運営者 Bitlet 姉妹サービス
670件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-05-16 鹿児島市議会 平成30年第1回臨時会(5月)-05月16日−01号 今回、議員の所属会派の異動がありましたので、議席の一部変更についてお諮りいたします。  この際、お手元に配付いたしました議席表(本日の末尾掲載)のとおり、議席の一部を変更いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。    [「異議なし」と呼ぶ者あり] ○議長(上門秀彦君) 御異議なしと認めます。  よって、そのように決しました。 もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-目次 80    (二)九州全体の発展や安全性の確保などJR九州の果たす役割と期待そしてJR九      州と九州各地域が共に発展していくことの必要性、大切さについての市長の見解…80   八 保健福祉行政について…………………………………………………………………………80    (一)社会保障費(民生費)の適正化、サービスの見直しについて………………………80      ①新年度予算案における民生費の編成もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月01日−06号 社会保障予算は増加しているとのことですが、安倍政権下の六回の予算編成で自然増削減の合計額は一兆五千億円であり、防衛予算の拡充を図る一方、医療、介護、福祉、年金等の給付削減や負担増が推進されてきました。そのことが市民にとっては、福祉はよくならないという実感につながっているのではないでしょうか。   もっと読む
2018-02-28 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月28日−05号 いつ起こるかわからない大噴火に備え、私ども会派は、三十年度の予算編成に当たり、さらなる多様な対策を講じられたいと申し入れをしたところであります。今回打ち出された事業をもとに火山対策がさらに強化されるものと期待をいたします。  みんなの町内会応援事業について答弁をいただきました。  地域住民の自治組織である町内会は、住みよい地域づくりに大きな役割を果たしております。 もっと読む
2018-02-27 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月27日−04号 今後におきましても、依然として厳しい財政状況は続くものと予想されますが、財政の健全性を維持しながら、本市の持続的な発展の礎となる予算を編成できたものと考えております。   もっと読む
2017-12-20 霧島市議会 平成29年第4回定例会(第4日目12月20日) 「休 憩  午前11時45分」             ―――――――――――――――             「 開  午後 1時00分」 ○議長(中村正人君)  休憩前に引き続き会議を開きます。木野田議員の一般質問を続けます。 もっと読む
2017-12-12 垂水市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月12日−04号 ◎教育長(上屋和夫) このことにつきましては、先ほども少々触れたところでございますが、文部科学省は平成29年の新学習指導要領の告示を踏まえまして、この平成29年から38年度までの10カ年計画で次世代の学校指導体制実現構想を掲げて、公立義務教育小学校の学級編成及び教職員定数の標準に関する法律を改正した定数改善を計画しているところでございます。 もっと読む
2017-12-11 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月11日−02号 買い手側は報告書の閲覧だけで、調査をしてみたわけでもない、調査を求めたわけでもない、その相談内容の詳細記録をとってまでの会話でもなかったということですよね。このような大事な相談の議事録が存在しないと確認させていただきますが、よろしいですか。  答弁を求めます。 もっと読む
2017-12-11 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月11日−02号 買い手側は報告書の閲覧だけで、調査をしてみたわけでもない、調査を求めたわけでもない、その相談内容の詳細記録をとってまでの会話でもなかったということですよね。このような大事な相談の議事録が存在しないと確認させていただきますが、よろしいですか。  答弁を求めます。 もっと読む
2017-09-21 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月21日−06号 次に、当地区の主な特徴としては、谷山駅が広域交通や都心部への市街地交通を連絡する拠点駅となっているものの、交通結節機能の改善が必要であることや都市基盤の未整備により幹線道路の混雑や商店街の活力低下が見られるなど、副都心の核としての整備、活性化が求められる地区でありました。 もっと読む
