173件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

霧島市議会 2018-10-09 平成30年第3回定例会(第6日目10月 9日)

次に,決算概要26ページでは,航空機燃料譲与1億4,810万1,000円は,その81%が道路財源として活用されております。住宅の騒音防止には,0.13%,19万1,000円のみとの報告があります。昨年3月から鹿児島空港の運用時間の延長が実施されておりますが,騒音防止対策を求める市民の要望に,どのように応えたのかについて,明確に示していただきたいと思います。

霧島市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第3日目 9月12日)

国民健康保険制度の目的は,国民健康保険法第1条に「国民健康保険事業の健全な運営を確保し,もって社会保障及び国民保険の向上に寄与すること」と定められており,その財源は,被保険者の皆様が支払う国民健康保険と国,県等の公費で賄われていることから,負担の公平性が図られる必要があります。

垂水市議会 2018-08-22 平成30年  9月 定例会(第3回)-08月22日−01号

課長代理         瀬戸口健一   主幹兼議事グループ長   久米道秋   管理調査グループ員    堀之内孝充   議事グループ員      藤井朋子 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ◯議事日程(第1号)  第1、会議録署名議員の指名について  第2、会期及び会期日程の決定について  第3、閉会中の諸般報告について  第4、議案第84号 薩摩川内市使用済燃料条例

垂水市議会 2018-07-06 平成30年  6月 定例会(第2回)-07月06日−資料

特に、「トップランナー方式」の導入は、民間委託を前提とした地方交付算定を容認するものであり、地方財政全体の安易な縮小につながることが危惧されるものとなっている。「インセンティブ改革」と併せ、地方交付制度を利用した国の政策誘導は、客観・中立であるべき地方交付制度の根幹を揺るがしかねないものである。  本来、必要な公共サービスを提供するため、財源面を担保するのが地方財政計画の役割である。

伊佐市議会 2017-12-08 平成29年第4回定例会(第4日目) 本文 2017年12月08日開催

◯市長(隈元 新君)  になる小学校がないコミュニティというのが今後出てくるということが将来的には予想されるというお考えも理解できるわけでありますが、山野西小学校、羽月北小学校が既にそのようになっておりますので、決して将来的にないということではないと思います。  

霧島市議会 2017-10-06 平成29年第3回定例会(第8日目10月 6日)

執行部から,議案第52号については,地方及び航空機燃料譲与税法の一部を改正する法律の施行に伴い,個人住民の配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し,軽自動車におけるグリーン化特例措置の見直し並びに居住用超高層建築物に係る新たな固定資産税額算定方法が導入されたため,本条例の一部を改正しようとするものである。

霧島市議会 2017-09-06 平成29年第3回定例会(第3日目 9月 6日)

ミサイル,開発など身近にある我が国日本にとって危険極まりないことです。これから戦争にならないか危惧しております。国には,平和に向けたより一層の努力をお願いいたします。それでは,質問に入ります。まず,いじめ・不登校の現状といじめ問題対策室の対応について伺います。一つ目,霧島市の過去3年間のいじめの現状はどうか。二つ目,いじめの内容はどのようなものがあるのか。

霧島市議会 2017-06-29 平成29年第2回定例会(第6日目 6月29日)

お手元に「委員会行政視察報告書3件」「廃絶・平和行政に関する要請」及び「霧島市土地開発公社及び一般財団法人霧島市施設管理公社の経営状況を説明する書類」を配付しておりますので,後ほど御覧ください。以上で,諸般の報告を終わります。それでは,お手元に配付しました議事日程に基づき会議を進めてまいります。これより議事に入ります。   

伊佐市議会 2017-06-05 平成29年第2回定例会(第2日目) 本文 2017年06月05日開催

私どもとしましては、満足度に関してお応えすることができないのは申し訳ないと思いますが、これから財源は、いわゆる市を含めて、あるいは交付を含めて、そのようなものが減少する中で、いましばらくはこのことに踏み切れないというのが現実でございます。  それ以外で、先ほど申し上げました保育料への支援などはほかの市町村に比べますと約1.5倍出しております。

霧島市議会 2017-06-02 平成29年第2回定例会(第1日目 6月 2日)

四つ,「安全管理の点として,燃料保管用の倉庫があったが,消火器を含め安全対策は十分か」の質疑には,「刈払機の燃料等を倉庫に保管しているが,規則の範囲内で保管し,倉庫には施錠している。また,ガソリンスタンドが近いため,極力必要以上は保管しないようしている」との答弁でした。その後のまとめで,委員長報告を行い,委員会提言とすることに決定しました。

南九州市議会 2016-09-14 平成 28年 第 4回定例会( 9月)-09月14日−03号

やはり当然,教育委員会のほうばっかりじゃなくて,やはり総務であったり,財政であったり,企画であったり,さまざまなそういった課の中でも協議をしていただいて,地域のとなる機能する校区公民館,地区公民館の統一に向けた協議をしていただきたいというふうに思います。  大分時間が過ぎましたけど,地域イベントの取り組みについて質問をいたします。  

霧島市議会 2016-09-07 平成28年第3回定例会(第3日目 9月 7日)

本市では,これまでも,限られた人材の有効活用を図りながら,政策課題に迅速に対応できる組織・機構の構築に積極的に取り組んできているところでございますが,地方交付の減少や市等の収入の伸び悩みなど,今後も厳しい財政状況が予想される中にあって,なお一層の職員数の削減と組織体制の効率化を図っていく必要がございます。

姶良市議会 2016-06-22 平成 28年 6月定例会(第2回)-06月22日−04号

ここまでなるんだ、本当に捨てるしかない、燃やすしかない紙おむつがここまで変化し、しかも燃料化まで持っていってる、もう本当に感動いたしました。  この伯耆町の取り組みについて、若干画像を使ってお話を進めさせていただきます。画像お願いいたします。これが伯耆町の機械ですね、紙おむつ燃料化装置でございます。これは1日600kgを処理する紙おむつ燃料化装置、そして右のほうがペレット化する機械でございます。

伊佐市議会 2016-03-25 平成28年第1回定例会(第6日目) 本文 2016年03月25日開催

課長の説明の後、質疑に入り、主な質疑として「法人市民の17.6%増について」質され、「大手の住友金属鉱山、大口電子などの収益増を見込んだものである」との説明でした。  また、「個人市民の増額は米価の価格によるとのことだが、課税標準でどのぐらい違ったのか」と質され、「平成27年度分農業所得が2億5,116万円、この15%の3,767万4,000円を所得増と見込んで算出した」との説明でした。  

姶良市議会 2016-03-25 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月25日−10号

税務課、賦課徴収費は、市賦課徴収関係経費、固定資産評価業務委託や、過年度還付金のほか、課税支援システム管理等に要する経費の計上です。  主な歳入は、個人及び法人市民、固定資産、軽自動車営の現年度課税分です。28年度は、歳入の全体額は前年度に比較して、4億3,365万円(5.9%)増額で計上しています。  

姶良市議会 2016-03-11 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月11日−07号

地方紙によると、「のごみの問題は解決の道見えず。福島の今と将来では再生への道、手さぐり」と報道されています。早い復興を望みます。同時に、震災や原発事故を風化させてはなりません。また、多くの亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りをします。  本日の地方紙に、「姶良市から塩釜市に派遣をされている福元さんが紹介をされていました。