運営者 Bitlet 姉妹サービス
1746件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-07-25 霧島市議会 平成30年第1回臨時会(第1日目 7月25日) 君   消 防 局 長   久 保 隆 義 君  上下水道部長    堀 切   昇 君   総 務 課 長   橋 口 洋 平 君  財 政 課 長   小 倉 正 実 君   企画政策課長    永 山 正一郎 君  教  育  長   髙 田 肥 文 君   教 育 部 長   中 馬 吉 和 君  教育総務課長    本 村 成 明 君   学校教育課長    河 瀬 雅 之 君  学校給食課長 もっと読む
2018-06-29 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第6日目 6月29日) 霧島市の,備蓄食料は約1万2,000食であり,賞味期限が近い備蓄食料については,避難訓練などで活用されており,粉ミルクは学校給食の食材としても使用されているとのことです。厚木市の防災対策の情報伝達について紹介します。 もっと読む
2018-06-22 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−02号 まず、1点目に学校給食費の公会計化についてお伺いいたします。  学校給食費については、私もさまざまな相談や要望をいただきますが、今回は会計に焦点を絞らせていただきます。まず、本市の学校給食費は私会計により管理されており、現在、薩摩川内市には五つの給食センターがありますが、給食費の徴収方法は各センターのエリアによって異なります。   もっと読む
2018-06-15 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第5日目 6月15日) アの地産地消の取組については,地元産品の販売を行う物産館への支援,学校給食での地元産品の利用促進,地元産品を活用した食の伝承活動を行っている食生活改善グループへの支援を行っております。 もっと読む
2018-06-14 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日) また,県知事へ自衛隊に対する災害派遣要請を依頼し,給食,給水及び入浴支援並びに陸上航空輸送などによる支援物資の輸送などにより,避難者を支援いたします。次に,4点目にお答えします。毛布については本市内の総合支所などに合計259枚保管しております。自主避難などの際,高齢者など毛布を携行できずに避難してきた人に対しては,通行可能な道路などを確認した上で,近い拠点から必要な量を運ぶことにしております。 もっと読む
2018-06-12 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第2日目 6月12日) また,PFIで民間活用するのであれば,地元の業者にも参画できるような窓口を,これは給食センターのことでも,水道の包括的業務委託のときも言いましたけれども,同じ理念を貫く必要があると思うんですが,担当課でいかがですか。 もっと読む
2018-03-27 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第7日目 3月27日) △ 日程第7 議案第1号 霧島市国民健康保険税条例の一部改正についてから     日程第13 議案第14号 指定管理者の指定について(霧島市隼人老人給食センター)まで一括上程 ○議長(中村正人君)  次に,日程第7,議案第1号,霧島市国民健康保険税条例の一部改正についてから日程第13,議案第14号,指定管理者の指定について(霧島市隼人老人給食センター)まで,以上7件を一括し,議題とします。 もっと読む
2018-03-22 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月22日−11号 次に、給食調理業務委託については、三十一年四月の業務開始に向け、三十年度から三十三年度まで限度額九億三千三百二十万円の債務負担行為が設定されているが、これまで直営で行ってきた同業務の運営経費はどの程度であったものか、また、委託化に伴う効果額等について伺ったところ、今回委託する業務に対応する現在の年間経費は約三億四千五百万円となっている。 もっと読む
2018-03-08 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月08日−09号 本市におきましては、孤独死などの対策として巡回相談指導事業や訪問給食、緊急通報システム等の福祉サービスのほか、民生委員、児童委員の活動などにより相談支援や安否確認、孤独感の解消などに取り組んでいるところでございます。今後におきましても、県社会福祉士会や保護司会、警察など関係機関との連携を図る中で取り組んでまいりたいと考えております。  以上でございます。     もっと読む
2018-03-07 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月07日−08号 保育士の業務負担軽減につきましては、現在、繁忙期の非常勤保育士の雇用や週休二日制実施のために配置基準を超えて雇用する正規保育士に対する補助を実施しておりますが、三十年度は給食の配膳や寝具の用意など、保育業務以外の周辺業務を行う保育支援者の配置に対して新たに補助を行い、さらなる負担軽減を図ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-目次 …………270   三十三 市立小学校・中学校の学校規模適正化・適正配置に関する基本方針案について…270    (一)保護者及び地域住民への説明会の対象校、対象者、時期……………………………270    (二)保護者及び地域住民への説明会の目的、何を集約されるのか………………………270    (三)基本方針をもとに具体的には何を行うのか……………………………………………270   三十四 学校給食 もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月01日−06号 例えば、学校給食の教育効果、安全対策上の効果、夏休みなどでの地域還元効果が評価されているように、行政サービスの効果と成果について、民間と同様のコスト効率優先の概念を適用できるのか疑問であります。見解をお示しください。  三点目、市民サービスの質が変わらないのであれば、外部委託を推進するという考えは、公民館のサービスが同一であるという前提に立つとの考えです。 もっと読む
2018-02-28 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月28日−05号 次に、給食費や補助教材費など学校には幾つかの納入金があり、これらの徴収・管理についても学校によっては教員が行っている実態もあると仄聞しております。そこで、学校納入金の徴収など、教員の負担になっているのではと推察されますが、学校納入金の徴収・管理に対する考え方。  さらに、教職員の長時間勤務解消に関する意識改革についての見解。   もっと読む
2018-02-27 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月27日−04号 授業や給食等を通した通常の学級との交流及び共同学習につきましては、お互いの児童生徒にとって有意義な教育活動とするため、指導計画や目標等について、全教職員が共通理解を図りながら進めていく必要があると考えております。今後とも、児童生徒が多様な教育の場でお互いの理解と認識を深め、主体的に取り組む活動に発展させるなど、工夫改善をしてまいりたいと考えております。  以上でございます。 もっと読む
2018-02-23 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第5日目 2月23日) 教育長,学校の現場では地産地消,通告してなかったんですけれど,学校給食の現場は,今どうなっていますでしょうか。 もっと読む
2018-02-20 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第2日目 2月20日)  国分地区南部学校給食センター所長             石 神   修 君 6.会議のてん末は次のとおりである。              もっと読む
2018-02-19 垂水市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月19日−01号 2款2項2目入院給食材料購入費では、手打診療所の賄材料費の執行見込みによる減額であります。  次に、歳入について御説明申し上げますので、前に返っていただき、243ページをお開きください。  1款1項入院収入は、入院患者の減少による診療収入見込みによる減額であります。  次に、244ページをお開きください。  1款2項外来収入は、外来患者数の減少による診療収入見込みによる減額でございます。   もっと読む
2018-02-13 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第1日目 2月13日)                            │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │4 │議案│霧島市手数料条例の一部改正について          │      │ │  │2 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │5 │議案│霧島市福祉給食 もっと読む
2017-12-18 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第2日目12月18日) 学校給食費につきましては,学校給食法第11条により,学校給食の施設や設備,運営に要する経費以外は保護者の負担とする旨の規定が定められていることから,現在のところ,経済的に困窮している児童生徒の保護者に対し,就学支援費としてその一部を補助しているところでございます。 もっと読む
2017-12-13 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月13日−04号 私ども党市議団のもとにある御夫婦から、「二人とも病気や難病のため足が不自由で重たいものを持てず、毎日の食事をつくることが困難になり、市の訪問給食を利用したかったが、要件に合わず諦めた」という相談が寄せられましたので、本市の心をつなぐ訪問給食事業について、事業のさらなる拡充を求める立場から、以下伺ってまいります。  まず、実施要綱に定められている対象者はどのような方かお示しください。   もっと読む