運営者 Bitlet 姉妹サービス
77件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 2019年03月20日開催 同和関連予算の部落解放同盟への補助金152万円について、国の法律も終了し、垣根もなくなっている状況で特別の措置を行う理由がないにもかかわらず支出を続けることは、新たな差別や逆差別を生んでいるということを指摘するものです。 もっと読む
2018-03-27 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第7日目 3月27日) 四つ目に,部落解放同盟隼人支部に対する補助金103万円が計上されていること。五つ目に,養護老人ホーム春光園の民営化は自治体の福祉の後退であるとの討論がありました。次に,賛成討論として,平成30年度予算は,前年対比2億2,000万円減の558億1,000万円が計上されている。新市長初めての当初予算である。 もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月) また、同集会の主催者は、部落解放同盟九州地方協議会等で構成される実行委員会である。 なお、同集会の内容については、まだ開催要綱が届いていないことから詳細は把握していないところであるが、過去の開催状況からすると、同和問題を初めとするさまざまな人権問題に関する講演会や分科会などが開催されているようであり、今回も同様の内容になるのではないかと考えているということであります。  もっと読む
2017-12-01 伊佐市議会 平成29年第4回定例会(第1日目) 本文 2017年12月01日開催 人権に対する法律として部落差別解消推進法も平成28年12月16日に施行されております。誰もが幸せに暮らすための法律であります。国もこういう法律をつくって、こういうことに取り組んでいますので、自治体もそれなりにこういうことに対して補助金等を出しながら取り組んでいくべきだと私は思っております。   もっと読む
2017-09-22 伊佐市議会 平成29年第3回定例会(第6日目) 本文 2017年09月22日開催 チラシ配布ということで、部落差別がまだあると全戸に配布することで、これまでの部落差別が解消しなかった、垣根を取り払うという、本当のところが解消しなかったところにまた逆行していくような気がする。小さな額ではあるが、部落差別解消推進法にも反対しており、この政策に反対」との討論がありました。   もっと読む
2017-09-12 伊佐市議会 平成29年第3回定例会(第5日目) 本文 2017年09月12日開催 タイルが落ちてくるからするのか、タイルを全部落としてやるのか、その辺。それと、この金額だけじゃ足らないと思うんですが、工事費の全額は、もう言えないと言わればですけども、准看の経営もあるでしょうから、できましたら教えていただきたいと思います。 もっと読む
2017-09-05 伊佐市議会 平成29年第3回定例会(第2日目) 本文 2017年09月05日開催 今回の質問は、部落差別解消法についてでございます。  2016年12月9日、参議院本会議、部落差別の解消の推進に関する法律が可決、成立し、12月16日公布され、即日施行されました。この法律は、部落差別は社会悪であるとの理念を柱にした内容で、憲政史上初めて部落差別という用語が法案名に盛り込まれたものであります。   もっと読む
2017-09-01 伊佐市議会 平成29年第3回定例会 目次 2017年09月01日開催 )   1 議事日程第2号 ………………………………………………………………………………16   1 本日の会議に付した事件 ……………………………………………………………………16   1 開  議 ………………………………………………………………………………………17   1 一般質問     (1) 6番 今村 謙作 議員  ……………………………………………………………17      ア 部落差別解消推進法 もっと読む
2017-03-28 霧島市議会 平成29年第1回定例会(第7日目 3月28日) 四つに,部落解放同盟隼人支部に対する補助金103万円が計上されていること。五つに,本年4月から福山中学校が国分南中学校に統合されることについて,福山下場地域活性化協議会が示した学校と地域が連携した学校づくりの具体的な提案に反するものであること。六つに,霧島市が木質バイオマス発電事業に要するチップ材確保のために,本年度も木質バイオマス安定調達事業として5,100万円が計上されていること。 もっと読む
2017-03-28 霧島市議会 平成29年第1回定例会(第7日目 3月28日) 四つに,部落解放同盟隼人支部に対する補助金103万円が計上されていること。五つに,本年4月から福山中学校が国分南中学校に統合されることについて,福山下場地域活性化協議会が示した学校と地域が連携した学校づくりの具体的な提案に反するものであること。六つに,霧島市が木質バイオマス発電事業に要するチップ材確保のために,本年度も木質バイオマス安定調達事業として5,100万円が計上されていること。 もっと読む
