9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿屋市議会 2012-03-06 平成 24年 3月定例会-03月06日−03号

さらには、下水処理の過程で発生する消化ガスの利活用について、私どもも以前、政務調査で苫小牧のあたりに視察へ行ったりして、やはり、そういう消化ガスの中にメタンガスがあるということで、それを活用する方策を見出していかないといかんのじゃないだろうかということ等も同僚議員と一致したところでございます。  

鹿屋市議会 2010-12-17 平成 22年12月定例会-12月17日−06号

について Ⅰ.はじめに  平成22年9月29日~平成22年10月1日、鹿屋市議会市民環境委員会は、ⅰ)下水道濃縮汚泥の重力濃縮技術、ⅱ)環境産業拠点都市形成、およびⅲ)水洗トイレ改造貸付金・補助金に関する調査を行うために、苫小牧市、室蘭市および岩見沢市を視察した。  

鹿屋市議会 2008-06-06 平成 20年 6月定例会-06月06日−01号

当委員会では、去る5月12日から14日の日程で、北海道において苫小牧市の在日米軍再編にかかる航空基地対策や北広島市、石狩市の行財政改革等の調査をしてまいりました。  まず、苫小牧市における米軍再編に伴う千歳航空基地への訓練移転に関して御説明を申し上げます。  苫小牧市は、北海道の南西部、札幌市の南に位置し、人口17万3,000人強の都市であります。

垂水市議会 2007-09-14 平成19年  9月 定例会(第4回)-09月14日−03号

去る7月10日、北海道苫小牧市の企業誘致について、視察しました。  苫小牧市東部地域は、面積1万720ヘクタールで、苫小牧東港や新千歳空港に隣接した臨海臨空型の工業団地であり、臨海部には石炭火力発電所、石油備蓄基地など、エネルギーやリサイクル関連事業が進出し、また、内陸部には、トヨタ自動車やいすゞ自動車などの大手部品メーカーの進出が見られ、自動車関連産業の集積化が進むようになっています。  

鹿屋市議会 2006-09-19 平成 18年 9月定例会-09月19日−02号

その3、F15戦闘機訓練の一部移転地である千歳基地は、既に受け入れを決定していた北海道と千歳市に加え、苫小牧市も8月28日、国策を覆すことは非常に困難との国防上の理由を上げ、受け入れを決定した。今後は、国に対し、騒音対策の実施や安全面への十分な配慮を強く要求して、防衛施設庁にその旨報告しております。  

垂水市議会 2004-08-24 平成16年  9月 定例会(第3回)-08月24日−02号

甲子園では、春・夏連覇を目指す四国の済美高校と初優勝を目指す北海道の駒大苫小牧高校が熱い闘い、国民に感動を与えてくれました。  アテネでは、世紀の祭典オリンピックが開催され、それこそ厳しい闘いが続き、日本は初日から連日メダルラッシュであります。「日本スポーツ、アテネで華麗な復活」、日本の新聞の見出しではありません。外国の有力紙、電子版のアテネ五輪報道の一コマであります。

垂水市議会 1998-12-09 平成10年 12月 定例会(第4回)-12月09日−03号

例えばダムの建設を大幅に計画から削除する、あるいは苫小牧の工業団地の見直し、むつ小川原開発計画の見直し、そういうものを政党あるいは政府においても見直しをされておりますけれども、本市においても、ある意味で言えば一つ一つの今までほ場整備をやったものがどういうふうに活用されているのか、あるいは工業用水についても導入したけれども生かす方策は全然見通しが立っていない、そういうことも含めて再評価して、それをどういうふうに

鹿児島市議会 1997-03-01 03月23日-10号

その後、昨年五月に新たな委員の選任が行われて以来、都合十回の委員会を開催し、甲突川、稲荷川及び新川の河川改修状況、本港区などの港湾の整備状況、国道十号鹿児島北バイパス、東西幹線・南北幹線道路、九州新幹線鹿児島ルートの建設促進及び在来線踏切の改良状況等について各面から調査検討を行ったほか、苫小牧市の苫小牧港の状況、八戸市の東北新幹線の整備状況等について行政視察を行うなど、幅広い対応を図ってきたところであります

垂水市議会 1996-04-15 平成 8年  3月 定例会(第2回)-04月15日−04号

沖縄問題ですけれども、北海道の鳥越忠行苫小牧市長、この方は大田知事に対して次のようなメッセージを送っております。「沖縄県民の怒りと苦痛を背景に、米軍基地の縮小、廃止に毅然として立ち上がった大田知事の勇気ある行動に敬意を表します。沖縄に平和と民主主義が実現しない限り、日本の終戦は終わっておりません。県民の安心と沖縄の発展のために御活躍されますことを祈念いたします」と述べております。

  • 1