運営者 Bitlet 姉妹サービス
183件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-06 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月06日−07号 本市でのデジタル教科書・教材を活用するためのIC環境の現状をお示しください。  御答弁願います。 ◎教育長(杉元羊一君) 本市におきましては、現在、小・中・高等学校の全ての普通教室に電子黒板または大型テレビを設置し、児童生徒およそ二人に一台のタブレット等のコンピューターを整備するとともに、デジタル教科書・教材等を使用できるネットワークの環境を整備しているところでございます。   もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-目次 する評価……………………………………………………………………344    (二)今後の取組み………………………………………………………………………………344   四 デジタル教科書・教材等について……………………………………………………………345    (一)デジタル教科書・教材の概要及び教育的効果…………………………………………345    (二)本市でのデジタル教科書・教材を活用するためのIC もっと読む
2018-02-22 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第4日目 2月22日) ○長寿・障害福祉課長(池田宏幸君)  過去には,鹿児島市の場合は敬老パスという形でICカード化されたものを配布をしているようでして,過去には無料だったんですけれども,近年は三分の一の自己負担というふうに制度が改正をされているようでございまして,そのうち当面の間ということで100円自己負担というような形で運用されているようでございます。 もっと読む
2017-12-11 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月11日−02号 また、交通系ICカードの利用実現見通し、何か進捗があるものかどうか、御認識、御見解をお示しください。  四点目に、イベント民泊の必要性が現状どのようにある、あるいはどのようにない、現状をどのようにお考えかお示しをいただきたいと思います。さらに、今後の活用の可能性についてどういったお考えをお持ちかお示しください。   もっと読む
2017-12-11 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月11日−02号 また、交通系ICカードの利用実現見通し、何か進捗があるものかどうか、御認識、御見解をお示しください。  四点目に、イベント民泊の必要性が現状どのようにある、あるいはどのようにない、現状をどのようにお考えかお示しをいただきたいと思います。さらに、今後の活用の可能性についてどういったお考えをお持ちかお示しください。   もっと読む
2017-12-08 垂水市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−02号 本市の市民アンケートでも防犯に対する意識が高かったことから、他団体におけるICTを活用した地域の自主的な防犯対策を調査し、必要に応じて住民へのIC利活用向上を促進し、地域の防犯力の向上を目指す。  このように施策の概要が述べられているわけでありますが、現状本施策の進捗状況はどのようになっているでしょうか。 ◎企画政策部長(末永隆光) お答えをいたします。   もっと読む
2017-12-05 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-目次 を加算すれば、      合計約十三億四千二百四十万円ということになるが、間違いないか        ……………………………………………………………………………………………47    (十五)地下水調査の結果から健康への「危険性はない」と認識されているのであれ      ば、地下水汚染のある豊洲さえ素人でも分かる盛土という手法をとっていること      も参考に、土埃など飛散のリスク等も考慮し、十ダンプ もっと読む
2017-12-01 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-目次 を加算すれば、      合計約十三億四千二百四十万円ということになるが、間違いないか        ……………………………………………………………………………………………47    (十五)地下水調査の結果から健康への「危険性はない」と認識されているのであれ      ば、地下水汚染のある豊洲さえ素人でも分かる盛土という手法をとっていること      も参考に、土埃など飛散のリスク等も考慮し、十ダンプ もっと読む
2017-09-13 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月13日−03号 計画期間は平成三十年度から三十三年度までの四年間で、骨子案の内容としましては、市民生活を安心安全で豊かにするためのIC利活用など四つの基本方針のもと、電子行政の推進など十の施策を掲げております。今後、計画素案を作成し、パブリックコメントを実施した上で、年度内に計画を作成したいと考えております。   もっと読む
