茅ヶ崎市議会 > 2018-12-14 >
平成30年12月 第4回 定例会−12月14日-03号

ツイート シェア
  1. 茅ヶ崎市議会 2018-12-14
    平成30年12月 第4回 定例会−12月14日-03号


    取得元: 茅ヶ崎市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-03-13
    平成30年12月 第4回 定例会−12月14日-03号平成30年12月 第4回 定例会 茅ヶ崎市議会定例会議事日程 第3日 平成30年12月14日(木曜日)午前10時開議 第1 議案第78号 平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)──────各常任委員長報告 第2 議案第79号 平成30年度茅ヶ崎市国民健康保険事業特別会計補正 ───┐          予算(第3号)                    │ 第3 議案第84号 茅ヶ崎市非常勤嘱託員等の報酬及び費用弁償に関す    │          る条例の一部を改正する条例              │ 第4 議案第86号 茅ヶ崎市障害児通所施設条例の一部を改正する条例    ├環境厚生常任委員長報告 第5 議案第87号 茅ヶ崎市障害者ふれあい活動ホーム条例の一部を改    │          正する条例                      │ 第6 議案第88号 茅ヶ崎市地域医療センター条例の一部を改正する条    │          例 ─────────────────────────┘ 第7 議案第92号 指定管理者の指定について ───────────────教育経済常任委員長報告 第8 議案第91号 指定管理者の指定について ──────────────┐ 第9 議案第93号の1 市道路線の廃止について              │ 第10 議案第93号の2 市道路線の廃止について              │ 第11 議案第93号の3 市道路線の廃止について              │
    第12 議案第93号の4 市道路線の廃止について              │ 第13 議案第94号の1 市道路線の認定について              │ 第14 議案第94号の2 市道路線の認定について              ├都市建設常任委員長報告 第15 議案第94号の3 市道路線の認定について              │ 第16 議案第94号の4 市道路線の認定について              │ 第17 議案第94号の5 市道路線の認定について              │ 第18 議案第94号の6 市道路線の認定について              │ 第19 議案第94号の7 市道路線の認定について              │ 第20 議案第94号の8 市道路線の認定について              │ 第21 議案第94号の9 市道路線の認定について ─────────────┘ 第22 議案第80号 平成30年度茅ヶ崎市公共用地先行取得事業特別会計 ───┐          補正予算(第1号)                  │ 第23 議案第81号 茅ヶ崎市役所小出支所集会施設条例           │ 第24 議案第82号 茅ヶ崎市支所及び出張所設置条例の一部を改正する    │          条例                         ├総務常任委員長報告 第25 議案第83号 茅ヶ崎市個人情報保護条例の一部を改正する条例     │ 第26 議案第85号 茅ヶ崎市市税条例の一部を改正する条例         │ 第27 議案第89号 工事請負契約の締結について              │ 第28 議案第90号 工事請負契約の締結について ─────────────┘          【各委員長報告に対する質疑(一括)〜討論(一括)〜採決】 第29 一般質問    (1) 青木 浩議員    (2) 山ア広子議員    (3) 小島勝己議員 ───────────────────────────────────────────── 本日の会議に付した事件  議事日程に同じ ───────────────────────────────────────────── 出席議員(28名)       1番  豊 嶋 太 一  議員     2番  小 磯 妙 子  議員       3番  和 田   清  議員     4番  中 野 幸 雄  議員       5番  沼 上 徳 光  議員     6番  藤 村 優佳理  議員       7番  松 島 幹 子  議員     8番  小 川 裕 暉  議員       9番  水 本 定 弘  議員     10番  小 島 勝 己  議員       11番  花 田   慎  議員     12番  新 倉 真 二  議員       13番  須 賀 徳 郎  議員     14番  滝 口 友 美  議員       15番  菊 池 雅 介  議員     16番  伊 藤 素 明  議員       17番  岡 崎   進  議員     18番  永 田 輝 樹  議員       19番  水 島 誠 司  議員     20番  岩 田 はるみ  議員       21番  岸   正 明  議員     22番  白 川 静 子  議員       23番  山 ア 広 子  議員     24番  山 田 悦 子  議員       25番  加 藤 大 嗣  議員     26番  青 木   浩  議員       27番  広 瀬 忠 夫  議員     28番  柾 木 太 郎  議員 ───────────────────────────────────────────── 欠席議員(なし) ───────────────────────────────────────────── 説明のため出席した者   市長         佐 藤   光   副市長        夜 光 広 純   副市長        山 ア 正 美   理事・総務部長    秋 津 伸 一   企画部長       若 林 英 俊   理事・財務部長    栗 原   敏   理事・市民安全部長  添 田 信 三   経済部長       大八木 和 也   理事・文化生涯学習部長          福祉部長兼福祉事務所長              鈴 木 深 雪              熊 澤 克 彦   こども育成部長    高 木 邦 喜   環境部長       野 ア   栄   理事・都市部長    大野木 英 夫   建設部長       橋 口 真 澄   下水道河川部長    塩 崎   威   保健所長       南 出 純 二   副所長        中 田 和 美   病院長        仙 賀   裕   副院長兼事務局長   内 藤 喜 之   消防長        小 澤 幸 雄   会計管理者      竹 内 一 郎   教育長        神 原   聡   教育総務部長     岸   宏 司   教育推進部長     中 山 早恵子   教育推進部教育指導担当部長        選挙管理委員会事務局長              吉 野 利 彦              吉 津 誠 司   監査事務局長     小 澤 伸 一   農業委員会事務局長  岩 澤 健 治 ───────────────────────────────────────────── 事務局職員出席者   局長         栗 原 謙 二   次長         石 山 弘 行                        担当主査・議事調査担当   議事調査担当次長   小 島 英 博              臼 井 明 子   書記         小 玉 陽一郎   書記         小 見 雅 彦 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                   午前10時00分開議 ○白川静子 議長 これより本日の会議を開きます。  本日の会議録署名議員を御指名申し上げます。  須賀徳郎議員、滝口友美議員、以上両議員にお願い申し上げます。  これより議事日程に入ります。 ──── …… ──── …… ──── …… ─── …… ──── …… ──── …… ──── △日程第1から △日程第28までの以上28件 ○白川静子 議長 日程第1から日程第28までの以上28件を一括して議題といたします。  これより委員長の報告を求めます。  まず、環境厚生常任委員会委員長小磯妙子議員、御登壇願います。                 〔2番 小磯妙子議員登壇〕 ─────────────────────────────────────────────                                  平成30年12月3日    茅ヶ崎市議会    議 長 白 川 静 子 様                              環境厚生常任委員会                              委員長 小磯妙子             委員会審査報告書  本委員会は、平成30年11月29日付託されました議案を平成30年12月3日審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第109条の規定により報告します。 ┌────────────────────────────────────┬────────┐ │           件            名            │ 結     果 │
    ├────────┬───────────────────────────┼────────┤ │議案第78号   │平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)所管部分 │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第79号   │平成30年度茅ヶ崎市国民健康保険事業特別会計補正予算  │ 原案可決    │ │        │(第3号)                      │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第84号   │茅ヶ崎市非常勤嘱託員等の報酬及び費用弁償に関する条例 │ 原案可決    │ │        │の一部を改正する条例                 │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第86号   │茅ヶ崎市障害児通所施設条例の一部を改正する条例    │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第87号   │茅ヶ崎市障害者ふれあい活動ホーム条例の一部を改正する │ 原案可決    │ │        │条例                         │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第88号   │茅ヶ崎市地域医療センター条例の一部を改正する条例   │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ └────────┴───────────────────────────┴────────┘ ───────────────────────────────────────────── ◎2番(小磯妙子 議員) 環境厚生常任委員会に付託されました議案6件について、審査の経過及び結果を御報告いたします。  本委員会は、平成30年12月3日に開催し、執行部の出席を求め、審査を行いました。  お手元に配付いたしました委員会審査報告書のとおり、議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)所管部分、議案第79号平成30年度茅ヶ崎市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)、議案第84号茅ヶ崎市非常勤嘱託員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例、議案第86号茅ヶ崎市障害児通所施設条例の一部を改正する条例、議案第87号茅ヶ崎市障害者ふれあい活動ホーム条例の一部を改正する条例及び議案第88号茅ヶ崎市地域医療センター条例の一部を改正する条例の議案6件につきましては、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上のとおり御報告申し上げます。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○白川静子 議長 次に、教育経済常任委員会委員長山田悦子議員、御登壇願います。                 〔24番 山田悦子議員登壇〕 ─────────────────────────────────────────────                                  平成30年12月4日    茅ヶ崎市議会    議 長 白 川 静 子 様                              教育経済常任委員会                              委員長 山田悦子             委員会審査報告書  本委員会は、平成30年11月29日付託されました議案を平成30年12月4日審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第109条の規定により報告します。 ┌────────────────────────────────────┬────────┐ │           件            名            │ 結     果 │ ├────────┬───────────────────────────┼────────┤ │議案第78号   │平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)所管部分 │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第92号   │指定管理者の指定について               │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ └────────┴───────────────────────────┴────────┘ ───────────────────────────────────────────── ◎24番(山田悦子 議員) 教育経済常任委員会に付託された議案2件について、審査の経過及び結果を御報告いたします。  本委員会は、平成30年12月4日に開催し、執行部の出席を求め、審査を行いました。  お手元に配付いたしました委員会審査報告書のとおり、議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)所管部分及び議案第92号指定管理者の指定についての議案2件につきまして、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上のとおり御報告申し上げます。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○白川静子 議長 次に、都市建設常任委員会委員長加藤大嗣議員、御登壇願います。                 〔25番 加藤大嗣議員登壇〕 ─────────────────────────────────────────────                                  平成30年12月5日    茅ヶ崎市議会    議 長 白 川 静 子 様                              都市建設常任委員会                              委員長 加藤大嗣             委員会審査報告書  本委員会は、平成30年11月29日付託されました議案を平成30年12月5日審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第109条の規定により報告します。 ┌────────────────────────────────────┬────────┐ │           件            名            │ 結     果 │ ├────────┬───────────────────────────┼────────┤ │議案第78号   │平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)所管部分 │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第91号   │指定管理者の指定について               │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第93号の1 │市道路線の廃止について                │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第93号の2 │市道路線の廃止について                │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第93号の3 │市道路線の廃止について                │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第93号の4 │市道路線の廃止について                │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第94号の1 │市道路線の認定について                │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第94号の2 │市道路線の認定について                │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第94号の3 │市道路線の認定について                │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第94号の4 │市道路線の認定について                │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │
    ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第94号の5 │市道路線の認定について                │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第94号の6 │市道路線の認定について                │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第94号の7 │市道路線の認定について                │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第94号の8 │市道路線の認定について                │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第94号の9 │市道路線の認定について                │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ └────────┴───────────────────────────┴────────┘ ───────────────────────────────────────────── ◎25番(加藤大嗣 議員) 都市建設常任委員会に付託されました議案15件について、審査の経過及び結果を御報告いたします。  本委員会は、平成30年12月5日に開催し、執行部の出席を求め、審査を行いました。  お手元に配付いたしました委員会審査報告書のとおり、議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)所管部分、議案第91号指定管理者の指定について、議案第93号の1から4市道路線の廃止について、議案第94号の1から9市道路線の認定についての議案15件につきまして、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上のとおり御報告申し上げます。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○白川静子 議長 最後に、総務常任委員会委員長岩田はるみ議員、御登壇願います。                 〔20番 岩田はるみ議員登壇〕 ─────────────────────────────────────────────                                  平成30年12月6日    茅ヶ崎市議会    議 長 白 川 静 子 様                              総務常任委員会                              委員長 岩田はるみ             委員会審査報告書  本委員会は、平成30年11月29日付託されました議案を平成30年12月6日審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第109条の規定により報告します。 ┌────────────────────────────────────┬────────┐ │           件            名            │ 結     果 │ ├────────┬───────────────────────────┼────────┤ │議案第78号   │平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)所管部分 │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第80号   │平成30年度茅ヶ崎市公共用地先行取得事業特別会計補正予 │ 原案可決    │ │        │算(第1号)                     │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第81号   │茅ヶ崎市役所小出支所集会施設条例           │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第82号   │茅ヶ崎市支所及び出張所設置条例の一部を改正する条例  │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第83号   │茅ヶ崎市個人情報保護条例の一部を改正する条例     │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第85号   │茅ヶ崎市市税条例の一部を改正する条例         │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第89号   │工事請負契約の締結について              │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ ├────────┼───────────────────────────┼────────┤ │議案第90号   │工事請負契約の締結について              │ 原案可決    │ │        │                           │ 全会一致    │ └────────┴───────────────────────────┴────────┘ ───────────────────────────────────────────── ◎20番(岩田はるみ 議員) 総務常任委員会に付託されました議案8件について、審査の経過及び結果を御報告いたします。  