運営者 Bitlet 姉妹サービス
1579件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-15 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第5日目 6月15日) 土木課長(猿渡千弘君)  未整備区間の現況の幅員につきましては,約3mから4mの幅員となっております。 ○11番(阿多己清君)  この道路の部分なんですけれども,地区のまちづくり委員会でも毎回話題に上がります。 もっと読む
2018-06-14 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日) こちらは交通事故などで,けがを負わされた場合のケースが紹介されています。この第三者行為の意味と市民への周知の仕方をお願いします。 もっと読む
2018-06-13 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−01号 具体的には、梅雨入り前の先月20日、「平成30年度川内川総合水防演習」を、本市並びに国土交通省九州地方整備局、鹿児島県の主催で、川内川流域の各市町、消防団、警察、陸上自衛隊、気象庁等32団体、約700人の参加を得て実施いたしました。本演習を通じ、水防技術の向上や各防災関係機関及び民間協力団体等の連携・協力体制の確立を図るとともに、流域住民の防災意識の高揚を図ることができたと考えています。   もっと読む
2018-06-12 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第2日目 6月12日) 地域の活力が維持されるためには,鉄道,バス等の交通インフラが充実しているということが重要な要因の一つとして挙げられ,中でも定時性,速達性のある基幹公共交通軸である鉄道は,沿線住民の移動手段として重要な役割を担い,地域の経済活動の基盤であるとともに,移動制約者の交通手段の確保や地球環境問題などへの様々な効用を生み出す社会資本であると認識しています。 もっと読む
2018-06-04 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第1日目 6月 4日) 執行部から,まず,土木課の担当箇所について,市道久保田3号線は,県道国分霧島線から青葉小学校,北公園,郡山地区などへのアクセス道路となっており,交通量が多いが,県道から郡田川までの約500mの区間は未改良であり,うち80mの区間は大型車両との離合が困難である。 もっと読む
2018-03-09 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月09日−10号   君   議事課主任  海 江 田  拓  郎  君 ────────────────────────────────────────    説明のため出席した者   市長     森     博  幸  君   副市長    松  永  範  芳  君   副市長    松  山  芳  英  君   教育長    杉  元  羊  一  君   代表監査委員 中  園  博  揮  君   交通局長 もっと読む
2018-03-07 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月07日−08号   君   議事課主任  海 江 田  拓  郎  君 ────────────────────────────────────────    説明のため出席した者   市長     森     博  幸  君   副市長    松  永  範  芳  君   副市長    松  山  芳  英  君   教育長    杉  元  羊  一  君   代表監査委員 中  園  博  揮  君   交通局長 もっと読む
2018-03-06 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月06日−07号 マリンポートかごしまを取り巻く環境が目まぐるしく、そして、大きく変化していく情報が先月二十七、二十八日と連日、国土交通省から公表されております。何が決まり、何が進められようとしているものか、以下伺ってまいります。  第一点、本市が把握している今回の拠点港湾選定に至るまでの経緯。  第二点、県及びロイヤル・カリビアン・クルーズから提出された拠点形成計画書の概要。   もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-目次 ……………………20      ②トップランナー方式の補正予算への影響について……………………………………20       ア.これまでの同方式の対象事業と影響額の推移……………………………………20       イ.同方式に対する本市の見解とこれまでの対応及び結果…………………………20       ウ.同方式の廃止を国に求めるべき……………………………………………………21    (二)(款)土木もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月01日−06号 谷山地区におきましては、交通渋滞を解消し交通の円滑化を図る幹線道路網の整備が必要であり、宅地化が進む市街地においては、道路等の整備よる生活環境の改善が求められていることから、引き続き、土地区画整理事業や街路事業、公共交通不便地における交通手段の確保を進めてまいります。 もっと読む
2018-02-23 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第5日目 2月23日) ○市長(中重真一君)  北側,南側,現場も見させていただきましたし,その前から高速バス,特に盆,正月いろいろな時期に駐停車の車が多くて,交通の阻害になっているというような現状も,私自身も把握しておりました。 もっと読む
