ツイート シェア
  1. 平塚市議会 2019-09-17
    令和元年 総務経済常任委員協議会 本文 2019-09-17


    取得元: 平塚市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-05-24
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1 出席者   黒部委員長、出村副委員長ほか全委員(秋澤、久保田、須藤、小泉、臼井)       片倉議長 説明員   石田副市長(公営事業部長事務取扱)、中村企画政策部長平野企画政策秘書広報       担当部長、木川企画政策部オリンピック・パラリンピック推進担当部長ほか関係課長 議 題   1.第69回湘南ひらつか七夕まつりの実施報告について                   午前11時10分開会 【黒部委員長】引き続きまして、総務経済常任委員協議会を開催いたします。   1.第69回湘南ひらつか七夕まつりの実施報告について 2 【黒部委員長】議題は「第69回湘南ひらつか七夕まつりの実施報告について」です。  商業観光課長から、要領よく説明がございますので、よろしくお願いします。 3 【商業観光課長委員会に引き続きまして、大変恐縮ではございますけれども、第69回湘南ひらつか七夕まつりの実施状況につきまして、お手元のこちら、青い開催実施報告書に基づきまして御説明させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。  それでは、これより着座にて失礼させていただきます。  それでは、報告書の1ページのほうをごらんください。実施概要につきまして御説明いたします。  第69回を迎えたことしの七夕まつりは、イベントの企画や運営を初め、さまざまな分野において市民参加を進めることで、市民のまつりとして開催いたしました。期間は7月5日の金曜日から7日の日曜日まで3日間、時間は金曜日と土曜日は午後9時まで、最終日の日曜日は午後8時までの開催となりました。天候は3日間とも曇天でございまして、初日は夜間から雨が降り出すような模様、また、2日目、3日目は一時雨となりました。来場者は、金曜日の人出が多かったことなどにより、昨年より15万人多い155万人の観光客をお迎えすることができました。  七夕飾りは、新元号の令和やラグビーワールドカップなどをテーマとして、デザインなど趣向を凝らしたものが中心街全体で485本掲出されました。また、メーン通りの湘南スターモールに掲出された大型飾りは86本でした。そのうち、市内各地区の団体等が参加する市民飾りは32本、紅谷パールロードに掲出された1本を含めますと33本となります。企業の従業員等が手づくりで制作する手作り企業飾りは昨年同様9本となり、市民参加型の飾りが半数近くを占めました。紅谷町まちかど広場には、市内保育園や小学校などが参加する子ども飾りが6月16日の日曜日から20本掲出されまして、開催前の中心商店街に花を添えました。  次に、イベント概要でございます。初日の七夕おどり千人パレードは、市内の企業市民団体、小学生など約1000人の踊り手が参加しました。2日目の織り姫と音楽隊パレードでは、東海大学体育会ソングリーダー部、応援団、そして卒業生が主体となったチアダンスチームUKDラフィネスが参加したほか、地元からは小学生SOZENマーチングバンドなどが参加し、パレードを盛り上げました。オープンカー2台には、昨年の第68回織り姫と、ことしの第69回織り姫の6名がそれぞれ乗車しました。ことしの湘南よさこい祭りで優勝した早稲田大学よさこいチーム東京花火は、天候を考慮しまして残念ながら参加を見送ることとなりました。
     市民プラザ前の交差点では、トラックのステージを設置して開会式を行いました。  メーンとなるイベント会場では、見附台広場、こちらではさまざまなイベントを実施いたしました。広場内に設置した七夕ステージでは、台湾復興民俗ダンス団、そして、神奈川県警音楽隊とカラーガード隊によるステージ、また、市民公募によるパフォーマンスを初め、織り姫の披露、福島県いわき市公認ご当地アイドルアイくるガールズ、友好都市郷土芸能、ご当地キャラクター、HANDSIGNLiveなど、多彩なステージパフォーマンスを行ったほか、第65回七夕まつりの織り姫で、女子プロレスラーでもある松本浩代選手が出場する平塚七夕プロレスを今回で4年連続で実施いたしまして、観客らが青空プロレスを楽しみました。また、広場には、平塚青年会議所による地元グルメ「七夕たからいち」や、平塚商工会議所青年部による家族みんなで楽しめるイベント「BeActive 平塚 2019」が開催され、この中で、SDGsを推進するため、飲食ブースから出たプラスチック容器の回収や竹箸の使用など、プラごみの削減に取り組みました。また、ほかの団体では、巨大恐竜ロボットなども企画され、お祭り会場として大いににぎわいました。  安心・安全対策につきましては、七夕まつり開催区域及び周辺地域における安心・安全を確保し、平穏で持続可能な開催とするため、今回「安心・安全な開催を目指す湘南ひらつか七夕まつり運営指針2019」を制定し、ホームページや駅周辺地域へのチラシの配布などを行うことで、周知啓発に努めました。また、平塚警察署協力のもと、会場エリアの違法路上出店対策に取り組むとともに、夜間に駅西口付近や市民プラザ前に集まる若者の迷惑行為道路の乱横断防止対策などを実施いたしました。  交通規制では、祭り開催前日の7月4日の木曜日の午後9時から、湘南スターモールと紅谷パールロードを全面車両交通規制して、七夕飾りの掲出作業を行いました。その後3日間は終日車両交通規制を実施しました。また、海岸南中線や駅前大通り線等では、時間帯による交通規制を実施いたしました。  交通規制を市民に周知するため、広報ひらつか6月第1金曜日号に規制をお知らせするチラシを折り込み、規制区域全体にポスティングするとともに、広報ひらつか6月第3金曜日号に規制実施の記事を掲載いたしました。  ボランティアにつきましては、募集チラシ、ポスターを作成し、広く周知するとともに、事前に各業務の説明会を開催し、市内外から延べ596名の参加者を受け入れました。開催期間中は、高校生や学生ボランティア市民団体企業参加によるごみ拾いやクリーンボックスでのごみ分別指導、会場案内活動等を行いました。なお、例年最終日の日曜日早朝に実施していただいております青少年団体による七夕クリーン大作戦は、天候を考慮いたしまして中止となりました。  七夕まつりをPRする事前キャンペーンでは、5月16日木曜日から4日間、東京駅前にありますJPタワー、商業施設KITTE丸の内のイベントスペースで案内したほか、秘書広報課シティプロモーション担当が制作いたしましたPRビデオを新橋駅前の大型街頭ビジョン、また、ららぽーと湘南平塚や神奈川中央交通バス車内のデジタルサイネージで放映するなど、積極的に取り組みました。これらさまざまな取り組みによりまして、本年も県内外から七夕まつりに多くの観光客が訪れ、市内の諸産業経済効果をもたらしたものと考えております。  なお、この後3ページ目以降につきましては、期間中の各事業の結果や記録、資料などを掲載いたしましたので、後ほど御目通しいただきたいと思います。  以上、雑多な御説明で申しわけございませんけれども、これをもちまして第69回湘南ひらつか七夕まつりの実施報告とさせていただきます。どうもありがとうございました。 4 【黒部委員長】説明が終了しましたけれども、質問等はございますか。                 (「なし」と呼ぶ者あり) 5 【黒部委員長】それでは、本件は報告でありますので、これで委員協議会閉会いたします。御苦労さまでした。                   午前11時19分閉会            委 員 長   黒 部  栄 三 Copyright © Hiratsuka City, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...