486件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊佐市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文 2019年12月06日開催

しかし、限られた財源の中で何を優先していくか、これ恒常的なことになりますので、恒久的なことになりますので、一時的なものではないですので、慎重にしなきゃならないわけですが、何を優先していくかとなったときは、子ども医療費を無料化にしても、ドクターがいなくなったら、無料化だけども、結局鹿児島あるいは他の大きな病院に行かなけりゃあならないという、そういう、いわゆるハード面というのがないということに対する大きな

伊佐市議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文 2019年12月04日開催

そこでまず、この前の福本議員の中の市長答弁の中で、鹿児島県条例の中で北薩病院の耳鼻咽喉科の診療科平成26年から鹿児島県条例の中でなくなっているという答弁がありました。私は正直びっくりしました。毎年のように北薩病院と協議会を開催されております。  そこで市長にお伺いいたします。このことを市長はいつお知りになったのか。また、その後の対応はどうされたのか。

伊佐市議会 2019-12-02 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 2019年12月02日開催

何とか耳鼻科の医師確保が求められるわけでありますが、先ほど市長は医師会にお願いする、診療科目のあった病院にお願いをしていくということを答弁されたんですけれども、県立北薩病院はこの北薩地域の中核をなす病院でありますね。地域住民の生命を守る使命もあると思っておりますが、県下では医師不足の問題もあります。県や大学病院医師派遣をお願いすべきと思いますが、そこらあたりのお考えはないでしょうか。

伊佐市議会 2019-10-21 令和元年第3回定例会(第7日目) 本文 2019年10月21日開催

フルタイム職員自治体が運営する病院学校などで職員と同じような勤務日数と勤務時間、あるいは残業、夜間特殊勤務がある。自治体によって状況が異なり、雇用の範囲を分けているが、県内の自治体はほとんどがパートタイム職員に移行するということである」との説明でした。  質疑を終わり、討議、討論もなく、採決の結果、「議案第76号」は全会一致で可決すべきものと決しました。  

霧島市議会 2019-10-07 令和元年第3回定例会(第6日目10月 7日)

次に,日程第14,議案第71号,平成30年度霧島市一般会計歳入歳出決算認定についてから日程第26,議案第83号,平成30年度霧島市病院事業会計剰余金の処分についてまで,以上13件を一括し,議題とします。これより質疑に入ります。1名の議員から質疑の通告がされておりますので,発言を許可します。25番,前川原正人議員

霧島市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第5日目 9月13日)

高額介護合算療養費重心重複分返還金,市営住宅退去時畳・ふすま代,住宅明渡訴訟関連費用,一般被保険者返納金,生活指導型ショートステイ利用者負担金,高額介護サービス費返納金,下水道事業使用協力金並びに水道事業及び病院事業会計の流動資産である未収金の31種類,15億647万8,000円であり,それらの合計で43種類,24億6,576万6,000円です。次に,5点目にお答えします。

霧島市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4日目 9月12日)

身寄りのない方が亡くなられた場合,警察署病院福祉施設等から連絡があり,それを受けて,親族等の調査を行いながら葬祭業者へ遺体の引取りを依頼しています。また,身元引受人等が判明しない場合は,墓地,埋葬等に関する法律に基づき,市が葬祭業者に葬祭を依頼し,遺骨については,市の無縁墓地等へ納骨しています。

霧島市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第3日目 9月11日)

何かしらの理由で検診会場で受診ができずに病院で受けた場合は,実費負担になるんです。その答弁を頂いたがん検診項目の実費金額と病院で受けたときの差額について教えてください。 ○健康増進課長(林 康治君)  まず,四つのがん検診について,まず肺がん検診ですけれども,病院で受診した場合は実費が約2,000円でございます。そして,自己負担額がありますので,市の負担額との差額が1,700円でございます。

伊佐市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第4日目) 本文 2019年09月10日開催

内容として「窓口無料化にしてほしい」や「中学3年生まで無料化のまちから引っ越ししてきたから未就学までとは驚いた」、また「18歳まで医療費を無料にしてほしい」や「医療費助成がある自治体に引っ越そうかなと話題に上がる」、ほかにも「子どもの病院代がほかの地域みたいに無料になるのはいつですか」「伊佐市はなぜならないのですか。いつも病院に行くたび思います」など、保護者の切実な思いが伝わってきます。  

伊佐市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第3日目) 本文 2019年09月06日開催

鹿児島県を含む都道府県でのヘルプカードの配布について調べましたところ、やっぱり保健所福祉関連施設市町村福祉担当課の窓口、また、東京都では何々都立病院といわれる病院がたくさんありますけれども、そういった都立病院も配布箇所の一つとなっています。また、鹿児島県の配布窓口については、さっきおっしゃられました市町村窓口、地域振興局福祉課のほかにも、各市町村で決定してよいという感じのようであります。  

霧島市議会 2019-07-05 令和元年第2回定例会(第6日目 7月 5日)

「特定小規模施設とは具体的にどういうものなのか」との質疑に,「特定小規模施設とは,カラオケボックス,旅館ホテル,養護老人ホーム病院診療所,老人デイサービスセンター等の利用者を入居させるもので,延べ床面積が300u未満のものである」との答弁。ほかにも質疑がありました。自由討議はなく,議案処理に入り,採決の結果,議案第41号については,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。

霧島市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3日目 6月19日)

本市におきましては,窓口に手話通訳者2名を配置し,聴覚障がい者がこれらのサービスを申請する際に必要な手続に係る支援を行っているほか,学校行事や病院受診時の際などに,手話通訳者を派遣する事業にも取り組んでいます。 ○危機管理監(新村 司君)  次に,3点目にお答えします。本市では,いきいき国分交流センターなど市内8か所の聴覚障がい者を含む要配慮者に対する福祉避難所として指定しています。

霧島市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第2日目 6月18日)

このとおりの病院ができればいいなという思いを持っていたところですが,先ほど答弁にもありましたように,国のほうとしては,この4月ですか,国の公立病院若しくは公的病院,国立病院,県立,市町村立,それに日赤,この辺りを,やはり将来的な展望としては,効率よく統廃合するんだという方針を打ち出して,先ほど答弁にあったように夏頃までにはその方向性を出すということになっております。

伊佐市議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第1日目) 議事日程 2019年06月05日開催

                            │ │4│  12│全国高等学校総合体育大会伊佐市実行委員会第2回総会          │ │ │  18│「伊佐牧場直売所」レセプション                    │ │ │   │燃ゆる感動かごしま国体伊佐市実行委員会第3回総会           │ │ │  20│第八師団創隊57周年及び北熊本駐屯地開設62周年記念行事(熊本市)    │ │ │  23│県立北薩病院対策議会要望活動

霧島市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第7日目 3月28日)

また,交付税措置される項目について」の質疑には,「基準財政需要額は,一般会計負担金1億6,731万円と病院事業債返還分5,131万9,000円,合計2億1,862万9,000円となっている。また,交付税措置される項目は,病院事業運営負担金,病院事業償還金負担金,救急医療確保に要する負担金である」との答弁でした。