2018-02-21 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月21日−03号 郎  君 ────────────────────────────────────────    説明のため出席した者   市長     森     博  幸  君   副市長    松  永  範  芳  君   副市長    松  山  芳  英  君   教育長    杉  元  羊  一  君   代表監査委員 中  園  博  揮  君   市立病院長  坪  内  博  仁  君   交通局長 もっと読む
2018-02-19 垂水市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月19日−01号 歳入については、財産収入、寄附金及び諸収入を増額するとともに、県支出金、繰入金、市債等を減額し、歳出については、財産一般管理費、障害児通所支援事業費、道路維持費等を増額するとともに、保育所運営費、企業立地対策費、現年公共土木災害復旧事業費等を減額するほか、継続費の変更、繰越明許費の追加及び変更、債務負担行為の追加、廃止及び変更並びに地方債の変更をする必要があります。   もっと読む
2018-02-16 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月16日−02号 次に、款土木費、項港湾費、目港湾費の鹿児島港港湾整備事業費負担金中、マリンポートかごしま、いわゆる人工島関連事業について、以下伺ってまいります。  まず、平成二十九年度の事業内容と本市の負担金について。  質問の一点目、補正予算に計上されている負担金に係る全体事業費と国、県、市それぞれの負担額の内訳及び財源の内容をお示しください。  以上、答弁願います。 もっと読む
2018-02-13 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月13日−01号 平成二十九年度鹿児島市中央卸売市場特別会計補正予算(第一号) 第一三 第七五号議案 平成二十九年度鹿児島市国民健康保険事業特別会計補正予算(第二号) 第一四 第七六号議案 平成二十九年度鹿児島市介護保険特別会計補正予算(第一号) 第一五 第七七号議案 平成二十九年度鹿児島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第一号) 第一六 第七八号議案 平成二十九年度鹿児島市病院事業特別会計補正予算(第一号) 第一七 第七九号議案 平成二十九年度鹿児島市交通事業特別会計補正予算 もっと読む
2017-12-19 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第3日目12月19日) 本市は,県の中央部に位置し,鹿児島空港や高速道路のインターチェンジを有するなど交通の要衝となっていることから,国分・隼人地域においては企業の工場等の立地が多く,人口が増えており,それに伴い,道路交通量も増加しており,平成25年1月には,鹿児島県交通渋滞対策協議会から県道日当山敷根線の向花五差路交差点を含む6か所が「地域の主要な渋滞箇所」として公表されました。 もっと読む
2017-12-08 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第1日目12月 8日) 次に,基本方針の二つ目として,出産から育児,就学,就職,結婚までを総合的に支援することにより,子育て環境,日本一のまちづくりを目指すこととし,併せて,交通渋滞の解消や安心・安全なまちづくりに向けた社会基盤の整備を推進します。 もっと読む
2017-12-05 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月05日−01号 次に、第三八号議案 交通事業剰余金処分及び交通事業特別会計決算につきましては、二十八年度の収支状況等について伺ったところ、二十八年度は、二十七年度までの交通局施設リニューアル事業で整備した新施設の減価償却が始まったことなどから、二十七年度と比較して軌道事業の黒字幅が減少し、自動車運送事業の赤字幅が増加したことにより、両事業合計で約四億円の経常損失となったものの、交通局跡地の売却益があったことなどから もっと読む
2017-12-05 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月05日−01号 次に、第三八号議案 交通事業剰余金処分及び交通事業特別会計決算につきましては、二十八年度の収支状況等について伺ったところ、二十八年度は、二十七年度までの交通局施設リニューアル事業で整備した新施設の減価償却が始まったことなどから、二十七年度と比較して軌道事業の黒字幅が減少し、自動車運送事業の赤字幅が増加したことにより、両事業合計で約四億円の経常損失となったものの、交通局跡地の売却益があったことなどから もっと読む
2017-10-01 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-目次 ……………………………21      ③普通交付税や臨時財政対策債が減少していることによる将来への懸念と対策……21      ④収入未済額及び不納欠損額、滞納繰越分などの徴収の取組内容と結果及び評価…22      ⑤歳入の特徴…………………………………………………………………………………22    (四)一般会計の歳出について…………………………………………………………………22      ①土木もっと読む