運営者 Bitlet 姉妹サービス
965件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-15 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第5日目 6月15日) 近年,大型木材加工施設の稼働などによる木材需要の急速な高まりを受けて,スギ・ヒノキ等の人工林の伐採も増加傾向で推移しております。 もっと読む
2018-06-14 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日) ロタウイルス胃腸炎による夜間救急受診数を減少させ,小児科医療従事者の負担を減らし,小児科医療の質の向上に大きく寄与するものと思われます。そして,社会の公衆衛生の向上に寄与します。アレルギー体質などの理由でワクチン接種ができない子供がいますが,ロタウイルスワクチン接種により,社会全体でロタウイルス感染症を制御することは自己防衛のみならず,社会の公衆衛生も守ることになります。 もっと読む
2018-06-12 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第2日目 6月12日) しかしながら,総合支所管内における人口減少や高齢化の進展などによる行政需要への適切な対応が求められていることや,市民の皆様からも様々な声を頂いていることなどを踏まえ,平成29年第4回市議会定例会において,当面の間,総合支所方式を維持する基本方針を示したところです。 もっと読む
2018-03-27 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第7日目 3月27日) 辺地とは,同法第2条に規定する地域で,かつ,所定の要件を満たしている地域であり,当該地域においては,公共的施設を整備する際,元利償還に要する経費の80%が後年度において,普通交付税の基準財政需要額に算入される有利な地方債である辺地対策事業債を活用することが可能になる。 もっと読む
2018-03-08 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月08日−09号 列車は加治木駅に停車、車掌が状況を確認し、次の隼人駅で救急車の配置をお願いし、倒れていた人を救急車で搬送したという事例がありました。そのときに乗務していた車掌さんにお話を聞くことができました。車掌さんは、「車掌がいたので対応できたが、これがワンマン化になったらと思うとぞっとする」と言われていました。 もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月01日−06号 質問の二点目、国が歳出の削減を推進する観点から、外部委託を実施している他自治体のモデル業務を地方交付税の基準財政需要額に反映させる仕組み、いわゆるトップランナー方式が本市にも導入されていますが、その対象となる業務のうち、外部委託されていない業務をお示しください。  また、本市の三十年度予算についても地方交付税への影響、つまり交付税減額の影響を受けているのかお示しください。   もっと読む
2018-02-28 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月28日−05号 市長は、新年度議案の提案説明の中で、公共施設の適正管理など増大する財政需要に対処する必要があると述べられましたが、今後、人口減少が見込まれる中、持続可能な行財政運営を行っていくため、今後の公共施設等の管理のあり方とそのための財政措置をどのように考えておられるのか。  以上、答弁願います。   もっと読む
2018-02-27 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月27日−04号 都市の構成と形態、生活様式の多様化、少子高齢化の進行に伴い、複雑に変化する災害や救急需要の増大に対応するために、各災害や火災に迅速に的確に対応できる消防救助活動と体制が日々求められております。  昨年の我が会派の代表質疑で、働きながら活動する消防分団を市民皆で支援していく各種施策を具体的に提案しました。それらの各種施策が新年度予算で提案されております。   もっと読む
2018-02-21 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月21日−03号 また、地方財政は、地方税収は増加するものの、社会保障関係経費の増加に加え、地方創生に向けた取り組みや公共施設等の適正管理など、増大する財政需要に対処する必要があることから、依然として大幅な財源不足が生じるものと見込まれています。   もっと読む
2018-02-19 垂水市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月19日−01号 公共と民間が一体となって新たな賑わいの創出を図り、これまで市外に流出していた会議等を取り戻すとともに、立地条件を生かしたイベント招致など新たな需要を生み出すことで、本市経済の活性化を図って参ります。   もっと読む
2017-12-22 垂水市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月22日−05号 解体に当たっては、他の原子炉を廃炉する際における技術を蓄積するため、機械を用いた遠隔操作による解体と人力による解体とを比較しながら作業を進めており、将来的な廃炉需要に対し、技術を提供できるよう取り組んでいる。   もっと読む
2017-12-20 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第4日目12月20日) 3問目の霧島市の救急医療の課題についての1点目にお答えします。本市における救急医療につきましては,霧島市夜間救急診療事業として,姶良地区医師会の御協力の下,霧島市立医師会医療センターにおいて,小児科・内科医師の当番制による準夜帯の救急診療を365日無休で実施しており,昨年4月以降は,小児科の再開に伴い,小児患者の入院もできるようになっております。 もっと読む
2017-12-19 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第3日目12月19日) このほか,夜間の一次救急医療体制につきましては,姶良地区医師会が,霧島市立医師会医療センターにおいて,小児科・内科医師の当番制による準夜帯の救急診療を365日無休で実施しております。 もっと読む
2017-12-13 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月13日−04号 安否確認での奏功事例といたしましては、配食時に応答がなく、家族の確認により救急搬送された事例や意識を消失していた利用者を配達員が発見した事例などがございます。  以上でございます。    [園山えり議員 登壇] ◆(園山えり議員) 答弁いただきました。  毎年二千人前後の方々が利用され、二十八年度は四十万近くの配食数に上っていることがわかりました。 もっと読む
2017-12-13 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月13日−04号 安否確認での奏功事例といたしましては、配食時に応答がなく、家族の確認により救急搬送された事例や意識を消失していた利用者を配達員が発見した事例などがございます。  以上でございます。    [園山えり議員 登壇] ◆(園山えり議員) 答弁いただきました。  毎年二千人前後の方々が利用され、二十八年度は四十万近くの配食数に上っていることがわかりました。 もっと読む
2017-12-12 垂水市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月12日−04号 地方公共団体の普通交付税の算定は、基準財政需要額から基準財政収入額を差し引いた財源の不足額となっております。 もっと読む
2017-12-11 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月11日−02号 入札参加者は、国内の受注実績から三グループを想定していましたが、一グループの参加となったところであり、この要因については、落札した川崎重工業グループによりますと、東京オリンピックなどの公共事業の増により大手ゼネコンや技術者の確保が難しいこと、焼却施設の更新の需要が多いことなどから、同時に複数の工事を受けることが難しいとのことで、このような結果になったのではないかと考えております。 もっと読む
2017-12-11 垂水市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月11日−03号 あるといえども、議員御指摘のとおり、特別養護老人ホームへの入所待機をされている方が、重複やもろもろの整理をかけましても500名弱おられますので、施設に対する需要というのは、今後もふえてくるだろうというふうに考えているところでございます。 もっと読む
2017-12-11 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月11日−02号 入札参加者は、国内の受注実績から三グループを想定していましたが、一グループの参加となったところであり、この要因については、落札した川崎重工業グループによりますと、東京オリンピックなどの公共事業の増により大手ゼネコンや技術者の確保が難しいこと、焼却施設の更新の需要が多いことなどから、同時に複数の工事を受けることが難しいとのことで、このような結果になったのではないかと考えております。 もっと読む
2017-12-08 垂水市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−02号 なお、利用の状況につきましては、平成28年度でございますけれども、これにつきましては、年間通報件数が約107件、うち消防等の救急のほうにつなぎましたものが16件でございます。  近年の推移等につきましては、ほぼ100件前後で推移していると考えているところでございます。 ◆1番(坂口健太) ありがとうございます。 もっと読む