379件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-05 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 2019年03月05日開催 法改正に伴い、新たに農地利用最適推進委員という委員が設置されまして、伊佐市では平成28年4月1日から農業委員会委員15人及び農地利用最適推進委員20人で農業委員会活動に取り組んできていただいているわけでございます。   もっと読む
2019-03-01 鹿児島市議会 平成31年第1回定例会(2・3月) 五点目に、いしき園民営推進事業については、第一に、本市でも高齢が進み、措置施設として低所得者の見守りなど今日的な役割も求められる中で民営を推進しており、公的な責任の後退につながること。第二に、入所者数が定員に満たない中、定員に基づく職員配置が行われている現状に対し、民営による新たな施設は定数削減となるため、今日的役割の後退につながること。 もっと読む
2019-02-28 霧島市議会 平成31年第1回定例会(第5日目 2月28日) ○農林水産部長(川東千尋君)  畜産農家の高齢や後継者を含む担い手が近年不足してまいりまして,肉用牛の生産基盤が脆弱してきているというのは,議員がおっしゃるとおりだと思います。このような中で高齢している農家に対する支援体制を強化することによりまして,畜産経営の継続を図り,飼養規模を維持するということも,畜産農家への支援対策としては重要であると認識いたしております。 もっと読む
2019-02-28 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 2019年02月28日開催 また、基幹管路、約149.2キロメートルの耐震状況で見ると、平成28年度の耐震適合率は全国平均38.7%、鹿児島県平均23.3%、伊佐市15.2%で、耐震率は全国平均24.4%、鹿児島県平均10.3%、伊佐市1.3%と大きく下回っております。  平常時に関しては問題ないと思いますけれども、災害時のリスクを考えたときに、現在の更新計画で安定供給は図られるのか。 もっと読む
2019-02-27 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 2019年02月27日開催 国はこれまで多子世帯や低所得者世帯に対して保育料の軽減などさまざまな政策を行ってきましたが、そこで国はことしの10月から消費税率10%に引き上げにより幼児教育無償を実施すると言い、幼児教育無償閣議決定と報道されました。 もっと読む
2019-02-27 霧島市議会 平成31年第1回定例会(第4日目 2月27日) 業務の効率の観点からは,校務支援ソフトのトライアル版を市内の全中学校に導入しました。これは,出席簿や通知表・調査書を電子し,データを連動させることにより,大幅に業務の効率を図るシステムです。今後,その成果を検証し,導入の検討を進めてまいります。 もっと読む
2019-02-22 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 2019年02月22日開催 一方、国内では、最大の課題である少子高齢の壁に本腰を入れて立ち向かい、全世代型の社会保障制度への転換を図るスタートの年としています。  特に10月から始まる消費税の引き上げ分を活用した幼児教育の無償や社会保障の充実、また、「防災・減災、国土強靭のための3か年緊急対策」など、国策として大きな見直しが打ち出されています。   もっと読む
2019-02-18 霧島市議会 平成31年第1回定例会(第1日目 2月18日) 平成31年度の地方財政対策としては,地方財政計画における一般財源総額について,社会保障の充実,幼児教育の無償を始めとする人づくり革命,防災・減災,国土強靭のための3か年緊急対策に基づく事業費や,まち・ひと・しごと創生事業費等の確保も含め,平成30年度の水準を上回る額が確保されました。 もっと読む
2018-12-07 霧島市議会 平成30年第4回定例会(第5日目12月 7日) まちの成り立ちに歴史と文化を感じさせながら,雪国独特のコンパクトシティが着実に,また大胆に進むまちづくりの様子に羨ましさを感じたところであります。 もっと読む
2018-12-05 霧島市議会 平成30年第4回定例会(第3日目12月 5日) また,NPOの活動としては,消費期限が迫った食品を引き取り,生活困窮者へ無償提供するフードバンクが有名です。国連は2030年までに世界全体の1人当たりの食品廃棄物を半減させる目標を採択しております。国内においても政府は第4次循環型社会形成推進基本計画を閣議決定し,同じく半減させる数値目標が盛り込まれております。そこで本市においても食品ロス削減のための啓発を進めるべく,4点についてお伺いいたします。 もっと読む
