97件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

霧島市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第7日目 3月28日)

「地域まちづくり計画に対する予算対応をどのように検討されているか」との質疑には,「修繕料での対応になるが,予算に限りがあるため,危険性や緊急性のあるものを優先し,経済的な工法の検討等を行い,より多くの要望に対応できるように努めている」との答弁。「日当山地区通学路整備計画策定業務委託は,どのような事業か」との質疑には,「日当山小学校,中学校付近の地区を考えている。

鹿児島市議会 2019-03-01 03月20日-10号

初めに、第一三六号議案 一般会計予算中、第二款総務費におきましては、避難行動理解促進事業については、災害種別ごとの指定緊急避難場所などを周知する防災リーフレットや液状化マップを作成するとともに、わが家の安心安全ガイドブックの増刷を行うものであるが、防災リーフレット及び安心安全ガイドブックは、それぞれどのような目的で作成及び増刷されるものか伺ったところ、現在、市内には指定避難所が二百四十カ所あり、そのうちほとんどの

伊佐市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 2019年02月28日開催

また、このごろも、北海道の再地震、九州や鹿児島県の離島での地震速報もあります。災害の事前の備えや災害応急対応等は、地域の実情や対策の取り組み状況等に応じて、追加、修正することは必要であることも言われております。  市町村において、ガイドラインに記載されている項目を参考に引き出しますと、裏表、本当に50ページあります。

伊佐市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 2018年09月07日開催

きのうの北海道の地震のあの被災状況を見ますと、私は知らなかったんですけど、北海道もシラス台地だったと。そういうことであのような地震が起きたんだということであります。きのうの地震の近くではないんですけれども、北海道にも6カ所、そういう箇所があります。どこどこと私がここで言うのもその地域の方々に失礼に当たりますので言いませんけれども、6カ所ぐらいあります。

伊佐市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 2018年09月06日開催

そのほか、特別な大きな災害として想定されるのが、地震、あるいは火山噴火というのが挙げられるのかなと思っております。  避難計画でありますけれども、避難計画は、特別なものは作成しておりませんが、伊佐市の地域防災計画というのがございます。これは、毎年見直し等をやっておりますが、緊急避難時の応急対策ということで作成をしているところでございます。  

霧島市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日)

○観光課長(八幡洋一君)  観光協会の調査した牧園の収容人員の多い宿泊施設,11施設の速報値でございますけれども,前年比の89.47%という形でございました。なお,牧園,霧島の観光施設,それから,コンビニ等に電話で確認を致しましたけれども,前年度3割程度のダウンかなというようなことでお聴きしたところでございます。

霧島市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第2日目 6月12日)

本日も朝5時,地震がございました。自然災害はいつ起こるか分かりません。執行部の皆様の日々の御苦労もあるかと思いますが,今後とも市民の安心安全確保のために全力を投じていただきたいと思います。さて,今回の質問は,このスピード感と霧島市の稼ぐということに,一部でありますが,焦点を当てて質問と提案をさせていただきたいと思います。現在,全国の市町村の数は1,718あります。

霧島市議会 2018-02-21 平成30年第1回定例会(第3日目 2月21日)

これは緊急時にも十分に対応することもできますし,また予算がないという中で備品の貸し出しをすることによって,また翌年度,翌々年度とその中に一つずつでも新しい備品を入れる枠が広がってくるのではないかなと思います。また議会で一番思うんですけれども,予算がないという答弁を非常によくお聴きいたします。今からそういう答弁が減るということもこの要素の中には含まれているのではないかなと思っております。

霧島市議会 2017-12-20 平成29年第4回定例会(第4日目12月20日)

先ほど市長答弁にもありましたように,二次医療機関で構成する病院群輪番制,また緊急性を要する循環器と脳外科の疾患に対応するために,循環器救急輪番制と脳外科輪番制を整備しており,地区内の医療機関で,現在,協力連携しながら,救急医療の提供を行っているような状況でございます。

垂水市議会 2017-03-06 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月06日−03号

昨年発表された平成27年国勢調査の人口速報集計結果によれば、1920年の国勢調査開始以来、初めての減少となり、今後、急激に人口が増加することがないことが予想され、日本の人口減少社会に突入したとなっております。  日本は、世界のどの国も経験したことのないスピードで、人口の減少と高齢化が進んでいます。

鹿児島市議会 2017-03-01 03月07日-08号

三、郡山地区では、八時三十五分に薩摩川内市から、十時五分に日置市から訓練を知らせる緊急速報エリアメールが入りましたが、本市の訓練区域内にいたにもかかわらず鹿児島市からは入りませんでした。県を挙げての大事な訓練なのになぜ発信しなかったのか。 四、道路陥没、橋、電柱、建物、家屋損壊などによる混乱、交通網遮断など情報伝達、対処の広報。 

霧島市議会 2017-02-23 平成29年第1回定例会(第4日目 2月23日)

当然,市民福祉のほうで各総合支所のほうにも所管がございますので,そういうところとも情報を共有しながら,適切な対応を,何か緊急の対応があれば,総合支所のほうでも動きますし,それにすぐ保健センターのほうもすこやか保健センターのほうも対応していくというような状況で行っているところでございます。

霧島市議会 2016-12-09 平成28年第4回定例会(第5日目12月 9日)

先月22日の午前5時59分頃,マグニチュード7.4の地震が福島県沖で発生いたしましたが,幸いにも大きな被害はなく,安堵したところでございます。しかしながら,東日本大震災を引き起こした平成23年3月11日以来の大きな津波が仙台港,ここでは1.4mだそうです。

霧島市議会 2016-12-07 平成28年第4回定例会(第3日目12月 7日)

その前に,4月には熊本で震災があり,つい先日は福島で東日本大震災の余震と思われる震度5弱の地震が発生,津波警報も発令され,住民の皆さんは不安な生活を再び余儀なくされました。地震列島と言われている我が国日本にとって,いつ起こるかしれないこのような自然災害に対しては,十分な備えが必要です。現在,桜島も4か月に渡り爆発していませんが,大正大噴火に迫るマグマを抱えていることも聞きます。

霧島市議会 2016-11-28 平成28年第4回定例会(第1日目11月28日)

例えば,重篤な患者あるいは緊急の大手術となった場合に,手術ができない状態があるのではないかと思う。現在,常勤医はいないが,非常勤医は7人いらっしゃるので,常勤で対応できているような状態が保たれているのではないかと思うがどうか」との質疑に,「確かに手術には対応できる体制ができている。

垂水市議会 2016-09-02 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月02日−04号

一般的に市町村間の比較に使われる一人当たり調定額で見ますと、平成27年度速報値で県内19市中10位ということで中位、中ほどになって平均的な位置づけになっているところでございます。  一般会計からの繰り入れにつきましては、国保事業の財政運営は、制度上、今後も厳しいことが予想されます。

鹿屋市議会 2016-06-21 平成 28年 6月定例会-06月21日−03号

市における緊急時の情報伝達手段として、防災行政無線の個別受信機や屋外スピーカー、スマートフォンの防災アプリ、FMプラぷら、携帯電話に配信される緊急速報メール、FM鹿屋緊急割り込み放送、市のホームページ、MBCデータ放送、消防団の巡回などがあります。