運営者 Bitlet 姉妹サービス
13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2014-09-22 伊佐市議会 平成26年第3回定例会(第4日目) 本文 2014年09月22日開催 要するに、好縁時代といって、これは堺屋太一さんが著書の中で数十年前からおっしゃっていたことなんですけども、血縁とか職縁とか、いろんな縁がありますが、現代の人のつながりの縁というのは好縁、好きなことでの縁、だからサークル活動があったり、そういう中で男女と言わずサークル活動を行っていく、そのことが現代のつながりになっているということ、そういう中で女性あるいは婦人だけを過去のイメージで集めるというのは難しい もっと読む
2010-06-16 伊佐市議会 平成22年第2回定例会(第4日目) 本文 2010年06月16日開催 私の尊敬する堺屋太一先生は、「公務員問題の最大のネックというのは、今の公務員は身分ととらえられているということである。公務員もちゃんとした職業である。よって、能力と意欲のある人でなければならない」とおっしゃっております。 もっと読む
2006-09-21 鹿屋市議会 平成 18年 9月定例会-09月21日−04号 団塊世代は、作家・堺屋太一氏が1976年に発表した小説「団塊の世代」によって登壇した言葉にあると言われております。  御承知のとおり、この2007年問題は、全国で約800万人いると言われています。団塊の世代、1947年(昭和22年)から1949年(昭和24年)が定年を迎え、280万人以上の大量退職することによる社会的影響の大きさを言っていると言われております。   もっと読む
2005-01-12 霧島市議会 平成17年第1回定例会(第5日目 1月12日) 団塊世代の名付け親でもある堺屋太一さんは、「この世代には、お荷物になるどころか豊富な経済力、知恵、時間があり巨大な市場も生まれ、輝く時代が到来する。」と明言しておられます。どこの自治体もその重要性を認識して取り組もうとしていると、私はこのように聞いております。要は、それぞれの自治体の地の利、自然、気候、風土の利、人の利を活かして具体的にどう進めるかであります。 もっと読む
2005-01-12 霧島市議会 平成17年第1回定例会(第5日目 1月12日) 団塊世代の名付け親でもある堺屋太一さんは、「この世代には、お荷物になるどころか豊富な経済力、知恵、時間があり巨大な市場も生まれ、輝く時代が到来する。」と明言しておられます。どこの自治体もその重要性を認識して取り組もうとしていると、私はこのように聞いております。要は、それぞれの自治体の地の利、自然、気候、風土の利、人の利を活かして具体的にどう進めるかであります。 もっと読む
2004-06-22 鹿児島市議会 平成16年第2回定例会(6月)-06月22日−04号 堺屋太一元経済企画庁長官は、世界一の長寿国である日本の役割について、「高齢社会はにぎにぎしい消費社会で、これこそ新しい文化が花咲く世の中だと思うのです。日本に続いてヨーロッパ諸国もそうですが、アジア諸国の高齢化が猛烈な勢いで進んでいます。そういう中で日本は、高齢化文化のファーストランナーなのです。 もっと読む
2004-06-22 鹿児島市議会 平成16年第2回定例会(6月)-06月22日−04号 堺屋太一元経済企画庁長官は、世界一の長寿国である日本の役割について、「高齢社会はにぎにぎしい消費社会で、これこそ新しい文化が花咲く世の中だと思うのです。日本に続いてヨーロッパ諸国もそうですが、アジア諸国の高齢化が猛烈な勢いで進んでいます。そういう中で日本は、高齢化文化のファーストランナーなのです。 もっと読む
1999-03-05 鹿児島市議会 平成11年第1回定例会(2・3月)-03月05日−04号 堺屋太一経済企画庁長官も、同日、「景気は低迷状態が長引き、極めて厳しい状況にあるものの、一層の悪化を示す動きと幾分かの改善を示す動きとが入りまじり、変化の胎動も感じられる」と関係閣僚会議に報告されたとのコメントが報道されました。  お伺いいたします。  第一点、本市における最近の経済動向はどのように把握しておられるのかお聞かせください。   もっと読む
1999-03-05 鹿児島市議会 平成11年第1回定例会(2・3月)-03月05日−04号 堺屋太一経済企画庁長官も、同日、「景気は低迷状態が長引き、極めて厳しい状況にあるものの、一層の悪化を示す動きと幾分かの改善を示す動きとが入りまじり、変化の胎動も感じられる」と関係閣僚会議に報告されたとのコメントが報道されました。  お伺いいたします。  第一点、本市における最近の経済動向はどのように把握しておられるのかお聞かせください。   もっと読む
1998-12-10 鹿児島市議会 平成10年第4回定例会(12月)-12月10日−03号 堺屋太一経済企画庁長官は、八日の月例経済報告で「景気は低迷状態が長引き極めて厳しい状態にある」としながらも、「変化の鼓動も感じられる」と言われましたが、企業の経営者は景気の現状をどう見ているか。「非常に悪い。日本はお金が余っている状態で貸し渋りが起き、倒産するとは異常な状態と言えるでしょう」と言われております。 もっと読む
1998-12-10 鹿児島市議会 平成10年第4回定例会(12月)-12月10日−03号 堺屋太一経済企画庁長官は、八日の月例経済報告で「景気は低迷状態が長引き極めて厳しい状態にある」としながらも、「変化の鼓動も感じられる」と言われましたが、企業の経営者は景気の現状をどう見ているか。「非常に悪い。日本はお金が余っている状態で貸し渋りが起き、倒産するとは異常な状態と言えるでしょう」と言われております。 もっと読む
1995-03-06 鹿児島市議会 平成 7年第1回定例会(2・3月)-03月06日−05号 透徹した歴史感覚を駆使しながら、作家活動と文明評論を続けております堺屋太一さんによりますと、一つの時代が終わり新しい体制が確立されるまでにはおよそ十年を要するそうであります。最初の四年間はもっぱら前時代の体制を破壊するのに費やされ、次の二年間はこれからの方向を探るための混沌のうちに過ぎ去り、残りの四年間は新しい体制を形成する組織や人材が確定されるそうであります。 もっと読む
1995-03-06 鹿児島市議会 平成 7年第1回定例会(2・3月)-03月06日−05号 透徹した歴史感覚を駆使しながら、作家活動と文明評論を続けております堺屋太一さんによりますと、一つの時代が終わり新しい体制が確立されるまでにはおよそ十年を要するそうであります。最初の四年間はもっぱら前時代の体制を破壊するのに費やされ、次の二年間はこれからの方向を探るための混沌のうちに過ぎ去り、残りの四年間は新しい体制を形成する組織や人材が確定されるそうであります。 もっと読む
  • 1