそのようなトイレのありがたさは身にしみて経験しているところでございます。  そういった中で、私も、例えば、平塚の大神のトイレですとか、それから、厚木とか藤沢にある河川敷の県立公園にあるトイレにつきましては、グラウンドは堤外地にありますけれども、トイレは工夫して堤内地のほうにあるとか、いろんな状況を知っているわけでございます。そういったことも踏まえまして、今後更新するときには、立地条件、それから、トイレの使用など踏まえまして、リースの場合、トイレの清潔性がどういうふうに保たれるのか、そういったことを考えた上で検討してまいりたいと思います。お願いいたします。 375: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 376: ◯11番【関口光男君】  そのようにひとつよろしくお願いします。利用者さんが気持ちよく使えるような形にしていただきたい。一番は、トイレの汚い寒川町をここでもって払拭したい。いつ行っても気持ちがいいトイレを使える寒川町に完全に切りかえたい、このように思いますので、どうかその辺のご努力をしていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  「トイレの神様」という歌があります。植村花菜さんという女性の方ですが、歌手がおられますけれども、トイレにはそれはそれはきれいな女神さまがいるんやで。だから、毎日きれいにしたら、女神さまみたいにべっぴんさんになれるんやで。その日から私はトイレをピカピカにし始めた。ぺっぴんさんに絶対になりたくて毎日磨いた、こういうふうな歌がありますけれども、おばあちゃんからずっと言い伝えられたという歌が大分ヒットしましたし、たしか紅白歌合戦でもこの歌が歌われたそうです。そういう意味で、トイレというものをきれいにしていきたいと思います。  私は、トイレとお風呂は自分の担当だと思っていますので、家のトイレとお風呂はやっていますけれども、町長初め、皆さんもトイレの清掃をされたらいいと思います。  それでは次に、青少年広場のほうに入っていきたいと思いますが、この青少年広場のトイレについて、経緯といいますか、その辺のご見解というか答弁をいただきたいと思います。 377: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 378: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  青少年広場につきましては、現在、常設型のトイレを設置してございまして、くみ取り式で、男性用小便用が3基、男女兼用の大便器が3基ございます。コンクリートの基礎で地面に定着してはおりますが、比較的簡易な構造であり、小便器については、三方は囲まれているものの一方向は抜けており、目隠し用のつい立てを設けて周囲からの視線を遮っているような状況でございます。  管理につきましては、委託業者による毎週1回のくみ取りの際に、設備状況の点検と清掃を行うとともに、広場の施錠管理をお願いしている方においても、折に触れて掃除をしてくださっており、何か異常があれば報告をいただいているという状況でございます。  青少年広場は、少年野球やゲートボール、テニスやバーベキューの利用など幅広い年代の方々に、また、大会ともなれば、町外からの参加者もあるなど、多くの方々にご利用いただいているところでございます。  以上でございます。 379: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 380: ◯11番【関口光男君】  先ほどちょっと1点忘れましたけれども、ふれあい公園についても、倉見スポーツ公園についても、ひとつ簡単な形でいいと思いますので、つい立てをつくることをお願いしたいと思います。河川法、また、管理者から文句を言われない程度のものでいいと思いますので、女性が入るときのことを考慮していただいて、やさしい形にしていただきたいと思いますのでよろしくお願いしたいと思います。  寒川青少年広場について、私も前回、何年か前に1基、トイレをふやしていただいた経緯がありますので、実際のところ、今、部長が答弁されたような形での状況というのは把握しておりますが、どうかこの青少年広場のトイレについて、あまりにも今の状況というものがみっともない、ここには多くの方たちがテニスをされ、また、ゲートボールをされ、少年野球は毎週土日のようにされておりますし、彼岸花があり、いろんな形でのイベントが目白押しでありますし、また、バーベキュー等もできるという、こういう形で水道も設置されている、こういった意味でも多機能的な広場であると思います。それに対して、あまりにもトイレが惨め過ぎる。こういったことで、このトイレについて、どのような対応をされようとしているのか、先ほどの町長の答弁の中にありました、町の顔である公共施設のトイレが不衛生な状態であることは、町のイメージダウンにつながりかねないというこの観点から、どのようにされるのか伺いたいと思います。 381: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 382: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  青少年広場のトイレにつきましては、広場自体が廃棄物が地下にある土地として、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第15条の17第1項に規定する指定区域に指定されていることから、施設を設置したり、地面を掘り返したりする場合には、法定の手続きに入る前段の工程として、事前に設置物の重量計算や設置形態、設置方法等について県と相談しながら進めていく必要がございます。現状のトイレについては、改善の必要があると考えてございますので、まずは、今申し上げた県への事前相談のために、今の位置にするのか、別の位置にするのか、どのようなトイレにするのか、また、リースにするのか、建築にするのかなど含めまして、内容の検討を進めてまいりたいと考えてございます。  以上でございます。 383: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 384: ◯11番【関口光男君】  廃棄物の処理及び清掃に関する法律第15条の17第1項に関する指定区域、青少年広場はいつこの指定になったのか、ご回答いただけますか。 385: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 386: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  まず、平成16年4月28日に、廃棄物の処理及び清掃に関する法律が改正されました。廃棄物が地下にある土地について、その区域を知事が指定するとともに、その区域の土地の形質を変更する場合には、事前に知事への届け出が必要となったというものでございます。町につきましては、平成16年8月から平成21年12月にかけまして、神奈川県との間において、関連事項の調査などをやって指定に関しての打ち合わせをずっと重ねてきた結果としまして、平成22年1月26日に、青少年広場のあります土地について、当時、51筆、約3万平方メートル弱を指定区域としての指定を受けたものでございます。  以上でございます。 387: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 388: ◯11番【関口光男君】  そうすると、先ほど施設を設置したり、それから、地面を掘ったりという、この場合、いろんな手続きがあるという話がございました。それについて、県との調整がどのような流れになるのか見解を伺います。 389: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 390: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  手順についてのお尋ねでございます。指定区域の土地について、施設を設置したり、地面を掘り返したりすること、こういったことは、土地の形質変更に当たります。この土地の形質変更を行う場合には、廃棄物の処理及び清掃に関する法律と、神奈川県の指導指針にのっとった手順を踏む必要がございます。県の指導指針では、法定の手続きに入る前に事前の手続きとして、事前相談、それから、事前調査、事前調整の3段階の手続きが必要となります。1つ目の事前相談では、設置物の概要について、所定の相談表により明らかにすることで、この段階で実施しようとする行為について、法に基づく届け出が必要かどうか判断されます。届け出が必要となった場合には、次の手続きとして事前調査を行うことになります。この段階では、例えば、試掘調査など、どういう項目について調査を行うかの指導がなされます。場合によっては、調査のための予算措置が必要になることも考えられるものでございます。  それで、次に、事前調査の結果を受けて3段階目の手順として、事前調整が行われます。事前調査結果をもとに施工方法を審査し、国の定めたガイドラインを参考に、施工基準に適合するかどうか判断されます。適合しない場合は施工基準に適合するよう施工方法に関する計画変更の指導がなされます。その上で、適合するものとなった段階で、初めて法定の手続きである形質の変更の届け出を工事着手日の30日前までに県に提出することとなり、ここから法定の手続きとなってまいります。  形質の変更の届け出がなされると、まず、届出書の記載内容や提出書類の不備等、法定の形式要件に適合するかどうか審査されます。適合していない場合は、補正指示が出されます。適合した場合は、届け出に係る施工方法が施工基準に適合するかどうか審査されます。ここで適合となった場合に工事施工が可能となるもので、今言いました、法定手続きを含めますと、工事に取りかかるまで順調にいって5段階の手順を踏むことになります。  以上でございます。 391: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 392: ◯11番【関口光男君】  随分矛盾していることもあるんですが、工程として事前に設置物の重量計算や設置形態、設置方法について県と相談しながら進めていくとあるんですが、重量計算というのが私はどうも意味がわからない。というのは、あそこには駐車場に車が30台も40台も50台もとまるんです。