本委員会は、平成30年12月6日に開催し、執行部の出席を求め、審査を行いました。  お手元に配付いたしました委員会審査報告書のとおり、議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)所管部分、議案第80号平成30年度茅ヶ崎市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)、議案第81号茅ヶ崎市役所小出支所集会施設条例、議案第82号茅ヶ崎市支所及び出張所設置条例の一部を改正する条例、議案第83号茅ヶ崎市個人情報保護条例の一部を改正する条例、議案第85号茅ヶ崎市市税条例の一部を改正する条例、議案第89号工事請負契約の締結について及び議案第90号工事請負契約の締結についての議案8件につきまして、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上のとおり御報告申し上げます。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○白川静子 議長 これより各委員長報告に対する質疑に入ります。  御質疑はありませんか。                 (「なし」と呼ぶ者あり) ○白川静子 議長 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  議事の都合により、暫時休憩いたします。                   午前10時08分休憩 ─────────────────────────────────────────────                   午前10時39分開議 ○白川静子 議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。  これより討論に入ります。  討論の通告がありますので、順次発言を許します。  まず、伊藤素明議員。 ◆16番(伊藤素明 議員) ただいま各常任委員長から御報告がありました各議案について、伊藤素明として、若干の意見を付して態度を表明いたします。  まず、議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)のうち、地域活動推進費、地域集会施設管理運営経費、予防保全事業費については、施設の空調設備が故障により停止した場合、利用者サービスの低下を招くだけでなく、施設運営にも大きく支障を来すため、適切な時期に必要な修繕を行うことが求められています。しかし、厳しい財政状況の中、充分な予防保全が実施されないため、耐用年数を経過しても更新されず、ふぐあい、故障が生じた後に修繕する事後保全の傾向となっています。今後は、公共建築物中長期保全計画に基づき、計画的かつ効果的な保全管理に努めていくことを求めます。  次に、障害者福祉費、障害者支援給付費については、放課後等デイサービス事業は、学校やクラスの集団の中では自分を出せず不安を抱えたりしている子供たちが、ありのままの自分を出して、自分らしく安心してゆったりと過ごせる居場所であるとともに、日々、喜怒哀楽を共有しながら、さまざまな経験を通じて成長する場として重要な役割を担っています。また、障害者の増加に伴いサービス利用者もふえ続ける傾向においては、一人でも多くの子供が利用できる環境整備を進めるべきであります。今後は、利用ニーズ調査やアンケートなどの実施を図り、適正な積算に基づき当初予算に盛り込む中で、過度な補正が起こらないよう努めていくことを求めます。  次に、道路維持費、側溝浚渫事業費については、約600キロメートルに及ぶ道路敷内の側溝しゅんせつ業務は、日常、市民の要望に応えながら遂行していますが、ふいな台風や大雨は道路冠水などを引き起こし、道路交通や市民生活にも影響を及ぼすことから、今後は事務処理業務に加え、通常のパトロールとあわせ、予防保全にも取り組んでいくことを求めます。  次に、常備消防費、消防車両維持管理経費については、大規模火災の場合、速やかに人命の救出、延焼範囲を抑えることが急務であり、それに伴い多数の車両出動や消火活動に時間を要するため、燃料費が増加することはやむを得ないものと判断します。また、高齢化社会において、救急車両の出動機会が増加する一方で、不適正利用も見られることから、適正利用への周知啓発に努めていただくことを求めます。  次に、議案第91号指定管理者の指定については、施設運営では、平常期間を含め通年において多くの方が身近で利用し楽しめる場所としてだけでなく、安全・安心に向けては細心の注意を払い、事故を発生させない管理体制が強く求められています。その上で、事故の未然防止策や万が一事故が起きた場合の迅速な対応等の管理マニュアルの徹底を図ることが必要であり、行政としてもしっかりとしたチェック体制の構築が必要不可欠となります。今後、運営に当たっては、報告書のモニタリングだけでなく、日常業務の監視機能の強化や救助訓練地での現場立ち会いなど、安全教育指導を含め、安全対策に努めることを強く求め、全ての議案について賛成いたします。 ○白川静子 議長 次に、和田 清議員。 ◆3番(和田清 議員) ただいま各常任委員長より報告のありました議案につきまして、市民自治の会を代表して、若干の意見を付し、態度を明らかにいたします。  まず、今回提出された補正予算に関しましては、公共施設の空調設備の更新に関してさまざまな議案が提出されました。今後も、公共建設物中長期保全計画にのっとって、計画的な事業の実施を求めます。また、障害児支援給付費に関しましては、現在、市内に放課後等デイサービス21カ所、児童発達支援11カ所というふうに事業所の増加に伴い、また、利用1人当たりの利用頻度も高まっていることから、大幅な補正となっております。これは全国の傾向と合致したものであり、今後も増加が見込まれるものです。しかし、一方で、不正受給や名義貸しなどさまざまな事業所の不正が発覚し、事件となり、報道されていたり、発達に処するさまざまな仕組みを活用していないという不満の声も上がっており、サービスが充実することは望ましいことではありますが、質の担保が今後予想されます。市としては、サービスが適正に使われているかどうかということを十分に見きわめて、必要な人に必要なサービスが届くよう、引き続きしっかりと検査しながら、事業の推移に合わせた予算編成に取り組んでいただきたいと思います。  続きまして、茅ヶ崎市非常勤嘱託員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例につきましては、現在、望まれている地域包括ケアシステムにおいて相談支援包括化推進員の報酬を定めるものであります。実際、事業が有意義なものになるためには有能な人材の登用が必要であり、そのための採用、育成及び連携体制の強化がこの事業の鍵になると思います。そうしたソフト面の整備を充実することを期待し、庁内間の連携を望みます。  次に、障害児通所施設条例及び障害者ふれあい活動ホーム条例の一部を改正する条例に関しましては、利用料の収納業務を事業団に可能とする条例の改正であります。本来、事業団といえども、収支に関して有効であるのか、自主自立に向けて努力すべき収集内容でしたので、もっと早期に実現し、自覚を促すべきであったものがやっと出てきたという感じでございます。今後は、外郭団体である福祉事業団も自主自立に向けて努力する一助になればということを期待し、市としてはしっかりと連携をとりながら、将来について展望を共有することを望みます。  続きまして、指定管理者の指定についてでございますけれども、今回は茅ヶ崎市民文化会館の指定管理者として、文化・スポーツ振興財団を指定するものということで議案が出されました。一般競争の原理を使いながら民間活力を活用するという意味では公募が望ましいのですが、今回は公募はしないという方針を定められたとのこと。今後は、文化スポーツ行政の官の役割をしっかり見定めながら、次期指定管理には公募が可能なような体制を整えることを要望いたします。  これらの意見を付し、全議案に賛成いたします。 ○白川静子 議長 次に、藤村優佳理議員。 ◆6番(藤村優佳理 議員) 各常任委員長より御報告がありました議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)から議案第90号工事請負契約の締結についてまで、若干の意見を申し述べます。  議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)で、小・中学校の防犯カメラ設置についてですが、児童・生徒の安全を確保するために防犯カメラを通用門、昇降口に設置するものであります。重要なのは、設置後の映像の取り扱いや運用方法についてのあり方だと考えます。映像の管理や操作については、校長及び教頭先生が行い、運用方法は、神奈川県のガイドラインを参考にして作成するということです。めったに起きることがない緊急時に備えて映像証拠の提出を求められた場合は速やかに操作ができるように、また、目的以外で映像が使用されることのないよう、管理を徹底していただきたいと思います。さらには、防犯カメラ稼働中など、周知や注意喚起、防犯抑止のためにも、看板を設置していただくよう要望いたします。  国民年金事務費についてですが、平成31年4月より産前産後期間の国民年金保険料免除制度が実施されます。市のホームページや広報紙、また、母子健康手帳発行時にも市民に周知するということですが、保健所との連携を図り対応に当たっていただき、申請漏れのないようにお願いいたします。  障害児支援給付費は、放課後等デイサービスの利用件数の増加、児童発達支援の平均利用単価の上昇に伴い、当初見込みから大きくふえたことが増額補正ということです。施設がふえたことで、今まで通えなかった子供たちも通える機会がふえたことが大きいと思います。利用者は市内の施設だけでなく市外の施設にも通うことができるため、利用者数を完全に把握することはなかなか難しいと思います。また、来年度は、幼児教育無償化が開始されるため算出がより困難となるかもしれませんが、できるだけ予想の見込みに努めていただくようお願いいたします。  最終処分場経費についてですが、10月に発生した台風による強風の影響で遮光性保護マットが破損してしまい、現在はブルーシートで応急処置をしている状況です。耐用年数は15年と、来年度が張りかえ年の予定でありましたが、このままでは灰や下に敷いているマットにも影響を及ぼすことから、早急に修繕をしていただくようお願いいたします。  議案第91号指定管理者の指定については、10月5日に指定管理者選定等委員会が行われ、事業者が決まり、今定例会で審議されているわけですが、ことしの7月26日、市内小学校プール開放時に溺水事故が発生し、幸いにも大事に至らなかったようですが、その際、業務委託をされている同事業者が119番通報を行わないなど安全管理マニュアルどおりの適切な対応を行わなかった事実があります。この案件については後日一般質問をいたしますが、事故発生が7月26日で、その報告書の完成が11月29日と4カ月以上も要し、事故の検証や対応策等も決まっていない間に本指定管理の募集及び選定等委員会も行われ、同事業者に決定した経緯には疑問が残ります。また、市として情報を把握している立場にありながら、この事故の情報が本議案の担当課である行政改革推進室や公園緑地課へ伝達されたのが10月6日と、選定等委員会が終わった直後のタイミングであることは、市民目線からも、情報を操作し配慮しているのではないかと疑われてもやむを得ない不自然なタイミングであると思わざるを得ません。仮に事故が起きても、適切な対応をとっていた、また、今回のように適切な対応がとれなかったとしても、その後の検証等が的確に速やかに行われた上で、本議案が提出されていればと思いますが、現在この状況では賛成することができません。
     以上の意見を付し、議案第91号を除く全ての議案に賛成いたします。 ○白川静子 議長 次に、加藤大嗣議員。 ◆25番(加藤大嗣 議員) ただいま議題となりました委員長報告について、絆ちがさきとして意見を申し述べ、態度を表明いたします。  議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)について、款2総務費のうち地域活動推進費について、コミュニティセンター湘南の空調設備の更新のための経費です。緊急対策ということは理解できます。委員会での質疑で明らかになりましたが、公共施設の設備の更新の選択のプロセスの全体像や計画性についての説明が必要であり、今後はこの点についての議会対応を求め、賛成します。  款3民生費のうち障害者福祉費について、前年度実績から見込んだ本年度の当初予算に対して、放課後等デイサービスの利用件数が想定以上の伸びを示したことに適宜対応したものです。賛成です。  款10教育費のうち学校管理費について、市内の小・中学生、教職員等が安心して学業に専念し、学校生活を送ることを目的として防犯カメラを設置することにより、防犯対策上抑止力が強化されることになり、賛成です。  次に、議案第86号茅ヶ崎市障害児通所施設条例の一部を改正する条例について、今回の条例改正で利用料金制導入により指定管理者の経営基盤の確立、事務作業が民間に移行することに伴う経費の縮減と、担当部局の事務作業の効率化となることと理解し、賛成です。  同様の理由で、議案第87号茅ヶ崎市障害者ふれあい活動ホーム条例の一部を改正する条例についても賛成です。  次に、議案第88号茅ヶ崎市地域医療センター条例の一部を改正する条例について、関係各位の不断の努力と熱意、そして相互理解により、今回新たに茅ヶ崎市地域医療センターが移転設置されることに深く敬意を表するところであります。1点、第2条中、「市民の健康管理と疾病の予防及び健康の保持増進を図る」業務については保健所が既に行っていること、新たに設置し移転する茅ヶ崎市地域医療センターについては、休日及び夜間における地域の応急の医療を確保する業務を行うことの周知を広く市民に徹底することを強く要望し、賛成いたします。  その他、全ての議案に賛成します。 ○白川静子 議長 次に、松島幹子議員。 ◆7番(松島幹子 議員) 平成30年第4回茅ヶ崎市議会定例会において討論いたします。  まず、議案第84号茅ヶ崎市非常勤嘱託員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてです。今回、相談支援包括化推進員を非常勤嘱託員として1名採用し、福祉相談室の巡回及び福祉相談支援員への業務支援や関連団体との連携調整を促進します。人件費のうち4分の3は国庫補助金を活用する予定であり、福祉相談室の機能強化が期待されます。一方で、この国庫補助金はずっとあるとは限らず、なくなる可能性もあります。補助金がなくなったときのことを考えて、雇いどめなどにならないように配慮しつつ、各地域の福祉相談室の機能強化を図っていただくことを申し添えて、賛成いたします。  議案第86号と議案第87号は、障害児通所施設とふれあい活動ホームの指定管理者業務にかかわる議案です。利用料金を指定管理者の収入とするための改正です。利用料金制導入後は、指定管理者に委託料を払わず、原則利用料金収入による施設の管理運営を図っていただくことになります。しかし、現状、この2施設とも利用者の利用料金だけでは運営することは不可能です。ただし書きには、不足する場合には不足する分の金額を指定管理料として支払うこととなりますとなっていますが、将来的な指定管理者の選定において、不足額が少ないことが利用者選定において有利となることになれば、結果的に施設のサービスの質の低下を招くおそれがありますので、現状よりもサービスの低下が起こることがないように十分配慮した指定管理者選定基準を検討いただくことを要望して、議案第86号と87号に賛成いたします。  議案第89号工事請負契約の締結は、茅ヶ崎市役所旧本庁舎跡地整備(建築)工事の請負契約の締結についてです。一般競争入札により行われ、予定価格の99.58%、契約金額は約4億2100万円で亀井工業株式会社が落札しました。旧本庁舎跡地を茅ヶ崎の豊かな自然を感じられる憩いの広場として整備しますとしていますが、通路、植栽など、何をどのように配置するのかによって都市に潤いを与える緑の趣は全く異なると思います。茅ヶ崎市民の一番の一等地です。オープンコンペなどを行い、市民に開かれた公開の場で審査を行い、総合評価方式によって落札者を決めるべきだと思いますので、議案第89号には反対いたします。  次に、議案第90号工事請負契約の締結についてです。これは環境事業センター旧ごみ焼却処理施設上屋解体工事を行うものです。工事の概要としては、上屋解体工事一式、プラント機器解体工事一式となっています。この入札も一般競争入札によって行われ、鴻池・亀井特定建設工事共同企業体が失格基準価額に対しての100.19%の失格ぎりぎりの低価格で落札をしています。ごみ焼却処理施設解体は、重金属の飛散防止、周りの環境への配慮、作業員への健康被害の防止など、価格だけではなく、さまざまな配慮を求められる工事です。一般競争入札ではなく、市民の安全・安心を考えると、価格だけではない総合評価方式による入札にすべきです。以上のことから議案第90号に反対いたします。  次に、議案第91号指定管理者の指定についてです。  今回指定管理者として指定する事業者は、小学校プールの開放の委託事業も受けています。その小学校プールで、大事には至りませんでしたが、ことしの夏に事故が発生しています。汐見台小学校プールにおける溺者発生事案報告書が平成30年11月、茅ヶ崎市文化生涯学習部スポーツ推進課より出されました。事故が起こったのは平成30年、ことしの7月26日水曜日ということですから、3カ月以上経過してからの事故報告書であり、本来ならば議会の全員協議会などの場で報告されるべきであったのに報告、公表されることはなく、市民から苦情を受け、資料請求をした議員より私は初めて事故があったことを聞き、報告書を見、事実を確認しました。  報告書によると、汐見台小学校プールでのプール活動中の小学1年生の児童が溺れ、意識を失ったが、付き添っていた学童保育の支援員が発見し、プールサイドに引き揚げ、意識の有無を確認したところ、意識なしと判断。学童保育の支援員が気道を確保し、背中とおなかを押すと少量の水を吐いたが、症状が回復しなかった。その様子に気づいたプールの監視員がすぐに人工呼吸を行った結果、当該児童が意識を回復したというものです。大きな惨事にならず元気に回復したということは本当によかったと思います。しかし、意識が回復したため救急車が呼ばれることはなく、そのまま帰しました。その翌日と翌々日、心配した保護者の方が病院へ連れていった結果、医師からはすぐに受診すべきだったと伝えられていたことが報告されています。意識不明になったときにプールの水が肺にまで到達していれば重篤な肺炎を起こす事態も考えられたにもかかわらず、事故直後に救急車を呼ばなかった危機管理体制には問題があります。  今回、この事故の情報は共有されず、この事業者がわずかな点数差で指定管理者として選定されました。事業者選定の評価配点を見ると、最も重視すべき危機管理業務の配点が、他の物販事業などの配点と同じ配点であることは問題です。プールの監視業務で最も重要だと思われる審査項目の6の(5)「危機管理に係る考えや職員の研修、訓練について提示されているか」、また、面接審査評価項目での6「危機管理について」は、両方とも選定されなかった次点の事業者の点数が高い結果となっています。また、同じような施設の事業者選定の場合、実績評価にかかわる加点、減点の基準を設けて、市民の安全・安心を第一に、直ちに救急車を呼ばなかった危機管理体制について減点すべきであったと思いますが、その実績評価は配点の中にはありませんでした。  以上のことから議案第91号指定管理者の指定については反対いたします。その他の議案については賛成いたします。以上です。 ○白川静子 議長 次に、沼上徳光議員。 ◆5番(沼上徳光 議員) ただいま各常任委員長より御報告がありました各議案につき、日本共産党茅ヶ崎市議会議員団として意見を述べ、態度を明らかにします。  議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)、総務費の地域集会施設管理経費の予防保全事業費(緊急対策)は、コミュニティセンター湘南の空調設備が設置してから21年経過し、現状は問題なく稼動していますが、耐用年数15年を6年超えており、改修工事を早急に行うためのものです。教育費の青少年会館管理経費の予防保全事業費(緊急対策)は、34年間使用してきた空調設備について、何度か一部故障もあり、予防保全事業として今回改修工事を行うものです。教育費の図書館事業費の予防保全事業費(緊急対策)についても、空調設備の耐用年数が超えており、空調施設機器等の改修工事を早急に行うためのものです。今回の補正予算では、ことしの夏の猛暑を受けて、各施設の運営や利用者に支障のないよう緊急対策としての対応であることから、空調設備の更新改修工事は必要であります。今後も定期的なメンテナンスを行い、また、空調設備が耐用年数を経過している各施設の改修工事を順次行えるよう要望し、議案第78号に賛成します。  議案第91号指定管理者の指定について、茅ヶ崎市水泳プールの指定管理者にハヤシグループを指定するもので、当該施設は茅ヶ崎市営浜須賀水泳プールと茅ヶ崎市営殿山水泳プールの2カ所で、指定の期間は平成31年4月1日から平成35年3月31日となります。危機管理については、安全第一で利用者が楽しめるように努力するよう強く要望します。その上で、広報やSNSの積極的な活用でルールやマナーを注意喚起することで、利用者側の協力も得られ、意識も変わり、より安全な施設運営になると思います。また、茅ヶ崎市営水泳プールは歴史があり、代々多くの子供たち、子供連れの家族、市民に愛される夏の思い出、居場所として受け継がれています。利用者数については、天候に左右される面もありますが、新規利用者拡大を意識し、広報やSNSの活用、実施事業の充実などを行いつつ、何より指定管理者に対し安全・安心の施設運営、危機管理を徹底し、引き続き市民に愛される施設として、スポーツを楽しむ、健康づくり、気軽にプールを利用し、泳ぐことの楽しさを市民に伝えていく施設として役割を果たすことを求め、議案第91号に賛成します。  他の議案についても賛成します。 ○白川静子 議長 次に、滝口友美議員。 ◆14番(滝口友美 議員) ただいま各常任委員長から御報告のありました議案について、公明ちがさきとして意見を述べ、態度を表明させていただきます。  議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)に関しましては、土木費、道路橋りょう費の補正が出ています。補正予算の定義は、言うまでもなく、本予算の時点では予見しがたい事態が発生したときに追加で編成し直すものですが、本予算の段階でも道路の老朽化が進んでいたものと考えられます。この常態化を脱し、予防保全の観点で市民の安全を確保するためにも、本予算でしっかり道路橋りょう費を組んでいくべきと考えます。  教育費、学校施設整備事業費、小学校防犯カメラ設置事業及び中学校防犯カメラ設置事業は、市内小・中学校に防犯カメラを設置するものです。文科省の学校施設安全対策にも、学校は夢を育む安全で楽しい場所でなければならないとあります。