運営者 Bitlet 姉妹サービス
1299件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-26 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月26日−04号 通常は、外国労働者を雇うには、日本のあるところからお願いして派遣してもらって、それに給料を払っていくという方式なんですが、今説明しましたとおり、この本市に来る二つについては、県内のところでそういう事業者がいるということで、しかもこれは県内の企業はそこに、もう例えば二なら二、3なら3要るということを申し入れをした、それが集まって100なら100、60なら60、現地で教育をしてくると。 もっと読む
2018-06-22 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−02号 二つ目の項目は、閉校跡地の外国研修施設についてであります。  先月5月8日から市民福祉委員会では、外国派遣事業の取り組みについて、大阪の株式会社ソビエルという人材派遣会社へ行政視察へ行ってまいりました。  この人材派遣会社ソビエルは、フィリピンやベトナムなどを中心に日本に住む外国を介護職員として育成し、介護施設にヘルパースタッフを紹介しておられました。   もっと読む
2018-06-15 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第5日目 6月15日) 国内宿泊客と外国宿泊客の入込状況がしっかり捉えてありまして,非常に特徴があるなという思いで拝見していたわけですけれども,国内宿泊の多い月,3月,8月,少ない月が4月,6月というふうに見ることができると思いますけれども,この辺のところは,どういう背景でこういう状況になっているというふうに把握をしていらっしゃいますか。 もっと読む
2018-06-14 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日) ○8番(鈴木てるみ君)  あわせて,納付が困難なに向けて,相談窓口があることのPRもよろしくお願いいたします。同じく資料4,下のほうですが,これも鹿児島市ですが,倒産・解雇などによる離職者の課税の特例処置についてですが,自己都合でない,リストラ,失業にあったに対する特例措置の紹介ですが,本市では,どのように発信しておられますか。 もっと読む
2018-06-13 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第3日目 6月13日) 霧島神宮駅や霧島温泉駅など市内の43か所の観光施設等においては,増加傾向にある訪日外国にも対応した多言語表記の観光案内板を設置しており,案内看板を見ての問い合わせにも対応しながら,本市の観光情報の提供など観光客の利便性の向上を図っているところです。 もっと読む
2018-06-12 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第2日目 6月12日) 非常に戸惑いもあるということで,外国語活動等指導員,これはAEAという方で,かなり外国語に堪能な方を昨年まで8配置しておりましたものを,今年は10名配置するなどの工夫はしております。 もっと読む
2018-03-27 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第7日目 3月27日) 事務量の増加に伴う職員配置については,現在,企画部・総務部に相談しているところである」との答弁。ほかにも質疑がありました。自由討議はなく,議案処理に入り,討論はなく,採決の結果,議案第2号については,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。 もっと読む
2018-03-08 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月08日−09号 インバウンド対策につきましては、第三期観光未来戦略において強化プロジェクトとして掲げ、九州縦軸四市や南九州県都との連携による広域観光ルートの創出、富裕層をターゲットとした観光プロモーション、受け入れ環境整備などに取り組んでいるところであり、外国宿泊観光客数は、近年、大幅に増加しているところでございます。   もっと読む
2018-03-07 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月07日−08号 まちで外国観光客が爆買いを楽しむ一方で、本市の調査でも明らかなように貧困に苦しむ子供たちが存在します。 もっと読む
2018-03-06 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月06日−07号 課題としましては、中心市街地へのアクセスやバス乗降場の確保のほか、乗船客でにぎわう中心市街地各店舗での外国語対応など受け入れ体制の充実が重要であると考えております。引き続き、関係機関などと連携しながら対応してまいりたいと考えております。  以上でございます。    [佐藤高広議員 登壇] ◆(佐藤高広議員) 答弁いただきました。   もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-目次      ⑫市長は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる社会の構築を表明されたが       、さまざまな施策で発展し続ける中心市街地と対照的に線引きを続け過疎化で       地域が沈んでいく農村部の実態やそこで生活する当該住民の市民感情に対する       市長の認識と対策への考え方……………………………………………………………466 十  杉 尾 ひろき(自民党新政会)   一 本市在住外国 もっと読む
