運営者 Bitlet 姉妹サービス
2344件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-05 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 2019年03月05日開催 また、短期入所できる児童養護施設との契約数を増やし、入所できる体制の整備も努めたいと考えております。  以上でございます。 ◯1番(谷山 大介議員)  はい、理解いたしました。   もっと読む
2019-03-04 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 2019年03月04日開催 子どもの虐待の通報や相談などを24時間受け付ける全国共通ダイヤル「189」、「いちはやく」の通話料がシステムの改修などの準備が整い次第、無料化となって開始するそうであります。全国共通ダイヤル189は2009年に開設され、最寄りの児童相談につながる仕組みであります。今まで相談自体は無料ですが、通話料金がかかっていました。   もっと読む
2019-02-28 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 2019年02月28日開催 児童虐待は、児童福祉法と児童虐待防止等に関する法律により、児童とは満18歳に満たない者となっています。学年が同じでも、18歳になった場合は児童としてみなされませんので、虐待においても児童相談の対応外となります。   もっと読む
2019-02-27 伊佐市議会 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 2019年02月27日開催 平成29年度でのトータルサポートセンターでの児童及び妊婦、不登校等を合わせた全相談件数が140人、延べ相談件数が414件でございました。その中でケース会議として開催した件数が32回で、54人の対象者について会議を開いております。このうち児童相談への対応依頼件数は延べ11件となっております。   もっと読む
2018-12-07 伊佐市議会 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 2018年12月07日開催 市民相談で市民から、子どもを病院に連れていきたいが自己負担の3,000円が払えないから病院へ行けなかったや、夜間診療となると日給と変わらない5,000円ものお金を預けないといけなく病院へ連れていけないとの声が上がっています。   もっと読む
2018-12-05 伊佐市議会 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 2018年12月05日開催 今、市のほうで、こども課で主幹されている地域子育てトータルサポートセンターというのがございますが、ここでも、心理相談員、社会福祉士、保健師、3人体制で常駐されております。心配事に対しまして、一緒に考えていただくということになっておりますが、ぜひここあたりも活用されていただいて、御相談になっていただいて、していただきたいというふうに思うところでございます。   もっと読む
2018-11-30 伊佐市議会 平成30年第4回定例会(第1日目) 本文 2018年11月30日開催 また、「それぞれの地域において、徘回される方がいるという情報を、横の連携で、防災係と長寿介護課で情報を流すということは実際あるのか」と質され、「行政として横の連携はもちろんだが、消防や警察関係、市内の事業などに協力を依頼して、認知症の方の見守りをお願いしている。警察から包括支援センターに2、3件相談があったケースもある。 もっと読む
2018-09-21 伊佐市議会 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 2018年09月21日開催 現在伊佐市では、松元病院が運営する療養通所介護事業1カ所がある。介護医療院については、平成30年4月から制度ができた。要介護者であって、主として長期にわたり療養が必要である者に対し、施設サービス計画に基づいて、療養上の管理、看護、医学的管理のもとにおける介護及び機能訓練、その他の必要な医療並びに日常生活上のお世話を行うことを目的とする施設が介護医療院の定義である。 もっと読む
2018-09-07 伊佐市議会 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 2018年09月07日開催 ◯市長(隈元 新君)  先ほどの庁舎の件で少し補足しますと、先ほど課長が答弁いたしましたが、概要版等を出すとなりますとやはり予算を伴いますので、当然、事前に議会のほうに御相談ということにもなるわけでありますので、そういう点での早目の情報、御相談というのはこれからは今までよりも加速するんじゃないかと思っています。   もっと読む
2018-09-06 伊佐市議会 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 2018年09月06日開催 防災ハンドブックをごらんいただきますと、災害の種類とその心得や対策、自主防災対策、避難、土砂災害警戒区域、河川浸水想定区域等を載せてございます。市民の皆様方が安全に避難するための必要な情報がその中にございますし、また、それぞれの御自宅がどういうところに位置しているかということも確認していただけると思っております。   もっと読む
