運営者 Bitlet 姉妹サービス
23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2016-09-26 鹿屋市議会 平成 28年 9月定例会-09月26日−05号 号) 第14 平成27年度鹿屋介護保険事業特別会計決算の認定について(市長提出議案第67号) 第15 平成27年度鹿屋公共下水道事業特別会計決算の認定について(市長提出議案第68号) 第16 平成27年度鹿屋下水道特別会計決算の認定について(市長提出議案第69号) 第17 平成27年度鹿屋輝北簡易水道事業特別会計決算の認定について(市長提出議案第70号) 第18 平成27年度鹿屋水道事業会計剰余金 もっと読む
2016-09-26 鹿屋市議会 平成 28年 9月定例会-09月26日−05号 号) 第14 平成27年度鹿屋介護保険事業特別会計決算の認定について(市長提出議案第67号) 第15 平成27年度鹿屋公共下水道事業特別会計決算の認定について(市長提出議案第68号) 第16 平成27年度鹿屋下水道特別会計決算の認定について(市長提出議案第69号) 第17 平成27年度鹿屋輝北簡易水道事業特別会計決算の認定について(市長提出議案第70号) 第18 平成27年度鹿屋水道事業会計剰余金 もっと読む
2015-06-23 姶良市議会 平成 27年 6月定例会(第2回)-06月23日−05号 それとまたもう一つ、これは介護のほうの現場においての例なんですが、岩手県の奥州では、初め5人の、この奥州の病院が胆沢病院というところ、ここには歯科医師がいないということで、開業医が5人タッグを組んでですね、それでケアマネージャーと一緒に地域を挙げて取り組んだと。そして、その胆沢病院と、また内科医と連携をとって、成果をすごく上げておると。   もっと読む
2015-06-15 霧島市議会 平成27年第2回定例会(第1日目 6月15日) 事件の承認について(平成27年度霧島国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の専決処分について)から日程第13,議案第57号,平成27年度霧島一般会計補正予算(第1号)についてまで,以上10件を一括し,議題とします。 もっと読む
2015-06-15 霧島市議会 平成27年第2回定例会(第1日目 6月15日) 事件の承認について(平成27年度霧島国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の専決処分について)から日程第13,議案第57号,平成27年度霧島一般会計補正予算(第1号)についてまで,以上10件を一括し,議題とします。 もっと読む
2014-12-01 姶良市議会 平成 26年 12月定例会(第4回)-12月01日−04号 お隣の霧島の受給率は、平均が14.4%となっております。霧島の多いところでは、竹子小学校が38.7%、永水小学校では45%と、とても高い受給率となっております。  姶良は平均12.7%で、全国や県より低いということになっておりますけれども、申請ができるのにしていないという方はいらっしゃらないでしょうか。 もっと読む
2014-06-02 霧島市議会 平成26年第2回定例会(第1日目 6月 2日)      長   前 田 終 止 君   副    長   平 野 貴 志 君  副    長   中 村   孝 君   総 務 部 長   川 村 直 人 君  企 画 部 長   中 村   功 君   生活環境部長    塩 川   剛 君  保健福祉部長    花 堂   誠 君   農林水産部長    馬 場 勝 芳 君  商工観光部長    藤 山 光 隆 君   建 設 部 長 もっと読む
2014-06-02 霧島市議会 平成26年第2回定例会(第1日目 6月 2日)      長   前 田 終 止 君   副    長   平 野 貴 志 君  副    長   中 村   孝 君   総 務 部 長   川 村 直 人 君  企 画 部 長   中 村   功 君   生活環境部長    塩 川   剛 君  保健福祉部長    花 堂   誠 君   農林水産部長    馬 場 勝 芳 君  商工観光部長    藤 山 光 隆 君   建 設 部 長 もっと読む
2013-03-04 鹿児島市議会 平成25年第1回定例会(2・3月)-03月04日−07号 福岡で開催された公聴会で、経産省のホームページなどで情報発信していたから特段の対応を図らなかったことが当然であるかのような答弁でしたが、霧島や志布志など県内幾つもの自治体が積極的に公式ホームページで広報していました。それも市長の部屋のトップページへの掲載でした。  霧島のホームページでは「皆様、こんにちは。 もっと読む
