279件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

霧島市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第7日目 3月28日)

平成30年度において,累積赤字解消のために,一般会計から7億7,000万円の繰出しも行われました。今後も,被保険者の負担軽減を図るため,状況によってはゼロではないかとも思います。しかし,今回は,県に移行して1年経過した段階でありますので,県から示された標準保険料率に基づいて,条例改正をしていくという点は理解ができます。

鹿児島市議会 2019-03-01 03月06日-08号

これらの納付金の財源の中で、法定外の一般会計繰入金については県より解消が求められていますが、さきの代表質疑で述べられた法定外一般会計繰入金を当分の間堅持するとはどういう意味なのか、本市の国保財政健全化計画が終了する二〇二五年度までは堅持するのか、国保財政の安定のために法定外一般会計繰り入れは解消すべきではないと考えますが、答弁願います。

霧島市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第5日目 2月28日)

また,これまで実現できていなかった市民生活の利便性向上につながる施策として,中山間地域等における情報格差解消に向けた光ファイバー網の整備や児童生徒の安心・安全な教育環境の充実を図る全小中学校の普通教室等への空調設備設置について,市長就任後にいち早く検討を開始し,既に事業の実施に着手したところです。

霧島市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4日目 2月27日)

平成31年度当初予算につきましても,総合治水対策を始め,本市独自の新規事業を含む農業振興施策など,公約に関連する所要の経費のほか,子育て環境の充実や交通渋滞対策など市政全般にわたり,喫緊の課題に的確に対処するとともに,幅広い世代に対して切れ目のない施策を展開するための経費を盛り込んだものとしています。

霧島市議会 2019-02-18 平成31年第1回定例会(第1日目 2月18日)

各イベントの成功に向け,関係機関等と連携を図りながら準備作業に万全を期すとともに,現在,検討を進めております全天候型こども館の設置や市街地の交通渋滞対策,農業政策の更なる推進など,市政のあらゆる課題に対しまして,引き続き市民の皆様の声に耳を傾けながら,本市発展のために全力で取り組んでまいります。

伊佐市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 2018年12月06日開催

ですから、伊佐市の中でも光を使えるところと使えないところの、差別とは言いませんけども、差というのをやっぱり早く解消して、市民は同じみたいな環境の中で生活をできることが行政の第一の務めだと思っておりますので、そこのところを理解をしてもらわないといつまでたってもつながらないということになります。  

霧島市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第3日目12月 5日)

短期被保険者証等は,納税相談の機会を増やし,滞納の解消につなげるために交付するものであり,税負担の公平性を図るためにも重要な取組であると考えます。短期被保険者証については,休日納税相談の際にも交付することができる体制を整えるなどの改善策を講じたところであり,今後とも,個別の事情に応じて,柔軟に対応していきます。3問目の児童クラブ問題についてお答えします。

霧島市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会(第2日目12月 4日)

また,情報格差解消策として就任直後から検討を進めておりました,中山間地域など超高速ブロードバンドが未整備である地域での光ファイバー網整備事業に対して,市が事業費の一部を助成する事業を今年度から開始するとともに,起業を希望する女性や若い世代が夢を持って元気で働けるよう従来の支援活動の拡充に加え,広報活動費を助成する新たな支援策や,農業者が減少し続けている現状を踏まえ,国の支援事業の対象とならない新規就農者等

霧島市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第3日目 9月12日)

天降川への新たな排水機場を造るという,こういう計画になっているわけですけれども,まず,それを急がなければ解消されないという,そういった認識は持っていらっしゃるんですよねということをお聴きしたわけです。 ○市長(中重真一君)  そもそも,松永用水路というのは用水路でございまして,本来で言いますと排水路ではございません。

垂水市議会 2018-06-26 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月26日−04号

地方財政の充実・強化を求める意見書提出についての請願書            (紹介議員 持原秀行)                     +薩摩川内市神田町3番22号+                     |薩摩川内市職員労働組合  |                     +執行委員長 外山律子   +  第21、陳情第4号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元、複式学級解消

霧島市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第2日目 6月12日)

本事業は,平面交差の踏切を除去し,踏切渋滞や事故を解消するなど都市交通の円滑化と鉄道による地域分断の解消を目的としており,都道府県,政令指定都市,県庁所在都市及びそれに準ずる都市である人口が20万人以上の都市と東京都の特別区が事業施行者となり,行うものであります。

霧島市議会 2018-06-04 平成30年第2回定例会(第1日目 6月 4日)

また,県道国分霧島線との交差点が久保田交差点と近く,県道で渋滞が発生し,渋滞対策や安全な通行の確保が必要であり,まちづくり計画にも記載されている路線である。このようなことから,地元や地権者の理解と協力を頂きながら,(仮称)新町久保田線の整備に向けて進めていきたいと考えている。

霧島市議会 2018-02-21 平成30年第1回定例会(第3日目 2月21日)

この課題を解消するため,これまでにフェンス,電柱の移設や樹木,看板等の撤去及び冠水対策としての地下排水路整備工事を完了したところであり,現在進めている交差点部の道路拡幅工事や上水道工事などの完了をもって,信号機設置のための条件が整う見通しとなっております。なお,霧島警察署に確認したところ,本年3月末までには信号機を設置する予定であると聴いております。

霧島市議会 2018-02-13 平成30年第1回定例会(第1日目 2月13日)

農業の振興につきましては,農業者が減少し続けている現状を踏まえ,新規就農者の確保を最優先事項とし,次世代を担う農業者となることを志す者を積極的に支援するため,国の支援事業の対象とならない新規就農者等に対し,生活安定や経営確立のための資金を交付する本市独自の支援策を講じるとともに,引き続き,耕作放棄地・遊休農地の解消や担い手農家等への農地の集積などを推進し,経営の安定化を促進します。

霧島市議会 2017-12-19 平成29年第4回定例会(第3日目12月19日)

○13番(前島広紀君)  最初の答弁におきまして,向花五差路交差点や県道国分霧島線への通過交通量が軽減され,交通渋滞解消が図られると考えておられるという答弁でございましたけれども,またその他にも渋滞の件と併せまして,昨日の阿多議員の質問の中におきましても,2020年度のかごしま国体における会場周辺の駐車場不足が懸念されるということでありましたけれども,それと併せまして市は近隣の駐車場からバスで送迎するという

霧島市議会 2017-12-18 平成29年第4回定例会(第2日目12月18日)

公共事業の促進ですので,道路整備とかその辺が一番イメージに湧くんですけれども,霧島市の交通体系,市長は,渋滞緩和のことも非常に力を入れて言われております。この辺のところで,一番念頭にある道路整備,幹線道路の急がなければならないというイメージを,どの辺にお持ちですか。 ○市長(中重真一君)  渋滞対策を含めた道路整備というのは,やはり総合的な対策が必要になってまいります。

霧島市議会 2017-12-08 平成29年第4回定例会(第1日目12月 8日)

次に,基本方針の二つ目として,出産から育児,就学,就職,結婚までを総合的に支援することにより,子育て環境,日本一のまちづくりを目指すこととし,併せて,交通渋滞解消や安心・安全なまちづくりに向けた社会基盤の整備を推進します。