495件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿児島市議会 2019-03-01 03月05日-07号

倒壊等保安上危険な空き家、衛生上有害な空き家、景観を損なっている空き屋等が問題化する中、国においては、平成三十年六月に経済財政運営と改革の基本方針二〇一八が閣議決定され、空き家・空き地の流通・利活用に向け、地方自治体、不動産団体等の先進的取り組みや活用・除却への支援、情報の充実等を促進するとされるなど、空き家対策をさらに進めていくこととされております。 

鹿児島市議会 2019-03-01 02月28日-06号

次に、本市の空き家等対策計画においては、新たな住宅セーフティネット制度を空き家対策にも位置づけ、入居を拒まない賃貸住宅の情報提供を行っておられますが、空き家対策につながった事例をお示しください。 次に、二月二十四日付の地元紙一面にも「「拒まない」住まい低調」という見出しで対策のおくれを指摘する報道がなされています。 そこで、なぜ登録が進まないのか課題認識をお示しください。 

鹿児島市議会 2019-03-01 03月06日-08号

三点目、団地では、空き家や市営住宅の空き室がふえる中、市営住宅管理戸数の約二割に相当する一千二百十五戸の市営住宅を廃止・縮小する公共施設等総合管理計画を踏まえた市営住宅の長寿命化計画が進められていますが、この計画が団地再生に影響を与えることから、一点目、廃止・縮小対象の市営住宅については、団地数と入居者数、空き室数及び三十一年度の取り組み、団地再生推進事業対象の団地数と入居者数についてお示しください

伊佐市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 2019年02月27日開催

◯市長(隈元 新君)   登  壇  出生率を上げるということと、それから、企業や会社や、あるいは農業を含めて業を起こすという、そのような働く場がなければならないと思いますので、そのことに力を注ぎながら、また、外から入ってくる方々への空き家対策や、あるいはそういうものを考えながら定着を図っていくということが長期的に人口を増やすということになろうかと思います。  

霧島市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第2日目 2月25日)

それから,改善策といいますか,それでも空き家があるという中高層の団地につきましては,個別改善,そういうものを行って入居率を高めたいと考えております。 ○1番(山口仁美君)  この個別改善について詳しく教えてください。内容がどのようなものか。一戸当たりの概算の予算がどれぐらい掛かるかということをお示しください。

伊佐市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 2019年02月22日開催

伊佐市衛生センターきらり館を初めとする各種処理施設の安定稼働や水環境の改善、空き家や不法投棄対策など、安全かつ衛生的な地域環境づくりに努めます。  社会インフラ面では、良質な水の安定供給のために施設設備の計画的な修繕、更新を行い、簡易水道の上水道への統合なども含めて危機管理体制を充実しながら、経営の健全化を図ります。  

霧島市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目12月 7日)

本市では,霧島市空き家対策基本方針に基づき,空家の有効活用や危険空家の対応などの地域の空家に対する諸問題に対して取り組んできました。有効活用の点においては,まだまだ機能を発揮し切れているとまでは言えないまでも,空家バンクなど民間との協力も図られ日々研究を重ねているように思われます。しかし,危険空家への対応は進んでいるようには見えません。

伊佐市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 2018年12月06日開催

伊佐市、さつま町では空き家が増え、疲弊感が漂っているとの御判断から、市役所近くの古民家を購入され──これはDMOの中の事業とは別でございます、これも手作業でリフォーム等を行って、人が集う場所にしたいと考えておられます。外国からの観光客も受け入れることができるように、トップセールスもされているようであります。  

伊佐市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 2018年12月05日開催

中山間地のほうの自治会では、年ごとに空き家が、あちらこちら、ぽつぽつと目立つようになったわけでございますが、この現象を見るときに、この自治会は今後どうなっていくんだろうかと思うのでございます。非常にこの先が心配でございます。  若い人は入ってこない、そして、今いるこの自治会員の人がそのまま年をとっていくという現象であると。

霧島市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会(第2日目12月 4日)

サテライトオフィスは,企業としては人材の確保,固定費の削減,時間の効率化,生産性の向上,業務継続維持のバックアップ拠点などのメリットが挙げられ,地域にとっても雇用の増加,移住の促進,消費の活発化,空き家や空き店舗の活用など,地域活性化につながると考えられております。

伊佐市議会 2018-11-30 平成30年第4回定例会(第1日目) 本文 2018年11月30日開催

空き家バンク創設活用事業について、制度の周知及び効果的な情報発信に今後も継続して取り組むよう強化してほしい」、また、教育関連として、「フューチャースクール推進事業において、タブレットなど高額な支出により購入されたICT機器を有効活用して学力向上推進を図るよう求める。特別支援教育事業において、ペアトレ講座を受講した保護者の実績からすると、一層の成果が上がるよう特段の努力を求める。

伊佐市議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 2018年09月21日開催

空き家もみんなで解消すれば何とかできるのではないかと感じている。通学費補助金については、何らかの形で行っていかなくてはいけないということで、1項目めについては、採択すべき。1項目めの通学費補助金については、考えていただきたいが、これに附帯するスクールバス、ジャンボタクシーは無理だと思っている。陳情なので、採択すべき5年間の推移で特認生が減っていくだろうということを見ると、維持すべきではないのか。

霧島市議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第4日目 9月13日)

これは空き家予測につながります。こういった先々の予測を地区に住む住民の方々が立てやすくするための情報というのが具体的に示されたものがあれば,より具体的な将来に対する考えというのが出てくるのではないかというふうに思うのですが,現在,こういった情報の提供というのはされておりますでしょうか。

霧島市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第3日目 9月12日)

先ほど,課長のほうから竹子の件もありましたが,何も今年表明して来年からということではありませんけれども,その辺の,例えば空き家対策とか地域の活性化とかそういう面で考えると特に,地方創生という面から考えると非常に先ほどの目玉ではないですけれど,非常に得策ではないかなというような気もしますし,何よりも地域が栄えるというような利点があるわけですから,ぜひ考えてみてもらいたいと思います。

霧島市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第2日目 9月11日)

公営住宅の老朽化や将来的な住宅需要を見据え,民間賃貸住宅の空き家を活用した家賃の一部を補助する民間賃貸住宅家賃補助制度を検討する考えはないかお尋ねを致しまして,壇上からの質問と致します。答弁により質問席からの質問を,議長にお願いいたします。 ○市長(中重真一君)  植山議員から3問の御質問がありました。1問目は私が,その他は関係部長がそれぞれ答弁します。