2013-03-04 鹿児島市議会 平成25年第1回定例会(2・3月)-03月04日−07号 福岡で開催された公聴会で、経産省のホームページなどで情報発信していたから特段の対応を図らなかったことが当然であるかのような答弁でしたが、霧島や志布志など県内幾つもの自治体が積極的に公式ホームページで広報していました。それも市長の部屋のトップページへの掲載でした。  霧島のホームページでは「皆様、こんにちは。 もっと読む
2011-12-06 姶良市議会 平成 23年 12月定例会(第4回)-12月06日−04号 やはりこれはこの期間でないと対象者にならないわけで、残念ながら、鹿児島と鹿屋だったでしょうか、もう22年度から始めたところもありましたね、鹿児島県内でも。 もっと読む
2011-09-06 南九州市議会 平成 23年 第 5回定例会( 9月)-09月06日−01号 鉄道及び高速道路等の交通網が整備されており,隣接する広島県福山や岡山,並びに倉敷のベッドタウン的なまちとなっている一方で,これらのへの結婚,就職などによる転出が人口減少の起因となっている現状があります。   もっと読む
2009-09-16 鹿屋市議会 平成 21年 9月定例会-09月16日−04号 の制定について(議案第69号) 第 4  鹿屋特別職の給与に関する条例等の一部改正について(議案第70号) 第 5  鹿屋工場立地法の特例措置に関する条例の制定について(議案第71号) 第 6  鹿屋工場等立地促進に関する条例の一部改正について(議案第72号) 第 7  鹿屋手数料条例の一部改正について(議案第73号) 第 8  鹿屋市営住宅条例の一部改正について(議案第74号) 第 9   もっと読む
2008-03-11 鹿児島市議会 平成20年第1回定例会(2・3月)-03月11日−08号 第二、一般会計当初予算に占める三十五の中核における十年間の教育費の平均と鹿児島との比較、また、本は三十五市中何番目か。  第三、平成二十年度当初予算に占める教育費の三十五中核の平均、また、本市の九・四%は中核市中何番目か。  第四、の教育費において財源別の推移について、国庫補助金、県支出金、本市支出金、債別に明らかにされたいのであります。   もっと読む
2008-03-11 鹿児島市議会 平成20年第1回定例会(2・3月)-03月11日−08号 第二、一般会計当初予算に占める三十五の中核における十年間の教育費の平均と鹿児島との比較、また、本は三十五市中何番目か。  第三、平成二十年度当初予算に占める教育費の三十五中核の平均、また、本市の九・四%は中核市中何番目か。  第四、の教育費において財源別の推移について、国庫補助金、県支出金、本市支出金、債別に明らかにされたいのであります。   もっと読む
2006-09-19 鹿児島市議会 平成18年第3回定例会(9月)-09月19日−05号 五点目、さらに、本市の母子世帯、父子世帯等への施策、その実態、国・県・独自の施策、父子世帯の利用状況など実態に対する認識も含め伺うものです。  以上、答弁願います。 ◎健康福祉局長(邦村昇蔵君) お答えします。  中核三十六のうち本を含め四が父子家庭を対象とした単独による手当の支給などの事業を実施しております。   もっと読む
2006-09-19 鹿児島市議会 平成18年第3回定例会(9月)-09月19日−05号 五点目、さらに、本市の母子世帯、父子世帯等への施策、その実態、国・県・独自の施策、父子世帯の利用状況など実態に対する認識も含め伺うものです。  以上、答弁願います。 ◎健康福祉局長(邦村昇蔵君) お答えします。  中核三十六のうち本を含め四が父子家庭を対象とした単独による手当の支給などの事業を実施しております。   もっと読む
2005-03-04 鹿児島市議会 平成17年第1回定例会(2・3月)-03月04日−04号 また、他都市においても職員を派遣し、の観光所管課と連携をしながら取り組んでいることなどから、嘱託職員二人にかわり新たに職員二人を派遣することといたしたものでございます。   もっと読む
2005-03-04 鹿児島市議会 平成17年第1回定例会(2・3月)-03月04日−04号 また、他都市においても職員を派遣し、の観光所管課と連携をしながら取り組んでいることなどから、嘱託職員二人にかわり新たに職員二人を派遣することといたしたものでございます。   もっと読む
2004-12-09 鹿児島市議会 平成16年第4回定例会(12月)-12月09日−04号 赤崎市長におかれましては、五期二十年にわたり市政の長として鹿児島発展のために尽力され、さらには全国市長会の会長としてリーダーシップを発揮されました。また、平成の大合併で一五町から成る新生鹿児島誕生の労をとられ、今期で勇退されますが、この間の御苦労に感謝申し上げます。  赤崎市政二十年は、前半十五年が二十世紀、後半五年が二十一世紀であります。 もっと読む
  • 1
  • 2