例えば、2トン、3トンのものをセットする場合、何でこれ重量というものが、駐車場が車をどんどんとめていながら、何でセットするものは重量計算が必要なのか、これについて、部長、見解をお持ちですか。 393: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 394: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  車につきましては、ずっと長期間にわたって重量がかかっている状態ではないというようなことではないかとは考えてございます。というのも、物置等も青少年広場に置いてございます。その物置を新しくしたいということで県のほうにご相談申し上げますと、平均的に重さをかけるようにしなさいという指導がございますし、その前に、ブロックをどういう間隔でどういうふうに置いて、重量がその重さに対して平均的にどうやってかかるということを聞かれますので、そういった意味からは、ずっと長い間、同じだけの力がどれくらいかかる、そういう視点でのお話だと考えてございます。 395: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 396: ◯11番【関口光男君】  あそこに例えばトイレを建設するということになったら、大変な工程をクリアしなければならないということの非常に難しさが、私、よくわかります。県の許可をいただいてあそこに廃棄物を処理したという経緯がありますけれども、実際にこうなってみると、県からえらい厳しい規制がかかってくる。そうなると、今一番考えられるのは、ここもレンタル、リースでセットものにしたらどうかと。先ほど町長にも見ていただきましたけれども、その前段階では、担当にも見ていただきましたけれども、今、非常にすばらしいレンタルリースのトイレがありますので、こういったものをセットするということでのまずは事前調査に入っていただきたいと思いますが、いかがですか。 397: ◯議長【黒沢善行君】  野崎健康子ども部長。 398: ◯番外【健康子ども部長 野崎 誠君】  先ほどの川とのふれあい公園や倉見スポーツ公園につきましては、一応、堤外地ということでございます。こちらの場所につきましては、市街化区域に隣接しているということと、それから、水道設備もあるということも踏まえた上で、今、議員のほうからお話がありましたリース等の方式、それから、設置するやり方、総合的にきちんと考えたいと思ってございます。  以上でございます。 399: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 400: ◯11番【関口光男君】  町長、時間の関係で、これ以上あまりにも難しいクリアしなければならない問題がありますので難しいと思うんですけれども、いずれにしましても、もう一点、宮山駅もやりたいので、申しわけありませんが、町長、できましたら今年度、建設にするか、もしくはリースでセットするかということも踏まえて、どういう形が一番あそこに、今のトイレでなくして新しいトイレにすることでどういう形が一番いいのか。もちろん、職員が県に行っていろいろな形で協議するということも大事ですけれども、町長にも一つの道筋をつけていただけたらありがたいと思っているんですが、これについて町長の見解を、この青少年広場に対する町長の見解をいただきたいと思います。 401: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 402: ◯番外【町長 木村俊雄君】  青少年広場の土地の経緯についてはいろいろ町、行政側としてもお世話になった部分もございます。そういう過去の状況もあるんですけれども、青少年広場、実際は青少年のスポーツグラウンドという形で使っておりまして、特に学童の野球大会は非常に数多く行われておりまして、近隣の茅ヶ崎、平塚、少年野球と合同で16チームがあそこで大会をやるんですね。そのときに挨拶をするんですけれども、どうしてもトイレが目に入ってしまう。やっぱりこれを何とかしないといけない。トイレは今、3基ありますけれども、それぞれみんな大きさも違ったり、形も設置年度が違うんでしょうけれども、あれはあまりにも、よく見えますけれども、あそこの場でほんとうにいいのか、適切なのかどうか。やはり青少年広場の敷地内、あるいは、隣接の状況を考えた中で、もっと適地がないのか。これは私自身も思いがございます。やはり利用する子どもたち、あるいは、当然、子どもですから父兄も同伴されますので、そういった年齢の方も利用できるような施設、やはりトイレについては、そんなに豪華でなくてもいいですけれども、ある意味、外部の方をもてなす部分の施設だとも思っております。現状のもので私はよしと思ってはございません。何らかの改良、改善が必要だと思っていますので、よろしくお願いします。 403: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 404: ◯11番【関口光男君】  今、町長の答弁がありましたけれども、この青少年広場のトイレについては、どういう形で協議、また、どういう形で県との調整を図っていったら一番早く設置が可能になるのか、建設にするのか、また、設置にするのか、これはこれからの協議になってくると思いますけれども、どうかそれについて、待ったなしだと思います。1日延びればそれだけ寒川のイメージダウンになりますので、どうかこの辺について、しっかりと、ちょっと申しわけないけれども、先頭に立っていただいて、県とも職員が行きやすいような道筋を町長につけていただければと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。  次に、宮山駅のトイレについてお伺いしてまいりますが、宮山駅のトイレについての経緯をご報告いただきたいと思います。 405: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 406: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  宮山駅前の公衆トイレについてのこれまでの経緯というお尋ねでございます。  最初のトイレは、昭和53年11月にコンクリート造り亜鉛葺きの平屋建てで、広さは5.73平米で建築されております。用地につきましては、JRの前身であります日本国有鉄道東京西鉄道管理局長に申請をしまして、昭和53年7月28日付で、無償により使用承認を受けております。その後、3年ごとに今、更新をしている状況でございます。  現在、2つ目のトイレになっておりまして、昭和63年12月にアルミ合板造り亜鉛葺き平屋建て、広さは9.6平米で建築しておりまして、繰り返しになりますが、これまで2棟設置いたしまして、ともに町が設置し、管理をしている状況でございます。 407: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 408: ◯11番【関口光男君】  このトイレにつきましては、同僚議員からも何回か質問されておりますけれども、その後、JRとの協議がなされたのかどうか、それについての見解をいただけますか。 409: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 410: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  これまでJRの敷地内ということもございまして、設置をJR側でしていただけないかということについて打診をさせていただいた経過がございます。こちら、私ではなく都市計画課のほうでJRのほうに問い合わせをしていただいた中で、厳しいというようなお答えをいただいているというのが状況でございます。 411: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 412: ◯11番【関口光男君】  53年に一度、それから、63年に建てかえ、こういうような形で寒川町が設置しているわけですけれども、そうすると、今回のトイレの改修についても、また、建てかえについても、JRについては現状は非常に厳しいという判断でよろしいのかどうかの見解をいただけますか。 413: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 414: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  現状の場所にJRが費用を負担して建設するのは厳しいという、そのようなお答えをいただいております。 415: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 416: ◯11番【関口光男君】  あわせてお伺いすればよかったんですが、例えば、建設をこちらでする場合に、JRの建設がだめだということですから、JRさんはだめだということですので、敷地については継続して利用できるという認識でよろしいのかどうかの見解はいかがですか。 417: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 418: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  敷地がそのまま継続して無償借用できるのかというお尋ねだと思うのですが、そこの部分については、まだはっきりお答えをいただいておりませんので、今月中に一度、JRのほうにお邪魔いたしまして、経過説明かたがた、その辺の状況について確認をしてまいりたいと考えております。 419: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 420: ◯11番【関口光男君】  それを早急にJRと協議をお願いしたいと思います。  あわせて、今の宮山のトイレについての認識をいただけますか。 421: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 422: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  現在、宮山駅の乗降客数につきましては、1日当たり4,000人を超えると認識をしております。したがいまして、当然、トイレの利用者も相当数いらっしゃるというふうに考えておりますので、あそこの部分、トイレについては、きれいに管理して気持ちよく使っていただければならないと認識をしております。 