今回は、通用門と昇降口に設置とのことですが、外部からの来訪者の確認のほか、見通しが困難な場所や死角となる場所の状況を把握し、侵入防止や児童・生徒の安心感の熟成等、状況を踏まえた活用が重要と考えます。  議案第84号茅ヶ崎市非常勤嘱託員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例に関しまして、本条例によって設置される相談支援包括化推進員は、複合化、複雑化した課題に的確に対応するために各制度ごとの相談支援機関を総合的にコーディネートするため配置されるもので、チームとしての包括的、総合的な相談体制づくりを推進していただきたいと思います。  議案第88号茅ヶ崎市地域医療センター条例の一部を改正する条例に関しましては、この場所が休日・夜間急患センターであるとの周知が大切だと考えます。名称としては地域医療センターですが、市民が休日・夜間急患センターであるとわかるような看板の設置等をしていただきたいと思います。  以上のことを付して、全議案に賛成いたします。 ○白川静子 議長 次に、花田 慎議員。 ◆11番(花田慎 議員) 各常任委員会委員長より御報告がありました議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)から議案第94号の9市道路線の認定についてまで、新政ちがさきを代表し、若干の意見を述べ、全ての議案に賛成いたします。  議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)について。  総務費のうち地域集会施設管理運営経費について、コミュニティセンター湘南の空調設備を更新するため工事請負費を計上するものですが、市内公共施設各所において空調設備の老朽化が進行しております。計画的な保全により長寿命化及び市民の使用に影響がないような更新に努めていただくよう要望いたします。  民生費のうち障害児支援給付費について、放課後等デイサービスの利用件数及び児童発達支援の平均利用単価が大幅に増加したため扶助費を増額補正するものですが、2億円を超える増額補正については見込みの甘さを指摘せざるを得ません。市内の実情をしっかりと把握し、必要な支援を提供できる体制づくりに向けて取り組んでいただくよう要望いたします。  衛生費のうち最終処分場経費について、過日の台風被害により最終処分場における遮光性保護マットが破損し緊急に修繕するため修繕費を増額補正するものですが、耐光性が低い遮水シートを保護するために必要な処置であり、環境汚染を未然に防止するため、早急に対処するよう要望いたします。  労働費のうち勤労市民会館管理運営経費について、一般社団法人茅ヶ崎医師会事務局の移転に伴い買い取りの内容について協議が整ったため消耗品費及び公有財産購入費を計上するものですが、市民にとって最も有効に活用できる用途とすることを強く要望します。  教育費のうち学校施設整備事業費について、市内小・中学校全校において、通用門及び昇降口に防犯カメラを設置するため工事請負費を増額補正するものですが、現在の社会状況を考えると、児童・生徒の学校生活における安全を確保するために必要なものであると判断します。また、社会教育費について、青少年会館管理経費及び図書館事業費はともに空調設備を更新するため工事請負費を計上するものですが、さきに述べたように、計画的な保全により長寿命化及び市民の使用に影響がないような更新に努めていただくよう要望いたします。  次に、議案第84号茅ヶ崎市非常勤嘱託員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について、地域福祉総合相談室の相談業務の統括、調整を行う相談支援包括化推進員を設置するものですが、市内全域において情報を共有し全庁的な連携を図ることにより、円滑な支援体制を構築するために有効な手段であると判断します。的確に機能するための準備を整え、来年度スタート直後から即有効に活用できることを要望いたします。  次に、議案第86号茅ヶ崎市障害児通所施設条例の一部を改正する条例について、茅ヶ崎市障害児通所施設の利用料金を指定管理者の収入にするとともに、指定管理者が行う業務の内容を改めるものですが、今までは市を経由して支払われていた利用料金を利用者から直接いただくことになります。それによって利用者の負担がふえるものではありませんが、移行時に混乱のないように配慮することを要望いたします。  次に、議案第87号茅ヶ崎市障害者ふれあい活動ホーム条例の一部を改正する条例についても同様に配慮することを要望します。  次に、議案第88号茅ヶ崎市地域医療センター条例の一部を改正する条例について、茅ヶ崎市地域医療センターを移転し、休日及び夜間における地域の応急の医療を確保するものですが、緊急性の高い場合もあるため、全市民に対して周知徹底を強く要望いたします。  以上。 ○白川静子 議長 最後に、岡崎 進議員。 ◆17番(岡崎進 議員) 自由民主党茅ヶ崎市議団を代表して、付議された議案について若干意見を付して態度を表明いたします。  議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)について、小・中学校の防犯カメラ設置事業については、今回は全ての校門に設置されるわけではありませんので、より子供たちが安全・安心して学業に専念できる環境を整えていただく努力をしていただきたい。コミュニティセンター湘南の空調事業費については、議会側が9月議会で老朽化した空調への対応を求めたことを真摯に受けとめた行政が、20年以上経過した故障の危険のある施設の工事であり、その対応について評価いたします。この工事と青少年会館、図書館の空調工事についても、工期を考察すると時間的にタイトですが、シーズンに間に合うよう努めていただきたいと思います。国の制度改正に伴うシステム改修費は、NECとの随意契約になっていますが、適正な価格になるように努力をしていただきたい。また、運用後の誤賦課等がないように努めていただきたい。  次に、議案第89号、茅ヶ崎市役所旧本庁舎跡地整備事業の工事請負契約については、工事規模や価格から考察して、Aクラスの企業による入札で妥当であり、落札価格等についても適正であると判断いたします。  次に、議案第90号、環境事業センター旧ごみ焼却場処理施設上屋解体工事、工事請負契約については、ごみ焼却場解体については重金属飛散防止等さまざまな技術を必要とするため、焼却場解体実績のある企業と市内企業のJVによる入札で、最低価格ぎりぎりの安価で鴻池・亀井JVが落札しており、選定基準、価格とも妥当でありました。  次に、議案第91号、茅ヶ崎市市営浜須賀水泳プール及び茅ヶ崎市営殿山水泳プールの指定管理については、安全・安心の運営を努めていただけるようお願いしたい。  次に、議案第92号、茅ヶ崎市文化会館指定管理については、評価結果に改善を要する点が2点あります。しっかりと担当課に指導をいただき、4年後の公募に向けた自立運営ができるよう努力していただきたいと思います。  以上、その他の議案についても賛成いたします。 ○白川静子 議長 これにて討論を終結いたします。  これより表決に入ります。 ──── …… ──── …… ──── …… ─── …… ──── …… ──── …… ──── ○白川静子 議長 日程第1 議案第78号平成30年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第7号)から日程第7、議案第92号指定管理者の指定についてまでの以上7件につき、一括して採決いたします。  以上7件を委員長報告のとおり可決することに御異議ありませんか。                (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○白川静子 議長 御異議なしと認めます。  よって、以上7件は全会一致をもって委員長報告のとおり可決されました。 ──── …… ──── …… ──── …… ─── …… ──── …… ──── …… ──── ○白川静子 議長 日程第8 議案第91号指定管理者の指定についてにつき採決いたします。  本案を委員長報告のとおり可決することに賛成の議員は賛成ボタンを、反対の議員は反対ボタンを押してください。  押し間違いはありませんか。                 (「なし」と呼ぶ者あり) ○白川静子 議長 なしと認め、投票を終了いたします。  議案第91号は賛成多数により委員長報告のとおり可決されました。 ──── …… ──── …… ──── …… ─── …… ──── …… ──── …… ──── ○白川静子 議長 日程第9 議案第93号の1市道路線の廃止についてから日程第26 議案第85号茅ヶ崎市市税条例の一部を改正する条例までの以上18件につき一括して採決いたします。  以上18件を委員長報告のとおり可決することに御異議ありませんか。                (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○白川静子 議長 御異議なしと認めます。  よって、以上18件は全会一致をもって委員長報告のとおり可決されました。 ──── …… ──── …… ──── …… ─── …… ──── …… ──── …… ──── ○白川静子 議長 日程第27 議案第89号工事請負契約の締結についてにつき採決いたします。  本案を委員長報告のとおり可決することに賛成の議員は賛成ボタンを、反対の議員は反対ボタンを押してください。  押し間違いはありませんか。                 (「なし」と呼ぶ者あり) ○白川静子 議長 なしと認め、投票を終了いたします。  議案第89号は賛成多数により委員長報告のとおり可決されました。 ──── …… ──── …… ──── …… ─── …… ──── …… ──── …… ──── ○白川静子 議長 日程第28 議案第90号工事請負契約の締結についてにつき採決いたします。  本案を委員長報告のとおり可決することに賛成の議員は賛成ボタンを、反対の議員は反対ボタンを押してください。  押し間違いはありませんか。                 (「なし」と呼ぶ者あり) ○白川静子 議長 なしと認め、投票を終了いたします。  議案第90号は賛成多数により委員長報告のとおり可決されました。
    ──── …… ──── …… ──── …… ─── …… ──── …… ──── …… ──── △日程第29 一般質問 ○白川静子 議長 日程第29 一般質問に入ります。  青木 浩議員外18名より質問の通告があります。  これより順次質問を許します。  青木 浩議員、御登壇願います。                 〔26番 青木 浩議員登壇〕 ◆26番(青木浩 議員) こんにちは。絆ちがさきの青木 浩でございます。  冒頭、服部信明前市長の御冥福を改めてお祈りいたしたいと思います。  平成15年に服部さんは市長に、そして私も市議会議員になりました。4期にわたってこの市政の発展のため、ともに努めてきたところでございます。さまざまなことがありました。選挙のたびに服部さんと街角に立って、我々の任期は4年だけれども10年、20年を見据えた政策をやっていこうと、そういった選挙運動もともにやりました。特に印象的だったのは平成23年、東北大震災が起きたときの統一選挙でございます。あの状況で本当に選挙戦をやるのかというような状況でもございました。そういった中で、この本庁舎の建てかえが一つの争点にもなりました。服部さんと2人で街角で演説をしていると、反対派の方から街頭演説をとめられたこともありました。そういった中で、今この新庁舎で私も新しい市長を迎えて議論をさせていただくことは、本当に服部市長のリーダーシップに改めて敬意を表するところでございます。  今回、服部さんの急な逝去に伴って、急な選挙になりました。佐藤市長におかれましても、さまざまな思いがあったと思います。しかしながら、このまちを未来に輝くまちにしたいという強い決意で市政に直球勝負ということで、市長に就任いたしました。私も、今回、質問トップバッターということで、直球勝負でやっていきたいと思いますけれども、時折チェンジアップ、フォークボールを交えながら、次の質問をどうぞと言われないような質問をさせていただきたいと思います。  それでは、所信表明から市長の政治姿勢を問う。  (1)市民との協働についてでございます。茅ヶ崎の未来を創るために、市民との協働にどのように取り組むのか。  市長は、このたびの選挙戦において、このまち、茅ヶ崎はポテンシャルがある。そして、このまちに住む市民の皆様は茅ヶ崎が大好きだと言える方が多く住んでいる。まさしくこのまちのポテンシャルは、北部に緑多くの丘陵地、南部に緩やかなる海岸線を有し、温暖な気候のもと、風土、伝統ある文化、また、湘南の中枢に位置し、湘南ライフの生活感は、圏央道開通に伴い県外からもアクセスしやすくなり、魅力的なまちとして将来における未知の可能性を秘めております。茅ヶ崎市も高齢社会を迎えておりますが、このまちを愛する市民が、さまざまな分野においてもすばらしい人材がおります。所信表明でも、児童クラブについては民設民営、茅ヶ崎版子ども食堂の実施についても、市内飲食店、企業に協力していただく仕組みの構築に取り組んでいくことも述べられております。まちぢから協議会、各種団体との連携推進を初め、市民や民間企業との協働をどのように取り組むか、お伺いいたします。  次に、(2)でございます。市立病院の収支改善等について。市立病院の収支改善にむけた今年度の取り組み。また、医療機関における消費税負担の控除対象外消費税額の経営への影響をお伺いいたします。  茅ヶ崎市立病院の経営状況について、平成29年度決算において2年連続で年約10億円近い損失が計上され、2015年に52億円あった病院現金残高も30億円を割り込んでしまう結果が出ております。公立病院としての宿命もありますが、収支改善を取り組むに当たり経営形態を早急に考えていかなければと思います。急性期病院を取り巻く状況は厳しくなるばかりであり、収入の根幹である診療報酬は決められた基準の中でやらなければいけない縛りがあり、経費節減といっても人件費において公務員制度の人件費があり、この2年間の赤字に関しては、収支面の厳しい制約と支出、人件費における公立病院として抱える課題があらわれたのかと考えております。そこで、この2年連続の赤字決算を受けて、市の部局を超えて、今後の市立病院の運営形態をどう進めていくのか、一般会計からの繰出金も含めた検討状況は、また、現場である病院内において何を重点に取り組まれているのか、お伺いいたします。  次に、医療機関における消費税負担の問題、いわゆる損税については医療機関の経営に影響があり、この2年間、損失は幾らあったのか、平成28年度、平成29年度をお聞きいたします。  次に、(3)スポーツ振興を通じた地域づくりについて。柳島スポーツ公園を取り巻く環境、また周辺施設の施設充実についてお伺いいたします。  開設から9カ月余り、柳島スポーツ公園は、ますます市民のスポーツの活躍の場、また、健康増進に重要な施設となってきました。しかしながら、昨日報告がありましたが相模川河畔スポーツ公園の閉鎖に伴い、特に稼働率の高いテニスコートの利用者への対応、サッカー等インフィールド部分利用者の需要に対し、対策が急務となってきました。現在、柳島スポーツ公園は、優先予約が週末かなり占めており、週末の一般予約は月に1度しかなく、一般予約枠をふやすべきだと考えます。このような状況が予想される中、どのようにお考えかお尋ねいたします。  また、さまざまなスポーツイベントの開催要求がある中で、新春恒例の高南駅伝の柳島スポーツ公園を拠点とした開催が決定いたしました。コース道路許可等で課題があり、警察との協議の上、開催に支障はないのかお尋ねいたします。  次に、周辺施設、しおさい公園にある少年蹴球場は人工芝が施工されており、隣の多目的広場は、土のフィールドであり、水はけがよくなく、人工芝の施工が望まれます。両面人工芝のフィールドになれば、少年サッカー大会等、柳島スポーツ公園との連携した大会が可能になり、柳島スポーツ公園のポテンシャルもさらに上がると思います。諸課題等あると思いますが、実現に向けてのお考えをお尋ねいたします。  次に、(4)道の駅事業の推進について。今ある課題と今後の構想検討をどのように行うのか。  用地取得等の関係から2年間余りの延期がされました。市長は、この2年間をチャンスと捉え、地域経済活性化の起爆剤となり、愛される道の駅というものを再検討していくと述べられております。そういう中でも今やらなくてはいけないこと、用地取得もありますが、今ある課題についてお尋ねいたします。道の駅の設置に関して、動線の整備について、市道0121号線道路拡幅と国道134号接続の右折レーン増設及び歩道拡幅の見通し、駐車場、トイレ等、神奈川県が行う道路区域面積9430平米の県との協議、国道134号上り左折レーン増設、下り右折レーンの延伸等、道路管理者、警察との協議は計画どおりに進んでいるのか。また、当該地への盛り土については約2万立米、10トンダンプ約3600台分を必要とし、良質な土での盛り土計画としておりますが、その確保についての見込みをお尋ねいたします。  次に、今後の構想検討をどのように行うのか。既に平成28年3月に策定した基本計画のコンセプト「ALOHA 湘南初!茅ヶ崎発!潮風薫る“ちがさき愛”いっぱいの交流拠点」とし、基本方針では、休憩機能「茅ヶ崎とホノルルに共通するゆったりとした雰囲気によるリラクゼーションを提供する道の駅」、情報発信機能「さまざまなニーズに対応した情報提供と魅力・資源を発信する道の駅」、地域連携機能「地域とのつながり、“ちがさき愛”を育み発信する道の駅」とされております。市長が地域経済活性化の起爆剤となるものとして、この基本方針にさらにつけ加えていくのか、何を見直すのか、お考えをお聞きします。また、地域振興施設として建物の建設手法、運営方法については、民間活用の手法はさまざまありますが、今ある構想はどのようなものかお尋ねいたします。  最後に、(5)広域連携について。相模川左岸築堤整備推進のため、国とどのように取り組むのか。また、海岸侵食等、更なる県との連携強化をお尋ねいたします。  平成31年4月以降、相模川左岸築堤整備のため、相模川河畔スポーツ公園を工事ヤードとして使用するため、利用停止が決まりました。堤防の早期整備は流域住民の生命、財産を守るために喫緊の課題であり、国の築堤事業に協力していく姿勢は評価いたします。今後、国道1号より下流の中島地区は平成33年以降に整備されていくとのことですが、当該計画地はゴルフ場内や市道2513号線上であり、課題がさまざまあると思われます。これを機に整備が推進されることを望みます。国とさらに強く取り組む必要があると思いますが、お考えをお聞きいたします。  次に、海岸侵食について、平成18年から平成27年の10年間に約30万立米の養浜の砂が投入されました。汀線、いわゆる砂浜50メートル確保を目標とし、一進一退を展開しておりますが、現在の海岸侵食対策としての県の取り組み状況、計画をお尋ねいたします。また、サイクリングロードに飛砂による砂の蓄積が見受けられます。市内中学校の女子ソフトボール部員が砂を除去するためにトンボがけをしているところを見受けました。砂防ネットの修復とあわせ、県への迅速な対応をしていただきたいと思いますが、連携強化についてお尋ねいたします。  以上、1問目です。 ○白川静子 議長 市長、御登壇願います。                  〔佐藤 光市長登壇〕 ◎佐藤光 市長 答弁の前に一言申し上げます。  故服部市長とは、私も県議会議員の時代に1期一緒に仕事をさせていただきました。党派を超えて、会派を超えて愛される市長は、とても人望のある方で、だからこそ、4期にわたり市長という重職を務めてこられたことだと思います。そういった服部市長に敬意を表しながら、少しでも近づけるように頑張って仕事をしていきたいと思っております。  また、青木議員におかれましては、こういった市議会の同じ空間で質問者、答弁者と相対しているのが大変不思議にも感じております。もとより、青木議員がフォークボール、チェンジアップを投げるような、そんな器用なピッチャーでないということはよくよくわかっております。お互いの直球をフルスイングで打ち返すような、そんな議論をこれからできればいいなと念頭に置きながら、答弁に入りたいと思います。  まず最初に、所信表明から市長の政治姿勢を問うにつきましてお答えいたします。  初めに、市民との協働につきまして御質問をいただきました。民間活力の活用を初めとした市民の協働をどのように取り組むかについてお答えいたします。  今後予想される人口減少社会の到来、少子高齢化の進行の中にあっても、子供から高齢者までさまざまな立場の方をしっかりと社会で支えることができる仕組みのもと、持続的に発展することができるまちの実現に向けて、各分野におけるさまざまな施策を進めてまいりたいと考えております。これらの取り組みを進めていくには、当然のことながら、行政の力だけをもってできるものではございません。茅ヶ崎市には、このまちに愛着を持ち、よりよいまちにしていきたいという熱い思いを持った市民、関係団体、民間事業者の皆様が数多くおられます。そういった方々の思いを行政としてしっかりと受けとめるとともに、個々の主体が持っている強みを活用させていただきながら、十分に連携を図り、まちづくりを進めてまいります。  次に、市立病院の収支改善等についてお答えいたします。  選挙公約にも挙げておりますとおり、地域に公立病院があることは何よりの安心でありますが、急速な経営環境の悪化は課題であると認識しております。この課題については、単に市立病院だけの問題と捉えるのではなく、市政全体における市立病院のあり方を踏まえ、考える必要があります。そのため、今年度に入りまして、地域の中で市立病院が求められる役割や持続可能な経営の維持といった視点に鑑み、どのような方策が考えられるのか、市立病院だけでなく関係部局も交えて検討を行っているところであります。そうした議論の中において、一般会計からの負担金については、重要な要素の一つであります。一般会計負担金につきましては、病院事業を担う役割の中で本市として担う必要があるとしたものであって、病院事業の性質上、能率的な経営を行っても、なお、病院事業の収益を賄うことが客観的に困難であると認められる経費等については一般会計が負担すべきとされております。このことを踏まえ、病院事業における能率的な経営とは何かについて、まずは検討を進めてまいります。また、こうした市政全般から見る大局の議論とともに、現在の市立病院において、収入増あるいは支出減に向けて取り組んでいる改善策について継続して行ってまいります。  現在、市立病院内で取り組んでいる収支改善策の詳細につきましては、副院長より御説明させていただきます。  次に、柳島スポーツ公園を取り巻く環境及び周辺施設の施設充実についてお答えいたします。  昨日の全員協議会において御報告させていただきましたとおり、相模川河畔スポーツ公園につきましては、国が行う相模川の築堤事業に協力するため、平成31年3月31日をもちまして利用停止とさせていただきます。柳島スポーツ公園整備の目的の一つは、相模川河畔スポーツ公園の機能移転であり、既にその目的は達成されたものと考えております。しかしながら、利用停止により、柳島スポーツ公園はこれまで以上に施設の予約がとりづらくなることが想定されているところであります。総合競技場に関しましては、毎月一般開放日を1回設けておりますが、土曜日、日曜日においてもっと施設を使いたいなど、一般利用者からの御意見もいただいておりますので、関係団体も含めた利用団体と協議し、多くの皆様に御利用いただけるよう調整を図ってまいりたいと考えております。  また、高南一周駅伝競走大会につきましては、昭和14年から開催されている県内において最も古い駅伝競走大会であり、これまで市役所周辺をスタート、中継、ゴールとしていましたが、来年1月14日に開催予定の第81回大会より、大会を湘南地区に移し、柳島スポーツ公園を起点とするコースとすることで、これまで調整を図ってまいりました。