145件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-04 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 2019年03月04日開催 そのほか子どもが保育所から帰ることを拒否しないか、むさぼり食い、盗み食いはしないか、大食、拒食、夜泣き、また登園、登校時の確認で下着の取りかえをしているか、痛みに敏感とか鈍感でないか、また、低身長、低体重の成長曲線の状況が基準内であるかなども一つの目安としているところでございます。  児童虐待を防ぐには、まず、子育て環境を孤立させないことです。 もっと読む
2019-02-28 霧島市議会 平成31年第1回定例会(第5日目 2月28日) クレーのグラウンドと隣接するような形で芝,土というので2面のグラウンドというふうになっているんですけれども,こちらの芝のほうもかなり痛みが激しいです。利用頻度が高いというのもありますので,それは致し方ないのかなと思います。 もっと読む
2019-02-27 霧島市議会 平成31年第1回定例会(第4日目 2月27日) そのプロセスを聴いてみると,最終的に人の痛みが分かる人だから同じ思いで寄り添っていけるのではないかと。それが最終的な決断でしたと。働くこのような場を環境を整えなければ,改善できる部分というのは,まだまだいっぱいあると思います。その現場の声,一人一人の声を聞く一番いい方法を思いついたんです。それ何かといいますと,様々な日常生活について,いろんな相談事が市役所にも来ます。 もっと読む
2018-11-30 伊佐市議会 平成30年第4回定例会(第1日目) 本文 2018年11月30日開催 年金天引きのためその痛みが直接感じないことをいいことに、制度の矛盾が激化し、差別医療と言われる現象が発生すると思います。  最後に、高齢者の多くが元気で長生きしたいと願っています。しかし、加齢に伴い、体全体にさまざまな症状があらわれ、病気になることがあります。それはとても自己責任と呼べるものではありません。 もっと読む
2018-03-27 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第7日目 3月27日) 市民や納税者の皆様が負担を増やすことに,大きな痛みを持たれ,このような陳情書を提出されることは,十分その思いは理解ができます。できることなら納税者の皆様の負担は増やすことなく,サービスは充実・強化できれば,最もすばらしいことだと思います。しかしながら霧島市の財政を考えたときに,保健福祉部の予算は243億円と,毎年膨れ上がっています。 もっと読む
2018-02-23 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第5日目 2月23日) 1,生活習慣病は気が付かないうちに進行し,痛みを伴わないため,気が付いたときには重症化しているケースが少なくありません。特定健診は早期発見,早期治療のために,とても有効な施策です。本市の特定健診の向上に向けた取組をお尋ねいたします。2,生活習慣病の代表ともいえる糖尿病は,進行すると腎臓病になり,やがて透析が必要となったり,人によっては失明したり,足の切断に至るなど,大変怖い病気です。 もっと読む
2017-12-21 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第5日目12月21日) 市が直接払わなくても保険で払うから痛みはないでしょうけど,それでは市の管理として不十分だと思いますけれども,パトロール隊みたいなものを作って,定期的に特に中山間地域には回していただくということはできないのか,お伺いします。 ○建設部長(島内拓郎君)  確かに,議員がおっしゃったように,穴ぼこでタイヤが落ちてホイールを損傷したとか,そういう事故等がございます。 もっと読む
2017-06-29 霧島市議会 平成29年第2回定例会(第6日目 6月29日) 陳情書,表題と陳情書内容に若干の相違があるなどの些細な指摘でなく,住民の痛みを理解するのが議員の仕事,行政の務めと認識します。市長と共にお住まいの方々の痛みを共有し,支援を続ける覚悟でございます。以上,陳情書賛成の意思を明確にし,賛成討論と致します。 ○議長(池田 守君)  以上で,中村満雄議員の討論を終わります。次に,7番,宮本明彦議員。 もっと読む
2017-06-13 霧島市議会 平成29年第2回定例会(第2日目 6月13日) そこには,住民の方々の痛みというリスクも若干あろうかと思います。 もっと読む
2017-06-05 伊佐市議会 平成29年第2回定例会(第2日目) 本文 2017年06月05日開催 結果的には10歳若返った体力が得られ、先ほどの高血圧や高血糖、肥満などの生活習慣病の改善、さらに足腰の痛みや鬱症状も大幅に改善することが科学的に実証されております。  どうでしょうか。 もっと読む