423: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 424: ◯11番【関口光男君】  ということで、町の考え方として、宮山駅前のトイレの建てかえについての町の見解をいただけますか。 425: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 426: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  繰り返しの答弁になってしまうかもしれませんけれども、まずは、JRの敷地内ということでございますので、まずは、JRにトイレの設置を費用負担でお願いしたい。それがかなわないのであれば、現在ある駅舎の中にJRの職員用のトイレがございますので、その利用ができるのかどうか、その辺について、JR側にお話を聞きたいと思っております。 427: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 428: ◯11番【関口光男君】  いずれにしても、スローな動きのような気がしてしようがないんですね。今の宮山駅前のトイレがどういう状況かということは、随分前から認識されていることだろうと私は思うんです。この認識のわりには動きが何か緩やか過ぎて、ひとつ今の話もありましたけれども、これからの建てかえしなきゃならないという認識があるわけですね。あるわけですから、これからの流れについてどのようにしようと思っているのか、この辺の見解をいただけますか。 429: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 430: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  宮山のトイレにつきましては、設置から20年以上経過しております。老朽化していますし、時間上も好ましくないというふうには承知をしているところでございます。やはり駅を使う町民の皆様や来町される皆様方に気持ちよく使っていただくための改修の必要性については十分認識をしているところでございますので、まずは、JRのほうに設置の費用負担での建てかえをお願いしたいと考えておりますので、まずはそこを進めていきたいと思います。担当課といたしましては、まだ、庁内協議も整ってございませんけれども、それができなかった場合どうなるかということについて、今、検討を指示しているところでございます。 431: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 432: ◯11番【関口光男君】  やる気があるかないかという話になっちゃうんだけど、もちろん、相手のいることなんだけど、現に、相手は自分たちが建てるということはしないと。しかし、要は、なるべく早めに行って、建ててくれないんだったらこちらで何とかするしかないじゃないですか。あのままでよいわけじゃないんだから。そうしたら、どういうふうにこれから動くのか、その動きというものを定めないと、一回行って帰ってきて、一回行って帰ってきてという話になってしまうと、それでは前に進まないんだよね。今の現状を考えたときに、全て町負担でいいのかというと、これまた違うと思っています。そういった意味では、後で提案をしたいと思いますけれども、いずれにしても、建てかえていくという一つの流れをつくらないと、次の段階に動いていかないという気がしてしようがないんですね。そういう意味で、いま一度きちんとした、担当に指示しているというのではなくして、こういうふうな形のもので動いていきますよというものをやっぱり私は示してほしいなと思うんですが、いかがですか。 433: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 434: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  今月中にJRにお邪魔いたしまして、今までの話を整理させていただいて、もう一度確認でJRのほうで設置はしていただけないのかどうか。設置していただけないのであるとなれば、駅舎のトイレも利用ができないか。それができないのであれば、持ち帰って、町としてあそこの土地を無償借用させていただいた中で何ができるのかということについて検討してまいりたいと思います。 435: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 436: ◯11番【関口光男君】  190万から200万人という方たちが全て宮山の駅を使うとは言いませんけれども、神社さんにお見えになる方たちの相当数、あそこに降りられる。そのために町は歩道も設置して、安心して神社に行けるような道路の体制づくりもした。しかし、あのトイレだけがどうしてもネックで、町のイメージが、全国から来る人たちが、宮山の駅を降りたときにそのイメージがあるんです。これでいいのかということです。ここで私が湯気を出していてもしようがないですけれども、いずれにしても、今のままでは、私は相ならないと思います。よっぽどの理由がない限り、JRさんがうちで建てかえしますなんていうことは絶対に言わないです、よっぽどの理由がない限りは。となると、町でもって53年でしたか、63年、町が建ててきたという経緯がありますから、そういった意味では、町が建てていくということになるだろうと私は予測しますけれども、そういったときに、できればみんなでつくろうよということで、町がある意味でリーダーとって、基金でも積んで、そして、この宮山駅前のトイレ建設に動き出したらいかがかなと思うんですが、これについて見解はどうでしょうか。 437: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 438: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  今のお話は、町が中心となって建てかえた場合ということの前提だとは思いますが、町だけでなく、企業さんや神社さん、もちろん町民の皆さんにもご協力いただいてということについては、すばらしい意見だと思っていますので、今後のことを念頭に入れた上で今後検討してまいりたいと思っております。よろしくお願いいたします。 439: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 440: ◯11番【関口光男君】  町長、最後に、この汚いトイレ、払拭しましょうよ。そういった意味で、先ほど町長が最初に答弁していただきましたように、払拭するために町長のご決意を聞きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 441: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 442: ◯番外【町長 木村俊雄君】  相模線宮山駅、寒川駅はあのように直りました。倉見駅もバリアフリーということで、いずれ変わっていくものです。残りは宮山駅でございます。確かに、寒川神社の最寄り駅ということで、電車の中でもPRされています。「神社に参拝の際は宮山駅を」ということです。だから、ある意味、観光的な部分もあるわけです。今お話のあったように、建てかえの必要性がないとは私は絶対思っておりません。どうやれば建てかえられるのか。そういう部分では、行政だけでなくて、ある意味、観光の部分があれば、観光協会だけじゃないですけれども、観光協会が音頭をとるみたいなこと、やはりそういった部分で町民の皆さんに知らせていく。そういった部分もこれからは必要なのかなと。あらゆる手段を講じて、最終的にはJRにも協力いただけるものなら支援をお願いしたいと思います。さまざまな部分、さまざまな体制がどう組めるか、建てかえに向けて、その辺ちょっと詰めていきたいと思います。 443: ◯議長【黒沢善行君】  関口議員。 444: ◯11番【関口光男君】  それでは、今回で終わりということではなくして、何回か質問していきながら、このトイレは何としても解消してまいりたいなと、汚いトイレを解消したいなと思っています。  以上で一般質問を終わりといたします。ありがとうございました。 445: ◯議長【黒沢善行君】  以上で、関口光男議員の一般質問を終了いたします。
     暫時休憩いたします。再開は14時40分といたします。                  午後2時22分 休憩    ──────────────────────────────────────                  午後2時40分 再開 446: ◯議長【黒沢善行君】  休憩を解いて会議を再開いたします。  次に、19番藤沢喜代治君の質問を許可いたします。藤沢議員。             〔19番(藤沢喜代治君)質問席へ移動〕 447: ◯19番【藤沢喜代治君】  通告順位ラストとなりました。質問は2点でございます。  まず、農業行政です。木村町政は農地法遵守の重要性をどの程度認識しておられるのか、そして、違反転用を確実に把握しておられるのか、その実態を明確に把握できない原因はなぜなのか、その後につながる税金のおびただしい格差を是正するべきだと存じます。重要な課題を曖昧のまま、今回の農業委員会法改正で木村町長は何のためらいもなく改定への道を独走した形となってしまった。これはとりもなおさず、農業委員会法第12条、選任委員の母体無視に直結したわけです。それでも農業委員会業務の重点化が遂行し得るとお考えになっておられるのか。同時に、水田保全事業を今年度図られました。農家としたら歓迎すべき事案ですが、これとてもひとりよがりでしかない。これらの経緯をちょっとお尋ねいたします。  2点目といたします。次に、ツインシティ・新幹線新駅誘致の観点です。まちづくり運動も満20年を経過したことになります。しかし、地元にとってこの20年は一体何だったんだろう。我々は、この人はこそと信頼をした方に背を向けられてしまった。公約を無視されてしまった。うかつにも、きずな社会や膝詰め協議という言葉に乗せられてしまった地元が愚かだったんだ、そして、私を初め、地元役員は無能だったんだということでございます。地元関係者の不安と苦悩は表現し得ないことでございます。そして、木村町長はJR東海の金子社長と面談をなされたが、どの程度の会話ができたのか。一方、県新幹線新駅期成同盟会総会での木村町長の近況報告をかねたご挨拶では、相当に整ったような発言をされた。だとすると、自治体の首長として、到底、地元へのシナリオを明確にされるべきです。