警察との協議が整い、地元の皆様の御理解と御協力が得られたことから、現在は実施に向けて詳細な準備を進めているところでございます。  続きまして、柳島しおさい公園に整備してある多目的広場につきましては、誰もが無料で使える広場として、サッカーのみならず野球のキャッチボールやタグラグビーなど、多くの市民に利用いただいております。議員御指摘のとおり、多目的広場に人工芝を整備することで利用者の利便性も向上し、スポーツ振興の発展に有効な手法の一つであると考えております。また、誰もが使える多目的広場を運動施設として占用して利用することについては、多目的広場の利用状況の精査や利用者の意見も聞きながら、その可能性について検討してまいりたいと思っております。  次に、道の駅事業の推進における今ある課題と今後の構想検討をどのように行うのかについてお答えいたします。  所信表明でも述べさせていただきましたとおり、道の駅につきましては、地域経済活性化の起爆剤となるものと考えております。本事業につきましては、しっかりと進めてまいりたいと考えております。しかしながら、これまでの検討では、整備地は明確になっておりますが、どのような方が来訪され、そこでどのような運営をし、どのように地域の活性化や経済の好循環を図るのか、必ずしもターゲットが明確になっていなかったのではないかと感じております。これらのことが整理されれば、おのずと建築物の方向性や運営方針が決まってくるものであると認識しております。このことがまさに課題であると考えております。今後につきましては、道の駅としての必要な機能は押さえつつ、これらのことを整理、精査した上で、よりよい道の駅とするため、採算性などのリスクはもちろん、建築物の建設手法や運営における民間の活動方法等、さまざまな角度からスピード感を持って再度検証してまいりたいと考えております。  なお、いただいた質問のうち、周辺道路整備の見通しや神奈川県警察本部等の協議、盛り土の確保の見込みにつきましては所管の部長より御答弁させていただきます。  次に、広域連携について2点の御質問をいただきました。まず、相模川左岸築堤整備のため国とどのように取り組むのかについてお答えいたします。  相模川は、河口から神川橋までの約6.6キロについて、国土交通省が維持管理を行っております。平成30年7月現在の相模川堤防整備状況といたしましては、全体で約83%、左岸で約66%、右岸で約99%の整備率となっており、左岸の整備がおくれている状況でございます。このような状況の中、茅ヶ崎市、平塚市、寒川町の2市1町の首長、議会議長、流域住民の代表者で構成する相模川整備促進協議会で、平成30年7月に発生した西日本豪雨で甚大な被害が生じたことも踏まえ、本年も相模川の早期整備を強く求める要望活動を国土交通省や財務省、地元選出の国会議員等へ行ってまいりました。国土交通省では、平成30年7月に河川整備の目標や整備内容を定めた相模川水系相模川・中津川河川整備計画を県管理区間も含め神奈川県とともに策定いたしました。また、今年度、国土交通省では、国道1号から平太夫新田地区までの約850メートルの区間のうち約240メートルの区間について堤防整備を実施する予定であり、一部の区間については現在工事が行われているところでございます。  本市といたしましては、国の築堤事業に協力するため、平成31年4月以降、相模川河畔スポーツ公園を堤防の工事ヤードとして使用するため利用停止することといたしました。堤防の早期整備は喫緊の課題であり、この機を捉え、近隣市町と連携し、また、流域住民とともに水害から流域住民の生命、財産を守り、安全で住みやすい生活環境の確保を図るため、国道1号の下流も含めた堤防の一刻も早い整備、未整備箇所の整備時期や整備方針の明確化について、引き続き強く要望してまいります。さらに、その早期実現のためには、近年頻発している大規模災害に対する復興予算が増大する中において、国において安定的に整備事業予算を確保する必要があり、その大幅な増額確保が図られるよう継続して要望していくとともに、国と協力して堤防整備の進捗に向けて取り組んでまいります。  次に、広域連携についてさらなる神奈川県との連携を積極的に進めていくに当たり、海岸侵食についてお答えいたします。  茅ヶ崎海岸につきましては、昭和50年の中ごろから砂浜が侵食され始め、管理をする県では、海岸保全のため、構造物を建設するのではなく、侵食が進行している箇所に土砂を入れる養浜という手法により海岸侵食防止対策を実施しております。昭和63年度から毎年継続した養浜事業を実施しており、平成18年度からは砂の配合も考慮した養浜を実施し、平成22年度に相模湾沿岸海岸侵食対策計画を策定しております。また、こうした状況を踏まえ、広域連携といたしましては、県及び相模湾沿岸13市町の首長、県議会議員の代表を構成員とするなぎさづくり促進協議会として、技術的支援や財政措置の充実について、県と連携をとりながら、国並びに県選出国会議員への要望活動を毎年実施しております。さらに、市内の全域の海岸線における養浜事業実施におきましては、県、茅ヶ崎市、漁業協同組合、海岸地区自治会連合会、中海岸自治会等、海岸に関する21団体の委員で構成される茅ヶ崎中海岸侵食対策協議会を設立し、さまざまな視点から継続的な協議を行い、養浜事業を支援しております。なお、今後も養浜を継続することが平成28年度協議会で決定され、今年度も養浜を実施しております。今後も引き続き国、県へ積極的な要望をしてまいります。  なお、詳細につきましては担当の部長より御説明させていただきます。  私からは以上です。 ○白川静子 議長 副院長。 ◎内藤喜之 副院長 市立病院での収支改善に向けた取り組みについてお答えいたします。  市立病院では、収支改善に向けて、救急患者受け入れ増加策や診療所を初めとした地域医療機関とのさらなる連携による紹介患者の増加策、診療報酬獲得に向けた事業運営の検証等について検討を重ねながら順次実行に移しております。  初めに、収入の確保につきましては、救急患者の受け入れに関する取り組みとして、急性期医療を担う救急病院として救急から入院につながる裾野を広げ、収入増を図るべく、救急患者について問診や検査の適切さ、検査結果の解釈の適切さ、入院の必要性等の視点で毎朝診察内容を点検、検証した上で、担当医にフィードバックし、次につながるよう受け入れ意識の改革を進め、患者数の増加に取り組んでおります。  紹介患者の増加につきましては、7月に140カ所以上の診療所へ患者支援センター所長及び事務局幹部職員が平成30年度診療の御案内を携えながら訪問し、市立病院と各診療所の顔の見える関係づくりによる連携を深めるとともに、9月から10月にかけまして医師が診療の合間を縫って直接専門の診療科に関係する地域の診療所を訪問し、疾病や患者の動向などについて情報交換を行いながら、信頼関係の構築を進めております。また、診療報酬の獲得につきましては、2年に1度国が定める診療報酬制度に的確に適応し、患者に施した診察行為を確実、かつ、より効率的に診療報酬として獲得するため、経営分析ソフト及びレセプト請求適正化支援ソフトを11月に導入し、診察内容の分析及び検証に着手するとともに、同一ソフトを使用する他病院と市立病院の位置づけを把握することで効果的な対策を講じる環境を整備し、活用に向けた手法の研究に取りかかっているところでございます。  次に、保険請求が漏れやすい診療材料につきましては、確実に収入に結びつけるため、その情報が医事会計システムに確実に連携できる仕組みをつくり、実行しております。支出の削減につきましては、平成30年度も引き続きアドバイザリー業務委託契約を締結し、医療機器や医薬品の購入、委託業務等についてベンチマークに基づく適正価格を踏まえた見積書の査定等を実施した上で契約に臨み、経費を適切に執行し、医療機器の整備等について優先度をさらに精査することで医療の質を維持しつつ、支出の削減に取り組んでおります。さらに、市民に対する広報活動といたしまして、新たに市立病院通信を定期的に発行していくこととするなど、より多くの市民に市立病院を知っていただく機会の提供に努めております。  また、市民ニーズの高い時間帯に検査業務を実施することで、診療所からの紹介患者をふやすことができないかについて検討を加えているところでございます。あわせまして、患者満足度向上に向けた取り組みといたしまして、病室の床頭台設備について、入院患者へのアンケート調査や他病院の現状を踏まえながら、平成30年度中に更新するとともに、病棟内にインターネット環境を整備してまいります。市立病院といたしましては、こうした多角的な視点からさまざまな取り組みを実施し、効果があらわれることで収支改善につながるよう、引き続き取り組みを進めてまいります。  続きまして、市立病院における平成28年度及び平成29年度の消費税の損税についての御質問がありましたのでお答えいたします。  消費税の損税につきましては、社会保険診療が非課税取引であるため、全国の医療機関において、納税計算上、仕入れ控除の対象にならない消費税が存在しております。平成28年度病院事業決算では、事業者等に支払いをした消費税のうち3億7317万782円が、また、平成29年度には3億2906万9468円が仕入れ税額控除の対象にならない消費税として雑損失に計上しており、長年にわたり収支を圧迫し、最近では経営悪化の一因になっております。このような状況に関して、国はこれまで診療報酬改定時にこの損失を補填してきたとしており、国が定める診療報酬や薬価等には医療機関等が仕入れ時に負担する消費税が反映されているとしています。これに対し、国内の病院で構成される団体は、損失に見合った補填がされていないのではないかとの問題提起を国に対して行っておりますが、抜本的な解決がないまま現在に至っております。このまま行きますと、平成31年10月の消費税率10%への改定以降は、なお一層の病院の負担増が見込まれるものと考えております。  以上でございます。 ○白川静子 議長 経済部長。 ◎大八木和也 経済部長 青木議員の1問目のうち、周辺道路整備の見通し、神奈川県警察本部等との協議、盛り土の確保の見込みにつきましてお答えさせていただきます。  初めに、周辺道路でございますが、見通しといたしましては、神奈川県警察本部等との協議でございますが、神奈川県警察本部との交通協議につきましては、国道134号上り左折レーンの増設や下り右折レーンの延伸等も含め、順調に進んでいるところでございます。特に市道0121号線の柳島二丁目交差点から国道134号までにつきましては、南側道路拡幅に必要な用地の買収契約が完了しているところから、必要な事務手続を経た上で、順次工事を進めてまいりたいと考えております。  次に、盛り土のための土の確保につきまして、議員御指摘のとおり、道の駅や周辺道路の工事に多くの土が必要となってまいります。このため、一般的な土を購入するといったことも含め、国や県、市等々の公共工事で発生する土を活用することも視野に入れて調整を行っております。他の公共工事で発生する土を活用することは、搬出する側、受け入れる側、双方にとってメリットがある話だということで認識しております。しかしながら、議員もお考えの、その土の質や時期も重要になってまいりますので、引き続き関係機関とも協議しながら検討を行ってまいります。  続きまして、茅ヶ崎海岸における海岸侵食の対策の詳細につきまして、海岸管理者であります県の事業といたしまして、中海岸地区での総計画養浜量年間3万立方メートル、10年間で30万立方メートルを投入し、海岸線をサイクリングロードより50メートル前進させることを目標といたしまして、10年間で現実には32万立方メートルの養浜を実施したところ、平成29年1月現在では最長45メートルの海岸線の延伸が見られました。その結果、高波が相模湾沿岸に大きな被害を及ぼしました昨年の台風21号では、養浜が防波堤として機能し、一部影響が出たものの被害は少なく、台風による人的被害もなく、養浜による海岸保全の効果があったと認識しております。  また、中海岸侵食対策協議会の養浜事業の支援につきましては、養浜の10年計画が平成27年度で終了したところではございますが、中海岸地区の計画汀線50メートルを目標に、平成30年度も養浜を継続実施するとともに、茅ヶ崎市漁業協同組合から養浜による海岸の環境、生態系への影響を危惧する声もあり、神奈川県水産技術センター相模湾試験場において、新たに海中の調査地点を設け、海底や底生生物の調査を実施し、平成29年度の養浜が海岸環境等への影響は見られないとの漁業者への報告も行っております。  なお、県事業に対しまして、良質な海砂である茅ヶ崎漁港西側堆積砂を養浜材として提供しております。平成29年度におきましては、県と協議した結果、市で3000立方メートル、県で1万2000立方メートル、合計1万5000立方メートルの堆積砂を搬出し、中海岸に投入しております。さらに、柳島海岸地区には年間2500立方メートル、菱沼海岸地区に年間3500立方メートルを目安として土砂を投入しており、平成30年度につきましても同程度の養浜事業を実施する予定であると伺っております。  今後も、県との協議を踏まえ、サイクリングロードの倒壊防止策として新たな工法も取り入れながら養浜を進めていただきたいと思っております。さらに、サイクリングロードへの砂防対策におきましても、砂防ネットの新設や老朽化した砂防ネットの改修を県に依頼しており、今後も状況に応じた海岸侵食対策を実施いただけるよう、県に対し強く要望してまいりたいと思います。  以上でございます。 ○白川静子 議長 青木 浩議員。 ◆26番(青木浩 議員) 直球勝負で来いということですので、ちょっと組み立てから変えて質問させていただきたいと思っております。  まず、柳島スポーツ公園のスポーツ振興を通じた地域づくりですけれども、ことしの夏、湘南ひらつか花火大会のときに何かイベントのようなことがあって、ちょっと天候の関係で花火大会が延びちゃったんですけれども、ああいったスポーツ公園の施設を通じて、まちぢから協議会の皆さんたちとか地元の皆さんに協力いただいて、多くの方が柳島スポーツ公園に来ていただいたと思っております。そういうようにスポーツを楽しむだけじゃなくてさまざまな催しを開催して、市民の皆様に柳島スポーツ公園に足を運んでいただくことは、市長の施政方針にも、スポーツからの地域の振興づくりに役立つと思います。それについてちょっとお考えを。  そしてまた、年を越えると一周年になりますよね。何かイベント等の企画があれば、計画をお伺いいたします。  それとあと、ことしの春にキリンレモンカップ、サッカー大会が、海外の名門が参加いたしまして、大変盛り上がって、報道各社もかなり、数社入りました。ぜひこの大会を、柳島スポーツ公園での毎年開催を望むんですけれども、これについての誘致をお尋ねいたします。  それとあと、柳島スポーツ公園は、今さまざま土日に大会の開催等をやっているんですけれども、その中でも一般の利用者、テニスとか教室に来られる方が、駐車場がいっぱいになって駐車できなくて、予約の時間にちょっと間に合わなくて心配だったという話も聞いておりますので、臨時の駐車場、多目的広場をオープンするということが何かスムーズにいっていないようなところも見受けられますので、それについての対策をお聞きしておきます。  あと、しおさい公園の人工芝化。少し前向きな御答弁をいただいたのかなとは思っておりますけれども、多目的広場ということで、あそことこっちの横にある人工芝の少年サッカー場は料金体系が違うということで、人工芝にした場合、それは有料がどうするんだという問題もありますし、占有にしてどうだという議論もあるんですけれども、あそこの多目的広場は、今、土のグラウンドになっているんですけれども、構造上、非常に水はけがよくないんです。それで、もう数年前ですけれども、この寒い時期、1月ごろだったんですけれども、あそこは昔、予約制で、少年サッカーができたんです。それで、行ったときに前日に雨が降りまして、かなり水たまりができていた。サッカーを予約している子供たちと保護者と指導者、私も手伝いましたけれども、寒い中、スポンジ、バケツを持っていって、水たまりの水をみんなで取ったんですよ。寒い中で子供たちも手がかじかんじゃって、結局、2時間の予約制だったんですけれども、それで予約が終わっちゃったんです。そういった状況があるので、いろいろな諸課題等々、あと地元の調整等々もあるのでしょうから、あそこの多目的広場の現状を踏まえて、担当部のほうで何かあれば御答弁ください。  それと、道の駅。建設に当たっては、運営業者との協議が私は非常に重要だと思っております。あそこに道の駅の建物を建てて、いわゆるショッピングモールだとかステーションビルだとか、そこにテナントを入れればいいという話じゃないと思うんです。施設の性格上、ここはやっぱり運営業者と、建設に対しては、非常に重要な関係の構築をしていかなきゃいけないと思っておりますので、建物建設の時期と運営業者選定の時期をどのように考えているのか、お答えください。  あと、道の駅は、運営業者の選定に当たっては指定管理者制度を導入するのかまだ決まっていませんけれども、その場合、指定管理者選定等委員会に道の駅に特化した人材、商業施設等のマーケティングの知識がある有識者を入れるべきだと考えておりますが、それについてどうでしょう。  それと、広域連携について。サイクリングロードの堆積砂の除去についてはちょっと答弁がなかったんですけれども、きょう報道で、太平洋岸自転車道1400キロ整備、新聞に出ていましたけれども、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、あわせて整備していくということですから、サイクリングロードが、これから冬場、西南西の風が吹いて砂が堆積する可能性がありますので、その県への依頼はどうなっているのか。  あともう一つ、今いった自転車道の整備について関連するんですけれども、旧中海岸プールの下のサイクリングロードの直線化なんですけれども、あそこは茅ヶ崎海岸グラントプランのC地区の計画地でもありますよね。大分計画から時間がたっていますけれども、さまざまな課題があるのでしょうけれども、ここは県と市との共同事業というか、連携を図っていけなければ事業が進まないと思いますから、この辺についてのお考えをお聞きして、2問目を終わります。 ○白川静子 議長 理事・文化生涯学習部長。 ◎鈴木深雪 理事・文化生涯学習部長 2問目、数点にかかわりまして、それぞれお答えしてまいります。  まず、地域づくりの発展に関する御質問にお答えしたいと思います。  3月25日の開園以来、指定管理者と連携をしながらさまざまなイベント等を開催してまいりましたが、議員もおっしゃるキリンレモンカップほか、ワンネーションカップという2つの中学生のサッカー国際大会を誘致し、多くの皆様に御来場いただきました。また、サッカーなどの大会だけにとどまらず、地元の湘南地区まちぢから協議会の御協力のもとで、納涼祭などのイベントも開催しました。さらに、開園から1年を迎えるために、記念イベントにつきましても来年2月の開催を目指して事業者が中心となる企画を進めているところでございます。  今後におきましても、公園をより身近に感じていただけるよう、大会の誘致や、誰もが公園に来たくなるようなスポーツ以外のイベントも、民間のノウハウを生かし、指定管理者と連携して企画し、活力みなぎるまちのスポーツ振興に向けた取り組みを推進してまいります。  次に、柳島スポーツ公園の駐車場の満車対策についての御質問がございました。議員御指摘のとおり、総合競技場で大きな大会が開催された際に、テニスコートを利用される方が既に駐車場が満車で、車をとめることができず、利用を諦めたという報告を受けております。このようなことが起きてしまった要因の一つといたしましては、公園管理室と主催者が事前打ち合わせを行う中で、主催者側が車で来場される方の予想を甘く見ていたことや、臨時駐車場となる多目的広場を大会参加者の集合場所として確保していたということが挙げられます。現在では、大きな大会を開催する際には事前打ち合わせをしっかり行い、開催内容によっては満車に備えていつでも臨時駐車場を開放できるような体制をとっていると伺っているところでございます。以上でございます。 ○白川静子 議長 建設部長。 ◎橋口真澄 建設部長 2問目のしおさい公園につきまして、人工芝化という御質問をいただきました。御答弁させていただきます。済みません。ちょっと聞きづらい声で申しわけございません。  議員御指摘のとおり、多目的広場は土のグラウンドであることから、人工芝のグラウンドと比べて水はけがよくない状況にあることは重々認識してございます。また、人工芝に整備することで利用者の利便性の向上が見込まれますが、先ほど市長の答弁にもございましたとおり、多目的広場につきましては、利用状況の精査や、人工芝にした場合の運用方法などにさまざまな課題があるため、地域の方々、また利用者の御意見等も聞きながら、その可能性について検討してまいりたいと考えております。以上でございます。 ○白川静子 議長 経済部長。 ◎大八木和也 経済部長 道の駅のスケジュールについてお答えいたします。  道の駅の整備事業につきましては、事業の進捗に応じたさまざまな協議に時間を要したこと、用地の確保に向けて着手時期がおくれたことにより用地取得が完了しなかったことなどからスケジュールの見直しに至り、平成30年9月に御報告させていただいたとおりでございます。また、国庫補助金等を活用したいと考えていることから、その中で申請時期までに用地の見込みが立たない場合は再度オープンの延期もあり得ると御説明をさせていただいております。オープン延期を公表させていただいた以降につきましても、地権者の皆様の御協力をいただくことができ、着実に進捗しているものと認識しておりますが、現段階でも未契約の用地があることは現実にあるものでございます。このため、早期の用地取得を目指して神奈川県とともに地権者の方へ丁寧な御説明をさせていただきながら、鋭意努力しているところでございます。よろしくお願いいたします。  続きまして、道の駅の建物建設時期と運営業者選定時期につきまして、引き続きお答えさせていただきます。  道の駅の建築物につきましては、当初、実施設計を行いつつ、管理運営者を選定した後、管理運営者の意見を取り入れながら、よりよい施設となるよう建築物内部の修正設計を行うことを想定しておりました。議員御指摘のとおり、建築物と管理運営者の関係は密接であるとも考えておりますので、このため、本市の道の駅にとって建築物の建設や管理運営者の選定をどのように進めていくのがよいのか、1問目でも御答弁させていただいておりますとおり、今後の再検討の中で検証してまいりたいと考えております。  続きまして、指定管理者制度を導入する場合、商業施設等、マーケティング知識のある有識者を入れるべきではとの御質問についてお答えいたします。
