ツイート シェア
  1. 茅ヶ崎市議会 2019-06-25
    令和 元年 6月 都市経済常任委員会−06月25日-01号


    取得元: 茅ヶ崎市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-30
    令和 元年 6月 都市経済常任委員会−06月25日-01号令和 元年 6月 都市経済常任委員会 令和元年6月25日 都市経済常任委員会 1 日時   令和元年6月25日(火曜日) 午後2時49分開会 午後3時2分閉会 2 場所   全員協議会室A 3 出席委員   岩田はるみ委員長、山田悦子副委員長   伊藤素明・木山耕治・小川裕暉・藤本恵祐・阿部英光の各委員   水島誠司議長 4 説明者   塩崎副市長、岸副市長   秋津総務部長、瀧田行政総務課長、青柳財務部長、小島財政課長、橋口建設部長、   市村道路管理課長森野道路管理課主幹
    5 事務局職員   清水局長、小島次長、臼井担当主査、麻島担当主査、小見書記 6 会議に付した事件   (1) 議案第68号 令和元年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第4号)所管部分                 午後2時49分開会 ○委員長(岩田はるみ) 都市経済常任委員会を開会する。  議題は手元に配付の日程のとおりである。  これより議案の審査に入る。  議案第68号令和元年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第4号)所管部分を議題とする。  説明願う。 ◎財政課長 議案第68号令和元年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第4号)について説明する。  議案書その2、1ページ、第1条であるが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ531万6000円を追加し、727億4850万3000円とするものである。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、2ページ、第1表歳入歳出予算補正のとおりである。  10ページ、11ページ、本委員会所管部分の歳出について説明する。  款8土木費項2道路橋りょう費目3道路新設改良費は、滋賀県大津市における園児死傷事故を受け、通学路で歩道のある信号交差点に車どめを設置するため、工事請負費を増額するものである。  8ページ、9ページ、本委員会所管部分の歳入である。  款22市債項1市債目5土木債として、道路照明灯等整備事業債を増額した。  1ページ、第3条地方債の補正である。第3表は議案書4ページである。地方債の補正については、歳入で説明した市債の増額に伴い限度額を変更するものである。 ○委員長 執行部への質疑及び必要に応じて自由討議を行い、審査を進めていきたい。  執行部への質疑はないか。 ◆阿部英光 委員 今回対応する土木債の道路照明等整備事業の費用に関して、安全点検の実施という資料を事前にいただいている。今回の交差点にポールを立てる作業で、全体の計画をまず聞かせてほしい。 ◎道路管理課長 全体計画としては、今54カ所の交差点を調査して、49カ所の交差点において対応を第1次的に行う計画である。最終的な目標は、通学路でない部分も含めてやっていくべきものと思っている。今、最終的なものまでは考えていない。 ◆阿部英光 委員 今回の360万円分の作業のコストの出し方は、全体計画ではなくて今年度分でやれる作業のみを算出したのか。 ◎道路管理課長 事前に配付した資料にもあるように、通学路で信号機のある横断歩道において約80本で、工事費としては約500万円ある。学校から半径200メートルの範囲を優先的に、通学児童が多いとの観点から、この休みの期間にできる範囲を選定したものである。 ◆阿部英光 委員 休みの期間とは、この夏休み期間でできる範囲ということか。 ◎道路管理課長 通学のない時期として夏休みを想定しているが、天候等で秋休みに一部ずれ込んでしまうこともあるかもしれない。早々に対応していきたいと考えている。 ◆阿部英光 委員 休みの間に早急にとのことだが、今回の200メートルの範囲に国道、県道の交差点はどれぐらいあるか。 ◎道路管理課長 国道、県道の交差点は、国道、県道の道路管理者に話したところ、自分たちで確認して対応すると言われているので、私どもでは点検、数等を把握していない。 ◆小川裕暉 委員 半径200メートルとのことだが、緊急性がある交差点との意味合いかと思う。徐々にその範囲を広げていくと思う。もちろん箇所のチェックをしたと思うが、203メートルぐらいのところの交差点もあろうかと思う。緊急性があるような200メートルに近い交差点に関しても、まだつけられる余力があると見てよいか。 ◎道路管理課長 メジャーではかっているわけではないので、203メートルとか205メートルのところもあろうかと思う。 ◆山田悦子 委員 同じく資料の中から質問する。先ほど阿部委員から200メートル以内の国道、県道の件数の質問があった。資料には国道、県道のパトロール、安全対策を行うと書いてあった。その後の計画、スケジュール等はどのようになっているのか。 ◎道路管理課長 私どもとしては、県道、国道の交差点について、通学路は、車両が突っ込むような今まででは考えられないようなことでなく、通常の状態ではPTAや警察と一緒に歩く点検は行っている。その際に問題があれば、都度、国道、県道の道路管理者にも広域事業のほうを通して話し、対応をその都度していただいている。今回については、時間も時間なので、特に回答はいただいていない。 ◆山田悦子 委員 茅ヶ崎市内にライフタウンの一部が今委託されていて、茅ヶ崎市の児童藤沢市に通っている。そこの扱いはどのようになっているのか。 ◎道路管理課長 藤沢市行政区域内においては、地方自治法の関係により、茅ヶ崎市で工事することができないので、対応を当方ではできかねるので、理解願う。 ◆山田悦子 委員 行政同士での確認ぐらいはできるのか。全くそういうものもないのか。 ◎道路管理課長 打ち合わせ、相談等、どのような状況になっているか問い合わせることは可能かと思うが、それ以上のことはできない状況である。 ◆山田悦子 委員 できれば、茅ヶ崎市の子供として確認程度はしていただけるとありがたい。  今のハードの部分にあわせて、ソフトの推進に関してはどうなっているのか。この予算ではハードの金額であるが、これに対して、ソフトに関してのものは全く入らないのか。 ◎道路管理課長 ソフト面について、運転手側に求めるものと児童への教育になるのかわからないが、道路管理課のこの件に関しては、ソフトのことは特に含まれていない。 ◎建設部長 当然、ハード面では対応するが、ソフト面では難しいところであるが、教育委員会とこの件について十分連携した中で作業を進めていきたいと考えている。今もどういったものができるのか、学校側と協議しながら進めている状況である。 ○委員長 自由討議を行うか。               (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長 執行部への質疑及び自由討議を打ち切り、討論に入る。               (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長 討論を打ち切る。  議案第68号令和元年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第4号)所管部分につき採決する。  本案のうち本委員会所管部分を原案のとおり可決すべきものと決するに異議ないか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○委員長 異議なしと認める。  よって、本案のうち本委員会所管部分は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した。  都市経済常任委員会閉会する。                 午後3時02分閉会...