67件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊佐市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 2018年12月05日開催

2016年8月に青森市の中学生の生徒が自殺してから2年が経過しておりますが、その中でも言われておりますように、インターネット、SNSですか、これを使っての、いわば暴言というのがあったということで、書き込みがあったということですね。これが言われているわけでございます。  

伊佐市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 2018年09月04日開催

◯市長(隈元 新君)   登  壇  冒頭に金足農業の活躍のことお伝えいただき、私どもも伊佐農林高校がございますので、同じ農業高校としては非常に心強い限りでありましたし、また、秋田というのは私はこの2年の間に2回ほど訪れておりまして、一つは市長会の経済担当の委員会で八峰町というところを、青森との境なんですけども、ハマグリの養殖を内陸でしているということでお訪ねしたり、これは冬の時期でしたけども、

霧島市議会 2017-02-24 平成29年第1回定例会(第5日目 2月24日)

また,牧園町営乗馬クラブの開設以前からも,牧園高校畜産科時代からして,数々の高等学校馬術競技大会等において優勝しており,卒業生が,第32回青森国体で,成年総合馬術競技など2種目に優勝し,さらには,1984年のロサンゼルスオリンピックにも出場を果たしています。霧島高原乗馬クラブにしても,国体では毎年,優勝あるいは入賞するなど,輝かしい成績を残しています。

鹿屋市議会 2016-09-26 平成 28年 9月定例会-09月26日−05号

また、東北新幹線秋田新幹線東北自動車道などの高速交通網により県内外の各方面と連絡しており、都としてだけでなく、北東北においても物流・交流の拠点として重要な位置にある。   市の都市としての始まりは、16世紀末の南部氏による盛岡城築城であり、その後は、盛岡藩の城下町として栄えた。盛岡藩は、明治4年の廃藩置県により盛岡、翌年岩手となった。

垂水市議会 2016-03-25 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月25日−資料

そして、青森むつ市に使用済み核燃料5,000トン規模の施設建設が始まり、既に3,000トン規模の施設建設が終わったが、福島原発事故が発生し、現在も搬入はない。また、50年後までには再処理工場へ搬出するという前提での受入れであった。しかし、11月16日、日本原燃株式会社は六ヶ所再処理工場の完成予定を2018年度上期(4〜9月)と発表したが、これは22回目の延期で、信用する人がいるとは思えない。

垂水市議会 2015-12-04 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月04日−02号

要請は、消防保安課が窓口となり、消防保安課に診療所や支所の職員の方が自衛隊ヘリコプターを要請する理由を説明をし、所定の様式への記入の後、がそれを自衛隊へ送付し、自衛隊ヘリコプター要請の理由を説明をされています。  自衛隊ヘリコプターが搬送する条件というのがございます。公共性があること、緊急性があること、代替搬送手段がないこと、医師が添乗すること、この四つでございます。

鹿屋市議会 2015-03-04 平成 27年 3月定例会-03月04日−03号

これはの事業で、ならが幅員の見直しについて市と協議をされとるんであれば、やはり主体でその幅員を、幅を見直しをするとか、そういうのを地元に説明し、協議をするべきだと思います。そして今までも私は政治力の結集ということで県議会議員の皆さん方もやはり地元に来て、それなりのことを説明し、取り組みを聞いていただきたい。

霧島市議会 2014-12-04 平成26年第4回定例会(第4日目12月 4日)

○市長(前田終止君)  合併後,来年で10年という流れになっておりますけれども,ほぼ9年の峠を越えたところで,人口の動態というものがお互いに気になるわけでございますが,日本全体も鹿児島も本当に大きな人口社会に向かっていることは,誰も否定できない事実でございます。鹿児島においては,年間おおむね1万人くらいの人口が減になっているということでございます。

鹿屋市議会 2014-06-16 平成 26年 6月定例会-06月16日−02号

このようなことから、申請から支給までの手続を県内統一で実施している現行の自動償還払い方式から現物給付方式へ移行するよう、鹿児島全体で転換することが必要と捉え、これまでに要望してまいりましたが、におきましては、他の導入例から、医療費助成費の増加が見込まれること、国民健康保険に関する国庫負担等が削減されること、審査集計機関医師会を初めとした関係医療機関との調整が必要であることといった影響などが

鹿屋市議会 2014-02-27 平成 26年 3月定例会-02月27日−01号

3、川内原発に係る地震活断層及び火山原子力防災、さらには放射性廃棄物処理などについて、「電力業界の虜」ではない専門家による鹿児島独自の委員会を設置し、技術的な助言を得て、主体的に国及び九電などに対応できるようにすることの3項目が実施されない限り、原発の再稼働について拙速に同意しない旨の意見書を鹿児島県知事に提出することを求めるものであります。  

霧島市議会 2013-12-18 平成25年第4回定例会(第4日目12月18日)

ただ,その一つの対策になるかどうか分かりませんけれども,地域リーダーを育てるメニューがのほうにございます。例えば,地域リーダー養成につきましてが実施している事業の中に,共生協働による地域リーダー発掘養成講座というのもありますので,これらを使って,これで全て解決するかどうか分かりませんけれども,これらの事業を活用しながら活性化を図っていければというふうに考えます。