2017-06-01 伊佐市議会 平成29年第2回定例会(第1日目) 本文 2017年06月01日開催 歩き方を少し工夫することで、持久力だけでなく、筋肉を鍛える効果もあり、生活習慣病の予防、腰や膝の痛み改善、不眠やストレスの解消など、さまざまな優れた健康効果が期待できるとのことです。また、1日1万歩よりも体力向上が見込まれ、機械で行うトレーニングと同程度の効果があるそうです。   もっと読む
2016-12-14 伊佐市議会 平成28年第4回定例会(第3日目) 本文 2016年12月14日開催 症状の重いしもやけができると痛みが伴うため、足にできると正常に歩行できなくなります。耳にできて症状が重い場合、薬をつけてガーゼや包帯などを巻くので音が聞こえにくくなります。手にできたときは、サッカーやドッジボールなどは手に当たると大変痛みが伴うためできず、野球はグローブがはめられません。よって体育をすることはできなくなります。  影響が出るのは体育だけではありません。 もっと読む
2016-09-12 鹿屋市議会 平成 28年 9月定例会-09月12日−02号 いじめという痛みを伴う同時代の問題に引き寄せて実感したのだろう」と、こういうふうに書いております。非常にすばらしい視点だなと。そして、この平和へのメッセージについて高い評価をしていただいたと思いますが、余り時間はありませんが、教育長の感想がありましたらお聞かせください。 ◎教育長(中野健作君) 今の議員の言葉以上に何かを言えとおっしゃいましても、大変ありがたい評価をいただいたところです。   もっと読む
2016-09-09 霧島市議会 平成28年第3回定例会(第5日目 9月 9日) やはり,人の心の痛みの分かる気持ちをよく岡村さんはおっしゃいます。そしてまた,いわばそういう視点からの指摘というのは,やはり自分の相当な経験や覚悟がなければ,勇気や元気がなければ言えない点もあるわけですね。そういう意味でも私は岡村さんの持たれている心温かい市民目線の流れというのは,正に一個人から始まる地方創生だと,そういうふうにも見えるわけですね。 もっと読む
2016-09-07 姶良市議会 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月07日−04号 ところが、春先ごろから異状に背中の痛みを感じられ、これは今までにない痛みだと判断され、自主的に精密検査を受けたところ、末期の膵臓がん、その場で余命1か月を告げられたということでした。上司は、どんなお気持ちだったでしょう、そしてご家族は。  いつも、男の美学と言いながら、定年後の夢を語っておられました。 もっと読む
2016-09-02 南九州市議会 平成 28年 第 4回定例会( 9月)-09月02日−02号 心の痛みを受けとめることのできる看護師の養成は重要な課題であり,私は繰り返し本市での看護学校や,その他の研修機関の整備を求めます。  交流人口の拡大という視点での命の尊さと,平和を語り継ぐ都市として,過去の体験を風化させることなく,今に生かし社会に貢献するといった使命感を身につけた若者たちを育てる頴娃准看護学校,知覧看護大学校等の開校に対する市長の見解を求めます。   もっと読む
2016-07-01 南九州市議会 平成 28年 第 3回定例会( 6月)-07月01日−04号 国保の広域化が各自治体の一般会計繰り入れをなくすことを狙い,また国の予算を削減したまま国保を寄せ集めても保険料の値上げになりかねず,これでは弱い者同士の痛みの分かち合いになりかねません。1980年50%だった国庫負担が2007年には25%に半減をしている現状こそ,早急に改善して国庫負担を引き上げるときです。 もっと読む
2016-03-23 鹿屋市議会 平成 28年 3月定例会-03月23日−05号 市民に痛みを伴う行革の進む中、市民感情からしても、限られた市政の経営資源の中で、市民の信頼に応えていくという観点からも、本議案は本市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正と議員報酬及び費用弁償の引き上げが一体となった議案ではありますが、議案第17号には以上の理由から反対いたします。  以上です。 ○議長(下本地隆君) 次に、5番福﨑和士議員。    もっと読む
2016-03-08 鹿屋市議会 平成 28年 3月定例会-03月08日−03号 改革は痛みを伴うと言われます。職員が減ったせいで1人当たりの作業量がふえた部署もあるかもしれませんが、そこは職員の配置等バランスのある職場環境をつくることで解決できると思っています。  しかしながら、職員数の減少により市民生活の安心安全が守れないようであれば、職員数をふやすことにも私は理解できます。  そこで質問いたします。 もっと読む
2015-12-17 鹿屋市議会 平成 27年12月定例会-12月17日−05号 長い間、偏見と差別に苦しめられた人々の痛みを知っている鹿屋市民でもあります。そして、また、重大な人権侵害である北朝鮮による拉致被害問題も抱えている市でもあります。  ヘイトスピーチが公然と繰り返されることで、社会に排他的な風潮が強まるのではないかというヘイトスピーチに潜んでいる危険性も理解し、その底辺でヘイトスピーチが何とつながっているのか。 もっと読む