2018-02-28 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月28日−05号 三十年度はこれらに加え、新たに外国やレンタカー利用者向けの案内パンフレット作成のほか、オリジナルグッズの開発・販売なども予定しており、大河ドラマ「西郷どん」の放送でふえる国内観光客や近年増加している外国観光客の桜島フェリー利用促進につなげてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-02-27 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月27日−04号 次に、二十五年度から二十八年度までの各年度末現在と三十年一月末現在の本市結婚相談所の利用登録者数は、五百六十四、五百四十四、五百七十三、九百九十三、一千二百十八、年間婚約者数は、三十二、十八、三十、二十四、三十八となっております。 もっと読む
2018-02-23 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第5日目 2月23日) ○17番(松元 深君)  公営住宅法がありまして,今,入居の基準も厳しいわけですが,農業のほうも人出不足で外国の研修生を一農家で四,五,多い所は五,六から七,八というところもあるみたいですが,その方々の住宅に対して,今は民間の一軒家を借りたりしているわけですが,その公営住宅法があることは十分分かっているわけですが,そういう方々のために市の条例等を変えながら,そういう方々の入居させるような変更等 もっと読む
2018-02-22 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第4日目 2月22日) 今後,認知症高齢者のさらなる増加や精神障がい者の地域移行の推進に伴い,成年後見制度の需要が増加すると見込まれていることから,平成29年4月に霧島市社会福祉協議会が設置した霧島市社会福祉協議会成年後見センターに対し,成年後見に関する相談窓口業務や成年後見制度に関する普及啓発,市民後見の養成講座の実施などの業務を委託しているところでございます。 もっと読む
2018-02-21 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第3日目 2月21日) 市民の皆様の相談,そして要望に少しでも希望にかなう形で課題の改善に取り組む場が,この一般質問であると自覚し,全力で臨ませていただいております。関係各局の明確な答弁を切に要望し,壇上からの一回目の質問を終わります。 ○市長(中重真一君)  久保議員から3問の御質問がありました。2問目の1点目は私が,1問目は教育委員会が,その他は建設部長がそれぞれ答弁いたします。 もっと読む
2017-12-20 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第4日目12月20日) 観光産業は様々な分野へ経済効果をもたらすもので,特に外国観光客の受入れは,その消費形態から外貨を獲得する輸出産業であるとも言われております。国が成長戦略の柱として掲げておりますと同様,本市においても地域経済発展の柱として積極的な取組を市民の皆様を始め関係者の皆様と一体となって推進してまいります。次に,2点目にお答えいたします。 もっと読む
2017-12-19 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第3日目12月19日) ○商工振興課長(谷口隆幸君)  起業創業の支援につきましての実例でありますが,平成26年12月に霧島市創業支援センターを商工振興課に設置しまして,これまで創業支援センターの窓口に相談に来られた創業予定者が97であります。そのうち,市の補助金等を活用されて,新規に創業された方は34であります。 もっと読む
2017-12-13 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月13日−04号 新幹線全線開業後、本市の入り込み・宿泊外国観光客は増加しておりますが、答弁によると、維新ふるさと館は来館者の激減が続いているようです。平成二十五年度、前年度比二万の減、二十六年度六千九百の減、二十七年度八千六百の減、二十八年度も八千六百の減となっており、この数年、毎年、前年割れが続いている状況です。   もっと読む
2017-12-13 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月13日−04号 新幹線全線開業後、本市の入り込み・宿泊外国観光客は増加しておりますが、答弁によると、維新ふるさと館は来館者の激減が続いているようです。平成二十五年度、前年度比二万の減、二十六年度六千九百の減、二十七年度八千六百の減、二十八年度も八千六百の減となっており、この数年、毎年、前年割れが続いている状況です。   もっと読む