112件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊佐市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 2019年02月22日開催

鳥獣害対策では、侵入防止柵の設置や猟との連携を図りつつ、鳥獣被害防止計画に基づく有害鳥獣捕獲を進め、農林作物の被害防止に取り組みます。  商工業については、企業の事業拡大や誘致による働く場の確保に努めるとともに、異業種交流や企業ガイダンスを通じて、地域や学校、企業間の協力関係を深めてまいります。

霧島市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第4日目12月 6日)

次に,捕獲対策につきましては,国の鳥獣被害防止緊急捕獲活動支援事業を活用し,有害鳥獣を捕獲することにより,個体数を減少させ被害の軽減に努めるとともに,同協議が購入した箱わな等の捕獲器や山間部での連絡手段として活用する無線機等を捕獲に貸与することにより,捕獲の安全や活動の効率化など,捕獲体制の充実を図っているところです。 ○農林水産部長(川東千尋君)  次に,2点目にお答えします。

霧島市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第3日目 9月12日)

それから学校の各実行委員というのがあるわけですけれども,公民館長がそれは兼務されているそうです。それぞれのこの実行委員の委員長が集まって,連絡協議を結成し,教育委員が事務局を担当しているということであります。事務局に教育委員から出向という形かもしれませんけれども,とにかく教育委員が事務局を兼ねているということであります。

伊佐市議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会(第5日目) 本文 2018年03月08日開催

宝くじ助成の一般コミュニティ助成事業の減額になりますが、羽月校区コミュニティ協議が購入した移動式ピザ窯7基が110万円で購入されたことによる10万円の減額となります。  続きまして、交付金の自治活性化交付金142万6,000円の減額について説明いたします。  自治活性化交付金は、年度初めの行政説明で自治会長へ説明を行い、5月に申請していただき、本年度は267自治への交付となりました。

伊佐市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 2018年02月28日開催

一つ一つの事業を挙げるには時間がございませんが、新規に取り上げるものとしましては、地域おこし協力の今回からの活動やそういうのは新しいものだと思いますし、この和牛の対策にしましても、あらゆる制度を使いまして後継者が残るような施策を今までもやってきておりますし、これからも続けます。  

霧島市議会 2017-06-15 平成29年第2回定例会(第4日目 6月15日)

○6番(中村満雄君)  私は猟の方から,猟のほうから指摘したから分かったんだと言っていますが,それは間違いですか。 ○農林水産部長(川東千尋君)  その時期が明確ではないのですが,こちらの市の職員が事務処理上それを確認したのは昨年の7月でございます。 ○6番(中村満雄君)  先ほどの答弁で4年間の捕獲頭数は1万1,327頭ですが,不正の検証方法を聴かせてください。

伊佐市議会 2017-03-10 平成29年第1回定例会(第5日目) 本文 2017年03月10日開催

◯林務課長(飯田 昭彦君)  鳥獣被害の捕獲につきましては、現在、市内七つの猟に選出していただいた捕獲で実施しております。その点については、捕獲については問題なかったんですけれども、市職員の活動につきまして、別途で鳥獣被害防止というのを要項で定めて実施しておりました。ただ、これが実施としての位置づけがないということで、今回、実施のほうに市職員を入れると。  

鹿児島市議会 2017-03-01 03月07日-08号

今回の訓練では、消防が被害状況等を調査する中で、避難経路上の崖崩れを発見し、現地災害対策本部に報告する訓練を行いました。また、報告内容の住民広報訓練は実施しませんでしたが、崖崩れへの対処として、避難計画とは異なる経路で住民を輸送する訓練を実施いたしました。 

伊佐市議会 2016-12-15 平成28年第4回定例会(第4日目) 本文 2016年12月15日開催

私どもは、常日ごろから、私もの県の相談役をさせていただいたり、伊佐、姶良、それから霧島の3市でつくる援護協議の理事もさせていただいております。その観点から、恐らく連隊長、かねて駐屯地司令が市のほうにも訪問をされたかと思いますが、できましたら、市長初め、担当課長の方々が第12普通科連隊に訪問をたまにされて、いろんな意見交換もされるべきではないかと思いますが、いかがでしょうか。

鹿屋市議会 2016-09-14 平成 28年 9月定例会-09月14日−04号

さて、答弁の中でもありましたけれども、確かに猟との連携、それは大事であります。頼んだりしなきゃならない関係上、また、あつれき、難しさもあろうというふうに理解はしますけれども、その実が上がらない以上、いつまでも、こうやって議会で取り上げられる。延べ数十人の議員が質問をする。事ほどさように難しい問題だろうというふうに思うわけです。ついては、もう行政のほうで、プロの組織からなる駆除

鹿屋市議会 2016-09-13 平成 28年 9月定例会-09月13日−03号

平成 28年 9月定例 - 09月13日-03号 平成 28年 9月定例 - 09月13日-03号 平成 28年 9月定例 平成28年9月定例会議録(第3号)───────────────────────────────────────────1、開会日時  平成28年9月13日(火)午前10時────────────────────────────────1、議事日程(第3号) 第 1

姶良市議会 2016-09-07 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月07日−04号

鈴木議員のご質問にお答えしましたとおり、本市と防災士との連携は構築されておりませんが、鹿児島県姶良支部と災害協定を締結しており、この支部の中に防災士の資格を有する方がおられます。  自衛隊在職中に培った知識・能力・経験等の専門性を高めるため、防災・危機管理教育に参加されておりますので、今後、災害協定に基づく救援補助活動の支援協力体制の連携に努めてまいります。