2018-09-04 伊佐市議会 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 2018年09月04日開催 その結果、県内の公立中学校の平均正答率は全科目で全国平均を下回り、全児童生徒が参加するようになってから6年継続となった。また、公立小学校は知識を問う算数のA問題のみが全国平均で、ほかはいずれも平均に達しなかった。 もっと読む
2018-08-31 伊佐市議会 平成30年第3回定例会(第1日目) 本文 2018年08月31日開催 民生費につきましては、保育整備に要する経費について新たに措置し、衛生費につきましては、新衛生センターの管理に要する経費について追加の措置を講じたほか、旧衛生センター解体計画の変更に伴い、設計委託に減額の措置を講じております。   もっと読む
2018-06-29 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第6日目 6月29日) 審査の中で出た主な質疑,答弁の要旨は,「弁護士を雇用するということだが,市の顧問弁護士への年間相談件数は」との質疑に,「市の顧問弁護士への最近の相談件数は,平成29年度が総務課を通じて弁護士事務所へ直接相談に行った件数と電話で相談した件数を合わせて29件,平成28年度が23件,平成27年度が25件であり,その後,同じ案件で,それぞれの課が直接相談した件数を含めると,2倍から3倍になる」との答弁。 もっと読む
2018-06-26 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月26日−04号 DiscussNetPremium 平成30年  6月 定例会(第2回) − 06月26日−04号 平成30年  6月 定例会(第2回) − 06月26日−04号 平成30年  6月 定例会(第2回)      平成30年第2回薩摩川内市議会会議録(第4日目)               開議日時 平成30年6月26日 午前10時               開議場  もっと読む
2018-06-22 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−02号 この消費税の軽減税率制度につきましては、平成28年第1回定例会の代表質問において、公明党の中島議員が「事業者への準備・相談ができる体制をとれないか」という内容で質問をされております。  当局からは、広報紙やホームページによる制度の周知や相談等に対応するほか、商工会議や商工会など商工団体と連携して対応していく旨の答弁をいただいておりました。   もっと読む
2018-06-22 伊佐市議会 平成30年第2回定例会(第5日目) 本文 2018年06月22日開催 ◯議長(左近充 諭議員)  日程第1「議案第36号 伊佐市要保護児童対策協議会設置条例を廃止する条例の制定について」から日程第6「請願第3号 霧島・硫黄山噴火による環境汚染対策および伊佐米ブランドと農家を守るあらゆる施策を緊急に国・県に求める請願書」まで、以上、議案5件及び請願1件を議題とします。   もっと読む
2018-06-15 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第5日目 6月15日) ○11番(阿多己清君)  保護者の同意が得られず,実施に至っていない児童もいるかと思いますが,ここらは何%程度いらっしゃるのか。 ○学校教育課長(河瀬雅之君)  平成29年度末現在で20校実施しております。その中で対象となる児童は2,784人,そのうち2,482名が実施しておりますので,保護者の同意が得られないなどの理由で実施に至っていない児童は,その割合が10.8%でございます。 もっと読む
2018-06-14 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日) そのような意味からも今回,本定例会において,提案している弁護士を念頭に置いた任期付職員の採用により,専門的な分野について相談できる者がいることは,このような環境を形成していくために効果的であると考えています。 もっと読む
2018-06-13 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第3日目 6月13日) 本市では,現時点では,このような配慮を必要とする児童生徒の把握はしておりませんが,そのような児童生徒がいた場合には,医療機関との連携を図り,校内ではサポートチームで支援するとともに,その児童生徒の思いや願いを受け止め,場合によってはスラックス等の着用等も個別に認めていく必要があると考えています。 もっと読む
2018-06-12 伊佐市議会 平成30年第2回定例会(第4日目) 本文 2018年06月12日開催 ◯こども課長(堀之内 博行君)  現在設置してある伊佐市要保護児童対策協議会設置条例は、児童福祉法第25条の2第1項の規定に基づき、地方公共団体は要保護児童対策地域協議会を置くように努めなければならないとなっております。これによりまして協議会は既に設置はしております。ただ、児童虐待の対応は迅速性を求められ、事案に対処しなければなりませんので、今回要綱で対応することといたしました。 もっと読む