木村流でいえば、「道筋を示す」ということになろうかと思うわけですけれども、それらを明確にされる義務と責任があるというふうに私どもは考えております。  以上、お答えをお願い申し上げ、次の段階へ入りたいと思います。 448: ◯議長【黒沢善行君】  ただいまの質問に対する答弁を求めます。木村町長。 449: ◯番外【町長 木村俊雄君】  それでは、通告順位14番藤沢議員のご質問にお答えいたします。  まず、大きな1点目の農業行政について、農地法遵守の実態とその陰りを的確に捉えているのか、そして、制度改革の実現にどのように対処するのかとのお尋ねでございます。  6月に入りまして、町内至るところで田植えの光景が見受けられるようになりました。苗が整然と植えられた田を見ておりますと、水田のすばらしさを改めて感じておるところです。また、丹精込めてお米をつくる農家の皆さんの姿に感動させられたり、あるいは、夕日が田植えの終わった水田を赤く染めている状況は、まさにすばらしい風景だなと感じるところでもございます。  さて、農業行政のキーワードといたしましては、後継者不足、遊休農地、荒廃農地、新規就農問題、農業所得問題、土地利用規制、新たな販路拡大、そして、わいわい市などが挙げられると思います。また、近年においては、都市化の進展等に伴いまして、土地利用の多様化、混在化も進んでおりまして、営農環境は決してよい状況にあるとは言えないと思っております。  このような中、農業委員とともに農地パトロールを実施しており、遊休農地の実態把握と解消促進、農地の無断転用防止、農地の有効利用に向けた関係者への啓発普及並びに農地制度の適切な運用に努めているところでございます。平成28年4月1日には農業委員会法が改正されまして、今後は新たに農地利用最適化推進委員も設置することになっており、より一層農地の適正管理に努めることとなります。  また、町の農業者の現状に目を向けますと、農業外収入があって農業経営が成り立っているという状況も確認できるところでございます。このような中で、昨年、町の農業振興の指針となる寒川町農業振興地域整備計画の見直しについて、寒川町農業振興地域整備促進協議会で議論をいただいたところでございます。その中では、農業振興に対する意見もいただきましたが、町の農業の現状から、農用地除外についての強い意見もいただいたところでございます。この件につきましては、神奈川県と協議を重ね、その内容につきましては、寒川町農業振興地域整備促進協議会に報告をさせていただいたところでございます。  農業行政の取り組みといたしましては、多面的機能を有する農地という大切な資源を次の世代に引き継いでいくことが重要でございまして、そのためにも将来の農業の担い手となる農業者への農地の集約、新規就農者の受け入れなどを行うことで農地を効果的・効率的に活用できる農業の確立を目指し、農業振興を進めてまいりたいと思っております。  続きまして、大きな2点目のツインシティ・新幹線新駅誘致についてのお尋ねにお答えをいたします。  まず、ツインシティ及び新幹線新駅の誘致へのシナリオはとのお尋ねでございます。ツインシティ倉見地区は新幹線新駅を前提としたものであり、まずは、新駅周辺整備検討区域を重点地区に設定し、取り組んでいるところでございますが、このまちづくりをさらに推し進めるには、JR東海による新駅設置に関する前向きな回答がなければならないと考えております。JR東海は、新駅設置の可否については、需要見込み、周辺地区における都市形成の状況などを検証した上で判断するとしておりますので、町といたしましては、広域的なアクセス網だけでなく、まちづくりの青写真も回答を引き出すために必要であると考えております。現在、広域道路ネットワークの整備は着々と進んでおりまして、まちづくりについてしっかりとした案を示せるよう県と調整を行っているところでございます。町といたしましては、JR東海から前向きな回答をいただけるように取り組みながら、並行してまちづくりの素案を地元の皆様とつくり上げていけるよう努めてまいりたいと考えております。  まずは、リニア中央新幹線の品川-名古屋間開業を見据えて、早期に実現できるよう取り組んでまいります。しかしながら、年次等につきましては、JR東海から回答をいただいた上でないと詳細をお示しすることは難しいと考えております。新幹線新駅の誘致については、神奈川県と期成同盟会とともに要望活動を進めているところでございます。JR東海は、現時点の新駅設置は困難ですが、リニア中央新幹線が開業し、東海道新幹線のダイヤ構成に余裕が生まれれば新駅の設置の余地が高まるとしております。リニア中央新幹線につきましては、一昨年に工事が始まりましたが、現在は新駅設置の可否について検討できる段階ではないとのことでございます。町といたしましても、早期に検討に入っていただき、駅設置の回答がいただけるよう、引き続き期成同盟会の一員として要望活動等を継続してまいります。  続いて、上部団体、あるいは、関係各組織とのきずなづくりに関するお尋ねをいただいております。これまでも新駅誘致やまちづくりに関しては、神奈川県と歩調を合わせてきておりまして、また、期成同盟会構成自治体とも連携した活動をともに進めてきているところでございます。新幹線新駅誘致地区であるツインシティ倉見地区につきましては、県にとっては圏央湘南の南のゲート、町にとっては北の核となる新駅の受け皿としてふさわしいまちづくりの実現に向け、取り組みを続けているところでございますが、この事業を進めるためには、やはりこの地区にお住まいの方々を初めとする関係地権者等、また、周辺の皆様のご協力が何よりも重要だと考えております。  一方で、東海道新幹線(仮称)倉見新駅促進協議会及びこれに関係する町内会、商店会、生産組合、まちづくり関係の団体などとも連携が必要と考えているところでございます。その中で、先日、議員ご自身も携わっておられる倉見まちづくり協議会並びに倉見共有地会の総会には私自身も出席をさせていただいておるところでございます。倉見まちづくり協議会に対しましては、ツインシティ倉見地区のまちづくりに関する基本的な考え方についてという、同協議会からの確認事項に対する6項目の基本的な考え方をお示ししているところでございます。そして、ツインシティの予定地に土地をお持ちである倉見共有地会につきましては、今後も事業を進めていく中でも重要な団体と認識しているところであり、今後もご協力を賜りたく思っております。  地域の発展、地域にお住まいの方の安全・安心な暮らしを実感できるまちづくりを進めるために、今後とも県、期成同盟会及び地元の関係組織との連携を大切にしつつ、歩みを進めてまいりたいと考えております。よろしくお願いいたします。 450: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 451: ◯19番【藤沢喜代治君】  私は冒頭に、町長に対して幾つかの質問をいたしましたけれども、その中で最も必要なのは、違反転用を確実に把握しているのか。これはおっしゃられたとおり、なかなか難しいかもしれない。しかし、その実態を明確に把握できない原因はどこにあるんですかということについて、町長、答えてください。あなたなりのお答えをお願いいたします。 452: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 453: ◯番外【町長 木村俊雄君】  無断転用の状況、地区ごとの件数、面積等については、把握をいたしてございます。しかしながら、その状況、あるいは、解決策等につきましては、どのような対応をしているか。農地の復元通知、農業委員会会長と町の連名で通知を出したり、あるいは、口頭で指導したり、農地の適正な管理に努めているところでございます。先ほどお話し申し上げましたけれども、農業委員さん協力のもと、農地パトロールを実施し、農地の無断転用防止、あるいは、耕作放棄地の実態把握と解消促進、農地の有効利用に向けた関係者への啓発・普及並びに農地制度の適切な運用に努めているところでございます。 454: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 455: ◯19番【藤沢喜代治君】  私の質問とは相当ずれている。私はどうして把握できない、その原因をしゃべってください、あなたなりの意見を聞かせてくださいと言ったのに、あなたは、復元だとか、これからどうのこうのということを言っておられますけれども、それは答えになっていないわけですよね。  次に入ります。農業振興地域内の農用地指定での無断転用の件数と面積、これをお答えいただけますか。 456: ◯議長【黒沢善行君】  高橋農業委員会事務局長。 457: ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】  農業振興地域内の白地の無断転用の件数、面積の状況でございますが、市街化調整区域白地の農地につきましては、現地確認が非常に難しい場所もございます。その場合には、登記地目により確認をしてございますが、市街化調整区域の農地の中には、過去におきまして、農地転用許可を受け転用した農地もございますが、その農地の登記種目を変更していない場合もございます。これによりまして、正確な数字が出さない状況になってございます。  以上でございます。 458: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 459: ◯19番【藤沢喜代治君】  ただいまの答弁は、大変、聞いていると先回りをして答弁をされている。私は農業振興地域内、農用地指定の違反転用はどうですかと聞いた。高橋局長は白地のところの回答までなされる。改めて伺います。調整種目の違反転用がどうして把握できないのか、先ほど町長にも聞きましたけれども、町長、改善の方向ばかり言っておられて、把握できないのに改善ができるんですかね。その辺をどなたでもいいから聞かせていただきたいと思います。 460: ◯議長【黒沢善行君】  高橋農業委員会事務局長。 461: ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】  なぜ農振農用地だけ、調整区域白地を是正通知をしないか、是正の指導をしないのか、こういったようなご質問かと思います。現在、農業委員会では、町内の農振農用地区域内の無断転用をしている農地の所有者を対象に是正指導通知を発送してございます。これらは農地の確認作業をするために優先順位を現在つけてございます。農地として利用しなければならない農振農用地を優先しているためでございます。