ツイート シェア
  1. 相模原市議会 2017-11-21
    平成29年 11月 議会運営委員会-11月21日−01号


    取得元: 相模原市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-14
    DiscussNetPremium 平成29年 11月 議会運営委員会 − 11月21日−01号 平成29年 11月 議会運営委員会 − 11月21日−01号 平成29年 11月 議会運営委員会 議会運営委員会会議録平成29年11月21日開会午後1時50分閉会午後1時59分出席者委員 山下伸一郎  小田貴久   臼井貴彦  小野 弘   石川将誠   五十嵐千代  西家克己  ▲久保田浩孝 ◯小野沢耕一議員議長 沼倉孝太  副議長 米山定克欠席者なし説明のための出席者なし事務局職員石井議会局長 長田同局次長政策調査課長 高橋議事課長 竹下同課総括副主幹 金井同課副主幹 関同課主任 山本同課主任 若林議会総務課長 沼田政策調査課担当課長協議事項平成29年相模原市議会定例会12月定例会議の運営について 意見書について その他傍聴者なし署名委員長  小野沢耕一    午後1時50分 開会 ○小野沢耕一委員長 ただいまから議会運営委員会を開会する。  出席委員は9名で定足数に達している。  これより日程に入る。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △平成29年相模原市議会定例会12月定例会議の運営について ○小野沢耕一委員長 12月定例会議の運営についてを議題とする。  内容について、事務局より説明させる。  議事課長
    ◎高橋議事課長 資料1をごらんいただきたい。  先ほど、相模原市安全に安心して自転車を利用しようよ条例が議提議案として提出されたことから、12月定例会議の日程が変更となるので説明する。  資料2の12月定例会議日程案をごらんいただきたい。  11月14日の議会運営委員会に提出した資料から変更となった部分を太ゴシックで示している。  第2日目の11月30日だが、通し番号17の人事委員会の委員の選任についての採決後、通し番号18の議提議案第7号相模原市安全に安心して自転車を利用しようよ条例の提案理由の説明から、質疑、表記委員会へ付託となる。  2ページをごらんいただきたい。  通し番号19から通し番号30までの各陳情は、表記委員会へ付託となる。  3ページをごらんいただきたい。  第6日目の12月22日だが、各委員会の委員長報告に、太ゴシックのとおり、議提議案第7号と各陳情が追加される。  以上である。 ○小野沢耕一委員長 ただいまの説明に対して、質疑、発言等があったらお願いする。(「なし」と呼ぶ者あり)  確認がなされたので、そのように決定する。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △意見書について ○小野沢耕一委員長 意見書についてを議題とする。  「道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律」の規定に基づく補助率等のかさ上げ措置の継続を求める意見書だが、前回の議会運営委員会において、公明党より案文が提出され、取り扱いを含め、持ち帰り協議を行うこととなっていたので、各会派の意見を伺う。  自民党相模原。 ◆小野弘委員 自民党相模原としては、公明党の意見書案に賛成するということで協議が調った。 ○小野沢耕一委員長 颯爽。 ◆五十嵐千代委員 我が会派としては、賛成という前提で、若干の文言修正をお願いしたい。具体的には、下から3行目の「また、公共事業」を「また、必要な公共事業」としてもらい、その下の「関係費の」を「関係の」にして、「関係の予算を確保すること」としてもらいたい。 ○小野沢耕一委員長 民進・市民。 ◆小田貴久委員 私どもも大筋賛成だが、1の「また、公共事業関係費の予算を確保・拡充すること」の「拡充」ということについて、さまざまな協議があった。ただ、今の颯爽の提案のように修正してもらえれば、会派で一致して賛成できる。 ○小野沢耕一委員長 日本共産党。 ◆山下伸一郎委員 会派で協議したが、公明党案に賛成である。 ○小野沢耕一委員長 各会派に伺ったところ、一部修正してほしいという意見が出たが、確認してもらえるか。  議事課副主幹。 ◎金井議事課副主幹 公明党の案文の1の「公共事業」の前に「必要な」と入れるということが1点。その下の「確保・拡充」の「拡充」をとるということでいいか。 ○小野沢耕一委員長 颯爽。 ◆五十嵐千代委員 その前の「関係費の予算を」を「関係の予算を」に変えて、「必要な公共事業関係の予算を確保すること」としてもらいたい。 ○小野沢耕一委員長 議事課長。 ◎高橋議事課長 それでは、1を読み上げるので、確認をお願いする。  道路財特法の補助率等のかさ上げを平成30年度以降も継続すること。また、必要な公共事業関係の予算を確保すること。  以上である。 ○小野沢耕一委員長 いいか。(「はい」と呼ぶ者あり)  公明党。 ◆西家克己委員 各会派の皆様から建設的な意見をもらい、感謝する。今、修正があった部分については、この意見書の内容の骨子を踏まえた上で修正してもらえるということで、私どもの会派としては、修正を加えた上で、全会派一致で意見書を提出できればと思う。 ○小野沢耕一委員長 修正することについて、いかがか。  日本共産党。 ◆山下伸一郎委員 修正したものでいい。 ○小野沢耕一委員長 自民党相模原。 ◆小野弘委員 私どもも、修正したものでいい。 ○小野沢耕一委員長 確認のため、休憩する。    午後1時57分 休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−    午後1時58分 開議 ○小野沢耕一委員長 再開する。  それでは、修正した部分を、もう一度確認する。  1 道路財特法の補助率等のかさ上げを平成30年度以降も継続すること。また、必要な公共事業関係の予算を確保すること。  以上である。  いかがか。(「はい」と呼ぶ者あり)  それでは、このように決定する。  議事課長。 ◎高橋議事課長 意見書の案文が決定したので、今後の意見書提出について説明する。  本意見書は、議会運営委員会全会一致で了承されたことから、本会議最終日に、議会運営委員会委員全員が提出者となり、代表して小野沢耕一委員長に提案説明をお願いする。委員の皆様には、後ほど、署名をお願いする。  以上である。 ○小野沢耕一委員長 以上で本件を終わる。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △その他 ○小野沢耕一委員長 その他について、何か発言があったらお願いする。−  ないようなので、以上でその他を終わる。  次回の議会運営委員会は、12月22日本会議終了後に開会する。  以上で議会運営委員会閉会する。    午後1時59分 閉会...