     道の駅における地域振興施設の管理運営につきましては、市が直接運営するといったことではなく、民間の能力活用を通じ、市民サービスの向上や経費削減が見込めることから、指定管理者制度の活用も一つの手法であると考えております。また、指定管理者制度を導入する場合には、附属機関である茅ヶ崎市指定管理者選定等委員会に諮ることとなります。委員の構成として、通常の委員以外に臨時委員を置くことができるものと規定されております。このため、そのような場合にはこの臨時委員として、道の駅や商業施設、マーケティング等、専門家に依頼することも必要であるとも考えております。  以上でございます。 ○白川静子 議長 企画部長。 ◎若林英俊 企画部長 サイクリングロードの砂の除去について、県への依頼の関係につきまして御答弁申し上げます。  サイクリングロードに堆積いたしました砂の状況につきましては、例年台風シーズン以降、藤沢市域より順次柳島方面へ除去作業が行われているところでございます。しかしながら、強風の日につきましては再び各所に砂が堆積してしまう状況もございます。市といたしましては、砂が堆積している状況が確認されたその都度、県へそんな状況を申し入れているところでございます。引き続き、粘り強く砂の除去作業を行うよう要望するとともに、砂の堆積の予防策といたしまして、サイクリングロード脇に竹柵の設置等の対策をあわせて要望しているところでございます。以上でございます。 ○白川静子 議長 経済部長。 ◎大八木和也 経済部長 サイクリングロードの直線化につきましてお答えさせていただきます。  サイクリングロードの直線化につきましては、茅ヶ崎市の6号水路付近の海岸側に湾曲している部分を直線化すべく、神奈川県が進めている事業となっております。また、本市の茅ヶ崎海岸グランドプランでは、本地区周辺をC地区と位置づけておりまして、サイクリングロードの直線化とあわせて公園整備を計画しております。県のサイクリングロードの直線化と市のグランドプランに位置づけられた公園整備を行うため、これまで神奈川県と協議を重ね、意思疎通を図りながら、一体となって動いております。しかしながら、事業を進めるに当たりまして、用地におけるさまざまな課題があり、円滑に進捗していない状況にございます。課題解決と事業の推進には県と歩調を合わせて進めることが必要となってまいりますので、今後も引き続き県と連携を図りながら取り組んでまいりたいと考えております。以上でございます。 ○白川静子 議長 青木 浩議員。 ◆26番(青木浩 議員) 3問目です。ちょっと昼に入りましたけれども、野球ではまだ5回の裏が終わったばかりの段階ですので、ここからちょっと病院について御質問させていただきたいと思っております。  先ほど消費税の損税、損失について2年間で約7億円弱ぐらいあるんですよね。それで、病院の一般会計からの繰出金、これは我々市議会の意見交換会をやっても、さまざまな市民から、病院に対してのこの負担金は何なんだという御意見をいただくんです。この辺は数字をしっかり把握しておきたいと思っているんです。平成29年度の決算ベースなんですけれども、同規模の近隣の自治体の一般会計からの繰出金を調べてみましたけれども、平塚市11億円、小田原市14億5000万円、それで茅ヶ崎市が11億円なんです。だけれども、茅ヶ崎市の場合、病院事業費に7億円、建設に4億円かかっていますよね。だから、事実上、病院事業に対しては7億円しかない。それで、小田原市は建設もないですから、何か新たに建設するという構想はあるみたいなんですけれども、14億5000万円。小田原市の2分の1の負担金で市立病院は、やっているんです。  これが多く出せとか、もっと削れとかという話じゃなくて、こういうことになっていると、先ほど私、一問目で言った52億円あったお金が30億円に割り込んでいる。予算特別委員会の答弁でも、その必要な額と負担額の差異は執行部も認めていますよね。そういった中で、病院の事業会計内で留保された資金をやっている。これは減価償却も含まれるのでしょうけれども、こういう答弁なんです。これについて、これから市長の公約でもある小児医療の拡充もあって、この辺も負担金をふやしていかなきゃいけない部分もあるのでしょうけれども、大前提は病院側の経営改善だと思っております。長期的な視点で負担金、運営形態も含めて、オール市役所で検討していきたいと夜光副市長の御答弁もありましたけれども、ここら辺も再度この負担金を他市からしてみて、これは正直、病院側からもちょっと意見を聞きたいんだけれどもなかなか答えづらいと思うから執行部の答弁だけで済ませますけれども、それについて再度負担金も含めたことで、ちょっと御答弁ください。  それと、病院長、急性期病院が直面している課題。2025年問題、医療、介護などの需要、必要性が急増するというものですけれども、当然高齢者がふえれば病床も必要となるんですけれども、そこで国は病床機能を大きく変えようとするような動きがあって、病院長はさまざまな会合に行っていたりして病院関係の意見を国に届けているのだろうけれども、病院から在宅へと、回復期の病床を3割ふやす。それで、今、急性期の病床を今ある6割から4割に削減しようと国が考えているんです。これは何かといったら医療費がかさむからという国の方針があるみたいですよね。この辺について、これから急性期病院は岐路に立たされているというようなことがよく出ているんですけれども、今後、公立病院なんですけれども、病院長から市立病院の方向性について御答弁ください。  以上です。 ○白川静子 議長 夜光副市長。 ◎夜光広純 副市長 お答えいたします。青木委員の3問目のうち、執行側としての考え方についてお答えいたします。  平成30年度に入りまして、企画部、病院事務局、財務部、総務部で協議を行ってまいりました。その中では、診療報酬が抑制基調であるなど、公的医療保険制度の状況や、神奈川県地域医療構想における湘南東部構想区域において求められている機能の状況などの病院事業を取り巻く環境の整理を行いました。また、市として市立病院でどういった医療を提供すべきかについても議論してまいりました。あるいは、現在の経営上の課題として人件費が増加しております。質の高い医療を確保しながら人件費の適正化を図るにはどういった方策が考えられるか、議論してもまいりました。こうしたさまざまな課題が相互に関連をしておりまして、全てを一どきに解決できる策を見出すことは難しいといったことが現状であります。  総務省では、公立病院の改革手法として、地方公営企業法の全部適用、地方独立行政法人化、指定管理者制度の導入といった方策を示しておりますが、どの方策もメリット、デメリットがあり、慎重な検討が必要であると認識しております。そうはいうものの、現在の経営状況を鑑みますと、それほど検討の時間は与えられておりませんので、集中的に議論を重ね、市立病院の改革を進めてまいりたいと考えております。  もう1点、病院からの一般会計負担金の現状につきましてお答え申し上げます。  市で実施している事業は、多かれ少なかれ事業の優先度がございます。市として市民から預かった税金をどのように還元していくことが適切なのか、実施計画や毎年の予算編成の過程において、市長の考えのもとに行われております。病院事業におきましては、一般会計との関係において負担金があり、事業費として高額なので意識が向くことは避けられないと考えております。病院事業は、平成28年度に経営計画を策定し、平成32年度までの収支見込みを記載しておりますけれども、その見込みは計画策定当時の情勢で推計したものでございまして、その後の変化、例えば診療報酬の改定などは見込むことができません。それは市の事業実施においても同様であり、事業実施することに対するさまざまな要因を考慮し、それに係る予算を調整し、決定していくものと考えております。病院事業に関する予算もそういう過程を経て、市として決定してきたものと考えております。  以上でございます。 ○白川静子 議長 病院長。 ◎仙賀裕 病院長 青木議員の病院を今後どうしていくのかという質問に対して、病院長としての思いをお答えしたいというふうに思います。  急性期、慢性期も含めた医療も含め、保健、医療、福祉、介護の取り巻く環境は、この数年で物すごいスピードで変化しております。茅ヶ崎市立病院は、この変化に、病院長から言っていいのかどうかわかりませんけれども、ついていけていないと思います。平成30年度の診療報酬改定をよく見ると、これは医療、介護の同時改定なんですけれども、それについていかなきゃだめなわけです。これには、やっぱり病院を運営、経営していくための自由度が現時点では全くないという状態ですから、病院長の判断で病院をこうしたいと思っても、これはできない状態です。ですから、はっきり言いますと、今から三、四年以上前の状態、ぬるま湯みたいな状態と言ったら怒られちゃうかもしれませんけれども、民主党政権時代の医療の診療報酬を上げてくれた時代のままのやり方で市立病院は来ていますので、それはちょっと考えていかなきゃならないと思います。それで、ただ、自由度が余り行き過ぎますと、患者さん、それから地域住民にとって必要な医療の提供ということが、病院を経営するために必要な医療の提供ということになっていってしまうおそれがありますので、これは適切な行政とか議会、地域住民の関与、チェックが必要だというふうに思います。  先ほど病棟の急性期から回復期、その他いろんな判断、病床の決め方があるんですけれども、それについて話を始めますと、1時間でも僕はしゃべっていられます。それをここで発言していると1時を過ぎちゃいますので、簡単にちょっとお答えしたいと思います。  茅ヶ崎市立病院は、やはり民間で手を出しにくいところをやっていかなければならない。それは社会的な弱者とか、周産期とか子供、小さなお子さん、そういう人たちにいい医療を提供できるような環境を病院として整えていく必要があると思います。それを含めますと、回復期は誰が利用するかといったら、やはり高齢者です。これから高齢者はふえますけれども、その患者さんが中心になっていくというふうに僕は思います。そうしますと、これは公立病院である必要は全くないと思います。  実際、急性期病床の中に回復期の必要な患者さんも入院していますし、回復期病床の中にも急性期の患者さんは入院していますので、これは、今、地域医療構想会議で、湘南東部医療圏の構想会議もありますけれども、県の病院協会とか県の医師会とか、それから神奈川県によく行っていますので、そこでこの急性期を決めるための基準、回復期を決めるための基準をはっきりしてくださいと。そうじゃなければ、2025年に向かって自分の病院をこのようにしていきたいというようなメルクマールがないという状態で現在話が進んでいます。メルクマールがなくて、自己申告での状態で、それぞれ公的、民間も含めた自己申告の状態で、今の地域医療構想会議、2025年に向かっての会議は話が進んでいますので、来年の2月には、神奈川県が各病院と2025年に向かっての必要な病床機能を一定のメルクマールを持った形で報告してもらって、それで決めるという形になっていきます。  市立病院は、急性期でやる必要が、僕は先ほどお話をしました、あると思いますけれども、その中できちんと基準を出して、こうだから急性期が必要なんだよ、こうだから急性期の中に回復期の患者さんも入るんだよ、そういうような思いで、あくまで最初に言いましたように、民間が手を出しにくいようなところをやはり重点に、今後も医療提供の必要があると思いますので、その点を考えてくださった上で、先ほどの負担金の話です。それも関係してくると思いますし、病院運営形態とかそれについても変わってくると思いますし、あと病院の運営する、経営する上での自由度についても話が進んでくるかと思いますので、それについて議会の皆様、議員の皆様にもよく考えていただきたいというふうに思います。  以上です。 ○白川静子 議長 青木 浩議員。 ◆26番(青木浩 議員) 病院長、まさしくそこだと思うんですよ。急性期の中にも回復期の患者さんが混在している。その割合はしっかり出されているのかな。そういうことを出されているのかなということがちょっと疑問なんです。それで、いわゆる7対1体制、これをやってきましたよね。7対1体制は診療の点数が高いので、高い診療を受けられるんだけれども、それだけ人件費が上がっている。当然上がってきますよね。この急性期病院となって、7対1体制を敷いて、それでがん診療連携指定病院も受けましたよね。確かに公立病院としての病院の格付というか、こういうものはしっかり上がってきているという努力は私は認めているんです。  ただ、格付は上がってきて、病院とすればしっかりした体制をやっているんだけれども、今、話が、収支がどうなんだということになっちゃっているんです。この辺は私も専門家じゃないので、こうすればいい、ああすればいいという話はできないんだけれども、さっき病院長も言っていたけれども、茅ヶ崎市に公立病院があるということは、やっぱり市民も安心すると思うんです。一般会計の負担金の話も、小田原市の2分の1でやっている。だから、執行部も病院の苦労を少しわかってやらないとだめですよ。多く出せとは言わないですよ。だけれども、事実上の金額と差異があるということは予算特別委員会でも認めているじゃないですか。それで、今年度は負担金が8億円弱ですよね。だけれども、国からの指定は予算特別委員会で12億6000万円ぐらいの負担金は必要だよと茅ヶ崎病院に言っているんだけれども、そんなような議論もあって、私もびっくりしたんだけれども。  だから、7対1をやっていって、さっきも国の方向性を聞いて、国はころころいろんな案を出してきますよね。毎年毎年、厚労省だとか、そういうことが。病院としても、どういった経営方針をやっていったら適正なのかというのはなかなか難しい。長期的にわからないんだけれども、さっき診療報酬のことで、7対1の点数も段階的評価というのを取り組むらしいじゃないですか。だから、これを堅持してやっていくのか。さっき、民間病院は入りにくいというようなこと。民間と聞いたら、僕、どきっとしちゃったんだけれども、その辺についてちょっと病院長、短くていいから、ちょっと答えてください。 ○白川静子 議長 病院長。 ◎仙賀裕 病院長 読み文なしでお答えさせていただきます。  7対1の看護基準は、病院長として、病院の格を、世の中、神奈川県とか全国から、茅ヶ崎市立病院はどういう病院だという形で評価される上で、やっぱり7対1ということ。それから、がん診療連携指定病院とか災害拠点病院とか、いろんなものを、自分が病院長になってから本当にずうっとやってきました。そういうものを担って、それでやっぱり7対1というものと連携していると思います。  人件費を削減するために7対1を10対1に持っていくというようなことは、これは10対1になった途端に医者がみんな逃げてしまいます。それから、もちろん看護師も逃げるでしょうし、やっぱり7対1ということで大学が医者を派遣しているということがありますので、外に向かって7対1を堅持して、7対1で入ってくる診療報酬の10対1の差額、それから7対1を維持するための人件費との差額がないように経営を考えればいいんですけれども。ただ、それには、先ほども言いましたように、何も自由度がないということがありますので、なかなか細かな対応がちょっとすぐにできないということもあります。  それから、病院を運営していく上で、今後どうやっていけばという話に最終的につながるのでしょうけれども、病院長としては、もう最終的には今のままは、本当に宝の持ち腐れなんです。これだけいいドクター、これだけの診療科、医療機器を、自分が病院長になってからもう13年ですよ。いろんなことをやりましたけれども、それが直接病院の収入に結びついているかというと、数年前まではよかったんですけれども、この数年急に落ちてきました。これは国の方針にうまく合っていないから落ちてきている面もあると思うんですけれども、宝の持ち腐れをしているという状態だと病院長は思っています。  その宝の持ち腐れを、いい方向に活用していくためにどうしたらいいかということは、僕の頭の中にはあっても、それを一々報告して、それならいいよ、それじゃだめだよというような形で了承を得ないと動けないということがもう多々ありますので、その点についても、茅ヶ崎市及び茅ヶ崎市民、患者さん、それから議会議員の皆さんも、茅ヶ崎市立病院は、今後も2025年以降も含めて茅ヶ崎市においてどのような病院として置いていくのかというような真剣な検討を、今、少し始まっていますけれども、早急にやっていかないと、キャッシュフローはゼロになって、そのときに慌ててやっても、これはもう難しいというふうに思いますので、ひとつ適切な判断をよろしくお願いしたいと思います。 ○白川静子 議長 青木 浩議員。 ◆26番(青木浩 議員) 本会議場で一般質問ですから細かいことは、ちょっと質問の趣旨からそぐわないというのは重々お聞きしながら思っているんですけれども、でも、この辺は、市長の公約にも出ている病院の改革については、私も全く市長と同じ認識です。これはやらざるを得ないと思っていますよ。  それで、病院長、今、宝の持ち腐れという話をしていたんだけれども、明るい材料もあるみたいじゃないですか。今、別棟に口腔外科をつくるとありますよね。それで、この間、我々の議員研修でちょっと教授のお話を聞いたら、栃木の足利の日赤病院は、口腔外科を開設したらぐんと右上がりに収益が上がって、その手法はどういうことをやったかわからないんだけれども、その先生も期待していいと言っていましたよ。議員の皆さん、みんな聞いていましたけれども、ねえ。だから、それも宝の持ち腐れにしないようなことをしないとだめだと私は思いますよ。  それで、さっき夜光副市長が公務員制度と収入のお話があったんだけれども、やっぱり病院の公務員さんの給料というのは、病院の収支に関係なく公務員制度の給与制度というのがありますよね。これはしっかり払っていかなきゃいけないじゃないですか。そうですよね。だから、そういうことも含めて繰出金がどうだと私は思うんですけどね。病院長、ごめんなさいね。委員会で病院長が、広報活動が非常に病院は重要なんだと言っていたじゃないですか。だけれども、そういうことが公務員的な発想でやっているから市民、患者に受け入れられないと発言されていて、それで、民間を経験して広報をやってきた人を採用し、そういう人材を確保していきたいと。これは予算特別委員会で答弁されているんです。それで、決算特別委員会では、ドクターの自腹の名刺の話もありましたけれども、その中で、中途採用した事務の人が、それまでの数年で公務員の発想が染み込んでしまっている。いろんなことを変えていかなければいけない。だって、公立病院だから公務員じゃないですか。それを言ってはだめですよ。それを言ったら始まらないですよ。私はそう思いますよ。  それで、何かこういう話を聞いちゃうと、病院はどんどんどんどん格付というか、設備だとかもしっかりしていって、医療側のドクターの倫理というのとか、そういうものがあるんだけれども、事務方だとか働いている人間は、公務員の倫理というものがあるじゃないですか。公務員の倫理って何だといったら、いろいろあるんでしょうけれども、税金を投入しているところだから、ひとしく市民に還元するような仕事を全うするのが公務員じゃないですか。それで、病院長は、私の一存では変えられないので議会の議員にもバックアップしてほしいという答弁をしているんだけれども、こんなことは言いたくないんだけれども、本庁から行く職員はだめですか。それで、その体制を変えるのに議会もバックアップしてほしいということは、この中で、病院独自で、例えば広報戦略をできる人とか経営手法のある人を、本庁で一括で採用するんじゃなくて、病院で採用したい、そんなような意味合いがあったのかな。これを最後にお聞きして、私の質問を終わります。 ○白川静子 議長 病院長。 ◎仙賀裕 病院長 お答えいたします。  これは公務員がだめだとかそういうことを言っているんじゃなくて、病院で異動になられたときに、既に診療報酬に対して、医療に対して、やはり知識がないと、それをゼロからスタートと。市役所ではすごく有能であったと。それはわかりますよ。でも、医療の世界を一度もやったことがない人が病院に来てもらっても、逆に、僕から思えば、これは申しわけないと思ってしまいます。そういうゼロから勉強をしていくという、これはすごく大変だと思いますので。  それから、数年で公務員の方になってしまうということに対してですけれども、やはりこれは民間でずっと経験して、うちの病院に来たいと最初は一生懸命やって、手を挙げて、自分から発言しています。でも、やっぱり1人でやっていますと、だんだん言わなくなってきて、二、三年で余り言わない人になっていくという傾向が、僕は主にあるように思っていますので、やはり採用するのであれば3人ぐらいで、広報課と。これは医事課の中にあるのではなくて、別の広報部門というのをきちんと立てて、そこで戦略を練って、それを幹部の会議に上げて、ダイレクトに広報をやっていくというようなシステムに変えていかなければならないというふうに思います。  決して、市から、それも公立病院ですから――やっぱり公務員、医者も公務員ですし、ほかのコメディカルも公務員がほとんどです。その中で公務員がだめだとかそういう形で僕は言っているのではなく、やっぱり医療の知識のあるプロが病院の事務の中にはほとんど占めるという状態になっていただきたいというふうに思います。 ○白川静子 議長 副院長。 ◎内藤喜之 副院長 病院長の答弁に少し補足をしてお答えさせていただきたいと思います。  市役所で行ういわゆる行政事務と、それから病院で行う医療系の事務は、基本的に求めることに相当違いがありまして、やはり全く別の次元の事務と言える場合が多いというふうに思っております。例えば予算の執行とか職員の採用に関することは、市役所であっても病院であっても差はありませんけれども、例えば医療器械を買うため、あるいは医療職員を採用するというような場合に、条例や規則に定められた手続を踏むということになりますけれども、そういうことが競合する民間病院と比べて少し時間がかかり過ぎるというような考えを持つことは、これは大いにあり得ることだと思っております。これは事務職員の問題というよりも制度上の制約というふうに考えております。  また、今も少し病院長から答弁がありましたけれども、診療報酬を扱う医事事務ということにつきましては、これはかなり高い専門性が求められるものというふうに考えております。診療報酬の改定ごとに、その内容を理解して医療職員へ説明して、場合によっては医療現場で行われる医療行為を変えなければいかないというようなことも当然あり得ます。それらの知識を習得するというのはかなり時間を要するものでございますが、それが数年単位の異動で行政事務の職場へ戻るというようなことがあれば、医療事務の職場としてのスキルは蓄積されることはなくて、病院運営上の痛手となるということは容易に想像ができるところです。これは医療事務が診療報酬の獲得に直結する事務であるというところによります。  こういうような状況を受けまして、市立病院では数年前から病院事務に特化した職員の採用を始めたところではございますが、今後はこのような事務のスキルが失われることがないような体制に変えていこうという考えのもとで進めているところでございます。  以上でございます。 ○白川静子 議長 以上で青木 浩議員の一般質問を終了いたします。  議事の都合により、暫時休憩いたします。                   午後0時44分休憩 ─────────────────────────────────────────────                   午後2時14分開議 ○白川静子 議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。  一般質問を続行します。  山ア広子議員、御登壇願います。                 〔23番 山ア広子議員登壇〕 ◆23番(山ア広子 議員) 皆様、こんにちは。故服部市長と私は7年半論戦をしてまいりました。故服部市長の志を受けて、佐藤新市長は今回この場におられます。新たな展望に向けて今奔走されていることと思いますが、服部市長は喜ばれていることと私は思います。服部市長のときと同じように、また気持ちも新たにして、きょうのこの場に臨んでおります。公明ちがさき、山ア広子、通告に従い質問をさせていただきます。  人がつながる地域共生社会の実現に向けて。  (1)子どもの居場所づくりについて。  2013年に子どもの貧困対策の推進に関する法律が成立しました。第1条「この法律は、子どもの将来がその生まれ育った環境によって左右されることのないよう、貧困の状況にある子どもが健やかに育成される環境を整備するとともに、教育の機会均等を図るため、子どもの貧困対策に関し、基本理念を定め、国等の責務を明らかにし、及び子どもの貧困対策の基本となる事項を定めることにより、子どもの貧困対策を総合的に推進することを目的とする。」、この法律を受けて、2014年には子供の貧困対策に関する大綱が定められました。子供の貧困対策と教育が結びつけて考えられ、その手段として学習支援があります。  茅ヶ崎市では、国に先んじて、2013年より子供の学習支援事業として、貧困の連鎖を防止するため、生活保護受給世帯の子供を含む生活困窮世帯の子供を対象に、単に勉強を教えるだけでなく、居場所づくり、日常生活の支援、親への養育支援などを通じて、子供の将来の自立に向けたきめ細やかで包括的な支援を行う学習支援事業を実施してきました。学習支援は、子供の自立を促す福祉政策から始まり、現在では志高い市民によりさまざまな団体等が学習支援活動に取り組んでくださっております。学校内で人間関係がうまくいっている子供は、学校も居場所と感じ、学校に通うことができます。しかし、学校内で人間関係がうまくいかない子は、居場所が見つけにくく、学校での人間関係を持ち込まない場所が欲しいと思う子供もおります。