運営者 Bitlet 姉妹サービス
142件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-12-20 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第4日目12月20日) 警察が目の前にあるから,そこで出してもらえばいいと思われるかもしれませんが,相談者は,聴かれたことに理路整然と答えられなかったり,男性の警察官だと恐怖心が出てきたり,言いにくいことをしゃべらないといけなかったり,書類をたくさん書かなければなりません。想像以上に大変なのです。配暴センターは許認可や審査は要りませんということが,この右側のほうに書いてあります。 もっと読む
2017-09-06 霧島市議会 平成29年第3回定例会(第3日目 9月 6日) 警察官OBの専門相談員が常駐され,子供さんや保護者の方々のいじめ問題に対する悩みを聴いたりということでしたけれども,これは現在,何名でされていらっしゃるんですか。 ○学校教育課長(河瀬雅之君)  いじめ相談員は現在1名配置しているところでございます。 ○15番(新橋 実君)  霧島市も非常に広いわけです。 もっと読む
2017-09-06 霧島市議会 平成29年第3回定例会(第3日目 9月 6日) 警察官OBの専門相談員が常駐され,子供さんや保護者の方々のいじめ問題に対する悩みを聴いたりということでしたけれども,これは現在,何名でされていらっしゃるんですか。 ○学校教育課長(河瀬雅之君)  いじめ相談員は現在1名配置しているところでございます。 ○15番(新橋 実君)  霧島市も非常に広いわけです。 もっと読む
2016-12-08 霧島市議会 平成28年第4回定例会(第4日目12月 8日) 警察官も見れば分かりますよ,交通量がすごいなというのが。そこら辺はどう考えるとういことです。やっぱり終わってから調査をするのですか。 ○安心安全課長(有満孝二君)  霧島警察署のほうに御確認をさせていただいたところでは,一応,道路,橋梁の開通がなされて交通の状況を見た段階で,交通量調査はさせていただくということでございました。 もっと読む
2016-12-08 霧島市議会 平成28年第4回定例会(第4日目12月 8日) 警察官も見れば分かりますよ,交通量がすごいなというのが。そこら辺はどう考えるとういことです。やっぱり終わってから調査をするのですか。 ○安心安全課長(有満孝二君)  霧島警察署のほうに御確認をさせていただいたところでは,一応,道路,橋梁の開通がなされて交通の状況を見た段階で,交通量調査はさせていただくということでございました。 もっと読む
2016-06-22 鹿屋市議会 平成 28年 6月定例会-06月22日−04号 特に、警察官が不審者に扮した迫真の演技のときはみんな真剣でした。もちろん、障害を持った生徒たちと一緒に避難したこともあります。訓練とはわかっていても校舎を出て体育館や運動場にみんなが集合すると、やはりほっとした気分になりました。  しかし、災害は大人がそばにいるときに起こるとは限りません。 もっと読む
2016-06-22 鹿屋市議会 平成 28年 6月定例会-06月22日−04号 特に、警察官が不審者に扮した迫真の演技のときはみんな真剣でした。もちろん、障害を持った生徒たちと一緒に避難したこともあります。訓練とはわかっていても校舎を出て体育館や運動場にみんなが集合すると、やはりほっとした気分になりました。  しかし、災害は大人がそばにいるときに起こるとは限りません。 もっと読む
2016-06-21 鹿屋市議会 平成 28年 6月定例会-06月21日−03号 不審者に扮したのは警察官だったそうですが、まさに真に迫った演技に圧倒された女性教師は突然頭の中が真っ白になってしまい、子供たちの安全を守り避難させることだけに神経が集中し、周囲もしくは学校内にいる同僚の職員に危険を知らせるという訓練のもう1つの目的を忘れてしまったそうです。これらのことがもし本当に起こっていたらと考えると、そら恐ろしくなります。 もっと読む
2016-06-15 霧島市議会 平成28年第2回定例会(第3日目 6月15日) ところが,パトロールに来た警察官が困り顔で,「誰が体育館を開けたんですか。」地震後,十分な安全確認をしないまま体育館を使うのは危険だという指摘だった。しかし,高齢者や子供たちの不安の表情を見ると,外に出てくれとは言えなかった。 もっと読む
2016-06-15 霧島市議会 平成28年第2回定例会(第3日目 6月15日) ところが,パトロールに来た警察官が困り顔で,「誰が体育館を開けたんですか。」地震後,十分な安全確認をしないまま体育館を使うのは危険だという指摘だった。しかし,高齢者や子供たちの不安の表情を見ると,外に出てくれとは言えなかった。 もっと読む
