7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿児島市議会 2018-03-01 03月22日-11号

また、このようなシステム改修に莫大な市民の税金を使うよりも、政府の世論調査でも選択的夫婦別姓制度に賛成の方が半数を超えていることからも、民法を改正することが優先されるべきであること。以上のような点を勘案した場合、本件については賛成しがたい」という意見等が出され、意見の一致を見るに至らず、採決の結果、本件については原案どおり可決すべきものと決定いたしました。 

鹿児島市議会 2017-10-01 10月02日-08号

次に、今回の取り組みは、女性活躍の推進という観点から行うとのことであるが、国においては、いわゆる選択的夫婦別姓制度についての議論もなされていることから、その動向についてはどのように把握しているものか、あわせてシステム改修による利用者のメリットについて伺ったところ、国において夫婦別姓の議論がなされていることについては認識しているところであるが、今回の目的は別姓という民法上の話ではないところである。

霧島市議会 2010-10-08 平成22年第3回定例会(第6日目10月 8日)

△ 日程第22 議提第9号 選択的夫婦別姓制度法制化に反対する意見書について ○議長(池田 守君)  次に,日程第22,議提第9号,選択的夫婦別姓制度法制化に反対する意見書についてを議題とします。提出者の趣旨説明を求めます。 ○総務常任委員長(下深迫孝二君)  総務常任委員会から提出いたしました議提第9号,選択的夫婦別姓制度法制化に反対する意見書について,趣旨説明をいたします。

鹿屋市議会 2010-07-02 平成 22年 6月定例会-07月02日−05号

現在、選択的夫婦別姓の実現のために民法を改正する法律案を提出しようとする動きがある。  この法案が目指す選択的夫婦別姓の制度のもとでは、「一つの家に住む夫婦別姓、子供も別姓」となり、社会の基盤である家族や家庭の一体感を損なわせ、地域社会においても隣人との日常的な絆もなくなり、社会の連帯感の希薄化は一層進み、日本の良き家庭の有り様を崩壊させるものである。  

霧島市議会 2010-07-02 平成22年第2回定例会(第6日目 7月 2日)

                            │委員長報告 │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 19│請願│30人以下学級実現,教員賃金改善,義務教育費国庫負担制度│      │ │  │ 1│拡充を求める意見書の提出についての請願書        │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 20│陳情│選択的夫婦別姓制度法制化

垂水市議会 2010-07-02 平成22年  6月 定例会(第2回)-07月02日−資料

------------------------------------ 受理番号  陳情第5号 受理年月日 平成22年3月4日 件名    選択的夫婦別姓制度法制化に反対する意見書の提出を求める陳情書 陳情者   薩摩川内市高江町5791番地       松田フヂ子      [要旨]  夫婦とは、結婚する際に夫婦どちらかの姓にするということが基盤となる。

霧島市議会 2010-03-30 平成22年第1回定例会(第7日目 3月30日)

                         │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 72│陳情│霧島地区湯之宮地域に建設予定の養豚場建設中止を求める陳情│      │ │  │ 2│書                           │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 73│陳情│選択的夫婦別姓制度法制化

  • 1