農振農用地につきましては、9月から11月末までをパトロール強化月間としてございまして、その後、調査結果をまとめまして、12月から1月に県から調査報告の依頼がございまして回答をしてございます。そして、発送の準備が整い次第、是正指導通知を3月に発送してございます。  以上でございます。 462: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 463: ◯19番【藤沢喜代治君】  これから調査をされるということですけれども、どのような過程で調査されようと。ただ、私どもが考えているのは、農地には第1種農地、第2種農地、第3種農地がございます。その点をどの程度認識して調査されようとするのか、もう一度お答え願います。 464: ◯議長【黒沢善行君】  高橋農業委員会事務局長。 465: ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】  年に1回、無断転用の調査もしてございますが、基本的は、農振農用地を調査してございます。今後、農業委員会制度がまた変わりましたときには、農地適正化利用推進委員さんが設置されますので、農振白地のほうもこれからは検討する農地の部類に入ってくるかと思います。  以上でございます。 466: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 467: ◯19番【藤沢喜代治君】  私が強く申し上げたいのは、農地法違反は絶対に区分にとっては有利なんだと。農地法は絶対守っちゃいけない。これは10年、20年前に、今では何とおっしゃるか知らないけれども、農業改良普及員さんが、ごく懇意な人たちに触れて回った。どんなに転用してもいいから、農業委員会へ届けを出すんじゃないよ。出すと後でばかを見るんだと。そのばかを見るという原因は、農業委員会へ4条、あるいは、5条の申請をすると、それは即、4条の場合は町ですか、5条は県ですか、知事の許可をいただく。そうだとすると、これは資材置場、駐車場にしても雑種地で、元の230倍から250倍の税金がかかる。これを仮に無断転用だとすると、確かに、固定資産税は同じかもしれないけれども、借りた業者が支払ったときに、今度は雑種地でなくなった場合に届け出をした人は農地の200倍の税金が20年でも50年でも、100年でも200年でも続いていく。届け出を出さなかった人は、畑に転用、畑の課税、田んぼの課税になるんですよ。そこのところはどの程度認識しているわけですか。よくわかりませんで過ごそうとすることは全くずるい、不公平なんですよ。町長、それ、どの程度認識しておられますか。ご意見伺いたいと思います。 468: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 469: ◯番外【町長 木村俊雄君】  農転を出しますと課税上が大きく変わる、要は、税額が変わるということ、課税標準額が変わってくるという意味で、これは市街化でも調整区域でも同じなんですけれども、市街化の場合は農転届ですけれども、そういった場合、出した場合、宅地介在型ということで現況と何ら変わらないんですけれども、課税上は大きく変わってくる。無断転用した場合については、それを戻せば税の課税上は従来の農地になってくる。その辺のある意味、私も疑問には感じておるところでございます。 470: ◯議長【黒沢善行君】  高橋農業委員会事務局長。 471: ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】  ただいまのご質問でございますが、補足答弁をしたいと思います。  農地転用許可を受けまして、転用工事が完了した土地につきましては農地法が適用されず、所有者は権利の移転等の土地利用を自由に行うことができます。そのため、農業委員会では、農地転用許可の申請を受け付ける際には、転用の必要性、代替性、確実性を慎重に審査をしてございます。当然、許可権者である神奈川県においても、そうしたことを農地法に照らし合わせ、転用許可をしてございます。  このようなことから、農地法は一度転用された土地が農地に戻ることを想定しておりません。また、課税の取り扱いについては、農業委員会で決められません。ただし、その土地の農地性につきましては、現況主義としておりまして、所有者からの申告があれば農地台帳に農地として掲載もできます。また、転用許可後に工事の完了の見込みがなくなった場合には、申請者が許可の取り消しを求め、農地に復元することで再び農地として取り扱うこととなります。これらの取り扱いにつきましては、神奈川県並びに寒川町ともに同じ見解でございます。  以上でございます。 472: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 473: ◯19番【藤沢喜代治君】  いわゆる介在金課税について、木村町長も苦慮しておられるようなご答弁だった。ただし、今の高橋局長でいうと、これは雑種地から今度は農地に復元したときには、農業委員会が認めるというふうに解釈してよろしいんですか。そのように解釈をしてよろしいんですか。 474: ◯議長【黒沢善行君】  高橋農業委員会事務局長。 475: ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】  その農地転用の目的によりまして、再び農地として取り出すことはできるということでございます。  以上でございます。 476: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 477: ◯19番【藤沢喜代治君】  それは何よりの朗報で、町長もよく胸に刻んでいただきたいと思いますけれども、そうだとしたらば、だけど、線引きの後に、松沢知事はどうして届け出をしたものはノーにしたのか。これは事実でございます。松沢知事は、無届けのものは農地にして結構です。農業委員会の許可を受けたものは永久にこれは介在地だということです。だからこそ、その当時に私は一般質問もしましたけれども、恨みのある方が知事に直訴までされた。あなた、記憶しておられると思うんですよ。知事は認めなかったんです。あなたの力でこれからそういうふうにしていただければありがたい。ぜひあなた、努力してください。寒川ではそれは認めない、多くのところで認められている。そのとき申し上げたのは、私は、厚木とか海老名とかは介在地の緩和策をとっている。だから、寒川もそうしていただけませんかという質問をしています。その点、あなたがやられたら、私は随分助かったと思っています。今になってそういう解釈だと本当にありがたい。ぜひそうしてやっていただきたいと思います。  次に入ります。先ほど町長は勧告の通知を出す、改善を図ると言われましたけれども、どのような文書をどのようにしてお出しになるのか。そして、それには内容、相当細かく報告していただけませんか。 478: ◯議長【黒沢善行君】  高橋農業委員会事務局長。 479: ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】  町、また農業委員会では、違反転用をされている状況の方に農地の復元通知を町長名、農業委員会長名で出してございます。年1回、3月ごろをめどに出してございまして、それ以外は口頭にて指導させていただき、農地の適正管理に努めているところでございます。  また、農業委員さんの協力のもと、農地パトロールを実施いたしまして、農地の無断転用防止、耕作放棄地の実態把握と解消促進、農地の有効利用に向けた関係者への啓発、普及並びに農地制度の適切な運用に努めているところでございます。  以上でございます。 480: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 481: ◯19番【藤沢喜代治君】  勧告の文書の中へ違反転用の場合は現状回復違反をした場合、現状回復の命に従わない場合、3年以下の懲役、あるいは、300万円以下の罰金、これは単に書いただけなんですか。没収されたことがありますか。私は罪としたら相当重いと思いますけれども、これだけの警告を出していながら、全く違反の面積が減っていないわけですね。木村町政になってからわずかに2,180平米ぐらいしか減っていない。5年間でそれだけです。これで農地法が守られるのかどうか、私は疑問に思っております。 482: ◯議長【黒沢善行君】  高橋農業委員会事務局長。 483: ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】  農地の復元通知のお尋ねかと思います。毎年年度末、3月に無断転用の所有者の方に農地の復元通知ということで、指導通知を町並びに農業委員会のほうから出してございます。内容につきましては、農振法に該当する農地、いわゆる農地以外に利用することができない用地について違反を、農業の用に供する土地に戻していただきたい、また、農地法につきましても、違反が見受けられるから是正をお願いしますというような土地所有者への指導通知でございます。また、違反転用の面積でございますけれども、わずかではございますが、毎年このような数字によりまして、是正がなされているところでございます。  以上でございます。 484: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 485: ◯19番【藤沢喜代治君】  精いっぱいのお答えをいただいたようですけれども、あなたからいただいた現況農用地無断転用状況、この集計に過ちはありませんか。私に一度、参考としていただきました。その後、あなたは差しかえをせられた。それで、私の原稿は4,000なんて書いたんですけれども、間違っていませんか。これ、正しいですか。自信持って言えますか。そうだと、じゃあお伺いしますけれども、例えば、平成26年4月、是正面積を引いてみると数値が違いませんか。 486: ◯議長【黒沢善行君】  高橋農業委員会事務局長。 487: ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】  平成26年4月1日現在の現況農用地、無断転用状況でございますが、筆数といたしましては44筆、面積につきましては、2万6,010平米でございます。  以上でございます。 488: ◯議長【黒沢善行君】  高橋農業委員会事務局長。 489: ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】  26年4月1日現在の数字でございます。