81件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿屋市議会 2053-12-11 12月11日-04号

今後につきましては、これまでの取り組みを継続するとともに、交流人口増加のためにさんふらわあを活用し、大隅半島を自転車で周遊させるツアーの造成・販売クルーズ船乗船客ツアー誘致インバウンド受け入れのための地域人材育成ホームページの多言語化などに取り組むほか、教育旅行受け入れをふやすために、各市町連携した受け入れ家庭確保DMO向け支援メニュー助成事業を獲得し、自主財源確保取り組みを行

鹿屋市議会 2021-06-26 06月26日-04号

本年3月には日本版DMOに登録され、国がDMOに向け提供するインバウンド誘致や新商品開発専門人材育成支援など、多種多様な観光地域づくりに対する支援メニューを活用できるほか、DMO法人として対外的な信用が増したことにより、旅行業者各種エージェントからの問い合わせや、共同実施の相談、商談の申し込みの増加などが見込まれているところでございます。 

鹿屋市議会 2020-09-17 09月17日-02号

そして、本年3月、観光地域づくりに向けた取り組みへのさまざまな国の支援を得るために、株式会社おおすみ観光未来会議地域連携DMO登録認証を取得いたしました。 このDMO登録認証のもと、今後さまざまな国の支援を活用しながら、本格的に大隅地域観光地域づくり推進されていくものと期待しているところです。 

鹿屋市議会 2020-06-24 06月24日-02号

そこで、やはり極力印刷しないように、先般、DMOおおすみ観光未来会議の役員の方がプレゼンされていましたけども、ワードのペーパー1枚に要旨をまとめて、それを配布していると。パワーポイントは別に20枚か何枚かあるんでしょうけども、ああいった形が理想的なのかなと思っております。これについては、今後いかがでしょうか、どうお考えになりますでしょうか。

南九州市議会 2020-03-04 03月04日-03号

中でもいろいろな誘致活動とかもされているとは思うんですけれども,今官公庁のホームページ等を見ると,やっぱり行政支援をしていただくのはもちろんなんですけれども,やはりいろいろ戦略的にしようとしたときに,これはやっぱり金銭とか例えば営業であったりとか,営業というのはやっぱり人と人のつながりなので,そういった中でやっぱり行政の職員にあっては異動もあったりいろいろあるので,そういうのが難しいという部分でDMO

鹿屋市議会 2020-03-03 03月03日-02号

今後については、これまでの取り組みを継続するとともに、交流人口増加させるため、クルーズ船乗船客ツアー誘致受け入れ、インバウンドの受け入れのための地域人材育成ホームページの多言語化などに取り組むほか、教育旅行受け入れをふやすため、各市町連携した受け入れ家庭確保DMO向け支援メニュー助成事業を獲得し、自主財源確保取り組みを行っていくこととしています。 

伊佐市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第2日目) 本文 2020年02月28日開催

次に、観光交流振興として、地方創生推進事業(DMO伊佐市にどのような効果をもたらしましたか。また、今後、曽木の滝が観光交流の拠点としてどうなっていくのかお伺いいたしたいと思います。それと、次に、地域おこし協力隊も6人となりましたね。活動が目に見えて大変期待しております。任期が長くて3年と限られる中で今後の活動がどうなっていくのかお伺いいたしたいと思います。

伊佐市議会 2020-02-26 令和2年第1回定例会(第1日目) 本文 2020年02月26日開催

観光面では、DMO関係団体などと連携しながら、アウトドアや野草薬草など特色ある体験型ツーリズムの提供やカヌー等合宿受け入れへの協力魅力ある特産品や食の開発販売を促進するなどし、観光関連産業振興を図ります。多様なイベントやメディアのほか、ふるさと納税国体地元開催なども有効に活用し、伊佐魅力発信とあわせた観光プロモーションを行います。  

伊佐市議会 2019-12-02 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 2019年12月02日開催

◯市長(隈元 新君)  曽木滝公園につきましては、県の魅力ある観光地づくり事業地域振興推進事業によります公園内の環境整備DMOやさしいまちのお取り組みによりまして、最近では休日のみならず平日においても多くの観光客が訪れる県内屈指観光スポットとなっていると思います。

鹿児島市議会 2019-12-01 12月12日-04号

外国人観光客誘致対策につきましては、東アジア及び東南アジアをメーンターゲットトップセールス旅行会社等連携したプロモーションのほか、誘致セールスなどを実施するとともに、DMOによる新たな観光ウエブサイト構築等を進めているところでございます。 外国人観光客旅行形態の変化に合わせブロガーを招請し、SNSで情報発進するなど、それぞれの市場に合わせた取り組みを進めているところでございます。 

伊佐市議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文 2019年09月04日開催

市長もおっしゃたんですが、私も29年の9月議会で一般質問し、ツーリズム開発、それから振興観光連盟組織DMOとの協力あるいはつなぎ役として期待していると答弁されているわけですが、先ほど、伊佐魅力情報発信観光の目玉であるとか、曽木の滝のSNS等での情報発信効果的なPR、こういうものなんですけれども、DMOとのかかわりを、今、されているのか、今後連携しながら活動していかれるのか、このことについてもお

鹿児島市議会 2019-09-01 09月10日-02号

観光客誘客に関する取り組みにつきましては、海外向け観光PR映像による情報発信DMOによる新たな観光ウエブサイト構築を進めているところでございます。今後におきましても、東京オリンピック・パラリンピックや鹿児島国体開催などを好機と捉え、歴史、自然、食といった本市の多彩な魅力を生かしながら、さらなる誘客に向けた取り組みを進めてまいりたいと考えております。 

伊佐市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 2019年06月06日開催

例えば、奥薩摩DMO構成自治体でありますさつま町との連携、それから、県際交流推進会議構成自治体でございます湧水町、人吉市、えびの市との連携、それから、西回り高速自動車道路整備によります水俣インターチェンジからのアクセスや、海を有する近隣自治体との連携として担当レベル等意見交換などを行っております。  

鹿児島市議会 2019-06-01 06月27日-04号

本市は、例えばDMOについても戦略プランを策定して、いよいよ本腰を入れていこうという感じもありますし、やはり本市でもしっかり策定を行っていく方向というのは考えていかなければいけないなと改めて思いました。例えば、京都市MICE戦略二〇二〇、高松市MICE振興戦略等、他自治体はたくさん戦略等もつくっておられますので、ぜひ参考にされながら今後検討していただきたいなと思います。