2017-03-24 伊佐市議会 平成29年第1回定例会(第6日目) 本文 2017年03月24日開催 第三には、同じく同和対策事業の部落解放同盟への補助金152万円についてです。既に国の同和対策事業が終了し、二つの団体のうち一つの団体は同和問題については終結をしたとの終結宣言をしております。いつまでも補助金支出などの特別扱いを続けることは差別を終わらせることにつながらず、逆差別を生むと考えております。   もっと読む
2017-03-01 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月) 第二に、二十八年十二月九日に部落差別解消推進法が成立したが、同法は新たな差別を生みかねないことや同和問題の固定化・永久化につながる懸念があることから、参議院において可決された「過去の民間運動団体の行き過ぎた言動等、部落差別の解消を阻害していた要因を踏まえ、これに対する対策を講ずる」との附帯決議の遵守が求められていること。 もっと読む
2017-02-21 霧島市議会 平成29年第1回定例会(第2日目 2月21日) 昨年末に成立した部落差別の解消の推進に関する法律の成立を受けて,本市において部落差別を始めとするあらゆる差別撤廃に関する条例を制定する考えはないか,お尋ねを致しまして,壇上からの質問を終わりますが,答弁により,質問席からの質問を議長にお願いいたします。 ○市長(前田終止君)  植山議員から4問につきましての御質問でございました。 もっと読む
2017-02-21 霧島市議会 平成29年第1回定例会(第2日目 2月21日) 昨年末に成立した部落差別の解消の推進に関する法律の成立を受けて,本市において部落差別を始めとするあらゆる差別撤廃に関する条例を制定する考えはないか,お尋ねを致しまして,壇上からの質問を終わりますが,答弁により,質問席からの質問を議長にお願いいたします。 ○市長(前田終止君)  植山議員から4問につきましての御質問でございました。 もっと読む
2016-10-17 伊佐市議会 平成28年第3回定例会(第7日目) 本文 2016年10月17日開催 2、部落解放同盟への支出についても、国の特別の対策が終了した後も、特定の地域の差別が残っていると称して支出することは、逆に差別を解消しないことにつながる。3、大口高校の大学奨励金事業については、特定大学進学に誘導すること、その進学先に序列をつける差別をするものだと考える。4、平成27年度は、子ども医療費貸付金の支出は1円もない。このような制度はどこにもなく、子ども医療費助成として支出すべきである。 もっと読む
2016-06-23 姶良市議会 平成 28年 6月定例会(第2回)-06月23日−05号 また、独居老人、その方々が、子どもが帰って来ると、「もうお母さんち、葬式は、あたいがしっあぐっで、もうそげん面倒ごとあれば、部落いらんじょりゃええがな」と言えば、集落にいらんじょりゃええがなと言えば、その届けが出てくるわけですよ。こういう実態もある。ただ、未加入じゃなくて、もう脱退者がいるわけです。そういうことの拾い上げをどうしていくかというのは、非常に難しい。   もっと読む
2016-03-25 伊佐市議会 平成28年第1回定例会(第6日目) 本文 2016年03月25日開催 第4に、国の同和対策が既に終了したにもかかわらず、部落解放同盟への補助金支出を続けることは、真の差別解消の妨げになると考えるものです。  そのほか、款2総務費、マイナンバー関連の予算が計上されている点について、マイナンバー制度は、国が税と社会保障などにかかわる特定個人情報を一元管理するものであり、個人情報漏えいや成り済ましなどの危険性は、今なお拭えていません。 もっと読む
2015-10-02 霧島市議会 平成27年第3回定例会(第6日目10月 2日) 市としての考えを伺いたい」との質疑には,「部落差別問題を市として,どう考え,どう取り組んでいくかが大事であり,全市民が差別意識をなくしていくことが今後必要と認識している」との答弁。「部落差別がいまだに存在しているのは明確であり,結婚・職業差別も実在している。 もっと読む
2015-10-02 霧島市議会 平成27年第3回定例会(第6日目10月 2日) 市としての考えを伺いたい」との質疑には,「部落差別問題を市として,どう考え,どう取り組んでいくかが大事であり,全市民が差別意識をなくしていくことが今後必要と認識している」との答弁。「部落差別がいまだに存在しているのは明確であり,結婚・職業差別も実在している。 もっと読む
2015-06-24 南九州市議会 平成 27年 第 2回定例会( 6月)-06月24日−02号 ほんの部落の隅なんです。ましてや瀬世,中須,一番世帯の多い数字ですが,もう一番端っこの,1メートル隅っこにみんな奥にあるんです。例えば,もう消防自動車どころか,当時の,今あなた方が消防,小型ポンプですが,軽トラに積む,それが1台入ったら,もう出れない状況なんです。その辺を改修しようとあなた方は考えているのかということを質問しているんです。どういうふうに見ているのかと。 もっと読む