2018-10-09 霧島市議会 平成30年第3回定例会(第6日目10月 9日) 次に,議案第73号,霧島市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部改正について,執行部の説明では,霧島市保健福祉施設民営実施計画に基づく清水保育園の民営に伴い同園を廃止するため,本条例の所要の改正を行うものである。これまでに,隼人保育園ほか3園を民営したところであり,今回も同様の手順で,プロポーザル方式による公募を行い,霧島市立保育園民営選考委員会において移管法人の選考を行った。 もっと読む
2018-10-04 垂水市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月04日−06号 (2)農地利用の最適に係る推進に当たっては、市が先導しながら、農業委員及び農地利用最適推進委員と更に連携して取り組まれたい。  (3)松くい虫の駆除に当たっては、早期に被害を防止するため、被害木の伐倒が効果的であると考えられることから、同取組についても関係機関と連携して取り組まれたい。   もっと読む
2018-09-13 霧島市議会 平成30年第3回定例会(第4日目 9月13日) 日本政府も少子対策として,子ども・子育て支援事業に,ひと・もの・金の財源を投じております。1点目,来年の2019年10月から消費税の増税を財源として,国策として全国的に幼児教育の無償が始まるようですが,第二次霧島市総合計画との関連から,幼児教育の無償は霧島市としては望むことなのか,困ることなのか,霧島市としての考えをお示しください。 もっと読む
2018-09-11 霧島市議会 平成30年第3回定例会(第2日目 9月11日) これらを霧島市経営健全計画(第2次)改定の目標数値と比較しますと,市債残高では約32億円下回るとともに,3基金の残高では約113億円上回る結果となり目標を達成しました。また,地方公共団体の財政の健全に関する法律の規定に基づく,実質公債費比率は8.1%で,他の健全判断比率同様,いずれも国の示す早期健全基準を下回っており,財政状況はおおむね健全な状況にあると考えているところです。 もっと読む
2018-09-06 伊佐市議会 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 2018年09月06日開催 現代のテクノロジーを最大限利用することによって、行政業務の細分を促進することで、市役所の庁舎機能の適正を図れると思います。   もっと読む
2018-06-29 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第6日目 6月29日) 質疑に入り,「今回,窓口無償となる対象世帯と子供数はどの程度なのか」との質疑に,「子ども医療費助成については400名ぐらい,ひとり親家庭医療費助成については250世帯ぐらい,重度心身障害者医療費助成については数世帯である」との答弁。「受給者証や事務費というのは県が責任を持つのか」との質疑に,「受給者証の交付等に係る事務費については,県からの補助等はない」との答弁。 もっと読む
2018-06-22 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−02号 土地、建物の減額貸し付け及び10年後の無償譲渡など、そして翌年、平成29年には、増築や改修に要する助成金の交付金として、1閉校跡地につき、上限1億円(補助率2分の1)などの更なる制度の拡充として、制度改正が行われております。   もっと読む
2018-06-05 伊佐市議会 平成30年第2回定例会(第3日目) 本文 2018年06月05日開催 ◯1番(谷山 大介議員)  九州の大分には豊後高田市というところがありますが、ことしから医療費を高校まで無料、そして給食費を中学校まで無償しました。ここは子育て満足度ナンバーワンを目指してさまざまな施策を行っていて、平成26年から29年まで4年連続で人口の社会増を達成しており、さらなる人口増対策として医療費や給食費の無料無償を行うみたいです。 もっと読む
2018-06-04 伊佐市議会 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文 2018年06月04日開催 溝切りのオプションを市で改良区なり、団体、大型耕作農家に委託をして、機械を無償貸与するなどをして、排水対策の委託分を市で負担するという具体的な対策を考えてほしいという案があるわけですけれども、そうなれば、全ての農家が協力して足並みをそろえられるんじゃないかという声がありました。   もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月) 二点目に、給食調理業務委託事業については、第一に、病院における食事は治療食として位置づけられた医療の一環であり、民間活力の活用や業務の効率などの理由により給食調理を委託することは問題であること。 もっと読む