筆数にしまして44筆、面積にいたしまして2万6,010平米でございます。  以上でございます。 490: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 491: ◯19番【藤沢喜代治君】  26年の場合、是正されたものがございますね。それらを合わせていくと、少し数字が違うんですけれども、違いませんか。 492: ◯議長【黒沢善行君】  高橋農業委員会事務局長。 493: ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】  26年4月1日でございますけれども、それでは地区ごとにちょっとご説明をさせていただきたいと思います。田端、2筆、893平米。小戸、18筆、9,428平米。 494: ◯議長【黒沢善行君】  事務局長、済みません、数字ちょっとゆっくりめに、2回繰り返して言ってもらっていいですか。 495: ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】  田端、2筆、893平米。2筆、893平米。小谷、18筆、9,428平米。18筆、9,428平米。宮山、19筆、1万3,313平米。19筆、1万3,318平米。倉見、5筆、2,371平米。5筆、2,371平米。合計につきましては、先ほどご報告させていただいたとおりでございます。 496: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 497: ◯19番【藤沢喜代治君】  25年の数字から合わせていくと、26年度、25年、そして、28年へ続いて、これが正しいかどうか私は大変疑問を持っております。この続きは、予算委員会に伴い、決算委員会に伴い、大事な時間を考えた質問ですから、後ほどまた聞かせていただきますけれども、ただ答えにして、次へ進んでいきたいと思うんです。  問題は、先ほど町長もおっしゃられた農業振興地域整備計画法の中で、町は当初から、難しい、難しいと言っておりました。しかし、県のほうでは理由をつけて、正当な理由をつけて除外を申し出いただければ、それは考えますよということだった。そうですね。そういう文書もいただいているところです。そこで、町長にお尋ねしたいんですけれども、平成25年11月の保育園の民設民営化のときに、私は町長に相当くどいようなお願いもしましたし、町長も今までうかつだった、私はそれにできるだけの真意は持ちます、調査もいたしますと言われました。その後、どういうふうにされましたか。依然として、私は町長の努力をされたかどうか、その姿勢が見えていない、形が見えていないということはいかがでしょう。 498: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 499: ◯番外【町長 木村俊雄君】  その件でございますけれども、たしかさむかわ保育園、一之宮愛児園そして、旭という3園が公設民営から民設民営に移る際、子どもの遊び場というか、子どもたちそれぞれ、さむかわ保育園は中央公園、また、一之宮愛児園はすぐそばに運動場というか園庭がある。しかしながら、旭が敷地内以外にはないということでお話がございまして、その辺、ある意味、第2の園庭の確保についてというお話を確かにいただきました。過日、私も旭保育園の運動会にはお声かけがあってお邪魔したんですけれども、運動会そのものは園の敷地の中の園庭で皆さんやっておられました。しかしながら、外に第2の園庭の確保については、先ほど来、土地の規制がかかっておりまして、新たに設けることは非常に困難な状況で現在に至っているところでございます。  他の2園に比べて、旭についてはどうなんだろうと。その辺の差については、もう少し改善すべきではないかというお話もございました。ある意味、各3園、それぞれ地域の状況も異なっているわけでございますけれども、今、旭については、かなり、目久尻川があったり、ある意味、自然風景の豊富なところでございます。川沿いの散歩とか、あるいは、旧目久でもここで環境団体が整備して散歩道、広場をつくっている部分もございます。そういったところだけでいいと思ってございません。現実、私のほうとして、第2の園庭という形での場所の提供については至っていないのが事実でございます。ただ、状況が変わってございますので、現在ある状況の中で利活用いただければなという思いでございます。 500: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 501: ◯19番【藤沢喜代治君】  平成25年11月28日、民設民営化の際に、町長は相当に決意を私どもに示されたと思いますけれども、何ら形にはあらわれていない。ただいまおっしゃられたことは、広場とか、あるいは、田園風景がどうのとかおっしゃるけれども、あなたがおっしゃられたのは、3園均等ということだった。さむかわ保育園は、おりてくればすぐにでもそこの中央公園で子どもさんたち、親御さんたちも保育士さんたちも安心、一之宮には第2のものがあります。旭だけはない。これの3園均等を図ると言われた。ただ、私は第2の運動場がないならないなりに、保育士さんたちは努力していられるようですけれども、旭保育園の保育士さん、あるいは、園長さんが今、最大の苦労はあなたはご存じですか。何を苦労しておられるか。私は周囲からそういうことを伺っていますけれども、また、感じていられることがあったら一言で結構です。 502: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 503: ◯番外【町長 木村俊雄君】  その件とは別なんですが、保育士さん等の通園にかかる車の駐車スペースでございます。 504: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 505: ◯19番【藤沢喜代治君】  駐車場についてはあなたはどうお考えになるか、本心を伺いたいと思います。あなたにしても、高橋事務局長にしても、これからも是正のために勧告文を出すと言われましたけれども、保育士さんたちは朝番もあれば早番もある。そして、今まで宮倉13号の縁の雑地半分と雑種地が半分のところを借りておられましたけれども、そこは最近、宅地造成をされて、そして、ご近所の方の農用地指定のところ、あるいは、勧告をされるかもしれない、あるいは、違法転用だと言われるかもしれないけれども、今、子ども、子育てが一番重要なときに、保育士さんたちの立場、そして、園児の立場、園児のお母さん方の立場を考えるに、私は多少、勧告文が出ようと何だろうと、私なりに決議をして、保育士さん方、あるいは、園のためにお貸しすることを決めたというようなことを聞いております。それでもあなたは、これから先、勧告文を出そうとされるんですか。 506: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 507: ◯番外【町長 木村俊雄君】  農地の復元についての通知でございますね。確かに、これは違反転用を行った場合、もしくは、違反転用における現状回復命令にもなるわけでございます。しかしながら、通常、例えば、そこの農用地、規制のある土地を無断で使って、例えば、作業場、あるいは、収益事業、あるいは、何らかの事業転用をする場合とは、ちょっとこれは意味合いが異なってくるかなと思ってございます。先ほど来、民設民営にはなりましたけれども、幼児の保育業務の一環としての駐車スペースということになって、この辺、先ほど来、お話がございました、認められ得る範囲になってくるのか、公益的とは言いませんけれども、そういった部分に該当するかどうか、その辺を県のほう、あるいは、農業委員会のほうとも調整をさせていただきたいと思います。 508: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。
    509: ◯19番【藤沢喜代治君】  久しぶりであなたから大変いいお答えをいただいて、私自身も歓迎するところでございます。周囲の方々は、やはりよく決断をしていただいたということで、皆さんは感謝している。その違法転用の地主さんに感謝をしている。あなたがこれからそういうふうにしていただけるならば、ぜひとも愛児園の第2グラウンドもそういうふうにしてあげて、それと同じような、それにまさるような扱いをやっていただきたい。  それと、どうですか、JAが絶えず望んでいる、これは農業振興地域整備計画の中でも発言がありました。わいわい市の拡張、そして、今、観光協会が観光資源を求めている。あなたのお答えでは、寒川神社を中心とした地域、寒川神社を中心としたここは全部、農用地指定なんです。だからこそ、観光協会についちゃっている。そして、5者協議、最後は5者協議です。5者協議の後は観光協会さんの意向次第だというけど、町がある程度はリードしてあげて、今おっしゃられたような言葉も、善意を観光協会にもお示ししてやっていただきたいと思うんですが、もう一度それらを含めた温かい回答がいただけるでしょうか。 510: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 511: ◯番外【町長 木村俊雄君】  神社南側の、いわゆる東参道の件については、ちょっとその話までは含められませんけれども、今の旭保育園の通園に係る駐車スペースにつきましては、その近隣、隣接区域の中で駐車可能な土地等も若干、担当のほうではチェックしているようでございますので、まだ当然、相手方にお話はしてあるわけではございません。その辺と調整を図りながら進めていきたいと思っております。 512: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 513: ◯19番【藤沢喜代治君】  農業振興地域整備計画審議会のほうへも県のほうから特殊な事情です、こうですというような局長からのいろいろな文書があれば受け付けるようなことを言っておりました。多分、あなたはそれをさらに拡大して、そのような形にしてやっていただきたいと思っております。これはお願いにとめて次の質問よろしいですか。  農業委員会法の改正がございました。私が大変残念に思っているのは、先ほど申し上げました、農業委員会法12条の2項、3項にかかわる委員の選出について、町長は事前に何の連絡もなく、これが当たり前だというような姿勢で改正を進められようとしておられます。私はそれでいいのかなと。