現在に至っての学習支援は、生活困窮者のみならず、さまざまな子供の学力向上と生きる力の醸成に寄与しています。茅ヶ崎市には、いろいろな運営形態によりさまざまな団体等により学習支援が行われており、学習支援の現場では常に子供と向き合った実践は蓄積され、子供のことを十分に考えてくださっております。学習支援の所管は教育委員会と福祉部、そして総務部とで担われています。事業の存続を考えるとき、部局を超えて人材確保や財源の確保は重要です。子供の学習支援に特化した財源の支援策が考えられないか伺います。  次に、子ども食堂の活動は2012年ころから始まったといわれ、茅ヶ崎市内でも食事や居場所づくりに力を入れていたり、学習支援などと連携したり、それぞれのNPO、団体、ボランティア等の特色を生かし行われています。子どもの貧困対策の推進に関する法律が成立し、社会として取り組まなければならないものとなった象徴的な取り組みとも言える子ども食堂です。開設に当たって、まず場所の確保ですが、無償提供なら経費はかかりませんが、賃貸であれば持続的な賃貸の補助を受けたいと考えます。ボランティア体制なら人件費はかかりませんが、定期的にかかわるメンバーの確保が必要です。食材などを寄附で全部調達可能ならば費用はかかりませんが、管理や貯蔵、在庫整理等は必要となります。購入する場合はその費用もかかります。持ち出し費用が発生する子ども食堂もあると聞きます。また、運営資金やスタッフの確保などの大人の都合によって、開催していた子ども食堂を閉鎖した団体等が一定程度存在していることがマスコミで報じられました。  茅ヶ崎市内にある子ども食堂を持続させていくための茅ヶ崎市の支援体制を伺います。また、「子ども食堂の活動に関する連携・協力の推進及び子ども食堂の運営上留意すべき事項の周知について」として、平成30年6月28日付にて衛生管理が求められましたが、それについての対応を伺います。また、子ども食堂が、今後、地域の中でどのような居場所、役割、機能になることを期待しているのか伺います。そして、茅ヶ崎市として子ども食堂を経済部と連携し、店舗利用など、考えられているのか伺います。  次に、(2)児童の放課後の居場所について。  女性就業率の上昇に伴い、共働き家庭の増大や就労の多様化で子供たちの放課後の過ごし方も多様化してきました。放課後の居場所についてのニーズも多く、子供たちの放課後には、学校で過ごすことのみならず、多様な生活や遊び場が用意されなければなりません。放課後児童対策を考える上では、自主性や社会性、自立を育む観点が求められ、そのためにより一層遊びや生活、その他さまざまな体験を保証することが必要である健全育成という概念のもと、子供が育つ場として多様に用意される必要があり、総合的な放課後児童対策の展開が求められていますが、茅ヶ崎市の方向性を伺います。また、平成19年度からは、文部科学省、厚生労働省合同で放課後子ども教室と放課後児童クラブを一体的または連携して実施する放課後子どもプランが開始されました。茅ヶ崎市においては、小学校の空き教室の確保が難しい現状があり、課題と認識していますが、現在建設中の小和田複合施設のため小和田小学校内に放課後児童クラブが一体的施設となっています。子供の状況をどのように感じているのか伺います。  また、児童健全育成対策の多くが一般財源化されました。放課後児童対策に関する財源が異なり、管轄する省庁も違う総合的な放課後対策としての財源が課題となっていますが、その解決策を伺います。また、放課後児童クラブの運営を考えるに当たり、子供の最善の利益を第一に考え、内容を検証する必要があります。民間活力により民営化された施設と混在していますが、検証の方策を伺います。また、今後の量的整備に係る方策についてどのように考えているか伺います。そして、放課後児童支援員認定資格研修の経過措置が終了する2020年度以降の放課後児童支援員の確保や研修をどのように実施するか伺います。  (3)子どもの貧困対策について。  全ての子供たちが希望を持って暮らせる社会づくりを加速するため、子供の貧困対策に関する大綱の見直しが、内閣府の有識者会議がスタートしました。我が国の2015年子供の貧困率は13.9%、前回2012年調査に比べ2.4ポイント低下し、7人に1人が貧困であることが報じられました。この現状は看過できません。茅ヶ崎市において子供のいる世帯の生活状況等に関するアンケートをされましたが、どのようなことが見えてきたのか伺います。また、茅ヶ崎市子どもの未来応援事業を打ち出していますが、どのような事業を考えているのか。また、子供の貧困は表に出てこない、見えないことも多く、保護者の対応が必要な場合もあり、支える仕組みも重要と考えます。民生委員児童委員との連携が欠かせませんが、その取り組み等の考えを伺います。  次に、(4)大人の居場所づくりについて。  茅ヶ崎市民ができることとしての子供の居場所としては、子ども食堂というのはとても重要な意味を持つと思います。地域の拠点という役割として考えた場合は、社会的孤立への取り組み、家庭や学校、職場、地域の中で居場所がない、孤立している、もしくは人間関係を持たないような人たち同士の交流や場所の提供という機能が必要な世の中になっています。今や地域コミュニティからの避難場所としての性質や新しい人間関係を築くため、防災訓練は地域住民をつなぐ機能の一つにもなりつつあります。防災訓練に参加される当事者のニーズは共通ではないものの、災害時に支えられる人もいれば、そうでない人もいます。地域の支え合いの場として、高齢者が育児の経験を生かし、拠点を訪れる子供の世話をしたり、子供と高齢者が一緒に活動することで介護予防につながる、そこに行けば誰かがいる、そのような場所が必要と考えます。地域の住民が相互に交流を図ることができる高齢者の居場所づくりが求められていますが、地域との連携の状況と茅ヶ崎市としての考え方について伺います。  次に、(5)支え合いのまちを目指しボランティア活動ポイント付与制度の創設について。  地域の福祉活動として、地域住民が活動されています。多様化する地域課題の解決には多くの市民の協力なしでは解決できないことも多く、担い手の確保は重要と考えます。高齢化が急速に進行する状況においては、高齢者みずからが健康づくり、介護予防に取り組むことが重要になります。元気な高齢者の活力を介護現場等で生かし、茅ヶ崎市民とともにつくる公共の支援ボランティアとして位置づけ、ボランティア活動をする市民にポイントを付与する仕組みを考えられないか伺います。  以上、1問目を終了いたします。 ○白川静子 議長 市長、御登壇願います。                  〔佐藤 光市長登壇〕 ◎佐藤光 市長 山ア広子議員の質問に順次お答えいたします。  人がつながる地域共生社会の実現に向けてのうち、子どもの居場所づくりについてお答えいたします。  まず、学習支援に特化した財政的支援策についてですが、現在、学習支援につきましては、実施主体がNPO団体や地域における運営団体など、さまざまな活動団体が主体的に活動をしていただいております。本市においては、地域の課題は地域で解決していただくことも必要と考えており、このような民の力による活動を継続していただきたいと感じております。つきましては、活動団体に継続して運営していただくための財政的支援策について、活動団体や地域の意見を聴取しつつ、他自治体の先進事例を参考にしながら、財政確保も含めて調査研究してまいります。  次に、子ども食堂に対する支援体制についてお答えいたします。子ども食堂については、庁内連絡会議の子ども部会が中心となり、現在、市内において運営されている子ども食堂の実態把握に努めるとともに、運営団体との定期的な情報交換を行い、間接的な支援として運営団体の活動内容等について市のホームページ上に掲載し、市民に向けて情報発信を行っているところです。今後の支援といたしましては、運営団体と意見交換をする中で、必要としているニーズを把握し、民間との連携を深めて、効果的な支援策について検討してまいりたいと思います。  子ども食堂が地域の中で担う役割や機能についてお答えいたします。子ども食堂については、本市でも主にボランティアが中心となり、幾つかの子ども食堂が地域の中で活動していることを把握しております。子ども食堂の役割としましては、食事の提供を通じた子供同士の交流や親同士の子育てに関する情報交換、孤食の防止等であると考えており、また、子供や親が地域住民との交流を通じて地域とつながりを持ち、安心して過ごすことができる場であるなど、子供の居場所づくりとして機能を担っていると認識しております。  次に、茅ヶ崎市として店舗を活用した子ども食堂の展開についての考え方についてお答えいたします。子ども食堂の開設には場所と物品等が必要であり、初期費用の負担が大きいことから、既存店舗の活用は、設備面や備品確保の点からは有効であると考えますが、実施店舗の確保、家賃負担等の課題も考えられます。店舗の活用については定休日や空き店舗の利用などさまざまな方法が考えられますが、庁内関係課や商工業者、商店街等の意見交換を行うなど、十分な検討が必要と考えております。店舗を活用した子ども食堂の展開については、先進市等の事例を参考にさまざまな観点から検討してまいりたいと考えております。  衛生管理につきましては、担当の副所長より御説明申し上げます。  次に、児童の放課後の居場所について、本市の対策や方向性に関してお答えいたします。  本市では、平成30年4月1日現在、公設民営、民設民営、合わせて30の児童クラブを設置しております。近年、共働き世帯等の増加によって児童クラブの利用者数も増加傾向にあり、平成26年度以降、児童クラブに入所を希望しても待機となる児童が発生し、年々ふえております。厳しい財政状況の中、多様化する保育需要に対応するためには、学童クラブの整備だけではなく多角的な視点から児童の放課後等の居場所づくりに取り組んでいく必要があります。児童クラブの施設整備については、まずは小学校低学年までの待機児童を平成32年までにゼロにすることを目標に民設民営児童クラブの開設を軸に進めてまいります。そのほかには、全ての学童を対象とした放課後の遊び場である小学校ふれあいプラザや通常児童クラブに通所していない高学年児童を対象とした夏休み等の長期休暇の居場所となる長期休暇対策事業の拡充などを進めてまいります。これらの取り組みを推進するに当たりまして、放課後子ども総合プランを踏まえた学校施設の利活用について検討を継続するとともに、国の子ども・子育て支援交付金等の特定財源を最大限活用してまいります。また、公設民設児童クラブとも、さらなる保育の質の向上を図るため、運営事業者に対する指導をしっかりと行い、放課後児童支援員の確保についても、各事業者に対する研修受講の呼びかけや処遇改善等に引き続き取り組んでまいります。さらに、必要に応じて対策の時点修正を行い機動的に対応してまいります。  小和田小学校における子供の状況、放課後児童対策の財源における解決策、民設民営児童クラブの検証につきましては、担当の部長より御説明いたします。  次に、今年度実施しました子供のいる世帯の生活状況等に関する実態調査についてお答えいたします。実態調査については、今後の子育て支援に関するさまざまな取り組みをより効果的に進めていくことを目的として、市内の児童扶養手当受給世帯、子供のいる生活保護受給世帯に対してアンケートによる調査を、また、子育て支援に関する相談窓口や施設の職員などに対してアンケートまたはヒアリングの調査を実施しました。現在、調査結果につきましては、得られた回答の集計、分析を行っているところでありますが、本市の傾向として、既に他自治体で実施されておりますひとり親家庭等に対する調査結果と同様に、例えば、就労はしているが収入は低い世帯が多い、公的な支援情報が行き届いていない、子供の進学を心配する親が多いなどの結果が見受けられております。  次に、茅ヶ崎市子どもの未来応援庁内連絡会議における具体的な事業内容についてお答えいたします。子供の未来応援に関する具体的な事業といたしましては、先ほど答弁いたしました本市の実態調査の傾向も踏まえ、関係各課で既に実施している公的な支援制度の情報が多くの方に行き届くよう、より積極的かつ効果的な周知を行っていくことが重要であると考えております。今後、実態調査の回答の集計及び分析を行い、その結果に基づいて今後の子供の貧困対策を初めとする子どもの未来応援事業として効果的な取り組みについて検討を行ってまいりたいと考えております。  次に、民生委員児童委員との連携についてお答えいたします。民生委員児童委員及び主任児童委員におかれましては、日ごろから地域における身近な相談員として御尽力をいただいているところでございます。先日実施いたしました子供の生活状況等に関する支援者調査を主任児童委員に御協力いただいたほか、民生委員児童委員との随時意見交換の機会を設け、連携を図っております。今後におきましても、地域と行政をつなぐ重要な担い手として連携を深めてまいりたいと考えております。また、民生委員児童委員、主任児童委員のみならず、地域において、子ども食堂の運営や学習支援活動に携わっている支援者など、子供に関する多様な主体や関係機関に対しまして、今後、さまざまな機会を捉えて取り組みに関する周知を行い、連携を図ってまいりたいと考えております。  次に、大人の居場所づくりについてお答えいたします。  多様な高齢者の外出の機会の提供のため、居場所づくりについて、地域と連携の状況、市としての考え方についての2点の質問をいただきました。本市では、みんながつながるちがさきの地域福祉プランの基本目標の一つである「みんなが地域の中で出会い、交流が広がるまち」の実現に向け、身近な居場所づくりの推進に取り組んでいるところでございます。また、今年度を初年度とする第7期茅ヶ崎市高齢者福祉計画・介護保険事業計画におきましては、高齢者が地域で生き生きと生活し、趣味の活動や生涯学習、社会参加などを通じた活躍の機会をふやしていくことが重要であることから、基本方針の一つに高齢者の多様な生きがいづくりの支援を位置づけているところであります。身近に心のよりどころとなるような場所があることは、社会問題にもなっている高齢者の孤独を防ぐことにもつながると考えております。こうした居場所づくりは現在各地域においても積極的に行われているところですが、引き続きさまざまな居場所を市民の皆様にお伝えできるよう、生涯現役応援窓口を初めとした市民の集う場で周知に努め、市といたしましても、組織横断的に情報共有を図りながら、その支援に取り組んでまいります。  次に、支え合いのまちを目指しボランティア活動ポイント付与制度の創設についてお答えいたします。  元気な高齢者等が支える側に回って介護施設等でボランティアを行った場合、ポイントを付与するボランティアポイント制度につきましては、第7期高齢者福祉計画・介護保険事業計画において高齢者の活動支援事業に位置づけ、導入している自治体から、実施内容やポイントの付与の仕方及び課題等について情報収集を進めているところでございます。今後につきましては、まずは介護現場の皆様のニーズ及び介護や介護予防のボランティアをしている高齢者等の考え方をしっかりと把握してまいります。その上で、ボランティアが広く定着している本市の現状を踏まえ、地域全体で支え合える地域づくり及び本市の実情に合った高齢者自身も活躍できる介護ボランティアの仕組みを構築してまいりたいと考えております。
     私からは以上です。 ○白川静子 議長 教育長。 ◎神原聡 教育長 それでは、山ア議員の質問のうち放課後児童対策にかかわって多様な体験ができる居場所づくりに向けた教育委員会の方向性についてお答えいたします。  多様な居場所の一つとしての小学校ふれあいプラザ事業は、市内18の小学校で開設しており、パートナーに見守られながら体育館で体を動かしたり、折り紙やオセロ、将棋等を楽しんだり、子供たちが伸び伸びと過ごしております。開催日はプラザごとに異なっておりますが、子供たちが安全・安心に過ごせる居場所の拡大を目指し、地域の方々の御協力をいただきながら、生涯現役応援窓口と連携するなど、その担い手を確保する中で、平成30年度は6校で実施日を拡大いたしました。引き続き、それぞれの学校のニーズや実態に応じてよりよい手だてを模索しながら、未開設校での事業実施も含め、小学校ふれあいプラザ事業の拡充に努めてまいります。以上です。 ○白川静子 議長 副所長。 ◎中田和美 副所長 市長より答弁がございました子ども食堂に関しまして、その衛生管理につきましてお答えいたします。  子ども食堂の運用形態はさまざまであり、対象規模が大きく許可を要するものから、少人数で調理実施のような形態で許可や届け出が不要なものまで多岐にわたります。本通知にも示されているとおり、運用形態の大小にかかわらず、まずは保健所へ御相談をいただく中で、運営者に対して衛生管理の重要性につきましてお話しさせていただきます。例えば、手洗いや調理従事者の体調管理、嘔吐物などの衛生的な処理を初めとする人的要因と、手洗い設備や給湯施設、消毒液の設置など施設的な両面から利用者の安全が担保できるよう、食中毒予防の基本である衛生管理につきまして、保健所衛生課を中心に指導、助言を実施してまいります。以上でございます。 ○白川静子 議長 こども育成部長。 ◎高木邦喜 こども育成部長 児童の放課後の居場所について、小和田小学校の子供の状況ほか3点について順次お答えいたします。  放課後子ども総合プランにつきましては、平成26年度に国が策定し、本年9月に新・放課後子ども総合プランが策定されたところであり、全ての小学校区において放課後子ども教室及び放課後児童クラブを一体的にまたは連携して実施し、両事業を新たに整備する等する場合には、学校施設を徹底的に活用することとされております。本市におきましては、これまで両事業の一体的な整備は実施してきておりませんでしたが、児童クラブに通所した事業が、指導員の付き添いのもと、小学校ふれあいプラザに参加したり、イベントを実施したりといった連携を行ってまいりました。議員から御指摘いただきました小和田児童クラブにつきましては、市営小和田住宅ほか複合施設建設に伴い暫定的に学校施設である調理場会議室、特別教室を活用しているものであり、そのメリットといたしましては、学校敷地内に小学校ふれあいプラザ及び児童クラブがあることにより、通所の安全等の安心感があるとともに、小学校ふれあいプラザにも参加しやすくなって、実際には週4日開催している中で、5月以降、5割以上の児童がプラザを活用しています。そのように参加しやすくなっていることと認識しております。放課後子ども総合プランだけでなく、児童クラブ待機児童解消対策におきましても、児童クラブの運営、長期休暇対策事業、小学校ふれあいプラザ事業での学校施設の利活用を位置づけているところであり、今後も教育委員会等との検討を継続し、利活用に向け調整してまいります。  続きまして、放課後対策としての財源における課題等についてお答えいたします。  児童クラブ待機児童解消対策では、児童クラブの管理運営等、放課後児童健全育成事業に関することは保育課、小学校ふれあいプラザ事業に関することは青少年課が所管し、相互に連携をしながら事業を推進しているところでございます。放課後児童健全育成事業につきましては、内閣府が所管する子ども・子育て支援交付金、小学校ふれあいプラザ事業につきましては文部科学省が所管する学校・家庭・地域連携協力推進事業費補助金を活用しており、議員御指摘のとおり、所管省庁は異なっております。しかしながら、両事業ともに国の定めるプラン等を踏まえ、次代を担う子供たちの放課後における安全・安心な居場所づくりを目的として実施しているものであることから、財源についても、放課後児童対策として総合的に捉え、より効果的な展開が図られるよう、しっかりと精査を行いながら財源の確保及び放課後児童対策への活用に取り組んでまいります。  続きまして、民設民営児童クラブにおける検証等についてお答えいたします。  本年4月1日現在、本市では3つの民設民営児童クラブが設置されております。民設民営児童クラブにつきましては、放課後の児童の安全・安心な居場所という意味では公設民営クラブとの違いはありませんが、シニア人材等を活用したプログラムの実施など、民間事業者の特色を生かした運営を行っております。開所当初は、保育内容や育成料の料金設定等について、保護者の方々への周知が十分ではなく、入所者数が定員を満たさず、採算面に課題がございました。しかしながら、現在ではそれぞれの児童クラブにおいて定員を充足するとともに、事業実施場所における賃借料補助を延長することにより徐々に改善されているという状況でございます。本市といたしましては、民設民営児童クラブに対し運営費補助金を支出していることから、年度ごとに事業計画書や実績報告書の提出を受け、保育内容や収支面等、必要に応じて指導等を行っております。今後につきましては、入所児童数の増加等を踏まえ、危機管理体制の一層の充実を図るべく、児童がけがをした際のマニュアル等について公設民営児童クラブでの取り組みを横展開するなど、本市の児童クラブのさらなる質の向上に向け、引き続き取り組んでまいります。  こども育成部からは以上でございます。 ○白川静子 議長 山ア広子議員。 ◆23番(山ア広子 議員) 今、それぞれ御回答をいただきました。  ここでちょっと御紹介したいことが、学習支援のことなんですけれども、12月12日の神奈川新聞に、藤沢市役所の庁舎の利用についての記事がございました。茅ヶ崎市も新庁舎になって藤沢市も新庁舎になられました。私も3回ほど伺ったんですけれども、議場にも、議場の横に市民が使えるフロア、自販機とかがあります。そして、1階も広く、市民が利用されるような場所がございました。そちらを常々、中学生、高校生たちの受験の時期になりますので、それを応援しようと来年の1月4日から市役所の本庁舎の会議室の1室を学習スペースに無料として開放するそうです。青少年課によると、今まで市民がロビーで勉強したりという形で行っていたので、学習の居場所づくりを早々に展開されているような記事が載っておりました。茅ヶ崎市でも考えてくださいということではありません。学習支援が今必要なお子さんたちが、居場所づくりとして学習の場を求めている。あるコーヒー屋さんで参考書等を開いて勉強を一生懸命している姿も私も何度も見ているところですけれども、少し時代が変わって、自宅ではなく違った居場所を求めているような世相なのかなというところを感じるところです。  そして、茅ヶ崎市です。学習支援、今、市長それから部長と教育長等からも御答弁ありましたように、市民の力をかりて、いろいろな団体で子供の育成にかかわる学習支援が行われております。答弁にもございましたけれども、今、まちぢから協議会というものが13地区ありまして、そこの中で、一部のまちぢから協議会の子ども部会等が中学校と連携して、ふくろう塾というんですけれども、自由に参加して学習支援を行っていたり、ボランティアさんがお子さんの成長の励みとして行っていたりとか、10カ所と聞いておりますけれども、いろいろなところで行っております。やはりこの市民力、必然的に湧いたこの学習支援の場、これは本当に茅ヶ崎市民はそういう意味では先進的な、子供さんを本当に育ていたいという意欲のある方が多いのかなというのを実感するところです。この市民力というのは大きな資源であります。つくろうと思ってもつくれるものではありません。なので、市長、本当に市民の皆さんに尊重していただきながら応援いただく体制というのはこれから重要と考えます。学習支援の現状と今後の方向性について伺いたいと思います。  そして、もう一つです。子ども食堂についてですけれども、子ども食堂も同じように市民力を使っていろいろなお母様たちが、お子さんにおいしいもの、栄養のあるものを食べさせてあげたい、こういう思いの発露から必然的に子ども食堂ができております。今も9カ所と聞いておりますけれども、この子ども食堂についても、いろいろな団体さんが手弁当でやっているところも多くございます。この中で、企業のところがやっている、お店屋さんがやっているところもあるんですけれども、子供も大人も参加しております。茅ヶ崎市内の商店街の空き店舗でみんなの居場所、カフェグランマというところがありまして、鶴が台の名店街にありまして、お店がお休みのときに大人が300円、中学生が200円、子供が100円でカレーが食べられると盛況なようですけれども、これも自発的にそこの店主が考えたものなのかと思います。