運営者 Bitlet 姉妹サービス
2452件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-04 垂水市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月04日−06号 (3)松くい虫の駆除に当たっては、早期に被害を防止するため、被害木の伐倒が効果的であると考えられることから、同取組についても関係機関と連携して取り組まれたい。  (4)市内の農水産物の販路拡大については、関係課や株式会社薩摩川内市観光物産協会等と連携しながら市内外へPRするとともに、6次産業化の取組による売上げを更に伸ばすためにも、加工品の付加価値を高めるよう取り組まれたい。   もっと読む
2018-08-22 垂水市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-08月22日−01号 今月8日には、鹿児島市で「薩摩川内港ポートセミナー」を開催し、船会社や荷役会社、商社など関係者に対して、物流サービスや企業立地支援の取組などを紹介し、川内港のPRを行いました。本年7月までの外貿コンテナ取扱量は対前年比113パーセントと順調に推移しており、引き続き、川内港の整備に早期に着手できるよう、官民一体となって利用促進に取り組んで参ります。   もっと読む
2018-07-06 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-07月06日−資料 平成30年6月12日 件名    地方財政の充実・強化を求める意見書提出についての請願書 請願者   薩摩川内市神田町3番22号       薩摩川内市職員労働組合       執行委員長 外山律子 紹介議員  持原秀行         [要旨]  地方自治体は、子育て支援策の充実と保育人材の確保、高齢化が進行する中での医療・介護などの社会保障への対応、地域交通の維持など、果たす役割が拡大する中で、人口減少対策 もっと読む
2018-07-06 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-07月06日−05号 ついては、関係行政庁に対し、地方財政の充実・強化を求める意見書を提出しようとするものであります。  これが本案提出の理由であります。  地方財政の充実・強化を求める意見書(案)。   もっと読む
2018-06-26 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月26日−04号 また、15歳から64歳の生産年齢人口に着目をいたしますと、平成27年に5万3,960人であったものが、平成32年には4万9,140人、平成37年には4万5,249人ということで、前回の推計と比較しますと、平成32年は1,442人減少、平成37年は2,360人減少ということで、これを先ほど言いました人口全体の減少率、それから生産年齢人口の減少率と比較しますと、全人口の2倍の速度で減少率が高いと、生産年齢人口 もっと読む
2018-06-22 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−02号 まず、外国人労働者の受け入れにつきましては、議員も少し触れられましたが、昨年の全国市長会においても、この少子高齢化や人口減少の進展に伴う労働力確保の観点から、外国人労働力の活用を検討すること、それと外国人住民が地域社会と共生できるよう日本語、文化、ルール等を学習する制度を構築するとともに、自治体が実施している事業に対して、十分な財政措置を講じること。   もっと読む
2018-06-15 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第5日目 6月15日) この条例の中で市の責務や関係者の役割を明記して,霧島市及び関係者が相互に連携して,中小零細企業の振興を推進するために,15人の委員の皆様から御意見を頂く場ということで,霧島市中小零細企業振興会議を平成27年12月から2年間開催し,振興会議を9回,円滑にするための専門部会を3回開催しているところでございます。 もっと読む
2018-06-14 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日) これら直接医療費及び非直接医療費を合わせたロタウイルス胃腸炎による負担額は,年間で540億円になると推定され,霧島市の人口で案分すると約6,600万円にもなります。次に,共働き世帯などの支援策となります。小さい子は24時間,一時も目が離せません。お産が一段落して働き始めたばかりのママにとって,1週間前後の休みをもらうのは,大変心苦しいことでしょう。 もっと読む
2018-06-13 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−01号 1の(1)は、法人の市民税に係る改正で、内国法人の外国関係会社等に係る所得の課税の特例措置について、所要の規定の整備を行うほか、修正申告書の提出、または納付すべき税額を増加させる更正があった場合において、所要の要件を満たすことにより納期限の延長の場合の延滞金の計算期間から一定の期間を控除して計算することとしたものです。   もっと読む