2016-02-29 鹿児島市議会 平成28年第1回定例会(2・3月)-02月29日−04号 次に、暴力団排除に係る広報啓発についてでございますが、安心安全出張講座は暴力団排除の重要性を理解させ、暴力団員による犯罪の被害を防止するため、高校生や大学生を対象に現職警察官による講話を行うものでございます。  次に、本市の暴力団排除条例においては、少年に対し指導助言等を行うこととしていることから、高校生及び大学生を対象にしたところでございます。   もっと読む
2016-02-29 鹿児島市議会 平成28年第1回定例会(2・3月)-02月29日−04号 次に、暴力団排除に係る広報啓発についてでございますが、安心安全出張講座は暴力団排除の重要性を理解させ、暴力団員による犯罪の被害を防止するため、高校生や大学生を対象に現職警察官による講話を行うものでございます。  次に、本市の暴力団排除条例においては、少年に対し指導助言等を行うこととしていることから、高校生及び大学生を対象にしたところでございます。   もっと読む
2015-11-26 姶良市議会 平成 27年 12月定例会(第4回)-11月26日−02号 ◎建設部長(岩穴口弘行君) イオンの開業に伴います周辺道路の交差点の、歩行者の安全対策、それから車両の渋滞対策につきましては、市長の答弁でもありましたように、交差点での警察官の立哨、あるいは警備員の配置、案内板の設置などを現在協議をしているところでございます。   もっと読む
2015-11-18 南九州市議会 平成 27年 第 4回定例会(11月)-11月18日−01号 なお,詐欺の種類については,振り込め詐欺が73%と一番多く,最近では1件で4,000万円と高額の被害があり,本市においても1,000万円を超える被害が発生している状況で,どちらも警察官を名乗った詐欺であるとのことでありました。   もっと読む
2015-09-14 鹿児島市議会 平成27年第3回定例会(9月)-09月14日−04号 次に、川内原発で過酷事故が起きた場合についてですが、自衛官、警察官、消防士、行政職員など、助けに入る人の被曝線量の限度はどうなるのか。また、被曝を避ける拒否権はあるのか。  以上、お示しください。 ◎市民局長(圖師俊彦君) 防災業務関係者の被曝線量の限度につきましては、本市地域防災計画において百ミリシーベルトとしているところであり、本市の職員は各対策部の職務に従事する義務がございます。   もっと読む
2015-09-14 鹿児島市議会 平成27年第3回定例会(9月)-09月14日−04号 次に、川内原発で過酷事故が起きた場合についてですが、自衛官、警察官、消防士、行政職員など、助けに入る人の被曝線量の限度はどうなるのか。また、被曝を避ける拒否権はあるのか。  以上、お示しください。 ◎市民局長(圖師俊彦君) 防災業務関係者の被曝線量の限度につきましては、本市地域防災計画において百ミリシーベルトとしているところであり、本市の職員は各対策部の職務に従事する義務がございます。   もっと読む
2015-09-10 姶良市議会 平成 27年 9月定例会(第3回)-09月10日−05号 先日の新聞に鹿児島県で警察官ですかね。警察官ではじめて育休を申請したということがあるんですが、当市の職員で育休をとられた方っていらっしゃるんでしょうか。 ◎総務部次長兼総務課長(松元滋美君) お答えいたします。  26年度が1人取得がございました。27年度についても1人、期間は違いますけれども申請をしております。 もっと読む
2015-09-09 鹿児島市議会 平成27年第3回定例会(9月)-09月09日−03号 次に、歩車分離式信号機への変更後は、従来の方式と混同することも想定されることから、学校や地域住民に対し理解を求めることや、当該交差点を利用する歩行者や運転者に対し、警察官が立哨を行うなど周知に努めることが肝要であると考えております。   もっと読む
2015-09-09 鹿児島市議会 平成27年第3回定例会(9月)-09月09日−03号 次に、歩車分離式信号機への変更後は、従来の方式と混同することも想定されることから、学校や地域住民に対し理解を求めることや、当該交差点を利用する歩行者や運転者に対し、警察官が立哨を行うなど周知に努めることが肝要であると考えております。   もっと読む
2015-09-09 姶良市議会 平成 27年 9月定例会(第3回)-09月09日−04号 警察官からトントンと父はたたかれて、目をあけたらそこに警察官がいたということで、本当に心臓がとまるほどびっくりしたと言っていました。  本当に寒い時期でもあり、実はうちの裏手は別府川でございます。母がちょっと方向を間違えていたなら、ひょっとしたら川のほうに歩いていったかなと、本当にぞっとする思いですが、徘回というのは認知症にとっては非常にここまで来たかと、父とも話し合いました。 もっと読む