市内に自発的な取り組みが広がっている子ども食堂は本当に制度的な裏づけがありません。ほとんどの子ども食堂は寄附や会費で賄って行われているわけです。支え合いの地域づくりとして推進するためには、市内の企業やそれから事業者、NPO等が子ども食堂に食材だったり物資だったり、そういう支援のつなぎ役ということが必要になるかと思います。茅ヶ崎市がそのつなぎ役に何か尽力できないか、伺います。 ○白川静子 議長 こども育成部長。 ◎高木邦喜 こども育成部長 ただいま議員からの子ども食堂に対するつなぎ役等の支援ということでいただいた御質問に対してお答えいたします。  子ども食堂に対する支援といたしましては、他自治体におきましては、子ども食堂の開設及び運営に対する補助金や、実施団体とフードバンクのマッチングによる食材提供体制の支援、子供の居場所づくり推進コーディネーターによる子ども食堂の設立運営支援、こういったさまざまな取り組みが行われております。一方、全国的なマッチングの仕組みを利用して運営している団体も、茅ヶ崎市内にもございます。子ども食堂が継続性を持って安定的に運営していく、こういったことは非常に大切ですので、実施者の思いといったことを大事にしながら、行政としてどのように取り組むのが有効なのか、あるいは誰がどういった役割を担うのか、そういったことを先進事例の調査研究とあわせて、運営団体と意見交換等もしながら、本市の実情に合った支援策について検討してまいりたいと考えております。以上でございます。 ○白川静子 議長 教育長。 ◎神原聡 教育長 教育委員会における学習支援の取り組みとその方向性についてお答えいたします。  教育委員会においては、小学生及び中学生向けの学習支援を行っており、小学生向けの学習支援では、例えば鶴嶺公民館において、まなびの広場の事業の中で、平成29年1月から毎週土曜日に算数が苦手な児童を対象にして、各学校の進度に合わせた算数の補習を行っております。また、小学校ふれあいプラザ事業の一環として、放課後の居場所の充実を目的とし、学校や地域の方と連携し、10月より、小学校1校で図書室を利用し、授業内容の復習や、宿題が行われる学習教室を実施しております。このほか、体育館の一角を利用し、見守りのパートナーが宿題をしている子供の質問に答えたり、空き教室を利用して元教員の方が授業の復習や宿題の支援を実施したりといった取り組みも行っているところです。学習教室等では、前向きに学習に取り組む児童の姿や地域の方と密にかかわることでコミュニケーションが弾む姿も見受けられ、子供たちの居場所として子供たちが地域社会の中で心豊かで健やかに育まれる環境づくりを図っております。  また、中学生向けの学習支援では、平成29年度より実施している市民提案型協働推進事業として、中学校2校において、希望する生徒及び学習支援を必要とする生徒のうち、教員の声かけに応じた生徒を対象に、保護者の了解を得た上で、放課後に時間を設定して行っております。今年度は西浜中学校の生徒を対象に週1回南湖公民館で、鶴が台中学校の生徒を対象に2週間に1回香川公民館で実施し、それぞれ15名程度の学習ボランティアの方々の御協力をいただきながら、毎回15名から20名程度の生徒が参加しております。参加した生徒のアンケートからは、学校の授業だけでは理解が不十分な生徒にとって自分のペースで学べるので安心、復習しながら学べるからやる気が出てくるなど、生徒が前向きに学習に取り組んでいる様子がうかがえます。また、参加した生徒の保護者のアンケートからは、子供が学習を理解しやすい環境を整えることで、学力向上だけでなく生活習慣の安定を図ることができるようになった。あるいは、家庭の教育費の負担軽減にもつながるなど、肯定的な御意見を多くいただいております。本協働推進事業は今年度で終了となりますが、次年度以降も継続が強く望まれる事業であることから、今後は、御協力いただいている団体が主体となって各地域の学習支援ボランティアを拡充しながら、地域における学習支援活動を継続できるよう支援してまいりたいと考えております。  教育委員会といたしましては、次代を担う子供たちが変化の著しい現代社会で、みずからの人生を切り開いていくために求められる資質、能力を育んでいかれるよう、今後も子供たちが地域の大人に見守られながら安心して自分のペースで学べる環境を整えてまいります。 ○白川静子 議長 山ア広子議員。 ◆23番(山ア広子 議員) 今、御答弁いただきました。議長のお許しをいただき、こちらの資料を配付させていただいておると思いますけれども、こちらは、ことしの春、全国の公明党議員がアンケートをした内容の集計でございます。こちらの「子育てについて皆さんに聞きました」というところの中にも教育費の負担が上がっておりました。今、教育長から御答弁いただいたように、保護者の皆さんもこの学習支援で負担の軽減を感じているというお声をいただいて、茅ヶ崎市にあっては、先進的な、また、子供に寄り添った対応が行われているのかなと評価するところです。  また、ここの2の中に「柔軟な働き方」ということでございますけれども、アンケートをいただいた際に、環境が整えばお母様もお仕事に行きたいというお声がたくさんございました。茅ヶ崎市においては、待機児童解消ということで保育受け入れ児童の拡大をかなりしてまいりました。その子供たちが小学校に上がるとなると、当然また放課後の児童クラブのことを考えていかなければならないと思います。そこで、放課後児童クラブの支援員の確保と研修について伺わせていただきます。  市長からも御答弁いただきましたけれども、市としての取り組みの概要はわかりました。実際の支援員の処遇や研修への対応について、具体的には運営事業者に対して市がかかわっていくわけですけれども、放課後児童クラブの質の向上、また、質を落とさないということで、どのような支援をしていかれるのか伺います。  そして、大人の居場所づくりということでるる御答弁をいただきました。こちらも本当に茅ヶ崎市の市民力というのはさまざまなところで生かされている実態があると思います。さまざまなというのは、自治会であったり、それぞれの婦人会であったり、また老人会であったりというところで、多くの居場所づくりが展開されているところです。その地域の連携を含めた具体的な取り組みの状況について伺わせてください。  それから、介護ボランティア活動ポイント付与制度についてですけれども、神奈川県内でも、いろいろなところというよりも何カ所かで、このような仕組みを考えている。こちらのボランティアというところでは、担い手をどのように確保するかという観点が重要であり、今後を見据えて、どのような分野の担い手が必要なのか、ここもそれぞれ市が検証していく必要があります。また、ボランティアする側、支援する側にやはりインセンティブ、どのようなものがいいかは明確なものがそれぞれこれから研究していかれることと思いますけれども、やはりやりがい。ポイントを女性というのはためたい。男性もためる方もいます。でも、そのポイントをためても、使わない方も多くいらっしゃいます。ボランティアされる多くの方は、その仕事がやりがい、生きがいになっている方も多くいらっしゃいます。この支える側の仕組みというのが必要になるかと思います。介護ボランティア活動ポイント付与制度、介護だけでなくていいです。ボランティア制度の普及、取り組み方法について伺わせてください。 ○白川静子 議長 こども育成部長。 ◎高木邦喜 こども育成部長 議員御質問のうち、放課後児童支援員の確保、研修、質の向上等についてお答え申し上げます。  放課後児童支援員の確保につきましては、これまで国の定める子ども・子育て支援交付金交付要綱に基づき、運営事業者に対し入所児童数に応じた委託料、補助金を支出することに加え、放課後児童支援員に対する処遇改善について、放課後児童支援員等処遇改善等事業として給料、各種手当に充当可能な支援を行ってまいりました。さらに、本年度からは新たに放課後児童支援員キャリアアップ処遇改善事業を実施し、勤務年数や研修実績に応じた賃金改善に要する費用について支援を行っております。今後も、こうした取り組みを継続し、放課後児童支援員等の確保に努めてまいります。  次に、放課後児童支援員認定資格研修につきましては、議員御指摘のとおり、平成32年度までの5年間の猶予期間が設けられており、現段階においては、研修を受講していなくても研修受講資格対象者を放課後児童支援員とみなすことができます。本市といたしましては、本研修の受講によって放課後児童支援員として認定されることにより、先ほど述べました処遇改善加算の対象となることから、毎年度、県が実施する認定資格研修の受講について各運営事業者に呼びかけております。また、研修を受講した放課後児童支援員がふえることにより、児童クラブにおける保育の質がより一層高まることから、放課後児童支援員資格取得者数の拡大を事務事業評価の指標にも掲げているところでございます。今後も引き続き、県が研修を実施する予定となっておりますので、計画的な研修受講の呼びかけ及び資格取得者への支援を行ってまいります。  こども育成部からは以上でございます。 ○白川静子 議長 福祉部長。 ◎熊澤克彦 福祉部長 山ア議員3問目の御質問のうち、高齢者の居場所、ボランティア制度に係る部分についてお答え申し上げます。  初めに、高齢者の居場所づくりのうち、地域との連携を含めた具体的な取り組みの状況についてお答えをいたします。  高齢者の居場所の一つとして、地域を基盤とする高齢者の自主的な組織である老人クラブが挙げられます。本市では、平成30年4月現在で95の老人クラブがあり、各地域においてさまざまな活動が展開をされております。老人クラブは、地域の仲間と共同して多くは趣味やスポーツなどのクラブ活動を通じて高齢者の仲間づくり、生きがいと健康づくりに寄与していることから、本市におきましては、茅ヶ崎市老人クラブ連合会とともに、活動費の補助や助言等の支援を積極的に行っているところでございます。また、歌体操教室につきましては、キョウイクとキョウヨウ、つまりきょう行くところがあり、きょうの用事があることを目的として、現在、自治会館やコミュニティセンターなどの市内17カ所でそれぞれ月に2回実施をしております。約300名が参加をしており、高齢者の居場所、交流の場の一つとなっております。  地域におきましては、まちぢから協議会、自治会等が各地域のニーズに応じて居場所づくりを進めており、市民等を通じた交流、学習の支援、子ども食堂など、多世代が集う居場所づくりを進めていただいているところでございます。また、地区社会福祉協議会等が実施をしているミニデイ・サロンにつきましては、市社会福祉協議会による立ち上げ支援や運営の支援を受けながら、現在75のサロンが活動をしております。高齢者や障害者、未就学児とその家族の交流の場のほか、カラオケや健康マージャン等、サロンの種類も多岐にわたっております。少子高齢化が進む中で、多世代が集い、交流できる居場所づくりの必要性を市と地域で引き続き共有し、居場所に参加された方が居場所づくりの支援者側に回ることができる仕組みづくりを進めるとともに、市社会福祉協議会及び関係機関等と連携協力を図り、高齢者等の居場所づくりを支援してまいりたいと思います。  次に、介護ボランティアポイント制度の普及状況、また本市としての取り組み方針等について御説明申し上げます。  介護ボランティアポイント制度につきましては、元気な高齢者がほとんどである一方、高齢者を支える若い世代の減少が見込まれることや、ボランティアをしている高齢者自身の健康づくり、やりがい等につながることから、一般介護予防事業として、平成30年4月現在、神奈川県内では8市5町が実施をしております。  本市におきましては、元気な高齢者が介護や介護予防を支援するボランティアとして日々活発に活動をしております。具体的には、介護施設等で高齢者の話し相手、洗濯物のたたみ等のボランティアをしている高齢者も多数いらっしゃいます。また、施設等に出向いた高齢者支援リーダーや歌体操ボランティアの方からは、やりがいや健康づくりにつながっている、触れ合いが楽しみといった感想をいただいております。  これらの現状を踏まえ、先ほど市長答弁にもございましたとおり、第7期高齢者福祉計画・介護保険事業計画に位置づけをし、介護ボランティアポイント制度を導入している自治体から実施内容や課題、業務量等の情報収集に努めているところでございます。また、今後、市内の介護施設やボランティアをしている団体また個人の方々に対し、ボランティアの役割やポイントの付与の必要性の有無等について、聞き取り調査を行う予定でございます。  一方で、担い手の確保のためには、介護施設の業務内容などについて一般市民の方への周知も大切であると考えております。そのため、来年2月に市民ふれあいプラザにおいて、茅ヶ崎・寒川地区福祉施設連絡会と共催で、各事業所の活動内容のパネル展示、及び介護や就職に関する相談会を開催する予定でございます。また、介護ボランティアポイント制度に限らず、広くボランティアのあり方について、地域福祉活動を含めた市内のボランティア活動の担い手の確保に向けて、関係部局はもとより、地域の皆様と意見交換をしてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○白川静子 議長 山ア広子議員。 ◆23番(山ア広子 議員) 議長のお許しをいただき、「介護について皆さんに聞きました」というお手元の資料にもあるように、「2 自分が認知症にならないか不安」。かなりの高齢者の方に、私もアンケートの中で、そのようなお話をたくさん伺いました。そして、ここの中に「介護に関して知っていること」、複数回答なんですけれども、地域包括支援センターが78.2%となっていたことにちょっと私は。私がいただいたアンケートの中で地域包括ケアセンターについて、この名前を知らなくても、そういうことをしているというような、どういう事業かということを説明するときに、そう多くは知られていなかったので、茅ヶ崎市はまだまだ高齢化率も低いのかなと思ったら26%になっている状況があって。だんだんこの地域包括支援センターが根づいてきているという状況がこのアンケートで見えてくるんですけれども、やはり高齢の方は、自分は介護を受ける側ではなく介護を支える側になりたいと多く思っております。なので、このボランティア制度についても、今後、いい方向に検討していただければと思います。  では、次の質問に移ります。子供の支援について。子供を支援する上では、地域の実情に応じた効果的な支援が今現在求められています。市民に最も近い立場でサービスをする茅ヶ崎市が担うべきと考えております。内閣府は、子供の未来応援地域ネットワーク形成支援事業として、地方自治体の取り組みを支援するために、地域子供の未来応援交付金を創設いたしました。平成30年2月には、地方自治体の使い勝手をよくするために事業内容の見直しを図っております。茅ヶ崎市において、今後このような国による財政支援を取り入れて諸課題の解決に取り組む必要があると考えます。地域子供の未来応援交付金により、学習支援であったり、放課後学習事業であったり、子供の居場所づくりであったり、子ども食堂等に活用できますけれども、茅ヶ崎市は、今現在、アンケートをとって、これから今年度、来年度、いろいろな部局と検討しながら今後の方向性を考えていくという答弁がございました。大いに、茅ヶ崎市の財政状況を見ますと、国から出動される財源というのは使ってしかるべきと考えます。これについて今後の方向性を伺いたいと思います。 ○白川静子 議長 こども育成部長。 ◎高木邦喜 こども育成部長 ただいまの地域子供の未来応援交付金の活用についてお答え申し上げます。  地域子供の未来応援交付金は、子供の貧困対策に取り組む地方自治体による地域における実態調査、地域ネットワークの形成等の取り組みを包括的に支援することを目的として、平成28年2月に内閣が創設いたしました。本市におきましても、支援を必要とする子供やその親に支援を確実に届けるために、教育、福祉の分野を初め地域における多様な関係者の連携協力をいただきながら、地域の実情に応じた効果的な支援策を行うことが必要と考えております。そのためには、まず地域における子供の生活実態を把握し、課題を捉え、その課題解決に向けた支援策を検討し、交付金の対象となる事業につきましては、積極的に地域子供の未来応援交付金を活用してまいりたいと考えております。以上でございます。 ○白川静子 議長 山ア広子議員。 ◆23番(山ア広子 議員) 子供の未来応援地域ネットワーク形成事業として、教育委員会、それから子供部局、いろいろな部局でこれは使えるメニューになっております。なので、検討していただきながら使っていただきたいと思います。  放課後子ども総合プランについて、学校現場の学習教室について伺わせていただきます。  まず、平成26年度、国が策定した放課後子ども総合プランは本年9月に新・放課後子ども総合プランとして改定されて、全ての小学校区において放課後子ども教室、茅ヶ崎市ではプラザと呼んでおりますけれども、そこと放課後児童クラブを新たに整備する場合には学校施設を必ず使いなさいと、このような通知でございます。茅ヶ崎市にあっては、学校の校舎等の再編整備も今やられていることだと思います。茅ヶ崎市の財政状況を見ると、新たな児童クラブ開設はなかなか難しいのかなと。なので、民設についてシフトをしている状況が考えられると答弁でいただきました。  小和田小学校においては、いろいろな工夫をされた状況で今開設されている、子供たちの安全が図られるということでこども育成部長から答弁がございました。  ここで教育長に伺います。やはり学校現場についてはいろいろ苦労されて小和田小学校の開設に至ったのだと思います。これをいい機会として、他の学校でも工面できるところであればやっていく方向性もあると思いますし、また、教育長として、国のこのような施策を受けながら今後の学校教育の施設のあり方、ここについて伺わせていただければと思います。 ○白川静子 議長 教育総務部長。 ◎岸宏司 教育総務部長 山ア議員の5問目、教育委員会として放課後児童クラブにももっと学校施設の利活用を推進できないかとの御質問に、教育総務部長よりお答えいたします。  ここ数年、市立小学校の児童数は横ばい傾向が続いており、この先も大幅な減少が見込めない中で、学校によっては、少しずつですが児童数が増加し、教室不足を心配しているところもございます。このため、議員御指摘のとおり、今すぐ放課後児童クラブに転用できるような余裕教室が確保できる見込みに乏しいのが現状です。また、小和田小学校や鶴が台小学校で実現しているように、学校施設と管理区域が明確に区分できることが設置するための条件となりますので、それに合致するような部屋が少ないことも課題の一つとなっております。  しかしながら、茅ヶ崎市教育施設再整備基本方針を策定するに当たり、教職員を対象に行ったアンケート調査では、学校施設に社会教育関連、子育て関連等の施設を併設することについて、半数を超える教職員が賛成の意向を示しております。また、学校と併設されることにより、教育的効果が期待できると思う施設はとの質問では、小学校では図書館に次いで2番目に、中学校でも3番目に放課後児童クラブが挙げられており、学校施設との併設に抵抗感が少ないことが推察できます。そこで、ことしの夏に実施しました浜須賀小学校のサッシ改修工事では、1階の教室に外部から直接出入りできるドアを設置するような改造を施すなど、将来を見据えた対応を実験的に開始しております。  教育委員会としましては、今すぐにできることは少ない状況ではございますが、こども育成部などとも連携を図りながら、学校施設の利活用について検討を進めてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○白川静子 議長 以上をもちまして、山ア広子議員の一般質問を終了いたします。 ──── …… ──── …… ──── …… ─── …… ──── …… ──── …… ──── ○白川静子 議長 次に移ります。  小島勝己議員、御登壇願います。                 〔10番 小島勝己議員登壇〕 ◆10番(小島勝己 議員) 皆さん、こんにちは。自由民主党茅ヶ崎市議団の小島勝己が通告に従いまして一般質問をさせていただきます。  けさ、銀河大橋を歩いていましたら、気温が、寒いなと思いましたが、3度でした。東の空には金星が輝いていましたし、西には富士山が雪を抱いて、そして朝日が差すころになりますと本当に赤富士のようになりまして、すばらしい見事な光景でございました。それから毎朝のラジオ体操の会場に向かったわけでございますけれども、そこには90歳の人を筆頭にして三、四十名の方がラジオ体操を待っておりました。こんなに元気でいる人が大勢いるんだなということを感じましたけれども、そこで雑談をしながら体操の始まる前が一番楽しいんだそうでございます。まだまだ元気で頑張っている御年配の方が大勢いることを実感しながら、かつて服部市長が、茅ヶ崎には宝がある、地域には老人の力をおかりして生かすことが大変重要なことだというふうなことをおっしゃったことがございます。そんなことを思い出しながら、老人パワーのすごさを見まして、12月14日の寒い朝のひとときでした。  高齢化社会が進行する中で、健康寿命を延ばして元気に住みなれた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けられるよう、医療、介護、予防、住まい、生活支援が包括的に確保される体制、地域包括ケアシステムの構築を地域の自主性や主体性に基づいて、また、地域の特性に応じてつくり上げていくことが必要であります。これから認知症高齢者の増加も見込まれることから、認知症高齢者の地域での生活を支えるためにも、地域包括ケアシステムの確立は優先して取り組むべき重要な課題であると思っております。  介護をめぐる背景と課題として、厚生労働省では、2060年までにおよそ8000万人に人口は減少するが、3500万人程度の高齢者はいつもいるというふうに言われています。また、医療技術の進歩によりまして、多くの人が100歳まで生きられるというふうに言われていますが、そうはいっても心身の機能の低下は避けられず、介護利用する人はますます増加していくものと思われます。さらに、高齢者の単身世帯や高齢者のみの世帯が増加しておりまして、老老介護や認認介護の世帯が急増することが見込まれ、そうした世帯がどうやって地域で暮らしていくのか、どうやって地域で支えていくのか、大きな課題となっております。  認知症の高齢者も増加して、2012年の462万人、約7人に1人が認知症だと言われていましたけれども、2025年には700万人、5人に1人に増加すると厚生労働省は推計しております。議長のお許しを得て配付してあります資料の中にその辺の数字が出ていると思いますけれども、御参照いただけれはと思います。アルツハイマーは、医薬品の開発が進められていますが、認知症は早期に発見することと、どう進行を抑えていくかが課題でありまして、脳血管障害によるものやレビー小体型認知症など多様でありまして、現状では認知症の対策は避けて通れません。したがって、認知症の人が認知症とともに、よりよく生きていくことができるような環境整備をすることが必要であります。政府が進める認知症政策推進総合戦略(新オレンジプラン)では、認知症の人の意思が尊重され、できる限り住みなれた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指すことを基本的な考え方にしています。  そこで、茅ヶ崎市の認知症に関する対応について質問いたします。まず1問目は、認知症にかかわる次の事項でございます。(1)として認知症の早期発見について、(2)として認知症の人と家族を支える対応について、(3)として自立支援・重度化防止等について、(4)として認知症のサポーターについて、(5)として認知症による賠償についてであります。  まず、1つ目の認知症の早期発見についてでありますが、認知症はいきなり発症するわけではなく、一歩手前のグレーゾーンがあります。認知症の初期段階は本人も元気な人が多いといわれていますが、その段階でその人が受けられる介護保険サービスは少ない状況で、また、認知症の人は相談相手も少なく孤立しがちであります。