2017-09-13 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月13日−03号 計画期間は平成三十年度から三十三年度までの四年間で、骨子案の内容としましては、市民生活を安心安全で豊かにするためのIC利活用など四つの基本方針のもと、電子行政の推進など十の施策を掲げております。今後、計画素案を作成し、パブリックコメントを実施した上で、年度内に計画を作成したいと考えております。   もっと読む
2017-03-06 伊佐市議会 平成29年第1回定例会(第2日目) 本文 2017年03月06日開催 ICT──ICTというのはインフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー──の教育を学校に取り込んでいくということについては、一つは教育内容を充実するということと、もう一つは、極めて速い速さで進展していますIC社会に対応できていく子どもたち、人間を育てていこうということでございます。 もっと読む
2017-02-28 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月)-02月28日−05号 第四に、平成十三年七月に死亡したゴリラ、また、オランウータン等、ワシントン条約の附属書Tに記載されている動物の種類数及びそのうち平川動物公園で飼育されている種類数をお示しください。  第五に、ワシントン条約の附属書Tに記載されている動物のうち、今後入手が困難と思われる動物の種類とその平均寿命から推定される飼育残年数をお示しください。   もっと読む
2017-02-28 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月)-02月28日−05号 第四に、平成十三年七月に死亡したゴリラ、また、オランウータン等、ワシントン条約の附属書Tに記載されている動物の種類数及びそのうち平川動物公園で飼育されている種類数をお示しください。  第五に、ワシントン条約の附属書Tに記載されている動物のうち、今後入手が困難と思われる動物の種類とその平均寿命から推定される飼育残年数をお示しください。   もっと読む
2017-02-27 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月)-02月27日−04号 教育委員会としましては、次期学習指導要領案の実施に向けて教員の資質・能力の向上、支援員や地域人材の活用、IC機器等の教育環境の整備など、学校への支援の充実を図ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2017-02-27 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月)-02月27日−04号 教育委員会としましては、次期学習指導要領案の実施に向けて教員の資質・能力の向上、支援員や地域人材の活用、IC機器等の教育環境の整備など、学校への支援の充実を図ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2017-02-24 伊佐市議会 平成29年第1回定例会(第1日目) 本文 2017年02月24日開催 コミュニティスクール等による小中一貫教育や吹奏楽など文化面での中高連携、地域との連携など多方面での取り組みを進めながら、一方では、タブレット等のIC機器を導入し、有効な利活用をすべく、指導方法についても一層の創意工夫を図ります。   もっと読む
2016-10-01 鹿児島市議会 平成28年第3回定例会(9・10月)-目次 ……………………106    (二)新武岡トンネル開通による県道鹿児島東市来線への影響と同県道の整備計画…106    (三)本地域に対する当局の想い、認識……………………………………………………106    (四)面的整備の考え方………………………………………………………………………106   二十 教育の情報化について    (一)教育の情報化について      ①基本的な考え方      ②IC もっと読む
2016-09-06 鹿児島市議会 平成28年第3回定例会(9・10月)-目次 ……………………106    (二)新武岡トンネル開通による県道鹿児島東市来線への影響と同県道の整備計画…106    (三)本地域に対する当局の想い、認識……………………………………………………106    (四)面的整備の考え方………………………………………………………………………106   二十 教育の情報化について    (一)教育の情報化について      ①基本的な考え方      ②IC もっと読む
2016-06-21 鹿屋市議会 平成 28年 6月定例会-06月21日−03号 また、IC機器を活用することにより、主体的な表現活動がふえ、自信を持って自分の考えや思いを的確に表現できるようになるなど、大きな変容が見られたところでございました。  次に、教職員の側の成果といたしましては、IC機器が導入されたことにより、教師のICT活用能力が向上し、新たな教材開発につながり、効率よく授業が展開されるなど、授業改善が図られたところでございます。 もっと読む
2016-06-21 南九州市議会 平成 28年 第 3回定例会( 6月)-06月21日−01号 ハード面では,一部,文部科学省の補助事業を活用しながら,パソコンや電子黒板,さらにはデジタル教科書などを年次的に導入し,ソフト面では,全学校に1人のICT担当教員を配置するとともに,ICT担当者会やIC機器操作研究会を開催して教職員の質向上対策に取り組むなど,計画的,段階的に推進しております。   もっと読む