975件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊佐市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 2019年06月13日開催

また、高齢者の利用が多いため、バリアフリー対応を含めた万全な安全対策に努めるとともに、大型施設であるため、利用状況を分析しながら複合化・共有化を含めた効率的な施設の運用方法を検討していきます。特にまごし館は、入浴施設を伴うため維持管理費用の抑制については具体的方策を早急に検討します」としておりました。それに基づきまして、検討した結果が建てかえるということでございます。  

伊佐市議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第1日目) 本文 2019年06月05日開催

本件につきましては、行政情報ネットワーク化整備に関し、業務効率の向上とセキュリティの徹底を図るため、職員用端末及び業務用端末の購入に係る仮契約を富士電通株式会社と5月10日に締結しましたので、地方自治法第96条第1項第8号及び伊佐市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。  

霧島市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第7日目 3月28日)

はじめに,議案第21号,平成31年度霧島市一般会計予算について,執行部から総括説明として,我が国の景気は緩やかな回復傾向が期待されている中,平成31年度も持続可能な健全財政の確立を始めとする4項目の基本的な考え方の下,行政の効率化・合理化を一層推進し,第二次霧島市総合計画,霧島市行政改革大綱(第3次)や昨年12月に策定をした霧島市経営健全化計画(第3次)も踏まえ,喫緊の課題に的確に対処するとともに,

鹿児島市議会 2019-03-01 03月20日-10号

初めに、第一三六号議案 一般会計予算中、第四款衛生費におきましては、北部・南部斎場指定管理者制度導入事業については、市民サービスの向上や管理運営の効率化を推進するため、三十二年度の指定管理者制度導入に向け、関係条例の改正や指定管理者募集などの手続を行うものであるが、同制度の導入に当たり、当局としては、市民サービスの向上や経費削減効果についてどのように考えているものか伺ったところ、斎場においては、受け

霧島市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第5日目 2月28日)

このような市民との参画協働の仕組みで行政サービスの迅速化,効率化を図る事業に対しての御見解をお尋ねします。3番目に,死亡手続のワンストップ化について質問いたします。最愛の家族を亡くし,失意を癒やす間もなく亡くなった方の死亡に係る手続をしなければならない。これは遺族の方にとり,大きな負担になります。死亡に伴う手続はたくさんの部署にまたがり,作成すべき書類も多く,特に高齢者には大変な作業になります。

伊佐市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 2019年02月28日開催

個別施設計画の策定とその準備作業を通じまして、公共施設マネジメントの手法を確立し、計画策定後の公共施設の維持管理を効率的に行っていきたいとは考えております。  なお、老朽化や立地による危険性があるもの、あるいは再利用や転用が困難であると考えられるものにおきましては、早目に解体等の実施あるいは予定をしている施設はございます。  

霧島市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4日目 2月27日)

今後も引き続き,市民の皆様の声に耳を傾けながら,住民ニーズを的確に捉えた各種施策の積極的な推進と持続可能な財政運営の両立を図るため,行財政資源の効果的・効率的な配分に努めてまいります。 ○教育長(瀬戸上護君)  2問目の教育についての1点目と2点目は関連がありますので,一括してお答えします。

伊佐市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 2019年02月27日開催

構想はあくまでも老朽化と維持管理の庁舎の問題、あるいは安全性と災害対応の問題、来庁者の利便性の問題、また執務空間の効率性の問題、あるいは建設財源の確保の問題、統廃合等を含める機能集約、あるいは公的なほかの施設等をどういうふうに廃止していくかとか、そういう行政改革とも相まって、そういうものを含めたのが基本構想でありますので、ここの段階では具体論に入っておりません。

霧島市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3日目 2月26日)

3点目に,現在の農業は,機械作業が主流であり,高齢になっても当然に作業効率や採算性のためにも大型機械の運転・操作を続けなければならない状況であります。作業中の事故も過分に考えられます。そこで,ここ数年の事故の状況・件数はどのようになっているか,事故防止策としての安全対策にどのように取り組んでいるのか伺います。

霧島市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第2日目 2月25日)

平成30年第3回定例会の私の質問の答弁の中で,「今後におきましては,業務の効率化を目的にAI人工知能やRPAロボットによる業務の自動化などの技術を活用している先進事例を参考にしながら,ICTやAI等を効果的に活用し,行政効率を高めるとともに,市民の利便性の向上が図られるように研究してまいります」と答弁を頂きました。その後の進展がありましたら,お示しいただきたいと思います。

伊佐市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 2019年02月22日開催

林業については、森林経営計画に基づく計画的な間伐や育林による生産性と収益性の向上を図るとともに、林業施業の集約化、路網の整備を進めて、低コスト化による効率的な経営を促進します。また、4月から施行される森林経営管理法に基づき、林業の成長産業化と森林資源の適切な管理の両立を図ることを目的に、市主体の新たな森林管理システムの構築に着手します。  

霧島市議会 2019-02-18 平成31年第1回定例会(第1日目 2月18日)

また,永浜漁港につきましては,引き続き,水揚げ作業の効率化を図るための施設整備を進めてまいります。観光の推進につきましては,本県に258億円の経済効果をもたらしたとされる昨年のNHK大河ドラマ西郷どんの放映や明治維新150周年に関連した各種取組,また,霧島山に対する風評被害対策事業などの効果も相まって,本市を始め鹿児島県全体に多くの観光客が訪れました。

霧島市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会(第6日目12月26日)

このため行政はより一層効率的で効果的な運営が可能となるように,組織自体の体質強化を図らなければなりません。このようなことから,本市では行政改革を着実に進めるための霧島市行政改革大綱を定めました。霧島市定員適正化計画は,この大綱に基づき霧島市職員に関する定員の目標を示し,その目標実現のための方策を掲げ,定員の適正化を図ってきました。

伊佐市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 2018年12月07日開催

それは、私たちの市議会で今このことが議論されていますが、やはり公共施設につきましては今後さまざまな議論が出てきて、人口減少する中でいかに効率的に行っていくか、そうでなければ財政を含めて自治体がもたなくなるという、そういう将来の展望があるからであります。やはりそういう大所高所に立って考えなければ判断を間違うと私は思っております。

霧島市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目12月 7日)

これを目指すための育成支援に力を注いでいきたいといった意味でございまして,強い経営体と申しますのは,例えば農作業の効率化による生産コストを軽減したり,あるいは付加価値の高い作物への転換を推進したり,あるいは生産体制の強化や出荷体制等の強化といったようなことを目的として,補助事業の導入等を主体として推進していこうという内容でございます。

霧島市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第4日目12月 6日)

次に,捕獲対策につきましては,国の鳥獣被害防止緊急捕獲活動支援事業を活用し,有害鳥獣を捕獲することにより,個体数を減少させ被害の軽減に努めるとともに,同協議会が購入した箱わな等の捕獲器や山間部での連絡手段として活用する無線機等を捕獲隊に貸与することにより,捕獲隊の安全や活動の効率化など,捕獲体制の充実を図っているところです。 ○農林水産部長(川東千尋君)  次に,2点目にお答えします。

霧島市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第3日目12月 5日)

指定管理者制度は,民間事業者のノウハウを生かし公の施設の効率的かつ適正な管理を確保することにより,住民サービスの向上や,行政コストの削減等を図ることを目的として創設された制度であり,本市におきましては,平成18年度から年次的に導入を進め,本年4月1日現在,168の施設において指定管理を導入しているところです。