家族としてもどうしていいかわからない状態にありますが、あれ、おかしいなと思ったら、まず受診というぐらい、対処が早いほど維持回復が被災できるわけです。軽度認知障害は、日常生活に支障を来す程度には至らないため認知症とは診断されませんが、記憶障害と軽度の認知障害が認められ、正常とも言い切れない中間的な段階にありますその段階で見つかれば、認知機能の回復、維持も期待できると言われています。その早期発見に対する茅ヶ崎市の取り組みについて伺います。  次に、認知症の人と家族を支える対応についてであります。高齢や障害により1人では日常の生活に不安がある方が地域で安心して生活が送れるよう、一定の判断能力はあるものの十分でない場合の権利の擁護に対するサポートなど、日常生活支援についての取り組みと課題について、また、認知症はこれから地域の人たちや公的支援などを通して地域全体で認知症の人や家族を見守り、支える時代と言われています。本人の将来のために、頑張り過ぎない介護のために、地域ぐるみで認知症の人を支える茅ヶ崎市が進めるやさしい地域づくりの推進について伺います。  続きまして、自立支援・重度化防止等についてであります。高齢者の自立支援と要支援、要介護状態の重度化防止を目的の一つとして、介護保険法の改正が行われました。通所介護においては、利用者の日常生活動作の維持または改善の度合いが一定の水準を超えた事業所に対し、ADL維持等加算が創設され、自治体に対しては、自立支援・重度化防止のために取り組むべき事項が新たに定められました。そこで、茅ヶ崎市の認知症施策における自立支援・重度化防止に向けた具体的な取り組みについて伺います。  次に、認知症サポーターについてであります。認知症の正しい知識を持ち、当事者や家族を支援するサポーターの数が全国で延べ1000万人を超えたといわれています。2025年には高齢者の5人に1人に当たる約700万人の方が認知症になるという推計がある中で、政府は、認知症の方でも住みやすいまちづくりに向け、国家戦略として1200万人の養成目標を掲げています。しかし、認知症サポーターの人数はふえていますけれども、受講しても知識の習得だけに終わってしまうケースが少なくありません。受講後、追加で研修を重ねて地域で活躍できる人材を育てている例も他の自治体にはありますが、茅ヶ崎市のサポーター養成と地域での活用について伺います。  続きまして、認知症による賠償について伺います。認知症による行方不明者がふえ続ける中、認知症の人が事故などを起こして家族らが損害賠償を求められる場合に備え、民間保険を自治体で活用した支援事業が広がっています。神奈川県の中では、大和市が昨年の11月、海老名市がことしの8月に事業を開始いたしました。大和市の支援事業は、損害賠償に備え、市民が民間保険会社と個人賠償責任の契約を結び、徘回のおそれのある認知症高齢者が加入するという仕組みでございます。1年で約1万150円の保険料を市が負担して、現在269人が加入しています。加入者が電車に接触し遅延損害が生じるなどし、家族らが賠償責任を負う場合に最大3億円の保障が受けられます。在宅介護を担う家族の不安を少しでも軽減し、徘回のおそれのある人の登録や、行方不明になった際の早期発見につなげるため、茅ヶ崎市の徘回による事故等の備えについて伺います。  以上、1問目の質問を終わります。 ○白川静子 議長 市長、御登壇願います。                  〔佐藤 光市長登壇〕 ◎佐藤光 市長 小島勝己議員の質問に順次お答えいたします。  認知症の対応についてのうち、認知症の早期発見についてお答えいたします。  認知症は、高齢になればなるほど発症のリスクが高まる疾病ですが、さまざまなことに関心を持って生活する、積極的に体を動かすなどの活動的な生活は認知症の予防につながると言われております。本市におきましても、後期高齢者が急激に増加する中、認知症にかかわる事業を重要施策に位置づけ、認知症予防の教室の開催やチェックシートによる早期発見などに取り組んでいるところでございます。また、認知機能の低下が進行していても、医療や介護サービスにつながっていない事例も多数あるため、認知症サポート医と連携協力しながら早期発見、早期対応につなげる仕組みについて検討を重ねてまいります。  次に、認知症の人と家族を支える対応について、2点御質問をいただきました。初めに、権利擁護の視点から日常生活の支援につきましてお答えいたします。  認知症は、進行するにつれ、判断能力が低下します。金銭管理等の判断能力が十分でない場合には、日常的金銭管理サービス等を行う日常生活自立支援事業、また、さらに判断能力が低下し、財産管理や契約行為ができなくなってしまった場合は成年後見制度などのサービスを活用し、判断力の程度に応じたサポートに努めているところでございます。課題といたしましては、これらのサービスに関するニーズがどれくらいあるのか把握できないことや、サービスを利用できるまでに時間がかかることなどが挙げられます。また、認知症の方だけでなく広く高齢者の権利を擁護していくため、市内でも多発している振り込め詐欺の防止の周知に努めるほか、判断能力が低下したときにあっても、その人らしい生き方を選択できる、事前に意思を記載できるエンディングノートの活用等の普及啓発に取り組んでおります。  次に、地域ぐるみで認知症の人を支える優しい地域づくりについてお答えいたします。  議員の質問にもありましたが、本市におきましては、認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)に沿って、認知症の知識の普及啓発、予防、早期発見と早期支援、認知症の方の権利や意向への配慮等について取り組んでいるところでございます。また、介護サービス事業者、医療機関、地域包括支援センターなどの専門職だけでなく、民生委員児童委員や自治会の方々、認知症サポーターなど、多種多様な方々と連携協力してまいりたいと考えております。  次に、自立支援・重度化防止等についてお答えいたします。  平成29年度の介護保険法の改正により、保険者機能の強化に向け、自立支援・重度化防止等に資する施策の推進が求められることになりました。その1つに認知症に関する総合支援として4つの指標が示されております。4つの指標のうち、認知症施策の取り組みについて、具体的な計画と進捗状況管理、認知症初期集中支援事業の支援チームと認知症地域支援推進員との連携体制の構築及び認知症支援に携わるボランティアの養成等、介護保険外サービスの整備につきましては、既に取り組みを進めております。かかりつけ医と専門医療機関との連携により、早期診断、早期対応につなげる体制の構築につきましては、平成29年度に県から指定を受けた市内の認知症疾患医療センター等との早期診断、早期対応に向けた検討に着手したところでございます。今後につきましても、4つの指標の達成と充実に向けて課題意識を持ちながら取り組んでいくとともに、これらの指標の狙いや意図とするところを踏まえ、認知症施策を包括的に推進してまいりたいと考えております。  次に、認知症サポーターについてお答えいたします。  認知症サポーターにつきましては、認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を温かい目で見守る応援団でございます。本市におきましては、県が実施する研修を受けたキャラバンメイトの協力をいただき、養成講座を開催しております。また、養成講座を受講した認知症サポーターを対象としてボランティア活動につなげていただけることを期待し、平成27年度からステップアップ講座を開催しておりますが、残念ながら具体的なボランティア活動にはつながっておりません。このような状況の中、ことし9月に開催した「第1回ちがさきオレンジDay〜みんなで支える認知症〜」では、認知症サポーターの方にも運営側として参画していただくことで、認知症にかかわるボランティアの一歩を踏み出していただくことができました。こうした成果を契機として、養成講座を受講した多種多様な方々にボランティアとして活動していただけるよう、今後もさまざまな方策を検討してまいりたいと考えております。
     次に、認知症による賠償についてお答えいたします。  本市におきましては、認知症の方が事故などを起こした際に、家族らが損害賠償を求められた場合等に備える支援はとっておりませんが、徘回のおそれがある認知症高齢者が事故に遭うことなく早期発見につながるよう、地域における見守りの強化に取り組んでおります。具体的には、GPS装置を貸与する徘徊高齢者早期発見位置お知らせサービスや防災行政用無線等を活用した徘回高齢者のためのSOSネットワーク事業、市内コンビニエンスストアとの茅ヶ崎市高齢者にやさしい地域づくり推進協定の締結ほか、認知症サポーター養成講座の開催等により、事故の未然防止に努めているところでございます。  私からは以上です。 ○白川静子 議長 小島勝己議員。 ◆10番(小島勝己 議員) なかなか認知症の問題は難しい問題ですから、人と人との接触、どれだけ人と人とのつながりが持てるか、これが決め手になると思います。いろんな政策が出されていますけれども、これだという決め手というのはなかなかないように思います。そういうことでございますけれども、やらなきゃいけないわけですので、続きまして2問目の質問をいたします。  1として、認知症の予防や早期発見に関する具体的な取り組みをどうされているのか伺います。  それから2点目として、茅ヶ崎市が進める地域ぐるみで認知症の人を支える優しい地域づくりについて、具体的にはどんなものをしているのかということを伺います。  それから、認知症サポーター養成講座の取り組み実績。余りボランティアにつながっていないような話が先ほどございましたけれども、この養成講座を受けた人が相当数茅ヶ崎の中でもいると思いますが、認知症サポーターの活用の方向性等について伺います。  4つ目として、大和市などで実施している民間保険などを活用した支援について、茅ヶ崎市としてこれからどんなふうに考えていこうとしているのか、これについて伺います。  以上、2問目の質問でございます。 ○白川静子 議長 福祉部長。 ◎熊澤克彦 福祉部長 お答えいたします。初めに、認知症予防や早期発見に向けた具体的な取り組みについて御説明申し上げます。  人との交流や運動を中心とした教室といたしましては、転倒予防教室や歌体操教室がございます。また、認知機能に直接働きかける取り組みといたしましては、簡単な読み書き計算を行う脳の健康教室や、運動機能、栄養、口腔ケア、認知機能の4つの側面から複合的に働きかける短期集中通所型サービス、また、体と脳を同時に働かせるコグニサイズや笑いヨガ等を実施しております。  一方、認知機能の低下や軽度認知障害、認知症に早期に気づいていただくためのツールとして、認知症自己チェックシートを活用してございます。このシートにつきましては2つのタイプがございまして、8項目から成るセルフチェックシートを茅ヶ崎市高齢者のガイドに、10項目をチェックし合計点数により認知機能の判定ができるチェックシートを茅ヶ崎市認知症あんしんガイドにそれぞれ掲載し、市役所や公民館等の窓口、地域包括支援センター等に配架し、気軽に手をとっていただけるようにしております。10項目から成るチェックシートにつきましては、認知症サポーター養成講座や高齢者サロン等で直接その場で自己チェックをしていただく機会も設けてございます。また、認知症は、高血圧や膝関節症などの病気と同じように誰にでも起こり得る病気であり、早期発見、早期対応が大切です。認知症について高齢者御自身に関心を持っていただけるよう、予防や早期発見の必要性をしっかりと周知してまいりたいと考えております。  次に、認知症の人を支える優しい地域づくりに向けた具体的な取り組みについてお答えをいたします。  初めに、SOSネットワーク事業でございます。認知症などのために行方不明になった高齢者等について、タクシー会社、大型店、民生委員児童委員等の関係機関、関係者にファクスによる捜索依頼や、防災行政用無線を活用して広く市民に早期発見への協力を呼びかけるものでございます。市内の高齢者に係る早期発見への協力依頼につきましては、昨年度、平成29年度は年間76件でございましたが、関係者の皆様による捜索、また、市民からの連絡等により無事発見をされております。  次に、茅ヶ崎市高齢者にやさしい地域づくり推進協定の締結でございます。夜間帯における地域での見守りを強化するため、平成29年度、平成30年度にコンビニエンスストアの大手3社と締結をし、防災ラジオを設置していただくとともに、店舗オーナー等の方々にも認知症サポーターになっていただきました。その結果、コンビニエンスストアから高齢者等に関する情報提供や相談がふえてきており、見守り支援の輪が広がってきていると感じているところでございます。  また、3点目として、医師会、歯科医師会、介護サービス事業者連絡協議会など、7機関との共催による「第1回ちがさきオレンジDay〜みんなで支える認知症〜」の開催でございます。認知症サポーターや介護予防ボランティア、コンビニエンスストアなど、個人を含む10団体が運営に協力をいただきました。  今後につきましても、広く市民に茅ヶ崎市は認知症になっても支えてくれる人がたくさんいるという思いを持っていただけるよう、日ごろから関係者と連携協力をし、さまざまな認知症施策に取り組んでまいりたいと考えております。  次に、認知症サポーターに係る養成の実績、またその活用についてお答えをいたします。  認知症サポーター養成講座につきましては、年度により違いはございますが、キャラバンメイトの協力をいただきながら、年40回前後開催をしてございます。平成30年3月末現在、小学生から高齢者まで、金融機関や大型店、自治会や老人会など多種多様な形で御参加をいただき、延べ1万500人以上の方に受講をいただいております。また、養成講座を受講した方から自分にできることをしたい等の御意見をいただいたことをきっかけに、平成27年度から、認知症への理解を深め、ボランティアとして活動いただけることを目指したステップアップ講座を開催しておりますが、直接ボランティアにはつながっておりませんでした。また、多くの認知症サポーターの方からは、自分でできることをしたいが不安との御意見をいただくこともございます。そのため、先ほど市長より御答弁申し上げましたとおり、ちがさきオレンジDay等のイベントを活用し、認知症サポーターは認知症の方を支えている一員であることを自覚していただくことから出発したところでございます。  認知症サポーターの方には、いずれは地域の中で地域包括支援センターや介護支援専門員等と連携し、認知症の方への支援の一翼を担えるよう、ステップアップしていただきたいと考えておるところでございますが、サポーターの方々の気持ちも多様でございますので、そのニーズに沿った形で活動できる仕組みを検討してまいりたいと考えております。  次に、本市における認知症の方に対する民間保険を活用した支援についてお答えをいたします。  認知症の方が事故などを起こした際に損害賠償を求められる場合に備えた支援につきましては、議員の御質問の中にあったとおり、県内では大和市、海老名市が実施をしております。また、県外では、神戸市が平成31年4月より実施予定であると確認をしております。保険の対象となる方の要件や公費負担の割合、財源確保の方法などさまざまであることから、今後これら先進自治体を含めた事例等を参考に、本市での導入の可否、また、内容等について調査研究を進めてまいりたいと考えております。また、御家族の方から御相談があった際には、事故を起こしたときには賠償を求められる可能性、また、民間の賠償責任保険への加入の必要性やメリットについてお伝えをし、御家族のリスクや不安の軽減に努めてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○白川静子 議長 小島勝己議員。 ◆10番(小島勝己 議員) ただいま2問目のさまざまなことにつきまして御回答いただきました。  これから3問目の質問をいたしますけれども、認知症というのは早期発見、早期対応が重要であると常々言われております。そういうもので、先ほどサポーターが、養成講座を受けた人が1万500人も今いると。結構地域で活用したら大変な力になるだろうと思いますが、実際はそうなっていないよというふうに受けとれました。ですけれども、また、そういうサポーターの人と密接なつながりの中でこれからつながっていくのは、認知症を診断する医療機関は茅ヶ崎にはどのぐらいあるのでしょうか。茅ヶ崎に何カ所かあって、その数では不足があるのか、ないのかということが重要になります。そして、あなたは認知症ですよと自分が行って診断してもらう人は少ないようですけれども、診断してくれる医療機関で結果が出るまでにはどのぐらいの期間がかかるかというのがすごく重要だと思います。そういう面で、今、概略、認知症の患者がどのぐらいいて、診療機関がどのぐらいあって、どのぐらいの期間に判断が出るのか、まず伺いたいと思います。  それからもう1点、認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進をテーマとしています新オレンジプランに沿う形で、厚生労働省は、ことしの4月から認知症総合支援事業を全ての市区町村でスタートさせました。高齢者が認知症になった場合、家族としてどうしていいかわからないというのがそのままになってしまったり、家族の負担が大きくなるということになりかねません。茅ヶ崎市の認知症初期集中支援チームの活動状況について伺います。  まず、3問目、この2点をお願いいたします。 ○白川静子 議長 福祉部長。 ◎熊澤克彦 福祉部長 お答えいたします。  初めに、認知症に対応していただいている医療機関でございますが、平成29年1月に茅ヶ崎医師会に属する全医療機関に対して調査を行い、認知症に対応しており、かつ、公表してもよいと回答のあった医療機関について、茅ヶ崎市認知症あんしんガイドに掲載をしております。市内では51カ所、寒川町に4カ所となっておりますが、検査をできる内容や診断書の作成等については医療機関によって差がございます。また、本市にはかかりつけ医等に対して認知症に関する助言等をできる認知症サポート医が3名おります。また、認知症の専門医療機関として、市内の医療機関1カ所が認知症疾患医療センターとして、昨年度、平成29年度に神奈川県から指定をされております。  認知症の患者さんが何名いるかということに関しては、正確な統計はございませんが、茅ヶ崎市の場合6万人の高齢者がいて、仮に7人、8人にお1人認知症だとすれば、6000人、7000人、8000人程度の方がいらっしゃるのかなというふうに想定をしてございます。また、認知症の患者さんには基本的には主治医がおり、必要に応じて主治医が他の医療機関を紹介している場合もございますが、現時点においては、対応してくれる医師が不足している等の意見をいただいていることはございません。  また、診断するまでの期間につきましては、検査の内容や認知症になる前からのかかりつけ医であるかどうか等により大きく変わりますので、一概に回答することは難しいと考えております。  次に、認知症初期集中支援事業につきましては、認知症サポート医や地域包括支援センターの職員などがチームを組んで、医療や介護サービスにつながっていない認知症の方について支援を検討するものでございます。平成26年度からスタートし、平成30年3月までに実人数で44名について支援を行いました。特徴といたしましては、助成や介護認定を受けていない方が圧倒的に多いという状況でございます。判断能力が低下をし、金銭搾取を受けている可能性や、成年後見制度の利用を必要とする事例もふえてきているため、最近では、弁護士の方にもチーム員会議に参加をしていただいております。また、認知症なのか精神疾患なのか判断のつきにくい事例もあることから、精神科医との連携も始めたところでございます。今後につきましても、支援方針等についてチーム内で課題意識を持ちながら、早期診断、早期対応に向けて継続して取り組んでまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○白川静子 議長 小島勝己議員。 ◆10番(小島勝己 議員) 最後になりますけれども、地域ぐるみで認知症の人を支える仕組みとして、認知症サポーターなどが中心となりまして、認知症の人やその家族が立ち寄ってお茶などを飲みながら交流できるような場として認知症カフェというものが他の自治体では相当展開されております。その認知症カフェというものを茅ヶ崎市についてはどのように取り組んでおられるのかお伺いいたします。 ○白川静子 議長 福祉部長。 ◎熊澤克彦 福祉部長 お答えいたします。認知症カフェにつきましては、全ての市町村に設置することを目標に、認知症施策推進総合戦略にも位置づけをされておりますが、残念ながら本市ではまだ導入には至ってございません。ことし9月に開催したちがさきオレンジDayの中で、認知症の方本人や御家族について、自分の思いについて語る場を試行的に設けましたが、参加者が少なかったということもありまして、カフェの効果というものをはかることはできませんでした。市内では認知症カフェに準ずる、類する取り組みを地域包括支援センターや介護サービス事業所で開催してございます。本市からも協力者として参加をしてございますが、参加者はなかなか少ないという状況でございます。今後でございますが、認知症カフェについてのニーズの有無等をまずしっかりと把握するとともに、先行して設置をしている自治体が数多くございますので、そういったところからの情報収集を進め、早期に導入できるよう検討を進めてまいりたいと考えております。以上でございます。 ○白川静子 議長 小島勝己議員。 ◆10番(小島勝己 議員) 以上で私の一般質問はこれで終わりますが、けさ、ラジオ体操をしながら思い起こしましたのは、50年ぐらい前にケネディ大統領が就任演説したときに、大変財政状況か厳しい折に、国に何を求めるかということよりも、国に何ができるかを一度考えてみようというふうな提言がありました。私、学生時代だったものですから大変印象深く残っているんですけれども、そういうことで、地域全体がこの認知症について、これだけではありませんが、取り組んでいかないと大変なことになってしまうなというふうに思っています。あすは我が身と私は思っていますから、そんなことを申し上げながら、これで一般質問は終わらせていただきます。 ○白川静子 議長 答弁を求めていただければと思いますが。 ◆10番(小島勝己 議員) それでは、そんなことについてどのような御見解をお持ちかお伺いします。 ○白川静子 議長 福祉部長。 ◎熊澤克彦 福祉部長 お答えいたします。国が提唱する地域共生社会の実現というキーワードがございます。これは制度や分野を超えて、また、支援される側、支援する側にかかわらず、地域における生活課題を地域全体で我が事と受けとめて、全体でつながって解決をしていくという理念でございます。これにつきましては、現在、地域福祉プランの中においてもこれに近いものはきちんと掲げておるところでございますが、この考え方につきましては全ての福祉分野にかかわる理念でございますので、次期の地域福祉プランの構築の過程においては、そういった考え方を明確にして、地域全体で地域の困り事を解決していくというようなことを、認知症も含めて、きちんと明確に打ち出してまいりたいと考えております。以上でございます。 ○白川静子 議長 以上で小島勝己議員の一般質問を終了いたします。  お諮りいたします。  本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思います。  これに御異議ありませんか。                (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○白川静子 議長 御異議なしと認めます。  よって、本日はこれにて延会することに決定いたしました。  本日はこれにて延会いたします。                   午後4時03分延会 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。  茅ヶ崎市議会議長  白 川 静 子      署名議員  須 賀 徳 郎      署名議員  滝 口 友 美...