あなたが言っておられるきずなというのは、やはり道義心から生まれたものだろうと思います。道義的な問題は私は一番大切だと思います。何でも、法だから、あるいは、条例に従えばいいんだ、簡単に言えば、農協が推薦していた方、あるいは、土地改良区が推薦していた方も、あるいは、議会で推薦すべきものも、全部俺が推薦すればいいんだよと言わんばかりの姿勢だと思っております。それは私、当初に申し上げたように、議会軽視でもあり、それぞれの機関を無視した姿としか思えない。それが今の農家の方々は大変不満に思っておりますけれども、あなたのお耳に入っているか、入っていないか。だとしたら、あなたは今、どういう気持ちでおられるか。あなた自身が議会軽視でもないと言い切れるなら結構ですけれども、お答え願います。木村町長から答えを願います。 514: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 515: ◯番外【町長 木村俊雄君】  それでは、ご指名でございますので私のほうからお答えをいたします。  確かに、この農業委員会法の改正が伴いまして、議会へのお話しする順序にちょっと手違いがございまして、担当部長、環境経済部長から議会のほうにおわびのお話があったかと思っております。正直、私もその件については後からご報告を受けたということでございます。しかしながら、法が改正されたといっても、これは長の特権事項で全て私が指名するというか、一方的に決めるということではないというふうにとっておりますし、当然ながら、農業者、あるいは、関係機関との調整を経た上で議会にお諮りするという形になろうかと思います。 516: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 517: ◯19番【藤沢喜代治君】  それも大変立派な答弁です。それは決して法には外れていない、不適切ではない。しかし、コミュニケーションがどうなのか、道義的にも議会の議員が知らない間に、農家の人たちはどうのこうのと大変心配をしながら将来を考えていた。議員は何も知らなかった、蚊帳の外だった。私はそういうことでは、冒頭にご質問申し上げたように、これからの農地の保全、あるいは、農業振興がうまくいくとは限らない、そのように。その点、28年度、寒川町水田保全事業にしてもそうだと。金を渡せばいいんだというような気持ちしか私どもには見えない。コミュニケーションの道義的な気持ちもあらわれない。ましてや、木村町政のきずなってこんなものなのかとしか思っておりません。それでいいんでしょうかね。念を押しておきます。 518: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 519: ◯番外【町長 木村俊雄君】  今回、今年度、新たに水田に対する水利費相当分の助成というか、行政側で負担しましょうというのは、これは単に、冒頭にお話ししたように、自然的な水田風景がいいという、単に景観的な問題ではなくて、今、非常に水田、農地もそうなんですが、畑地よりも田んぼの有効性というか、これは非常に、ある意味、防災の視点からも非常に重要な部分だという認識をしてございます。今、どうしても耕作者がいなくなってくると、畑に転用される場合がございますけれども、田は一段として形状が保てないと、防災的な部分、あるいは、その地域の環境づくりの上でも非常に重要な機能を果たしておりますので、そういう点も含めて、今回、耕作者の一部負担軽減になればという思いで対応したところでございます。防災の視点も当然ながら大事だと思います。また、耕作者、生産者の皆さんも考え方、意向も、今回ではないですが、以前に伺ったこともございます。そういったものを総合的に勘案して今回対応したところでございます。 520: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 521: ◯19番【藤沢喜代治君】  それでは、部長と課長にいかがですかとお伺いしました。あなたたちは何のために建設経済の協議会の席で謝罪されたんですか。その真意をここで改めて伺いたいと思います。何のために謝ったのか。謝られたんですよね、部長は2度も、そして、課長以下何人もが。ましてや、部長は私の家にまで来て何を謝罪されたんですか。町長の答えからすると、全く無意味だったと思いますけれども、どうでしょうか。 522: ◯議長【黒沢善行君】  畑村環境経済部長。 523: ◯番外【環境経済部長 畑村正樹君】  謝罪をさせていただいたのは、大きな2点の問題があったと思っております。まず、農業委員会法改正につきまして、これまで私が3月まで農業委員会の事務局長を務めていたということで、生産者の皆さんにまず、農業委員会の改正、寒川町の来年の7月になりますが、それまでの間に、事前に推薦をどうしたらいいかとかいろいろご検討なされるというような情報もいただいておりましたので、条例の改正についてはもうちょっと先になるんですが、まずは生産者の方のお耳に入れておいたほうがよろしいのではないかと判断しまして、4月の生産組合長会議で概略についてご説明をさせていただきました。その件に関しまして、やはり原点は議会と考えますと、まずは状況だけでも建設経済の常任委員会、協議会のほうにご説明をした上でやるべきであったというふうなことを反省いたしまして、謝罪をさせていただきました。  もう一点、水田保全事業につきましては、生産者の方々からもいろいろと、平米4円の補助金ということで、どんな制度なんだろうというようなお話もいただいておりました。そういった部分で概略を説明させていただいたんですけれども、その件に関しても、やはり協議会のほうにまずはご説明をさせてから説明をすべきだったと。そういった意味を含めて謝罪をさせていただきました。  以上です。 524: ◯議長【黒沢善行君】  高橋農業委員会事務局長。 525: ◯番外【農業委員会事務局長 高橋恵一君】  これまでにつきましては、農業委員の改正が行われる際、事前に地域の農業者の中から農業委員を推薦するに当たりまして、生産組合長さんが連絡調整をしているところでございます。既に4月ですと旧組合長のほうから引き継ぎを受けていられる方もいらっしゃるのではないかと考え、今後、新制度に移行したときには、農業委員の要件などが変わりますので、生産組合長に調整いただいたことが無駄にならないよう、また、生産組合長会議が不定期に開催され、開催回数も現在は少ないような状況の中から、6月会議に先立ちまして、4月の生産組合長会議において説明をさせていただいたところでございます。  水田保全事業につきましても同様でございます。議会での報告が後になってしまったことにつきましては、大変申しわけないことと認識をいたしているところでございます。  以上でございます。 526: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 527: ◯19番【藤沢喜代治君】  今、課長が最後に答えられたように、町の議会へは最後になってしまった、それについて申しわけない。畑村さんもそんな気持ちだったのかな。そうだとすると、町長はそういうことはあまり考えていない。ただ法にのっとればいいんだよというようなふうにしか受け取れない。  時間がございませんので、次の質問をさせていただこうと思います。とにかく新幹線について、ツインシティの問題については、20年余りも過ぎたわけでございます。5月13日、木村町長はJR東海の担当副社長にお会いになられた。そのときには金子副社長だけだったのか、あるいは、JR東海ではほかの方がおられたのか、どなたがおられたのかということをまずお伺いします。 528: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 529: ◯番外【町長 木村俊雄君】  5月13日、JR東海、東京のほうに伺いまして、そのときに要望の際にお会いしたのは、JR東海旅客鉄道株式会社の金子代表取締役副社長、そして、ミヤザワ総合企画本部長、マツノ総合企画本部副部長、ヒミ東京企画開発部担当課長、この4名でございます。 530: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 531: ◯19番【藤沢喜代治君】  その方々は、実際には東海道新幹線新駅鉄道本部からは外れた方ですね。東海道新幹線鉄道の専門担当はスヤマという方だったと心得ています。どうしてそういうおいでになったところと違う部門の方とお会いになられたのかな。金子さんは確かに副社長かもしれないけど、事務担当の方です。そして、あの方は現在、リニアのほうの担当になっておられる。JR東海では目下、リニア専門、リニアへ専念をしておる。この東海道新幹線のほうの部門の方が、どうして町や県の方にお会いにならないのか、そういう点はあなたはあまり考えておられないのかな。そして、そのときにあなたは町の考えをどのように述べられたんですか。何を言おうとしてお会いになられたのか、この場でご披露いただきたいと思います。 532: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 533: ◯番外【町長 木村俊雄君】  毎年要望にお邪魔しておりまして、当然、前年度からの変化をお話しして、現在、町はこういう取り組みをしていますというお話をしましたけれども、一言一句、今、そこで同じようなお話はちょっとできませんけれども、ただ、今回は特にあえて違う今までの状態と異なったのは、今、町の行政側のほうとして、24ヘクタール、先行的に整備を進めたいという地元のまちづくりニュースにお示ししました資料、それと航空写真、駅ができるであろう上空から撮った航空写真を張り合わせまして、今、駅建設が予定されるエリアの土地状況、あるいは、建物の立地状況がどのようになっているか、あるいは、かなり建物が連帯していますので、そういった状況を見てもらおうということで資料提示をいたしました。その中で、金子副社長を初め皆さんがかなり地図、あるいは、写真の説明を求められまして、今、こういう状況なんですかということで、ある意味、私が捉えて、県の方もそう思っていましたけれども、非常に関心を持って見られている状況にございました。 534: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 535: ◯19番【藤沢喜代治君】  県の新幹線新駅期成同盟会は、5月6日、総会が行われました。木村町長がご出席になられた。そのときに知事は近況を交えて大変有望なご挨拶をなされましたけれども、概略を報告いただけますか。 