2017-09-21 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月21日−06号 次に、当地区の主な特徴としては、谷山駅が広域交通や都心部への市街地交通を連絡する拠点駅となっているものの、交通結節機能の改善が必要であることや都市基盤の未整備により幹線道路の混雑や商店街の活力低下が見られるなど、副都心の核としての整備、活性化が求められる地区でありました。 もっと読む
2017-09-20 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月20日−05号 太平洋戦争民間犠牲者慰霊碑「人間之碑」への献花は、たび重なる空襲による民間の犠牲者への慰霊と平和の尊さを認識する趣旨で、毎年、最大の空襲があった六月十七日に開催しており、遺族や地域の町内会、民生委員などに御参加いただくなど、戦争の悲惨さと平和の尊さを認識していただく意義があるものと考えております。 もっと読む
2017-09-20 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月20日−05号 太平洋戦争民間犠牲者慰霊碑「人間之碑」への献花は、たび重なる空襲による民間の犠牲者への慰霊と平和の尊さを認識する趣旨で、毎年、最大の空襲があった六月十七日に開催しており、遺族や地域の町内会、民生委員などに御参加いただくなど、戦争の悲惨さと平和の尊さを認識していただく意義があるものと考えております。 もっと読む
2017-09-12 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月12日−02号 長時間労働の問題、任用の問題、雇いどめ、費用弁償支給の拡大等、さまざまな問題が惹起しています。  そこで今回は、任用との関係で、定数内欠員問題について伺います。  まず、任用制度が開始された平成十四年四月採用の方から平成二十九年四月採用の十六年間において、第一に、任用を希望した職員数と実際任用した職員の乖離はないものか。  第二に、今まで定数内欠員が生じた年はないものか。 もっと読む
2017-09-12 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月12日−02号 長時間労働の問題、任用の問題、雇いどめ、費用弁償支給の拡大等、さまざまな問題が惹起しています。  そこで今回は、任用との関係で、定数内欠員問題について伺います。  まず、任用制度が開始された平成十四年四月採用の方から平成二十九年四月採用の十六年間において、第一に、任用を希望した職員数と実際任用した職員の乖離はないものか。  第二に、今まで定数内欠員が生じた年はないものか。 もっと読む
2017-02-28 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月)-02月28日−05号 四年前の定例会において同じ会派の同僚議員が質問しておりますので、改めてお聞かせください。その質問で明らかになったのは、大型遊具のほとんどが設置から二十数年経過しており、二十三年度決算ベースで約六千万円の維持管理費を要しているということでした。 もっと読む
2017-02-28 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月)-02月28日−05号 四年前の定例会において同じ会派の同僚議員が質問しておりますので、改めてお聞かせください。その質問で明らかになったのは、大型遊具のほとんどが設置から二十数年経過しており、二十三年度決算ベースで約六千万円の維持管理費を要しているということでした。 もっと読む
2017-02-27 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月)-02月27日−04号 支給内容としましては、現在、年間四万二千円を支給する職、任用職員に準じて報酬月額の二・二月分を支給する職、支給していない公務員の定年退職者、これらを一律直近の給与改定を反映させた任用職員の支給内容に準じて報酬月額の二・二五月分を支給することとするものでございます。対象者数は約八百人、所要額は約二億二千三百万円を見込んでおります。 もっと読む
2017-02-27 鹿児島市議会 平成29年第1回定例会(2・3月)-02月27日−04号 支給内容としましては、現在、年間四万二千円を支給する職、任用職員に準じて報酬月額の二・二月分を支給する職、支給していない公務員の定年退職者、これらを一律直近の給与改定を反映させた任用職員の支給内容に準じて報酬月額の二・二五月分を支給することとするものでございます。対象者数は約八百人、所要額は約二億二千三百万円を見込んでおります。 もっと読む
2016-12-15 鹿児島市議会 平成28年第4回定例会(12月)-12月15日−05号 財政的な担保につきましては、マニフェスト項目の早期実現に向け、今後、実施計画や予算編成の中で財政面を含めて具体的に検討を行ってまいりたいと考えております。  マニフェストに掲げた項目以外にも新たな施策が必要となった場合には適宜適切に実施計画に盛り込み、実行してまいりたいと考えております。   もっと読む