2018-06-13 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第3日目 6月13日) 本市においてもマスタープランに関連し,人口増に向け様々な対応策を展開しています。しかしながら,顕著に大効果が出ているとは言いがたい現実があり,特に中山間部過疎化における人口減については,地元住民の方々の不安要素として憂慮すべき課題。更に言うなれば,緊急的課題としての絶対的位置付けが必要であります。 もっと読む
2018-06-12 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第2日目 6月12日) 1問目は私が,4問目は教育委員会が,その他は関係部長がそれぞれ答弁します。1問目の総合支所の在り方についてお答えします。 もっと読む
2018-05-16 鹿児島市議会 平成30年第1回臨時会(5月)-05月16日−01号 関係書類は事務局に保管してありますので、御閲覧願います。  本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程第一号のとおりであります。 △議席の一部変更の件 ○議長(上門秀彦君) それでは、日程第一 議席の一部変更の件を議題といたします。  今回、議員の所属会派の異動がありましたので、議席の一部変更についてお諮りいたします。   もっと読む
2018-03-27 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第7日目 3月27日) 最後に,目標人口については,霧島市ふるさと創生総合戦略に掲げる各種取組を着実に推進することにより,合計特殊出生率の上昇に伴う自然増,移住定住者数や若者の地元就職率の増加に伴う社会増を目指すこととし,計画最終年度の2027年の目標人口を12万7,000人としているとの説明がありました。 もっと読む
2018-03-22 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月22日−11号 これら三つの取り組みを総合的な広報戦略として取りまとめ、同戦略に基づき交流人口の拡大等につなげていきたいと考えているということであります。   もっと読む
2018-03-09 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月09日−10号 国土交通省の土地区画整理事業運用指針によれば、施行者は、「関係権利者が移転に十分な準備をできる対応を行うことが望ましい」とあり、二十一年九月の期限が迫る中で原告が適切な移転先を見つけるための期間が必ずしも十分とは言えなかったのではないでしょうか。   もっと読む
2018-03-08 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月08日−09号 我が国は、本格的な人口減少社会に到来し、首都圏への人口一極集中と地方の急激な人口減少への危機感から、第二次安倍政権において地方創生に取り組み始めました。その一つの方策が、大都市圏から地方への移住の促進であり、その柱の一つとしてCCRCという言葉が注目を浴びるようになりました。 もっと読む
2018-03-07 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月07日−08号 このところ関係人口という考え方が目につくようになりました。  関係人口とは、定住人口でも交流人口でもなく、地域にかかわってくれる人口のことで、自分のお気に入りの地域に週末ごとに通ってくれたり、頻繁に通わなくても何らかの形でその地域を応援してくれるような人たちのことを指すようです。 もっと読む
2018-03-06 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月06日−07号 私は、明治維新百五十周年や大河ドラマ「西郷どん」の放送を契機に訪れるであろう多くの観光客に、本市が有する自然、歴史、文化、食などのさまざまな魅力を直接感じていただくことが今後の観光振興や交流人口の拡大に大きな効果をもたらすものと考え、三十年度予算においては、明治維新関連の予算を倍増の約三億円としたところでございます。 もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-目次    に向けて……………………………………………………………………………………………78    (一)二〇一五年と二〇一〇年の国勢調査について…………………………………………78      ①日本全体の総人口の推移と減少率………………………………………………………78      ②人口増加となった都道府県と増加率……………………………………………………78      ③鹿児島県、鹿児島市の人口推移 もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月01日−06号 玉里庭園関係につきまして御答弁をいただきました。  上御庭の一般公開については、女子高との関係がありますので現状については年数回の公開でしか方法はないでしょう。新年度は四回の公開を予定されているようですが、学校側と協議を続けていただき、公開日のお知らせを工夫していただき、できるだけ多くの市民や観光客にお出かけいただく方策に努めていただきますよう要望しておきます。   もっと読む