536: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 537: ◯番外【町長 木村俊雄君】  5月6日の金曜日ですけれども、午後1時から1時半の中で、東海道新幹線新駅設置促進期成同盟会総会が行われまして、冒頭、黒岩知事からさまざまなお話がございました。県の今、さがみロボット産業特区の取り組みとか、新しいロボット産業特区に係る動画を県のほうでつくられたということで、その紹介がございまして、その後にご挨拶があって、やはり新幹線、リニアが北のゲート、そして、東海道新幹線倉見新駅が湘南、県央の南のゲートという話をされまして、その中で、4月の段階で、20日ですが、国の交通政策審議会において、東京圏における今後の都市鉄道のあり方のお話、答申が出たということで、相鉄いずみ野線の話、あるいは、貨物線の話、相模線に延伸が、個々の名前が出たということのお話がございまして、そういう追い風もある。そういう中で、今後、新幹線新駅の活動を積極的に進めていきたいというお話をいただいたところでございます。  以上でございます。 538: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 539: ◯19番【藤沢喜代治君】  その後に平塚の落合市長が近況報告をされた。そして、木村町長は寒川町の状況をどのように説明されたのか。ご挨拶を含めて近況報告だったと思うけれども、あなたの発言を改めてここでお聞かせいただきたいと思います。 540: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 541: ◯番外【町長 木村俊雄君】  総会の席上では、広域的な交流の要所となる地区だということで、現在、まちづくりに努めていますというお話の中で、当然ながら、さがみ縦貫道路の開通のお話も当然触れさせていただきました。藤沢市湘南台、寒川を結ぶ都市計画道路宮山線、あるいは、ツインシティ橋倉見大神線等々のお話もさせていただきました。そういう中で、まちづくりについても新幹線沿線地区、これを周辺整備検討区域として重点検討地区に設定して、現在、地域の地元の方のご理解をいただくために取り組んでいるというお話もしたところでございます。  同盟会の目標にもございますけれども、リニア中央新幹線の品川-名古屋間開業を見据えた駅の実現というお話もございましたけれども、JR東海から前向きな回答をいただけるように、引き続き取り組んでいきたいというお話をさせていただきました。 542: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 543: ◯19番【藤沢喜代治君】  木村町長はそれだけの話だったんですか。私のガセネタだったのかもしれませんけれども、あなたは確かにおっしゃられたように、駅周辺検討整備区域として重点検討地区に設定して鋭意取り組んでいると、それは今おっしゃられた。その後に、あなたは駅前広場やアクセス道路の都市施設の配置を地元へ示していると言っていますよね。言っていませんか、言ってますか、どうですか、そこ、はっきりしてください。 544: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 545: ◯番外【町長 木村俊雄君】  現況報告の中で、駅前広場、アクセス道路等の都市施設の配置、また、土地利用の想定について、行政サイドの考え方を地元にお示ししているところですという話をしました。 546: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 547: ◯19番【藤沢喜代治君】  さらにあなたは、「また、土地利用の想定、地元の方々へ事業コストや整備のあり方を提案している」、そういうふうにあなた言っていますよね。どうですか。 548: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 549: ◯番外【町長 木村俊雄君】  申し上げております。その内容的なものとしては、地元の方々へ事業コストや整備のあり方を提案していくためにも、現在、県と事業想定に係る協議を重ねているところというお話をしております。 550: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 551: ◯19番【藤沢喜代治君】  言葉を濁さないことですよ。提案していくためでもないということを私、聞いているでしょう。土地利用の想定について、行政サイドの考え方を地元に示していると言っているじゃないですか。地元は聞いていないですよ。仮にこれだけのことを発言するんだったら、なぜ議会へも報告されないんですか。何であなたは地元へ、絶えず地元と協議だと言いながら、これだけのことをどうして地元へも議会へも報告されないのか。その真意を伺いたいです。 552: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 553: ◯番外【町長 木村俊雄君】  再度申し上げます。そこで私が申し上げたのは、「今後、地元の方々へ事業コストや制度のあり方を提案していくためにも、現在、県と事業想定に係る協議を重ねているところであります」、そういう発言です。 554: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 555: ◯19番【藤沢喜代治君】  その前ですよ、その前。先ほど申し上げたように、「駅前広場やアクセス道路の都市施設の配置、これを地元へ示している」とか、あるいは、「土地利用の想定について、行政サイドの考え方を既に地元に示している」、誰も聞いていない。一昨年、町長は……。 556: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員、今のちょっと、部長のほうから少し説明をいただきたいと思います。伊藤拠点づくり部長。 557: ◯番外【拠点づくり部長 伊藤 研君】  それを地元にお示ししているということにつきましては、24ヘクタールを平成26年の地元の説明会の中でお示ししていると。63ヘクタールで当初スタートしている倉見の駅周辺というか、ツインシティがスタートしてございます。その事業想定が、また時間のかかるものと捉えて、また、費用の点も含めまして、24ヘクタールを新駅周辺整備の重点的な区域と設定させていただいた中では、駅前広場であるとか、骨格道路の土地利用の概略といいますか、ゾーニングをお示ししたというところで町長のその発言につながっていると認識してございます。 558: ◯議長【黒沢善行君】  町長、何か補足はありますでしょうか。 559: ◯番外【町長 木村俊雄君】  ございません。 560: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 561: ◯19番【藤沢喜代治君】  私は12月にも、あるいは、ことしの3月にも駅舎の着手に進まなければならない、そのためにも駅の拡張、駅広、そういうところをどのようにされるんですかということも聞いていますけれども、その文章でいくと、丸きり駅前広場やアクセス道路なんていうことまで町長は言っちゃっている。地元では何も言わないのに、こういうところで言っている。だから、県の方々が、地元へ地元へと来ておられる。寒川町は昨年、一昨年ですか、26年度は地元との会議があったけれども、27年度はただの一度もなかった。それでいて、こういう表現をされる。もう一度あなたの真意を伺いたい。 562: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 563: ◯番外【町長 木村俊雄君】  要望に伺った際に、いろいろ資料としてお出ししたのは、まだ行政的な、町のほうで考えた内容で、地元には提示していない部分もございます。町としては、このような形のもので、地域には、地元の皆さんにお話ししたいと考えていることでございます。 564: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 565: ◯19番【藤沢喜代治君】  それは答えになってませんよ。どうしてこういう表現をされるんですかということを聞いているんですよ。まともに向き合ってくださいよ。先ほど申し上げたように、地元の役員は無能だったかもしれない、愚かだったかもしれない、あなたの詭弁にこうやってここまで引きずられたということしかないわけです。誠意があるなら、ちゃんと答えてください。 566: ◯議長【黒沢善行君】  木村町長。 567: ◯番外【町長 木村俊雄君】  今、詭弁というようなお話もございましたけれども、詭弁を申した覚えはないわけでございまして、ただ、その機会が少なかったという、それは私も反省しているところでございます。今後十分気をつけてまいります。 568: ◯議長【黒沢善行君】  藤沢議員。 569: ◯19番【藤沢喜代治君】  地元としては、駅前広場やアクセス道路の都市施設のお話など、ただの一度も聞いていない。強くここで申し上げて質問を終わろうかと思います。 570: ◯議長【黒沢善行君】  以上で、藤沢喜代治議員の一般質問を終了いたします。 571: ◯議長【黒沢善行君】  以上で、本日の日程は終了いたしました。  お諮りいたします。議事の都合により、あす16日を休会とし、次回の会議は6月17日午前10時に開きたいと思いますが、これにご異議ありませんか。                 (「異議なし」の声あり) 572: ◯議長【黒沢善行君】  ご異議ないものと認めます。よって、あす16日を休会とし、次回の会議は6月17日午前10時に開くことに決しました。  本日はこれをもって散会いたします。大変にご苦労さまでした。                  午後3時55分 散会 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━         地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。              寒川町議会 議  長   黒 沢 善 行                同   署名議員   細 川 京 三                同   署名議員   山 田 政 博 発言が指定されていません。 © Samukawa Town, All rights reserved. ↑ 本文の先頭へ...