153件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

霧島市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3日目 2月26日)

(3)放課後教室を含めた放課後の子供の居場所づくりを考え,学童保育と一体化で考える時期だと思うがどうか。(4)夏休みなどの長期休みに,エリアを問わない臨時の学童保育を最低1か所は作る必要があると思うがどう考えているのか。以上大きく2点について質問いたします。よろしく御答弁お願いいたします。 ○市長(中重真一君)  平原議員から2問の御質問がありました。

霧島市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目12月 7日)

翌日の新聞の一面に掲載されたこともあり,保護者からは保育の質に関する不安の声が寄せられています。一方で,人口が少ない地域の学童保育の運営者からは,人材確保の難しさの声も上がっているとお聴きします。翌日に行われた根本大臣の会見では,これから閣議決定,法改正がなされた場合は,自治体の責任と判断によって地域の実情に応じて運営を行う方向性としています。

霧島市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3日目 6月13日)

1問目の幼児から学童期の基礎体力向上のための環境整備についての5点目にお答えします。本市の公園は,緑地の保全から公園緑地の整備,その他の公共公益施設及び民有地の緑化の推進まで,まちの緑全般について将来のあるべき姿とそれを実現することを目的に,平成25年3月に策定した霧島市緑の基本計画に基づき,整備を行っております。

霧島市議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(第3日目 6月14日)

今回は市長に倣い,虫の目で捉えた小学校の学童机及び椅子等の整備について質問いたします。過去3年間の小学校新入学児童数を示してください。その中で特に変動の著しい地域はどこであるか示してください。また,今後の変動の見通しをどのように見ているか示してください。次に,学童の身体成長に合わせた机,椅子等の把握はどのようにしていますか。今後の補充及び交換の計画はどうなっているか示してください。

霧島市議会 2017-06-13 平成29年第2回定例会(第2日目 6月13日)

○17番(植山利博君)  例えば,子育て支援の保育園であるとか認定こども園であるとか学童保育であるとか,そういう施設整備は,非常に前向きに大きな財源を投じていると。今後も,待機児童の解消に向けて,国も財源がないのを無理してでも整備を進めようとしている状況にあると思うんですが,介護施設については,今までかなり進めてきました。

霧島市議会 2017-02-23 平成29年第1回定例会(第4日目 2月23日)

○子育て支援課長(田上哲夫君)  貧困そのものを捉えて,生活保護の周辺の部分というものは捉えにくい部分がございますが,例えば,私ども子育て支援課においては,保育料であるとかそういうものの徴収を行っております。保育料は所得に応じて設定されるものでございますけれども,その保育料を納めることが遅延傾向にありますとか,滞納傾向にありますとか,そういう方々に督促状を1回に約300から350出します。

霧島市議会 2017-02-21 平成29年第1回定例会(第2日目 2月21日)

平成28年度の当初予算における公立保育園運営事業の賃金は,児童定数やその年齢構成ごとに定められている必要配置数に,法定加算や実施事業等に係る保育士数を加えた人員基準に基づき算定した嘱託保育士,保育補佐員,嘱託調理員,調理補佐員賃金,時間外勤務手当,通勤手当,夏冬の加給賃金の総額で,1億1,082万円を計上いたしていたところでございます。

霧島市議会 2017-02-14 平成29年第1回定例会(第1日目 2月14日)

このほか,学童期の歯科保健衛生の向上のため,フッ化物洗口事業の推進や,昨年度から開始した小学校4年生における心臓検診を引き続き実施してまいります。学校給食につきましては,現在,建設中であります(仮称)国分学校給食センターが本年7月に完成し,2学期から,6小中学校に約2,000食の配食を開始する予定であります。

霧島市議会 2016-12-08 平成28年第4回定例会(第4日目12月 8日)

認可外保育施設は,認可保育所の待機児童の受皿であるばかりではなく,保護者の多様なニーズにあった保育を提供できることなどから,本市と致しましては,今後も引き続き,認可外保育施設の運営に対する補助を行ってまいりたいと考えております。 ○総括工事監査監(有馬正樹君)  次に,3点目にお答えいたします。

鹿屋市議会 2016-09-26 平成 28年 9月定例会-09月26日−05号

審査の過程で、収益事業として民間学童施設のアフタースクール及び地域交流拠点のママカフェがあるが、委託業者が撤退した場合、どのような取り扱いになるのかとの質疑があり、これについては、契約者が新たな委託業者を選定することになるが、収益施設については子育てを支援するものを検討するとのことであります。  

鹿屋市議会 2016-09-14 平成 28年 9月定例会-09月14日−04号

とりわけ、かつての福祉事務所時代、児童家庭の係業務、専ら、母子寡婦や保育所の担当として、8年間ほどだったでしょうか。かかわり合ってきた者の一人として、質問いたします。  そのころも保育所の待機児童、いわゆるあき待ち児童の問題はありまして、ほかに高額保育料対策の問題。いわゆる両親共働きの場合、特に3歳未満児、2歳児、ゼロ歳児、乳児の場合、保育料が高くて、収容人員の少ない保育所など子供を預けられない。

霧島市議会 2016-09-07 平成28年第3回定例会(第3日目 9月 7日)

また,フッ化物洗口事業を保育園・幼稚園に推進する上での課題につきましては,フッ化物洗口を実施するために必要な体制の確保が困難である,幼稚園では園児の帰りが早いため,取り組む時間の設定が難しいなどの理由により,これまで実施園を増やすことが難しい状況がございました。

姶良市議会 2016-06-20 平成 28年 6月定例会(第2回)-06月20日−02号

4点目は、認可外保育施設補助金等の交付要綱の内容充実についてであります。  ①平成28年3月29日、安倍総理の記者会見で「待機児童ゼロ」の実現を目指して、「未就学児のみならず小学生の学童保育も含めた方針」が会見で述べられました。それに先駆け、私は昨年12月議会で姶良市の認可外保育施設補助金等について質疑を行いましたが、その後の対応はどこまで改善されたのかお伺いいたします。  

霧島市議会 2016-06-17 平成28年第2回定例会(第5日目 6月17日)

それで,昨日から学童の問題が出ていますけれども,学童に入れることはもちろんですけれども,学童に行けない子供たちの居る場所を造らないと,手遅れになるんじゃないかと私は思っているんですけれども,その辺の現状を市長はどう思われますか。 ○市長(前田終止君)  子育ての現役で,お父さんもお母さんも働かないといけない。

垂水市議会 2016-03-04 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月04日−02号

また、そのほか県内の中でも先んじて15歳までの子ども医療費の無料化を実施し、さらには病児保育事業、あるいは小児救急医療体制を整えるなど、子育てしやすい環境と子育てを支援するサービスが充実しているということが挙げられるのではないかというふうに考えているところでございます。